映画が話題になって、指輪物語の新版を多く目にするようになりました。
是非、全巻購入したいと思っているのですが、沢山ありすぎて
どれを買っていいのか迷ってしまいます。
ハードカバーだと高価なので、文庫本にしたいのですが
私が本屋で見かけたのは全9巻で、1冊700円程度のものでした。
友達によると、全6巻(評論社文庫)の単行本もあるそうなのですが、
こちらの値段は1冊いくらなのでしょうか?

というか、単行本と文庫本の違いってあるんでしょうか?

できたら、一番安くすむものを買いたいので、アドバイスお願いします。
(上記以外の出版社の本でもいいので)

それと、新版と旧版の違いってかなりありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

全6巻の評論社文庫は旧版ではないでしょうか。

「指輪物語」については、評論社が独占翻訳権を持っていたように思いますので、その他の出版者のものはないと思います。

現在刊行されている(新版の)単行本と文庫本の違いは、巻末の補遺篇があるかないかということになると思います。単行本の第7巻に当てられている「補遺篇」が文庫本では刊行されていません。

新版と旧版の違いは、いくつか固有名詞の訳し方や一部の文語調の表現をやや平易に改めたものと聞いています。このあたりのことは、新版のあとがきにかかれていたと思いますのでご確認ください。

一番安くてすむものとのことですが、私なら、全7巻の単行本版をお勧めします。文庫本版にない「補遺篇」には、物語の前史となっている神話の概略があり、これがなければ、物語の理解が不足してしまうと思います。また、挿絵や地図の大きさも単行本版が大きかったと思いますので、想像の翼がより広がるものと思います。

 なお、ご自分の蔵書にするつもりでないのなら、図書館などをご利用される事をお勧めします。50年以上前から読み継がれてきたファンタジーの定番ともいいうるものですので、大抵の図書館には所蔵されているでしょう。(現在は貸し出し中の場合もあるかもしれませんが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですかー。よくわかりました。
実は、映画の方はもう見たんですけど、
映画の冒頭はそのchu-sunさんがおっしゃっている補遺篇を
描いているらしいので、補遺篇を見なくとも多少は理解できていると
思っています。
でも、やっぱり理解を深めるためにも色々読んでみる事にします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/15 12:03

旧版は瀬田貞ニさんが訳されたもので新版は田中朋子さんが


現代語風に訳語、訳文化したものです。ほとんど好みの問題ですね。
やはり、旧版の方が古臭い訳文のような感じがしますし、
整合性がない訳語もちらほらあります。ただし、物語自体が
昔話調なんで、多少、訳が古い方が赴きがあると思います。
どっちにしろ「馳夫」さんなんですけどね。

値段は文庫版(新版)が全9巻で各700 円、単行版(旧版)が
全7(6+1)巻で各2200円、単行版・箱入(旧版)が
全3巻で各7800円です。

個人的には文庫の全9巻(6300円)に単行本の追補版(2200円)
さらに物語りの序章である「ホビットの冒険」(700円)ですね。

ホビットの冒険は何故、バギンスが指輪を持っているのか
ガンダルフとバギンスは何故仲がいいのか、バギンスは何故、旅に
出ようとするのか、という指輪物語の前章部分の展開の早さの
背景が書かれている本です。子供向けの本のため
少年文庫の棚においてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

韋駄天が馳夫になってるんですよね。
noribou11さんのおっしゃる通り、文庫の全9巻に単行本の追補版
さらに物語りの序章である「ホビットの冒険」を読んでみようと思っています。
回答ありがとうございました!!

お礼日時:2002/03/15 12:05

評論社文庫が全9巻で各700円,全巻セット6300円です.これが一番安いです.



評論社の単行本「新版指輪物語全7巻」が15400円,これは「旅の仲間 上・下」「二つの塔 上・下」「王の帰還 上・下」の6冊に「追補版」が1冊入っています.
お友達の仰る「全6巻」は評論社の文庫ではなくこの単行本で,追補版を含まないものだと思います.

評論社からは「カラー新版指輪物語全3巻」23400円も出ています.
他の出版社から出ているものは,解説本とか映画関連とかだと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました!!

お礼日時:2002/03/15 12:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指輪物語・封神演義 この本について

指輪物語の『文庫 新版9巻セット』を買おうと思っているのですが、これと一緒に何か指輪物語についての本を買ったほうがいいのでしょうか?

後、指輪物語に似た封神演義も読もうと思っているのですが、どの封神演義を買ったらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

『指輪物語 フロドの旅―「旅の仲間」のたどった道』など、いかがでしょう。
本編だけだと、今どの辺を歩いているのかとか、だれがどの辺からきたのかとか、どの国とどの国がとありあっているのかとか、イマイチぴんときません。
わたしが方向音痴だからかもしれませんが……。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4566023761/

Q小説「マークスの山」 一冊の単行本にするか、改正版の上下巻の文庫版にするか?

初めて読もうと思うのですが(VHSを10年前くらいに見た)、どちらがいいですか?
文庫は長いな~と思うのですがマークスの心理描写がやわらかく描かれて人間味が出ているとamazonレビューで見ました。
でも単行本の方が殺人鬼らしくてすっきりしていて読みやすいとありました・・・
両方読めばいいんですけど、そこまでの心の余裕がありません・・・
まあ持ち歩くには文庫がいいですが。

やや神経が細い性格でちょっとメンへラーですが、それだったらどっちが感動しますか?
「カッコーの巣の上で」とか「めぐりあう時間たち」「海の上のピアニスト」などの暗い繊細な映画が好きなタイプの29歳男です。

Aベストアンサー

私は断然単行本派です。
文庫本ではマークスの病状が重く描かれており
とある登場人物との心の交流が本当にあったのか
その人を大事に思っていたのかがかなり微妙で
単に精神病の重い人の犯行?という印象になってしまいました。
感動という面では単行本だと思うんですけど・・・・。
私は、文庫より単行本の方が、マークスの人間味を感じましたよ。

他、名台詞?が文庫版ではなくなってたりしてます。
やっぱり単行本の方が臨場感があっておすすめです。
(持ち歩くなら文庫ですけど)

Q指輪物語

お世話になります。今、大学でファンタジについて勉強しています。その中で指輪物語(the lord of the rings by Tolkien)を近代文学としてみればいいのか、それともポストモダニズム文学としてみればいいのか、どの文献も非常にあいまいでこまっています。僕自身、指輪物語を読んだことはありません(映画the lord of the ring 三部作は一応見ましたが)。Tolkienは指輪物語の中で北欧神話を取り入れ、ミッドガルド(middle-earth)とよばれる世界を創りあげています。何人かの批評家達はこれをモダニズム文学の特徴だとし、またある批評家達(Manloveだったと思います)は指輪物語の文学としての評価をせず、この作品は近代文学としてのform(形)(※Leavisが取り上げる文学者などとは違う)を持っていないとしています。この近代文学のformに関しても非常に曖昧でよくわかりません。指輪物語は近代ファンタジ文学なのでしょうか? それともポストモダニズム文学なのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえばジョイスやフォークナー、あるいはヴァージニア・ウルフやヘミングウェイをモダニズム文学に分類することに、異論のある人はほとんどいませんが、児童文学(『指輪』を児童文学に分類してよいのか、というのは、いったん置きます)となると、なかなかむずかしいものがあるかもしれません。それでも富山太佳夫は『岩波講座 文学12 モダンとポストモダン』のなかでジェイムズ・バリの『ピーターとウェンディ』を、モダニズムの観点から読み解いていて、一般にはディズニーのアニメとして知られるこの物語が、アニメよりずっと毒をもったものであることを知ると同時に、モダニズムの特色を備えていることにあらためて気づかされ、驚いてしまいます。

つまり、やはりどうしようもなく当たり前のことを書いてしまうのですが、モダニズム、ポストモダニズムを分ける超越的モノサシがどこかにあるわけではなく、その人がモダニズムをどういうものとしてとらえるか、あるいはポストモダニズムをどういうものとしてとらえるか、によるのだと思います。

とはいえ、もうすでにポストモダニズムということが人口に膾炙されて四半世紀以上が過ぎ、ある程度は共通認識として受け入れられてもいる。
ここでは先にあげた富山太佳夫が「閉じる、閉じない」のなかであげている指標を参考までに引いておきます。

「モダンとポストモダンを区別するのは、絶対の真理/相対主義、人間中心主義/文化の個別性、均一性/異種混在性、ヨーロッパ中心主義/グローバリズム、普遍的な法/ディコンストラクション、社会構造の重視/個人の快楽の優先、産業主義/ポスト産業主義、父権性/性の流動性、直線的時間/時空の圧縮、現実/シミュレーション、閉鎖性/未閉域化などということになる」(この部分の参考文献として、Jeff Lewis,"Cultural Studies, The Basics" p.17 があげられています)

「直線的時間」のところとかモダニズムの特色を「現実」に置くところとか、あちこち微妙に異論がなくはないんですが、とりあえずひとつの目安にはなるかと思います。

まずトールキンの『指輪物語』は、英雄物語を語りつつ、一方で自身の第一次世界大戦での従軍経験がふまえられ、あるいは第二次世界大戦における核兵器の問題が寓意されています。

そうした意味で、単なる英雄物語を超える思想、そうしてトールキンの考える「絶対の真理」とするものを備えています。あるいは旅を続けるフロドの内面のゆれと成長といった、近代文学の特徴ともいえる心理描写を備えている。
あるいは、父権の象徴としてのガンダルフの存在などを考えあわせると、モダニズム文学と言えそうです。

一方で「指輪を捨てる」というのは、従来の英雄物語のひとつのパターンである「聖杯探求」をひっくりかえしたもの、パロディとも言えるわけです。あるいは、人間とエルフの共存であるとか、そこに一種のポストコロニアルの思想を読みこんでいくことも可能なのではないかと思います。

そのうえで、こういう見方もあるということをひとつあげておきます。

先に引用した富山が「閉じる、閉じない」で指摘するのは、モダニズムというのは、調和的な全体という幻想を持っていたのではないか、ということです。『ピーターとウェンディ』にせよ、あるいはE.M.フォースターの『インドへの道』にせよ、モダニズムというのは、その調和的な全体という幻想に向かう運動であって、そのプロセスの内にしか実現しないのではないか。

この指摘はわたしには大変興味深いものに思えるんですね。別のところで「『インドへの道』がモダニズムの雰囲気の中から出発しながら、その枠組みに亀裂を走らせつつ、ポストモダンの方向へ踏み出そうとしていた」という部分があるのですが、モダニズムを決して実現することのない「調和的な全体」への運動としてとらえると、モダニズムという運動自身が、必然的にその枠内に留まらないのではないか。つまり、不可避的にポストモダニズムの萌芽を内に含んでいるのではないか。

そんなふうに考えるのが、たとえばジョイスにしても、フォークナーにしても、思い当たる節は多々ある。

『指輪』も、わたしはモダニズム文学であるように思うんですが、そのうえで、「運動」、「モダニズムの雰囲気の中から出発しながら、その枠組みに亀裂を走らせつつ、ポストモダンの方向へ踏み出そうとしていた」側面も見て取れるのではないか、と思うのですが。

まあ、一度読んでみてください。

たとえばジョイスやフォークナー、あるいはヴァージニア・ウルフやヘミングウェイをモダニズム文学に分類することに、異論のある人はほとんどいませんが、児童文学(『指輪』を児童文学に分類してよいのか、というのは、いったん置きます)となると、なかなかむずかしいものがあるかもしれません。それでも富山太佳夫は『岩波講座 文学12 モダンとポストモダン』のなかでジェイムズ・バリの『ピーターとウェンディ』を、モダニズムの観点から読み解いていて、一般にはディズニーのアニメとして知られるこの物...続きを読む

Q単行本と文庫本どちらを購入しますか?

タイトルのとおりです

文庫本の方が安くて持ち運びしやすいとは
思いますが、単行本の方がオリジナルのようで
良い感じがします^^

同じ内容とは思いますが、
みなさんは購入するならどちらにしますか?

どちらがお得感というか、満足感がありますか?

Aベストアンサー

読んだあともずっとおいておきたい本は単行本。
一度読んだだけで十分な本は文庫本。

……というか、まず図書館で借りて読み、気に入った本(手元に置いておきたい本)だけ単行本を買います。したがって、文庫本を買うことはほとんどありません。

Q指輪物語

今指輪物語を読んでいるんです。
まだ20ページくらいしか読んでいませんが、
もう読むのをやめようかと思っています。
指輪物語は最後まで読む価値がありますか?

Aベストアンサー

“『指輪物語』を初めて読む人は序章はすっとばせ”というのは昔からファンの間では定番になっている言葉です(笑)。とりあえずパラパラと眺めてみて、面白そうになってきたらそこからちゃんと読めばいいと思いますよ。まあ、今読んでるその一冊くらいは頑張ってみてはいかがでしょうか。

“最後まで読む価値がありますか?”とのご質問ですが、私にとっては間違いなく価値のある作品でした。物語の一番最後のセリフ、何とも言えず胸に来ました。

Q単行本の文庫本への移行期間につきまして

こんにちは。

小説が好きで、よく読んでいるのですが、本って最初は単行本で
出版され、しばらくすれば文庫本が出ますよね?

この間の期間というのは、大体どの程度なのでしょうか?

本のジャンル、売り上げの推移にもよるとは思いますが、
おおよそ、どのくらいなのでしょう?

ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授くださいませ。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北方謙三の三国志・水滸伝は、それぞれ13巻・19巻で、
単行本が完結後、月に1冊ずつ文庫本が刊行されました。

三国志単行本13巻:1998年10月、文庫本1巻:2001年6月
 →約2年半後

水滸伝単行本19巻:2005年10月、文庫本1巻:2006年10月
 →1年後

文庫本は単行本の半額なので、悩みますよね。
今、楊令伝の完結・文庫化を待っているところなもので・・。

Q「指輪物語」と「ニーベルングの指輪」

トールキンの「指輪物語」は「ニーベルングの指輪」に似ているところが多いですが、それぞれどういった神話や物語からの引用が多いですか?

Aベストアンサー

指輪物語はヴァイキング神話やギリシャ神話からの引用が多く、ニーベルングの指輪は北欧神話からの引用が多いように思います

Q指輪物語の文庫の新版と旧版の違いについて

指輪物語を買おうと思っているんですが、オークションなどでは文庫の旧版(全6巻)と新版(全9巻)が出ています。旧版はもう絶版なんですよね。これは新版が出たから、というだけの理由で、内容はあまり変わらないんでしょうか。それとも何か変わった部分があるんでしょうか…??訳の人が変わったとか…。
どっちを買うべきかまよっています。できればお早めに教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

新版は、訳者が瀬田貞二さんのほかに田中明子さんの2人態勢になっていると思います。旧版を訳した瀬田さんが1979年に亡くなった後を受けた田中明子さんが、訳語や訳文をさらに推敲しての新版だと聞いた覚えがあります。

内容は、だから変わっていないのではないでしょうか。両方を読みましたが、特に気づきませんでした。まあ、並べて比較しながら読んだワケではないので…。旧版には訳語が不統一なところや、古くさいところがあるかも知れません。

文庫をお買いになるのでしたら、新版・旧版にこだわらないなら、1冊1冊が薄いほう(つまり9巻セットの新版)が読みやすいと思います。何しろあの大作ですから。わたしは新版が出たとき、初めから文庫はあきらめて、評論社の単行本7巻セットを買いました。あまりにも字がぎっしり詰まっているように見えて、怖じ気づいてしまって。

Q指輪物語。純文学。

指輪物語って純文学が好きな者が読んでも楽しめますか?

Aベストアンサー

純文学を読み慣れている人が読むと、物足りないと思う可能性はあると思います。
実際私も「指輪物語」は大好きですが、いわゆる「文学作品」を読んだ後に「指輪物語」を読むと、「やっぱり文学とは言えないなあ」と思ったりします。
「指輪物語」が発表された当時批判的だった人たちは、登場人物たちがまるで少年のように無垢で高潔すぎて、人間らしい苦悩が描かれていない、というようなことを言っていたようですが、実際読んでいてそう思いますね。
また、同時代を生きた作家、特にドイツでナチスに追われて亡命していたような作家たちに比べて、時代に対する批判精神のようなものが弱いと感じますし、書かれている思想が古いな、と感じたりもします。

ただ、「指輪物語」は、もともと「文学」として書かれてはいないので、いわゆる近代文学、純文学と同列に並べて考えるような作品ではないのだと思います。
作者のトールキン自身、近代文学は嫌いだと言っており、むしろ古代神話や伝説のような物語を自ら作ってみたい、という興味から作品を書いているようです。
他の方も書いてらっしゃいますが、トールキンが作り出した「二次世界」の壮大さと緻密さは素晴らしく、他に類を見ません。
その壮大な世界を舞台に、独自の世界観を持って進む物語に、いつしか引き込まれてしまいます。(それも古代神話や伝説へのオマージュやパロディに満ちているからなのだと思いますが)
登場人物たちのキリスト教精神に則った高潔さも、人間臭さとしては物足りないかもしれないけれど、ある面普遍的な人間愛にも満ちていて、素直に心を打たれます。
私自身、文学としては物足りないかな・・・と思いつつも、どうしても心惹かれる、好きな作品ですね。

読んでみて楽しめるかどうかは五分五分、という気がしますが、試しに読んでみてはいかがでしょうか。
純文学を読みなれている人なら、序盤の読みにくさで挫折することもないと思いますので(笑)

純文学を読み慣れている人が読むと、物足りないと思う可能性はあると思います。
実際私も「指輪物語」は大好きですが、いわゆる「文学作品」を読んだ後に「指輪物語」を読むと、「やっぱり文学とは言えないなあ」と思ったりします。
「指輪物語」が発表された当時批判的だった人たちは、登場人物たちがまるで少年のように無垢で高潔すぎて、人間らしい苦悩が描かれていない、というようなことを言っていたようですが、実際読んでいてそう思いますね。
また、同時代を生きた作家、特にドイツでナチスに追われて...続きを読む

Q宮部みゆきさんの模倣犯 文庫本と単行本

こんにちは。
宮部みゆきさんの模倣犯という作品は、単行本だと上下2巻。文庫本だと1~5だそうですが、

単行本の上=文庫本の1~3巻。
単行本の下=文庫本の4・5巻。

なのでしょうか。それともきっちり2巻の半分で上下に別れているのでしょうか。古本屋さんで1、2巻だけ買ってしまったものの・・・その後の購入で迷っています。本屋さんが遠く確認できないので、どなたかご存知でしたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

模倣犯、文庫本で読みました。

単行本との分け方の違いは分からないのですが・・。
文庫本の2巻・・第2部 1~12
文庫本の3巻・・第2部 13~26
文庫本の4巻・・第3部 1~14
となっていました。


人気Q&Aランキング