これは、社会保険控除後の金額でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 自治体によって書式は違うと思いますが、たまたま近くにあったので見ながら回答していますが、これによれば、支払給与の総額は実際に支払を受けた給与総額である「収入金額」となっており、国税の所得控除後金額に相当するものは「所得金額」、また、社会保険料を含めた控除後の金額は「総所得」として課税標準額の欄に記載されていますので、答えはノーではないでしょうか。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

 こんな時間に、ありがとうございました。実は、公庫の期限が迫っているので、焦っております。

お礼日時:2002/03/15 01:46

 支払額は、総支給額で、税金や社会保険料などを控除する前の額です。

サラリーマンなどの場合は、便宜上給料からそれらを差し引いて支払っているだけで、差し引かれない場合には、もらった給料から支払うことになります。したがって、支払い給与の額は各種控除後の「手取り額」ではなくて、控除前の額となります。
    • good
    • 2

一般的には、「支給総額」や「税込」というのは、社会保険料を控除する前の、支払われた総額を云います。



「課税所得」は社会保険料を控除し、更に扶養控除や基礎控除などの各種「所得控除」を引いた後の金額を云います。
    • good
    • 0

 公庫の締め切りですか…、え? それって通年ものだと思いますが締め切りはあるんですか? どっちの公庫かな。

。。いずれにしても、左の上のほうに書いてある場合が多い一番大きい数字がいわゆる年収としての記入額だったように記憶しています。所得額というのは制度上課税標準額を出すための金額ですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q総合課税となる収入・所得がない場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地

総合課税となる収入・所得がない場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除は受けられないのでしょうか?

確定申告の際に、総合課税となる収入・所得がなく、分離課税になる収入・所得がある場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除は受けられないのでしょうか?

Aベストアンサー

>分離課税になる収入・所得がある場合、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除は受けられないのでしょうか?
いいえ。
受けられます。
通常、分離課税は他の所得とは別に所得税を計算しますが、総合課税の所得から所得控除を引ききれていない場合は、分離課税の所得から引くことができます。

Q扶養控除等申告書の社会保険料控除(国保)の保険料の出し方について

年末調整の為、扶養控除等申告書を記載して会社に提出しなくてはいけないのですが、そこで社会保険料控除の欄に書く国保の額なのですが、
現在実家で母親と一緒に住んでいる為、私ではなく、世帯主の母親に国保の納税通知書が届いています。
現在母は64歳で収入は0です。

(1)「保険料を負担することになっている人」の部分は母親の名前と私の名前、どちらを書けばよろしいのでしょうか?

(2)「あなたが本年中に支払った保険料の金額」の額は、国保の納税通知書のどの額を書けばよろしいのでしょうか?

以上となりますがアドバイスなど頂けましたら助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

国民健康保険等の保険料の控除については、問題になるのは誰が保険料を払っているかです。
一般には名義人(世帯主)が保険料を払っていることが多いのは事実ですが、例えば子名義でも親の口座から保険料が引き落とされとされていればそれは保険料は名義人の子ではなく親が払ったということになります。
また親名義でも子の口座から保険料が引き落とされとされていればそれは保険料は名義人の親ではなく子が払ったということになります。
一方国民健康保険等の控除はあくまでもそれを実際に支払った人でなければ控除とはなりません(家族や親婦なら誰でもよいと言うことではない)、ですが親族の国民健康保険等の保険料を払うことは認められています。
しかし現金で窓口で払った場合は、実際には自分以外の人が支払っても自分で支払ったとすれば控除は受けられます。
ここで言う支払った人と言うのは、実際に窓口で支払うという行為をした人と言う意味ではなく、その支払った金が実際に誰の懐から出ているかと言う意味です。
ですから親の懐から出た金でも子の懐から出た金だとして子の控除にすることは可能です、逆に子の懐から出た金でも親の懐から出た金だとして親の控除にすることも可能です。
しかし口座から引き落としにした場合には、上記のように引き落とした口座の名義で支払った人は特定されてしまうのでその口座の名義人しか控除できません。

1.子の口座から支払った

それでしたら子の控除になります。

2.親の口座から支払った

それでしたら親の控除になります。

3.現金で支払っていた

それでしたら親でも子でもかまいません。
この場合は例え保険料が子の懐から出ていても、税務署がそうだと証明することは不可能なので親の給与から払ったといえばそれでも通ってしまうということです、逆の場合も同様です。

支払いが前述の1,2,3のどれに当たるかによって異なります。

>(1)「保険料を負担することになっている人」の部分は母親の名前と私の名前、どちらを書けばよろしいのでしょうか?

ですから前述の1,2,3のどれに該当するかによって異なります。
ただ

>現在母は64歳で収入は0です。

ということなら質問者の方が払っていると言うことなのでしょうか?

>(2)「あなたが本年中に支払った保険料の金額」の額は、国保の納税通知書のどの額を書けばよろしいのでしょうか?

通知書ではなく、今年の1月から12月までに払ったあるいは払うことが確実な見込みの金額を書くのです。
例えば12月分はまだ払っていないが、今年中には必ず払うと言うならそれも合計して書くと言うことです。
ただその金額に対する証明は不要です(国民年金も控除の対象ですがこの場合は社会保険庁発行の控除証明が必要です)。

>引き落としなので、支払いに行っている(母の口座に入金)のは母です

それなら原則としては質問者の方の控除にはできません。
引き落とす口座は誰のでも良いのですから、質問者の方の口座にすればよかったのです。

国民健康保険等の保険料の控除については、問題になるのは誰が保険料を払っているかです。
一般には名義人(世帯主)が保険料を払っていることが多いのは事実ですが、例えば子名義でも親の口座から保険料が引き落とされとされていればそれは保険料は名義人の子ではなく親が払ったということになります。
また親名義でも子の口座から保険料が引き落とされとされていればそれは保険料は名義人の親ではなく子が払ったということになります。
一方国民健康保険等の控除はあくまでもそれを実際に支払った人でなけれ...続きを読む

Q年末調整の給与所得控除後の給与等の金額(9)の金額について

タイトルのとおりです。

年末調整で、給与所得に対する所得税源泉徴収簿の
給与所得控除後の給与等の金額(9)の部分の金額は、
税務署で一覧表があって、それに基づいて算出されるらしいのですが、どのような表なのでしょうか?

 また、その表はどこかで公開されていますか?
どのような計算方法によって、その表が作成されているのでしょうか?妥当なものなのでしょうか?

ご存じの方、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、「平成15年分の年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表 ・・・・ 66~74ページ」のことをおっしゃっているのだと思います。

違ったら、全部読んでください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/2010/01.htm

Q社会保険加入する妻の保険代を 夫の収入から控除できますか?

4月より 社会保険完備の会社で働くことになりました。
ただ3月まで収入ゼロだったので 年末の時点での私(妻)の
年収は90万程度の見込みです。

この場合で質問ですが
1)毎月の所得税をもどすために年末調整でなく確定申告を選べるか?
2)妻の社会保険料は妻の給与より天引きされるが
そもそも所得税がかからないので 保険料控除が無駄になる
これを夫の年末調整で申告できるか?
3)夫の年末調整で妻の配偶者控除を受けられるか?

以上の3点について詳しい方がみえましたら
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社負担の社会保険料を払いたくないために該当者すら社会保険に加入させない会社もある中で、適用条件に該当するからと社会保険に加入させるというのは至極まともなことだと思われます。
あなたの社会保険料はあなたの給与から控除することが法律で決まっていますし、会社が半額負担し、会社から納付されますのでご主人に払ってもらうことはできません。
ご主人の社会保険料控除に含めることは無理です。
ただし、あなたの年収が141万円未満であれば、配偶者(特別)控除を受けることができます。

Q医療費控除で保険金等補填される金額のうち、自分が受け取っていないものは?

確定申告で医療費控除を申請します

家族分を全て私が申告します
(1)父の入院費
(2)母の入院費
このうち、(1)は生命保険金(入院補償)が(2)は生命保険(入院補償)と高額療養費にて補填されています

医療費は全て私の負担ということになっていますが、(1)・(2)は全て私以外のところに入金されています
(1)の保険金
 ・契約者→私
 ・入金口座名義→父(保険会社の指定による)
(2)の保険金
 ・契約者→母
 ・入金口座名義→母
(2)の高額療養費
 ・申請者→父
 ・入金口座→父

生計を一にするという前提であるので、この場合私の申告には上記全ての補填される金額を含めるのでしょうか?

Aベストアンサー

医療費の支払者とその医療に係る保険金等の受領者が
異なる場合でも、医療費を補填するものである以上
支払った医療費から控除する必要があります。

※国税庁質疑応答事例集
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/syotoku/05/26.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報