WOWOWで「キングダム・オブ・ヘブン」の字幕版を観ていたのですが、字幕に「ドイツ人」と出ていました。
この当時の“german”というのは「ゲルマン人」と訳す方が正しいと思うのですが、いかがなものでしょうか?

検索で以下の質問はチェックしました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1761233

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>「ゲルマン人」と訳す方が正しい



現代の英語でgermanと言っている以上、やはりドイツでいいんじゃないでしょうか。大体あの時代、フランスだってまだどっちかといえばフランクですし、フランス語はまだかなりラテン語の発音に近く、イギリスは辺境、ドイツには「ドイツ王」というものもちゃんとあったわけです。ですから、ゲルマン、といってしまっては逆にどこの話だかわからなくなります。ほとんどの西ヨーロッパはゲルマン系ですから。
つまり、ゲルマンの中のフランク族の国があって、それが分裂してフランス(自称はフランク。当時はフランクと発音したはず)、ドイツ、イタリアになったわけで、神聖ローマ成立後はドイツ地域の王もフランクの流れを汲む事を強調していたりもします。
さて、問題の時代、臺2回十字軍にはドイツ王コンラート三世が、第3回には神聖ローマ皇帝フリードリヒ一世(有名なあだ名がバルバロッサ)が参加していますが、このバルバロッサも1152年にドイツ王になり1155年に神聖ローマ皇帝になっています。従って、当時少なくともドイツ王なる称号は存在していました。
ですから、ドイツ、と言う言葉を使っても特に問題はないと思います。
・・・・というかそこにこだわると、主人公が英語でしゃべっている時点でアウトでしょう。この当時だといわゆるオイル語かオック語を話していないと変ですし、お父さんがゴッドフリー・オブ・イベリン、って英語のオブがはいってちゃいけないでしょう。
つまるところこれは歴史劇というより時代劇なんですね。
 いずれにしても、こういうのを訳す時前後関係がわからないと、ある単語がどういう意味で使われているか断言は出来ません。
日本語と一対一に対応しているわけではないのですから。というわけで断言は出来ませんが、フランスの人がドイツの人に対して言ったのだったら、ゲルマンではむしろ不都合だと思われます。自分たちもゲルマンのなかのフランクだ、と観念していたはずだから、むしろ自分らと違う、と言う意味ならドイツ人と言った方がむしろ正確です。ドイツ人の自称の場合もそうですね。
    • good
    • 0

まず映画「キング・オブ・ヘブン」は


フィクションであるという点。

第二によってそれほど正確を期してないという点。

第三にドイツ人には、
ドイツ地方の人という漠然とした意味もあるという点。

第四、よってゲルマン人も漠然とドイツ人に含まれるという点。

第五に映画はほぼすべて英語なので
映画の雰囲気をそのまま日本語化すると英語風になるという点。
(1と2とをあわせてあえてアレンジしなおす必要はない点)

第六に、すべてを考慮しても
翻訳者の裁量権の範囲内なのであるという点。


だから要するに、ぶっちゃけどっちでも可でしょう。
ジャーマンとゲルマンの訳しわけを英米の人は理解しないでしょうし。
多言語に影響される日本人ならではの悩みかと。
    • good
    • 0

ドイツ人で問題ないかと。



ゲルマンというのは、現在でもそうですが、ノルマン、ゴート等など・・・いろいろな部族を含みます。
つまり、ドイツを含むだけではなくなります。

で、キングダム・オブ・ヘブンは12世紀の話を題材にしているらしいので・・・
当時、神聖ローマはすでに成っており、一応、古代ドイツの形は作られています。

まあ、実際にはこれら歴史的背景とは一つも、というか1ミリも関係なく、現代英語ではgerman=ドイツですから、作った人がその意図で使ったとすれば、それはドイツと約すのが正しいかと。
たぶん監督も、翻訳者もそんなのは気にも留めず作っていると思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。そもそも、この疑問を感じたのは
・フランスからエルサレムに行く間に、なぜドイツを通るようなシーンがあるのか
・世界史では近代まで「ドイツ」という言葉が出てこなかったような気がした点
の2点で、どちらもドイツ人でなくゲルマン人という意味なら辻褄が合いそうだ、と思ったのです。

補足日時:2006/08/22 22:56
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q当時の戦闘機 戦艦をみれるところ。 当時を知るなら靖国神社ですか?

第二次世界大戦の時代の、戦闘機を当時のままみれる場所はありますか?レプリカなどがあるのはインターネットでみかけました。でもピカピカでどでかいおもちゃのようで、なんだか求めてるものとは違いました。とうじのまま、というか、本当に戦闘してきたというのが残っている戦闘機を保存している博物館みたいなところはないのでしょうか?戦艦なども。。。

あと、特攻隊や当時の歴史に関するものをみたいです。どこかいいところはありませんか?やはり靖国神社でしょうか?教えてください

Aベストアンサー

国内に限りモノの大小問わず、であるならば
http://homepage3.nifty.com/ki43/index.html
が網羅的です。

 なお、飛行機については結構残っています。
 これは大体埋まってたり沈んでいた奴を発掘して足りない部品を補う形で当時の姿に近付けています(レストアといいます)。
 逆に様々な趣旨からそれをしていない展示もありますし、部品だけ、なんてところも多い。
 どちらにせよ「当時のまま」というのは難しい状態です。前者は展示用にピカピカですし、後者は”使用後”の姿ですからね。

 船に関しては戦艦はおろか、小艦艇の類ですら現在は残っていません。
#ついこの前まで1隻残っていましたが、貧乏な行政が解体してしまいました
 国内の船でWW2に絡んだのは横浜に繋留されている「氷川丸」(病院船)、船の科学館に展示されている「宗谷」(特務艦として輸送・観測などに従事)ぐらいでしょうか。

 もっとも、海外に目を向ければ、戦艦・潜水艦などは記念に保存されているモノもありますし、当時から保存されていた機体やレストアした機体を(趣味で)飛ばしている団体もあります。

国内に限りモノの大小問わず、であるならば
http://homepage3.nifty.com/ki43/index.html
が網羅的です。

 なお、飛行機については結構残っています。
 これは大体埋まってたり沈んでいた奴を発掘して足りない部品を補う形で当時の姿に近付けています(レストアといいます)。
 逆に様々な趣旨からそれをしていない展示もありますし、部品だけ、なんてところも多い。
 どちらにせよ「当時のまま」というのは難しい状態です。前者は展示用にピカピカですし、後者は”使用後”の姿ですからね。

 船に...続きを読む

Qゲルマンの政治制度

ヨーロッパに進出したいわゆるゲルマン諸王国はどのような国家を構築しどう運営していたのでしょうか。
どのような人々がどのような人々をどんな風に治めていたかがいまいちうまく把握できません。
大移動前からメロヴィング朝・カロリング朝あたりまでのゲルマン民族がヨーロッパに進出した前後の政治形態・支配構造・社会制度など解説や歴史について詳しく書いた本やサイトなどがあればぜひ教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヨーロッパ進出後のゲルマン民族の政治形態・支配構造・社会制度について調べたいのならば、以下の本を紹介します。いずれの本も、読み手にそれなりの基礎知識を求めます。
シュルツェ『西欧中世史事典――国制と社会組織』ミネルヴァ書房
山田欣吾『西洋中世国制史1 教会から国家へ』創文社

ヨーロッパ進出前の場合、彼らの文字史料が残されていないため、ローマ側の記述が参考になります。
カエサル『ガリア戦記』
タキトゥス『ゲルマニア』

Qフランス人はゲルマン民族なのにラテン語なのは?

フランス人の源流はフランク族すなわちゲルマン民族の一派ですが言葉はラテン系言語です。どういう経緯で言葉が変わったのですか?

Aベストアンサー

 フランス民族という概念はありません。したがって、その祖先がゲルマン民族だというのも正しくありません。

 ローマjんの征服以前、現在のフランスの地には主としてケルト語族のガロワ人が住んでいました。今でも、多くのフランス人はガロワ(ゴール)の子孫だと主張しています。

 ローマ帝国末期、ご指摘のようにフランク族が侵入し、中世にはノルマン人も来住しました。しかし、北フランスで使われていた古フランス語(ラテン語の口語)が共通言語として用いられるようになりました。侵入者に比べ土着民の方が多かったこと、教会でラテン語が公用語として使われていたことなどが原因でしょうか。

 イタリー語、スペイン語、ポルトガル語、ルーマニア語なども、俗ラテン語から派生したものです。

Qゲルマン民族の移動って何年??

こんにちは。
ゲルマン民族の移動って何年ですか?教えてください。

Aベストアンサー

覚え方
みんなごめんねと大移動。
3(みん)7(な)5(ご)めんねと大移動。

Qゲルマン人の侵入について

ゲルマン人の侵入は何年頃と考えればよいのでしょうか?年号で言うと375年となっていますが、軍人皇帝時代にも北方のゲルマン人の侵入がありますよね?このゲルマン人と375年のゲルマン人はちがうのですか?どう考えればよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ゲルマン人の侵入は、受験レベルの暗記では375年となっていますね。

しかしながら、それよりはるか以前よりローマ帝国領へ出没しています。
ちょっと広く考えてみれば、カエサルの頃にガリア人をその支配下におさめつつ、その後、ガリア経営を成功させたローマ帝国。若干の内乱を経ながらも、ガリア地方の安定経営を続けておりました。

さて、ゲルマン地方は?といいますと、
五賢帝時代に、ライン川とドナウ川を持ってその北方の国境としています。

辺境地帯ではローマ軍団を中心に待ちが開かれ、徐々に都市の領域が拡大していきます。

当時のローマ軍団の特色として、ローマ市民から成る軍団兵と現地人中心に構成された補助兵という組織で構成されていることが挙げられます。

ゲルマン地方に近いところでは、「ローマ軍団の補助兵」として、ゲルマン人が雇用されるケースも頻繁にありました。

さらに、ローマ軍団の補助兵として兵役を終了すると、その子孫はローマ市民権を与えられるので、ゲルマン民族のローマ市民も登場しています。

そういうことを考えると、すでにゲルマン民族との接触が始まっている紀元前1世紀には、ゲルマン民族もローマ帝国(当時は共和国ですか…)に侵入していた…
といえるのではないでしょうか?

というのを長い前ふりとしまして…。

現実にローマ帝国とゲルマン民族が戦い始めているのは紀元前1世紀にガリア地方を征服したカエサルの頃からです。

カエサルの力もあって、一時期はライン川の奥地まで攻め込んで国境周辺の部落を攻めたりもしていたのですが、その後の第二次三頭政治の頃の内乱もあって、
ローマ帝国の国力が落ちると、トイトブルクの戦いの敗北もあり、ローマ自身もゲルマニア(ゲルマン地方)の征服を断念します。

五賢帝の時代にトライアヌス帝が領土を一時的に拡大し、続く皇帝たちが領土経営を充実させますが、そこまででした。

ネロ帝の頃から一年に一度くらいのペースでめまぐるしく皇帝の座が入れ替わり、その権威が失墜していきます。その中であちらこちらで、理由はどうであれ、帝位を狙い、あるいは簒奪をたくらむ輩が出てきます。
ここで重要なのは、「帝位というものの権威が失墜したこと」です。これで、簡単に言うと「ローマ帝国がなめられた」状態になったのですね。

外部では、東部国境でササン朝ペルシャとの戦い(しかも、押し捲られて…)、あいも変わらずユダヤ統治の困難さもあり、国力が疲弊していきます。

という外的要因、内的要因が合わさり、東部に比べて重要度が低下していった北部国境の軍事力が低下していきます。
(東部国境への軍団移動や北部国境警備の軍団同士での戦い(それぞれの司令官が皇帝になろうとして)とか)

そんなこんなで、国境警備が手薄になり、今まで行われてきた、軍団補助兵への加入や平和的な移住だけではなく、国境周辺の村落への略奪行為というのが盛んになってきたのですね。まぁ、そんなのは規模も小さいので国境警備だけでなんとかなりました。

その頃、フン族(昔は中国のほうにいて匈奴と呼ばれていたらしい)が西進してきました。帝国北方から黒海周辺にいたゲルマン民族は、次々と圧迫されて部族単位で西進を始めたのです。個別での移住は吸収してきたローマ帝国ですが、今回は部族単位での西進です。国内混乱を防ぐために防戦に努めますが、それもむなしく西ローマへの侵入を許してしまいます。
当初は「難民」として友好的に融和しているかに見えたゲルマン民族ですが、その後、475年の西ローマ帝国皇帝の殺害で、個々独立を果たします。

質問の回答としては、
軍人皇帝時代の侵入は、ゲルマニアを基点としての略奪活動。
375年は、変える場所を失った難民としての移住。
つまり背水の陣。命がけです。

同じゲルマン民族ですが、気合が違う…と。

こんにちは。

ゲルマン人の侵入は、受験レベルの暗記では375年となっていますね。

しかしながら、それよりはるか以前よりローマ帝国領へ出没しています。
ちょっと広く考えてみれば、カエサルの頃にガリア人をその支配下におさめつつ、その後、ガリア経営を成功させたローマ帝国。若干の内乱を経ながらも、ガリア地方の安定経営を続けておりました。

さて、ゲルマン地方は?といいますと、
五賢帝時代に、ライン川とドナウ川を持ってその北方の国境としています。

辺境地帯ではローマ軍団を中心に待...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報