祖母の話ですが、医者からガンであると言われました。病名は「大腸ガン」と転移して肝臓にも達しているそうで、一年前ぐらいからの発病との事だったのですが、発見ができなかったそうです。大腸の中にポリープがあって、口から食べれないとの事で、食べれば腸内でつまって腸閉塞になるとの事です。定期的には検診には行ってましたが、ガンを発見するというのはやはり難しいことなのでしょうか?1年も前に発病していたということですが、早期発見はできなかったのでしょうか?余命も宣告されて、病院を変えてみるしかないと考えていますが、どうしてよいのか分かりません。何か良いアドバイス等ありましたら、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#6の回答者様の言われるように一般的な検診で癌を早期に発見するのは困難かと思います。

大腸がんなどは特に大腸に特異的な検査をしないとわかりません。肝転移についても一般的な肝機能検査では異常にならない事もありますし。

こういうことがあるとすぐセカンドオピニオンと言う方がいます。意味を履き違えている方が多いのですが、主治医の説明に十分納得した上でさらに他の医師に意見を求めるのがセカンドオピニオンなのです。
病院が気に入らないから医師を変えるのはセカンドオピニオンではありません。

まずは主治医と十分コミュニケーションをとって見る(良い事悪い事含めて納得するまで)ことをオススメします。
また民間療法で癌が治る事はありませんので其の類の情報に惑わされませんようお気をつけください。
    • good
    • 0

 便潜血検査や大腸内視鏡あるいは大腸バリウム検査を毎年受けていれば早期発見できる可能性がありますが、絶対に早期発見できるというものではありません。


 大腸癌、肝転移、食べると腸閉塞、ということですが、
私ならば、癌性腹膜炎(おなかの中の全体にがん細胞が散らばっている状態)でなければ、腸閉塞を防ぐために手術をすることを考えます。手術により腸閉塞を改善し、食事ができる可能性があるからです。肝転移があっても、それ以外の大腸癌が原発部に限局していれば大腸癌切除を、腹膜播種があればバイパス手術あるいは人工肛門増設を行います。
高齢、全身状態不良でなければ、その後に化学療法(抗癌剤治療)も考慮します。標準的化学療法が困難な場合、ティーエスワン内服は副作用が比較的軽度で、延命効果が期待されます。
    • good
    • 0

私の父は47のときに肺がんで他界しました。


告知を受けたときには余命6ヶ月未満、手術もできない
状態でした。

定期健診やがん検診なども受けていましたが、
見つけることはできなかったようです。
場所によっては発見が困難であったり、
また、自覚症状もかなり進行してからでないと
出ないため、発見するのが難しいのだと思います。

病院側が見落としていたのであれば話は別ですが、
そうでなければ病院や医師をうらんでも、誰も
幸せにはなれません。

他の方が書かれているように、セカンドオピニオンや
インフォームドコンセントのように医師と二人三脚で
治療をしていくことが大事ではないでしょうか。

私の父は、まだ若く、私と姉(当時は未成年でした)がいたので、完治を信じて、抗がん剤治療を行いました。
ただ、抗がん剤治療には副作用もありますし、
抗がん剤が切れたときの痛みなどもあります。
本人も苦しいですが、周りの人間にとっても
見ているのはつらいです。

あるいは、ホスピスのように無理に延命を望むのではなく、
どのように最後を迎えるのか、前向きに考えるような
治療法もあります。

おばあさんや58258615さんとそのご家族にとって
最善な形を考えていくことが、よいのではないでしょうか?

よろしければ、以下のサイトや本などにも
目を通されてみてください。

ホスピス:
http://www.sasakawa-igaku.or.jp/faq.html
http://www.biwa.ne.jp/~s5009/saito2/okaachiyan
セカンドオピニオン:
http://www.h5.dion.ne.jp/~life-so/presen/presen. …
病院で死ぬということ:
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4167354020/25 …
    • good
    • 0

私の父も大腸ガンから肝臓、肺に転移して亡くなりました。

「葬式済んで医者話」をしても仕方がないことですが、家族としては「もう少しこうしていれば・・・」と後悔することもありました。
さて早期発見ですが、定期検診といっても「大腸の内視鏡検査」はしていましたか?。これによってポリープやガンはある程度早期に発見できるものです。便検査で2回とも陽性反応がでたらまずは疑ってみるものです。
余命を宣告されているなら転院して痛みを緩和するケアのみをするホスピスケアということも考えられます。お元気ならば、湯治(ラジウム温泉)という手もあります。私の場合は玉川温泉やロウソク温泉、増富温泉、三朝温泉などに行かせてあげたかったですが情報を仕入れるのが遅すぎました。唯一の後悔です。
    • good
    • 0

よくゆわれるのは入り口(食道から胃)と出口(直腸)はよく発見されやすいそうですが、そのほかは意外と難しいそうです。

定期的検診には行ってましたが、。。いい器械も導入されていますが医師の読影力にも左右されるそうです。私の叔父も長い間検査ばかりしていましたが、解らず、結局膵臓癌でした。>1年も前に発病していたということですが、早期発見はできなかったのでしょうか?は家の叔父のケースに似ています。>病院を変えてみるしかないと考えていますが、は変えるのでなくセカンドオピニオンをとられてはどうでしょうか。
場合によっては道が開けるかも知れません。お大事に。
    • good
    • 0

私の父も4年ほど前に初期でしたが、胃がんになりました。


その後も定期的に、血液検査と喫煙歴が長いということでレントゲンを3ヶ月に1回くらいのペースで検査してもらっていたのですが・・・

転移ではなかったものの、レントゲンで異常がないといわれてから、すぐに背中が痛いと言いだし、再度レントゲン撮影をしたら肺ガンだといわれました。

外科的治療にはむかないガンなので内科的治療、つまり抗がん剤や放射線治療をうけています。

全て、同じ旧国立病院での経過です。
外科と内科の連携ができていなかったのか、旧国立から独立行政法人に移行したことが関連しているのかわかりませんが、病気になった本人、家族の気持ちになって診療してくださっているのか悲しくなりました。

今は、なんとか元気ですが、いつ、どこに転移するかもわからない状態です。

セカンドオピニオン?ていうのでしょうか、それを拒否する病院なら、今の病院をかえてみたほうが良いと思います。

他の病院で同じ結果が出た場合は、ご本人の年齢がわかりませんが、告知するかどうか、ご本人が有意義に、穏やかに過ごされること等考えてあげてください。
お大事に。
    • good
    • 0

どんな検査をどの時期に行って、その結果がどうであったかが書かれていませんので


文面からは医師でも回答できないでしょう。
また大腸に限らず肝臓は比較的容易に転移するようです。

今はどうしてこうなったか、ではなくお婆様に少しでも安らぎの日々を過ごして頂けるよう
考えることが一番ではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QiPhoneアプリ「3年日記」バックアップできない

iPhoneのWiFi機能が壊れて、ソフトバンクの人からの勧めで、iPhoneをバックアップして復元しようとしています。

iPhone用アプリ『3年日記』(ver1.3.1)(85円)を使っていますが、iPhoneのバックアップでは3年日記のデータはバックアップされないみたいなので、3年日記のアプリでバックアップする必要があります。
しかし3年日記のバックアップはDropBoxを使ったバックアップでWiFi接続が必須のようで、今iPhoneのWiFiが使えない状況のため、アプリでのバックアップが出来ずに困っています。開発者に相談したくても連絡方法もわからないし。。。開発者はKazuoSakamotoさんとなっているようです。
3年日記を3g回線でもバックアップできる方法、もしくは、開発者への問い合わせ方法をわかる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

ザザッと調べてみましたが、

http://www.smartphone-dev.com/blog/?p=136

こちらで試して見るのはいかがでしょうか?

また、こちら開発者さんのブログのようですので、
ここからであれば連絡がとれるかもしれません。

Q肝臓ガンから大腸ガンへの転移

ご教授お願いします。

C型肝炎が原因で、肝臓ガンになった場合、その肝臓ガンが腸へ転移する
可能性はあるのでしょうか?
血液の流れでいうと、大腸への転移の可能性は低いのでしょうか?
できれば詳しく教えて頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大腸から肝臓へと静脈が還っていきますので、通常は大腸がんの肝臓転移の方が多いと思います。肝臓がんの転移としては、肝臓や肺、腎臓、骨などへの血行性転移が多いと聞いています。大腸の癌のようなものが疑われたのならば、腫瘍マーカーを測ってみると大腸に原発した癌か、転移性のものか判断できると思います。肝臓がんの遠隔転移と大腸原発癌はstageが全然違ってくるので、調べた方がいいと思います。拙い内容で申し訳ありません。

参考までに
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/liver.html

参考URL:http://ganjoho.jp/public/cancer/data/liver.html

Qフランス語訳 「余命」

インターネットなどで「余命」のフランス語訳を調べると

l’espérance de vie (平均余命)
リスペホンス ドゥ ヴィ

と出てきました
実際にこの言葉が持つニュアンスは日本の余命と近いものになるでしょうか?
ネイティヴなフランス語に詳しい方がいらしたらご指南いただきたく存じます

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

l’espérance de vie (レスペランス ドゥ ヴィ)は、まさに「平均余命」です。
新聞や雑誌で平均寿命の話をするときなんかに出てくる言葉です。
そういう意味では日本語と同じです。

それとも、「余命幾ばくもない」というときの「余命」でしょうか。
それならたとえば「彼の余命」であれば、
ses derniers jours(直訳:彼の最後の日々)
le restant de sa vie(直訳:彼の生命の残り)
あたりでしょう。

「彼はもう余命幾ばくもない」であれば、
Ses jours sont comptés.(直訳:His days are counted)

Q76歳 男 大腸ガン肝臓転移あり。SO-X療法って妥当でしょうか

76歳 男 大腸ガン肝臓転移あり。SO-X療法って妥当でしょうか

Aベストアンサー

現段階は重要な時期であります
SO-X療法はどこからの情報ですか?
まず肝臓の治療をするわけですが
SO-X療法を担当医師の推奨でなら受けていいのですが
個人判断では難しいです
肝臓の手術が可能なら手術を先にします
不可の場合は
抗がん剤になりますが
担当医師と相談されて
薬を選択するのが妥当です

Q癌 余命

癌を宣告された患者や家族は、なぜ、すぐに余命を聞きたがるのでしょうか?

リンパ節に転移があったとしても、多くの癌ではそれほどすぐには死にません。
リンパ節転移が見られる癌は多いですし、治療の進歩でリンパ節転移があっても、5年~10年以上生存する人も多いです。
よほどの末期癌でない限り、医師も余命は予測できませんし、1年生存確率10%でも100人に10人は生き残りますよね。

なぜ、癌を宣告された患者や家族は、すぐに余命を聞きたがるのでしょうか?
癌=余命宣告、しばらくしたら死ぬというようなイメージでしょうか?

Aベストアンサー

私の意見でして、すべての方にあてはまるかは疑問ですが、
癌の宣告をされて、最初に思ったのが、「俺の人生終わったか・・・」でした。
なんででしょうね。手術をする前や治療をする以前に、終わった。と思いましたよ。
ご質問者様の仰るように、癌=余命宣告 というのが、自然と頭にインプットされているんでしょうね。
でも私の場合は、余命どのくらいですか?とは聞きませんでした。治りますか?とは聞きましたが。
治療は治すためとはいえ副作用のせいで弱る部分も出てきます。相当な体力が必要です。
ですから、癌はあるのに治療を休まなくてはいけないときもあります。
もう、これ以上治療を続けても死期を早めるだけだとか、昏睡状態だとかでないと、現実では余命云々とはあまり聞かないのではないかと思います。
テレビ、ドラマの影響が大きいように思います。癌になると末は死ぬ。それまでにしておくことは済ませるような
パターンが多いのかな。
今は、医学の進歩から治せる癌、治せなくても出来る限り長く生かせるような治療。医学はすばらしいと思います。
ドラマや映画が、癌にかかっても、治って元気におじいちゃんおばあちゃんになるまで暮らしているような、ストーリーが増えないといけないのかな。
だらだらと書きましたが、おっしゃるとおり、癌=すぐに死ぬ というイメージに尽きると思います。

私の意見でして、すべての方にあてはまるかは疑問ですが、
癌の宣告をされて、最初に思ったのが、「俺の人生終わったか・・・」でした。
なんででしょうね。手術をする前や治療をする以前に、終わった。と思いましたよ。
ご質問者様の仰るように、癌=余命宣告 というのが、自然と頭にインプットされているんでしょうね。
でも私の場合は、余命どのくらいですか?とは聞きませんでした。治りますか?とは聞きましたが。
治療は治すためとはいえ副作用のせいで弱る部分も出てきます。相当な体力が必要です。
ですか...続きを読む

Q大腸ガン及び肝臓ガンの治療

65歳の父親が大腸ガンを患いました。検査の結果、肝臓に
も転移しその大きさは約7cmほどの大きさもあります。
大腸は結腸に腫瘍がありすでに20%ほどの細さになって
います。現在、入院して治療を始めようとしているの
ですが内科と外科の先生とで意見がわかれています。
内科の先生は先に抗がん剤を投与して腫瘍が縮んでから
手術する方法。外科の先生は先に元である大腸の腫瘍を
とり除いてから抗がん剤を投与したほうが良いと言って
います。父親本人は食事を見ただけで食べる気がしない
ような状況となっています。こんな状態ですがどちらを
選択したほうがよいのでしょうか? なるべく長く生きれる
方法をとれればと思っています。カルテなどを見た状況
ではないのでわからないと言われればそれまでなのですが
意見を聞けたらと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外科医の立場から
状況によって選択肢が変わります。
(1)抗がん剤治療を行う..
 1)手術に耐えられないほど体が弱っているとき
 2)体中(おなかの中に散っている、肺にたくさん転移している;つまり、何をしても手遅れという状態)ただし、大腸の癌ではおなかに散ることは少なく、肺転移も可能なら切除の対象となります。
 3)腫瘍が大きく、周囲に浸潤しており、手術で完全に切除できないため、抗がん剤で小さくしてから完全な切除を目指す。

おおまかに書きましたが、上記以外は基本的に手術が第一選択。

大腸がんの治療の第一選択は手術です。その理由は
 1)ほうっておくと腸閉塞(腸がつまる)になり、食事ができなくなる。また、人工肛門などの手術がいずれ必要になる。
 2)効果的な抗がん剤がない。..癌を治すほど効き目のある薬はありません。小さくするのに効果がある薬はありますがそれを使いつづけたからといって治るわけではありません。

転移について
 大腸がんでは、転移する際、一度にたくさんの癌が散らばるというよりは、1個だけあるいは少数だけの転移ですむこともよくあります。上に書いたように、大腸がんは薬では治りにくい癌であるため、肝臓や肺の転移の場合、切除可能なものは手術で切除するというのが一般的な考え方です。(大腸の手術のときにやるか、時期をずらしてやるかの違いはありますが)

内科の先生があえて抗がん剤を先行させようというのは(1)-3)のような状態なのでしょうか。病状によって対応は違うので、上記を参考に先生方と相談してください。

外科医の立場から
状況によって選択肢が変わります。
(1)抗がん剤治療を行う..
 1)手術に耐えられないほど体が弱っているとき
 2)体中(おなかの中に散っている、肺にたくさん転移している;つまり、何をしても手遅れという状態)ただし、大腸の癌ではおなかに散ることは少なく、肺転移も可能なら切除の対象となります。
 3)腫瘍が大きく、周囲に浸潤しており、手術で完全に切除できないため、抗がん剤で小さくしてから完全な切除を目指す。

おおまかに書きましたが、上記以外は基本的に手術が第一...続きを読む

Q余命を宣告されたらどう過ごしますか

余命を宣告された訳でも、大病になっている訳でもありません。

(昨年、考えるきっかけがあったもので)

私は、余命2ヶ月と言われたら、
職場の上司と自分の家族に知らせます。
1ヶ月休みを頂いて、今まで関わった人に
病気のことを伝えず、お礼の旅をしたいと
思います。
余命1ヶ月を切ったら、家族と楽しく過ごします。

Aベストアンサー

余命宣告されたら、まず自室の掃除と、机と箪笥の中を片付けます。
特に箪笥の中身、着古した服や下着を処分します。
机の引き出しの中も入念に片付けておきます。

次に家族に話して、私の場合、一人者なので、その時点で親がいれば親に、もう親がいなければ妹と弟に、その時の事を頼みます。費用などの置き場所、実印、保険の証書、家土地の権利証の置き場所、遺言書の場所なども話しておきます。

それから会社の上司に話して、仕事の引継を行い、退職します。

その後まだ動けるようであれば、お世話になった人や友人に会いに行ったり、大好きな場所を回ります。もし動けないようであればお世話になった方々、友人にお礼の手紙を書きます。

約10年前、病気した時、医者からもしかしたら明日の朝、死んでるかもしれない、と言われた事が一度ありまして、それ以来回復した今でもその時の準備だけはある程度しています。宣告されたら、心静かにその時に向かって過ごしたいとは思っています。

Q大腸ガンから肝臓ガン

知人に大腸ガンの転移で肝臓ガンになった方がいます。
現病院の医師の話ですと、相当な部分に転移が見られ、抗ガン剤治療等ではムダの
ような説明を受けているみたいです。今は高熱が出ては解熱剤、痛みが出れば痛み止めの薬を処置してその場しのぎの状態とのことです。
このまま無駄に時が経つのであれば、何か最前の治療方法は無いものでしょうか?
「駄目元」でも何か方法があれば教えて下さい。
メンタル的な情報でもお願いします。本人は意気消沈?です。

Aベストアンサー

大腸がんから肝臓に転移、抗がん剤の治療が無駄になりますね、#1の方が述べられている様に、サブリメントで良い物は在りますが(AHCC・丸山ワクチン・メシマコンブ等)これらの使用も良いと思いますが、薬草での治療も考えて看ませんか。
 リンパ腫の方とか、肺癌の方にも述べておきましたが、日々草を試してみて下さい、良い効果が出ると思います。
日々草の生の葉を3枚から5枚程度、食べて下さい、最初は、少し苦いですが、慣れると食べやすい物です、この日々草で、癌特有の痛みは取れます、食べてから約10分位で取れます。

Q医師の余命宣告の信憑性

父親と知人が余命宣告を受けています。
父親は肺癌からくる脳腫瘍です。一時は一週間と言われ、あわてて入院、治療を始め、それでも半年から一年と言われました。
知人は、病名が分からないのですが、何か血液がカルシウムを多く作りすぎる病気で(遺伝らしいのですが)、治らないみたいです。初めて受けた余命宣告はとっくに過ぎていて(五年くらい)、二回目の余命宣告も2年くらい過ぎています。
病気によってそれぞれだと思いますが、医師の言う余命宣告ってどれくらい正確なのですか。後半年といわれてから何年、何十年生きる人もいると思いますし、後3年と言われて半年でなくなってしまう人もいると思います。医者は何を基準に余命宣告するのでしょう。そして、その信憑性を教えてください。

Aベストアンサー

初めまして。

私は医療従事者です。
#1さんの仰るとおり、余命とはその病気に掛かってしまった方がどのくらい生存していたか、
と言う統計に基づいて話している筈です。

人の体ってこんなに医学が進んでいても、分からない事は沢山あります。
千差万別とはよく言ったものですが、まさにその通りで、色々なそれぞれの体の体質や機能の違いで変わってくる物です。
そう言ってしまうと都合の良い様に聞こえてしまうかも知れませんが、実際はそれが本当のところなのではないかと思います。

Q大腸ガンからリンパ節転移の治療法について

大腸がんリンパ節転移について知りたいのですが。
私の親しい友人が、今年7月頃に下血があり病院へ行ったところ、大腸(直腸)ガンと診断されました。

治療を開始した頃は、治療すれば治ると言われていたようですが、その後の検査でリンパ節に転移が認められたとの事で、主治医からは『今の状態からだと完治の可能性は低い』と告げられました。
しかし、本人は先進医療も視野に入れ、やはり完治を望んでいます。

-------------
本人からの病状説明ですが↓


・5、6月頃、便をしたら血が紙について、「おかしい…」と感じる。

・7月に一回トイレに行ったら大量の血が出てさすがに病院に行こうと思って、肛門科を受診。
検査の結果、腫瘍が発見されて大病院へ受診。検査の結果、8月に大腸がん宣告。
この時私はかなり結果を聞くのを怖がってて、医者もそれに配慮して、「直腸がんで、リンパが弱くなってるから抗がん剤と放射線の治療をする」という言い方をした。
つまりこの時にはすでにリンパへの転移発覚。

・8月から放射線と抗がん剤治療開始。放射線は直腸への腫瘍に対して。
ちなみに抗がん剤名は、オキサリプラチン・レボホリナート・フルオロウラシスを使用する、FOLFOX6という方式です。
ポッドを埋め込んでそこから抗がん剤の点滴。なぜ、手術せずにこの治療なのかは人工肛門を避けるための他に、リンパへ転移した腫瘍をなくすため。リンパの腫瘍は大腸の大動脈にあって、これは手術も放射線も出来ないから今の所、抗がん剤治療しかない。一番何とかしたいのは、この大動脈の腫瘍。

・とにかくリンパへ転移した腫瘍が何とかなれば直腸の腫瘍は手術で何とかなる。

以上が本人からの説明です。

--------------------

最初の段階では手術をする方向で治療を始めたのですが、リンパ節転移が発見されたところで、手術は当分見送りで、現在は抗がん剤の治療のみをしております。
手術を見送った理由は、ガンが大動脈の近くに出来てしまったのが問題のようです。
抗がん剤の副作用もかなり強いようなので、抗がん剤の副作用を軽減できる方法などもあればお聞かせください。
リンパ節には3箇所くらいの転移があるようで、特に大動脈の近くにガンが転移してしまったのだ一番の問題のようです。
現在このような病状ですが、良いアドバイスがあったらお願いします。

大腸がんリンパ節転移について知りたいのですが。
私の親しい友人が、今年7月頃に下血があり病院へ行ったところ、大腸(直腸)ガンと診断されました。

治療を開始した頃は、治療すれば治ると言われていたようですが、その後の検査でリンパ節に転移が認められたとの事で、主治医からは『今の状態からだと完治の可能性は低い』と告げられました。
しかし、本人は先進医療も視野に入れ、やはり完治を望んでいます。

-------------
本人からの病状説明ですが↓


・5、6月頃、便をしたら血が紙について、「おかしい…...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、大腸がんの基礎を勉強してください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/colon.html
http://www.jsccr.jp/guideline2009/guideline_2.html

ポートについては……
http://www.gsic.jp/cancer/cc_15/acd/index.html

大動脈周辺のリンパ節郭清……
上記の説明で、大動脈周辺のリンパ節郭清が
一般的には、可能であることが分かると思います。
しかし、今回は、医師が、「それができない」と言っているのは、
それなりの理由があるからです。
文面からでは、その理由がわかりません。

人工肛門を避けることが可能ということは、腫瘍が肛門から離れている
ということです。
大動脈周辺のリンパ節郭清と低位前方切除術(人工肛門を造らずに、直腸を
肛門を繋ぐ手術)とは、基本的に無関係です。
ですが、大動脈周辺の腫瘍が、低位前方切除術をするか、しないかの
問題になっているということは、そこを何とかしなければ、
低位前方切除術をしても、意味がない
ということだと思います。

つまり、状況は、かなり厳しいということが想像されます。

ご参考になれば、幸いです。

まずは、大腸がんの基礎を勉強してください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/colon.html
http://www.jsccr.jp/guideline2009/guideline_2.html

ポートについては……
http://www.gsic.jp/cancer/cc_15/acd/index.html

大動脈周辺のリンパ節郭清……
上記の説明で、大動脈周辺のリンパ節郭清が
一般的には、可能であることが分かると思います。
しかし、今回は、医師が、「それができない」と言っているのは、
それなりの理由があるからです。
文面からでは、その理由がわかりません。

人工肛門を避...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報