とても基本的なことだと思うのですが、プログラマーとSEの違いを
教えて下さい。
あと以前「JSE」というのをみかけたような気がするのですが
こちらはどのようなものなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

A 回答 (4件)

仕事の役割分担でいうと、



システム化する業務をユーザーと打ち合わせてシステムの
概要のとりまとめを行うのが上級SE~一般SE
(要件定義~外部設計)

それを受けて、システム内部の作りを考えるのが
一般SE~ジュニアSE
(詳細設計)

SEがまとめた設計書を元にコンピューター用の言語を
コーディングするのがプログラマー

規模によって役割が違うと思いますが、だいたいこんな
役割分担ではないでしょうか。
    • good
    • 0

JSEとは、初級SE(ジュニアSE)のことです。



Jが初級(ジュニア)、Mが中級(ミドル)、Sが上級(シニア)です。
経験年数などによってだんだんと上がっていきます。

JSE→MSE→SSE となります。

SEに限らず、プログラマにもあります。

JPG→MPG→SPG となります。
    • good
    • 0

・プログラマー


仕様書やコーディングシートに従ってプログラムの入力を行う。
基本的にプログラミングの知識は不可欠だが、システム全体を把握する能力までは求められない。

・SE
提示された案件に対して、システム全体または一部の把握・設計を行い、クライアントに対する提案等も行う。
プログラマーの上位に位置し、プログラム自体の作成能力は勿論、交渉能力等も必要。

以上が私の中での認識です。

#「JSE」というのは私も存じ上げません。
    • good
    • 0

>プログラマ


 プログラムを作成する人
>SE:システム エンジニア
 システムを構築する上でシステム全体を把握しこれはコンピュータにやらそう
 これは人間系で(運用)カバーしようとかをする人
>JSE
 シラン。ない(おいおい断言していいのか?(笑))

一応
アスキーデジタル用語辞典を紹介します

参考になれば幸いです

参考URL:http://yougo.ascii24.com/gh/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報