市況の状況を表すことばで、もちあいとかいろいろあると思うんですけど、全部で何種類ありますか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1氏のようにすぐは思いつかず探してみたら、市況用語集として約30前後の用語が出ていました。

。。

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/02/term.html


商品用語らしきものも入りますが、、、

http://homepage2.nifty.com/iskwood/w-seika-sikyo …

参考URL:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/02/term.html
    • good
    • 0

「現代用語の基礎知識」を買ってみるのもいいと思います。



「全部で何種類ありますか?」
それは何かの文献があるのではないかと思うので、根性で調べあげてください。
ここで安易に質問するより楽しいと思います。
googleで検索すれば何かわかるかもしれません。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4426101 …
    • good
    • 0

実際には沢山あり過ぎて数え切れないと思います。



乱高下、閑散、上値重し、底固い、上昇、下落、急騰、急落、行って来い
大体この内のどれかとほぼ同じ意味になると思いますがそれぞれに別の言い方が存在します。(言語学者で研究している人がいれば回答できるかもしれません)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青果市況をネットで手軽に確認するには

青空市で野菜を販売するのに値付をどのようにするか悩んでいます。ネットで検索すると〇〇青果市場が出てきて、閲覧すると農業新聞の市況欄と違い読みづらいのです。内容がよく分かり、読みやすいサイトはありますか?

Aベストアンサー

ずっと昔に青果市場で解析した市況データを、その自治体の担当部署に報告するという仕事をしていました。
市況を発表する立場からすると、青果物の安定供給という役目を担っていますので、必ずしも市況の価格が正しいとは限らないようです。例えばA市場で5kg箱のネギが10,000円になったとすると、その市況を見た生産者は翌日もA市場に出荷しようとします。高く売れるとこがいいに決まってますからね。でも、その傾向が強くなると、ネギが集まりすぎて、今度は値を下げ始めます。一方、B市場ではその逆の現象が起きているわけです。量や価格の変動を極力抑えて市民に安定供給させるためには、市況データを操作する必要も出てくるわけです。
長くなりましたが、そんなわけで市況データで値付けするのはどんなものなのかな?と思った次第です。^^

Q雇用悪化の状況で求人がある現場ありますか?

今は、不景気で解雇が続き、食べるものがないっていう人までいる状況ですが、いま、求人がある職場、職業っていうのは、まったくないのかかんが得ております。私も、いつ首になるか分からない状況でして、これを機に、田舎にでも、暮らそうかとも考えています。
一時期は、北の漁師は、人手がいないとか、農村の過疎化とかありましたが、そういうものも、いまは、ないのでしょうか?

Aベストアンサー

麻生総理がハローワークで就職希望者とお遊びで面談した時のニュースでは
これがやりたいというものがなくては雇う側としても困るだろう。
というようなことを言っておりましたが、
選ばなければ色々あるよという言い方と整合性を取らせると
とりあえず選ばないで就ける仕事が自分のやりたい事であると思いなさい。
ということになるのではないか?
時間が許すのであれば自分なりの日本の像を描き
その姿において今とりあえず自分のできる職を選び
最初は苦しくともそれで自活できるような形態に社会に働きかけていくという考え方もある。
社会的に必要な職であれば国家が守らなくてどうする。って気概でさ。

Q株式市況の記事の表現について

株式市況に関する記事において
「~は市場予想を上回る見通し」などの表現をよく見かけるのですが
この「市場予想」は誰が予想してるんですか?
そして「見通し」を出している人は誰なんですか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブルームバーグやロイターが、アナリスト・証券会社の為替や商品担当者・情報配信会社(格付け会社など)が予測した情報を元に発表したものを、各業者が有料配信で受け取り、それを一般人に無料や有料で公表しています。

Q産業連関表 延長表

産業連関表延長表の冊子を購入若しくは借りたいのですが、国立国会図書館にも一部しかなく困っています。購入は電子データは高すぎて買えず、冊子はどこで購入すればいいのか分かりません。
どなかた、産業連関表(延長表)の昭和56年版から平成16年度版までの冊子の貸し出し若しくは販売しているところをご存じないでしょうか?

Aベストアンサー

お住まいの地域はどちらでしょうか?産業連関表は経済分析上の基礎的ツールですから、都道府県図書館レベルでしたら大抵は所蔵しています。
また、各都道府県の統計協会でも持っているでしょう。
冊子を購入するとなりますと1年度につき1万6千円前後になりますから、もしもさほど細かな分析でなければオンラインで公開されているものを用いるのはどうでしょうか。
経済産業省が公開しているものは46分類等で、基本分類(500分類前後)と比較すると粗いですが、無料で利用できます。

参考URL:http://www.meti.go.jp/statistics/data/h2atop3j.html

Q円安とかドル高とか

どうして毎日レートが変わるのか
しくみ?
知りたいです。ドルだけじゃなくて外貨全て

ドルを買い付けが増えた?とか
良く分かりません。

円高 円安とかでどういう産業って言うか仕事に影響が出て、逆にどういう産業が利益が出るかは少し分かります。

Aベストアンサー

 為替が変動する要因、円が高くなったり安くなったりする要因は色々あるのですが、円が高くなる主な要因として次の2つがあげられます。
 (1)「貿易黒字が円高の主要な要因である」
  リチャード・クー「良い円高、悪い円高」東洋経済新報社、1994年
  リチャード・クー「投機の円安、実需の円高」東洋経済新報社、1996年
  赤羽隆夫「日本経済探偵術」東洋経済新報社、1997年
 (2)「貿易黒字は資本収支赤字の結果であり、円高は高金利による」
  小宮隆太郎「貿易黒字・赤字の経済学」東洋経済新報社、1994年
  岩田規久男「日本型平等社会は滅ぶのか」東洋経済新報社、1995年
  竹森俊平「世界経済の謎」東洋経済新報社、1999年
  野口旭「間違いだらけの経済論」ごま書房、1999年
 これだけの論客が論争しています。アマチュアに結論が出せる筈がないでしょう。もし、どちらか一方が正しいと説明しているなら、(1)余り深く勉強していない。(2)これらの論客よりも自分が賢いと思い上がっている。
 とは言っても、アマチュアはそれぞれの主張のいいとこ取りをして、分かった風な気持ちになっているのもいいでしょう。国の政策決定に関わるわけではないし、それによって自分の生活が変わるわけでもないし。
 でも、とことん読んであら探しするのは楽しいですよ。

 為替が変動する要因、円が高くなったり安くなったりする要因は色々あるのですが、円が高くなる主な要因として次の2つがあげられます。
 (1)「貿易黒字が円高の主要な要因である」
  リチャード・クー「良い円高、悪い円高」東洋経済新報社、1994年
  リチャード・クー「投機の円安、実需の円高」東洋経済新報社、1996年
  赤羽隆夫「日本経済探偵術」東洋経済新報社、1997年
 (2)「貿易黒字は資本収支赤字の結果であり、円高は高金利による」
  小宮隆太郎「貿易黒字・赤字の経済学」東...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報