フリーランスのプログラマーです。(簿記・経理関係ド素人)
これまで白色申告をしていたので、簿記等をあまり気にしていなかったのですが、青色申告することを考えだしてから、HOWTO本(経理・簿記等)のたぐいを読み出し、かえって謎・謎・謎が噴出状態です。
で、質問なんですが、
(1)「現金出納帳」・「預金出納帳」に記帳する必要が有るのは、事業に関する出納のみなのか、個人用・事業用に関わらず、全ての金銭の動きを記帳する必要が有るのか解りません。(例えば、個人的な買い物をする為に預金から引出しを行った場合、預金出納帳に記載が必要なのか?、また手持ちの現金から事業用の物品を購入した場合、現金出納帳に記載が必要なのか?、という事なんですが・・・。)
(2)そもそも私の場合、個人事業における「個人の資産」と「事業の資産」の分け方が理解出来ていないんですよね・・・。サラリーマン時代の考えであれば、「会社」から「社員」へ報酬が支払われ、「社員」は報酬を消費し生活する、という形でなんとなく理解出来そうなんですが、「事業」の利益を「事業主(私)」が消費するっていう事を、帳簿上どう表現するのか、また、すべきなのか解りません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1.「現金出納帳」・「預金出納帳」に記帳する必要が有るのは、原則として事業に関する出納のみです。



この、帳簿から事業の収支を計算することになりますから、このように、事業だけのものに限定して記帳しておかないと、事業だけの収入や経費の計算が複雑になってしまいます。

ただし、事業の資金が足りなくなって個人の資金を事業に入れたり、反対に、生活費を事業の方から支出する場合があります。
このようなときには、事業から生活費を取る場合は、事業の現金出納帳から「事業主貸し」として、10万円・20万円など切りのよい金額を支出して、それは個人の財布に入れて、そこから生活費の支払をします。

逆に、事業資金が足りなくなった場合は、個人の現金を事業に貸すことになり、事業の「現金出納帳」に「事業主借り」として受け入れます。

手持ちの現金で事業の必要な物品を購入した場合は、上記のように、事業で「事業主借り」として受け入れた上で、事業で購入したことにして記帳します。
あるいは、購入したものを事業の現金出納帳に記帳して、現金を個人に返します。
いずれにしても、事業で必要なものを購入した場合は、事業の現金出納帳に記帳する必要があります。
これを忘れると、事業の経費が少なくなり、利益が余分に計上されてしまい、税金面で不利になります。

このように、個人と事業の資金の流れは、別に管理することが肝要です。
事業の利益は事業のものですから、これを個人で使う場合は、前記のように「事業主貸し」として現金を支出することになります。

この回答への補足

で、補足というか、また質問なんですが、
現在、「事業の資金」と「個人の資金」の区別がほとんど無い状態です。
そもそもこれが問題だと思うので、「事業の資金」を明確にしたいと思うのですが、記帳を開始する時点での「事業の資金」って、私(事業主)が勝手に設定して良いのでしょうか?

補足日時:2002/03/15 17:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
事業に関する出納のみ記帳する、というのは
言われてみれば当然の事ですよね。
実際の記帳方法については、大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/15 16:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業用銀行口座と現金出納帳・預金出納帳

昨秋開業した、青色申告予定の個人事業主初心者です。実は事業用銀行口座を昨年開設はしましたが、昨年内は使うことなく、必要経費をすべて個人用銀行口座から家庭用と共に引き出してまかない、年を越してしまいました。

今更ながら、現金出納帳と預金出納帳をどう処理したものか困っています。

参考になるご意見をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご教示願いたいと存じます。

Aベストアンサー

※例を書きますので参考にして下さい。
お父さんが定年退職金2千万円で事業を始めました。このお金は個人の自由にはなりません。会社「事業」のための運用資金として処理されますので、出納帳・仕訳帳をしっかり記帳してください。

借方資産の部の現金及び預金であり、負債の部の資本金なのです。
上記を理解した上で当てはめて仕訳経理処理して下さい。銀行口座は会社は当座預金に個人は普通預金とはっきり区別して下さい。

>会社で出納した金額の内容金額を年月日ごとに整理して仕訳記帳して下さい。「証憑書類はB5用紙に左側を綴じるように、領収書・レシ-ト等を糊付けして上に年月日透視NO右下に合計を記載する。」

Q個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?

 こんにちは、みなさん!!

個人事業主の会計において現金出納帳は必ずつけます。
収入が事業収入だけの場合は事業主はその収入で生活をしていることになります。

家計費の支出についても事業主貸勘定を使い、生活費をとっている仕分けを切ります。

したがって、現金出納帳は家計の現金残高と同じなのでしょうか?

現金出納帳=会社の金庫=事業主の財布となっているのでしょうか?

それとも、会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられているのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、個人事業主/青色申告者です。
すでに多くの方から回答が寄せられておりますが、私の場合を説明いたしましょう。
わが家には、三つの財布があります。
(1)個人事業の財布
(2)私(個人事業主)の個人的な財布
(3)妻の財布
この三つを明確に分けて、(1)(2)については私自身で現金出納帳を記載しています。((3)については、当然妻が管理)
先般新たに購入した10万円未満のノートパソコンの購入代金は、(1)の現金出納帳に、事業分/個人分=6/4に按分して、事業分→科目「消耗工具備品」、個人分→科目「事業主貸」に仕訳けてパソコン入力しました。
知人から受取った「お祝い金」のような明らかに個人分に該当するものは、(2)にだけパソコン入力しております。
従って、表題の「個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?」のご質問への回答は、「一致しません」となります。
以上、ご参考になれば幸いです。

Q個人事業主が廃業する時の事業口座と預金出納帳の締め

青色申告の個人事業主が廃業する場合の仕訳について教えてください。

事業用口座と預金出納帳はどのように締めたら良いのでしょうか。
特に何もせず、口座にも帳簿上にも預金が残った状態でいいのでしょうか。

それとも預金は全て引き出して0にするのでしょうか。
そうすると事業主貸が非常に大きくなって、元入金がマイナスになるような気がするのですが。

Aベストアンサー

>特に何もせず、口座にも帳簿上にも預金が残った…

それでかまいません。
廃業後は自由に使ってください。

>それとも預金は全て引き出して0にするのでしょうか…

そんな必要ありません。

>そうすると事業主貸が非常に大きくなって、元入金がマイナス…

だからそんな無意味な仕訳は無用です。

Q弥会計初心者です。現金出納長に入力したのですが、預金出納帳に反映されない。

弥生会計初心者です。トライアル版を使用し、現金出納帳に半年分入力したのですが、預金出納帳に数字が反映されません。どの帳簿、伝票から入力しても入力した取引は該当した帳簿に全て転記されます・・とあるのですが??よろしくお願いします。

Aベストアンサー

預金出納長には補助科目を設定してありますか?
もし、補助科目を設定していないならば補助科目を設定するか、
もしくは帳簿のタイプを補助元帳から元帳に設定変更してみて下さい。

Q個人事業 帳簿 預金出納帳の書き方

インターネットショップの個人経営で帳簿をつけ始めました。
ほとんどの取引を通帳からしています。
帳簿のつけ方がチンプンカンプンなので、とりあえず預金出納帳から手をつけています。

小売なので、日々の売上があり、ほとんどのお客様から口座に直接入金があります。(商品は入金後の発送)
とりあえず1日の売上を集計して記入してみました。
この売上を預金出納帳にどのように書けばいいのか悩んでおります。
 
 月日   取引先   概要   入金(預金売上欄)  出金
1月1日  空欄   売上集計  12345
1月2日  空欄   売上集計  12345

とりあえず上記のように記入していますが、いいのでしょうか?
売掛金かな?とも思いましたが、売掛金って納品してからお金をいただくことですよね。お金をいただいてから納品なので。。。
それともこんなところで悩む必要もないようなことなのでしょうか?

Aベストアンサー

#2の者です。

質問者様が使われているのはいわゆる「簡易な簿記」とされているもので、
これはこれで問題ありません(総勘定元帳はとくに必要はありません)。
売掛帳には、人別の入金額と発送済み商品の金額(売上金額)を入力できると思います。
そういうことでしたら、預金出納帳の相手科目欄は「前受金」とされたら如何ですか?
この場合、預金出納帳に入力された前受金が売掛帳の入金欄に対応します。
その年分の売上高は売掛帳の売上金額を合計すれば算出できることになります。

簡易な簿記で青色申告するときの青色申告特別控除は10万円です。
複式簿記で青色申告すれば青色申告特別控除は最大65万円もらえます。
#1さんが仰るように私も複式簿記による記帳をお勧めします。
日商3級程度の知識を身につければ充分対応できますので検討してみてください。
市販の個人事業者用の会計ソフトは当然、複式簿記で記帳することになります。
例えば「弥生の青色申告」でしたら1万円前後で売っています。
有料ではありますが、ソフトの代金は必要経費になりますし、
帳簿間の転記は自動、青色申告特別控除は65万円、
青色申告決算書も確定申告書も印刷できるということで、買って損はないと思います。

#2の者です。

質問者様が使われているのはいわゆる「簡易な簿記」とされているもので、
これはこれで問題ありません(総勘定元帳はとくに必要はありません)。
売掛帳には、人別の入金額と発送済み商品の金額(売上金額)を入力できると思います。
そういうことでしたら、預金出納帳の相手科目欄は「前受金」とされたら如何ですか?
この場合、預金出納帳に入力された前受金が売掛帳の入金欄に対応します。
その年分の売上高は売掛帳の売上金額を合計すれば算出できることになります。

簡易な簿記で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報