初歩的な質問ですみません。
41歳独身の兄、既婚の私(39歳)、シングルマザーの妹(36歳・姪(9歳)、甥(7歳))の3人兄弟です。

兄が亡くなった場合、法定相続人は誰でしょうか?
ちなみに母は亡くなり、父(71歳)は存命です。

A 回答 (9件)

「兄」が独身のまま亡くなった場合には、まず、「兄」に本当に「子」がいないかを確認しなければなりません。


亡くなった時点で独身であっても、生涯結婚していなくても「子」がいる可能性はあります。
実子はいなくても、実際には養っていなくても、書類だけの関係でも「子」がいないかを確認しなければいけません。

さらに、「兄」が誰かの養子になっていないかも確認しなければなりません。

そして、全く「子」がいなくて、誰の養子にもなっていなくて、「兄」が「父」よりも先に亡くなれば、法定相続人は「父」1人です。
相続割合は「父」100%です。

「兄」より先に「父」が亡くなっていれば、法定相続人は、「私」と「シングルマザーの妹」の2人です。
相続割合は「私」と「シングルマザーの妹」、同等に50%ずつです。
ただし、これも「兄」と片親でも同じくする兄弟姉妹(これまた血縁の有無に限らず・書類上の問題)が、他にいないことが前提です。

なお、既婚で実家を出ているとか、シングルマザーで兄や父と実家で一緒に生活し、面倒を見ている-ということであっても、法律面では関係ありません。

もし、一旦なりとも「父」に相続させたくないのでしたら、「私」と「シングルマザーの妹」が「兄」と養子縁組をする-という手段もありますよ。
または、「私」や「シングルマザーの妹」の子たちを「兄」と養子縁組するとか。
そうすれば、法定相続の順位は変わります。
    • good
    • 15

祖父母から上の世代は既に亡くなっている前提で回答します。



1.「独身兄」に子どもがいない場合

法定相続人は父一人となります(民法889条)。

2.「独身兄」に子どもがいる場合
※独身であってもお子さんがいらっしゃることはありえますので、一応お答えしておきます

法定相続人はそのお子さん(民法887条1項)で、複数いる場合は人数に応じて等分することになります(民法900条4号)。

なお質問とは外れますが、お父様が亡くなってから「独身兄」が亡くなった場合は、質問者を含む兄弟姉妹が相続人となります(民法889条)。
詳しい状況がわからないので、一概には言えませんが、兄弟姉妹が相続人となりそうなケースでは、遺言書を作成する、家族信託(民事信託)をするなど、何らかの相続対策をしておいてもらった方がよい場合が多いです。
これらは専門家にご相談することをお勧めします。
例えば遺言書で言うなら、どんなものでもよいわけではなく、遺産分割協議を省略したり、手続を簡略化できるような形式・文言でなければ意味がないからです。
    • good
    • 3

専門家紹介

玉川和

職業:司法書士

不動産会社勤務の4年間に、売買・賃貸の営業やアパート、マンションの管理を経験。
司法書士・行政書士事務所の事務員として勤務した5年間では、不動産登記738件、会社・法人登記478件※の他、訴状や申立書など各種の裁判所提出書類作成事務を担当。
2015年9月、「すずな司法書士行政書士事務所」を開業。
相続・会社設立登記を中心に、頼れる「法律の町医者」を目指して努力している。

詳しくはこちら

専門家

お兄様には配偶者も子もいないので、直系尊属であるお父様が唯一の相続人となります。

仮に、お父様に万が一のことがあった場合は、ご兄弟二人が相続人となります。
    • good
    • 6

専門家紹介

川崎政宏

職業:弁護士

夫婦・親子のための日曜法律相談実施中

詳しくはこちら

お問い合わせ先

086-226-7744

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

配偶者は常に相続人です。



ひとが死んだら、第一に配偶者と子が相続人です。

第二に子が居ない場合は配偶者と直系尊属(父母・祖父母)が相続人です。

第三に子も直系尊属も居ない場合は配偶者と兄弟姉妹が相続人です。

お兄さんには配偶者も子も居ないので、まず、第二のパターンでお父さんが相続人です。

お父さんがお兄さんより先に死んだら、第三のパターンで貴方と妹さんが相続人です。

このとき、貴方と妹さんのお兄さんに対する立場は同じなので貴方の相続分は2分の1です。
    • good
    • 16

「独身で子供なし」を前提とすれば・・・


第2順位の直系尊属(この場合は父)になります。
第3順位(兄弟姉妹)が相続人になれるのは、第1・第2順位
の法定相続人がいない場合になります。

あくまでも、被相続人の「遺言」などがない場合の法定相続分
なので必ず適用されるわけではありません。

また、一旦はお父さんが相続しても、最終的には前者の子供である
kuri_mameさんと妹さんが相続することにはなると思います。
    • good
    • 9

法定相続人は、


現状のまま兄が死亡する場合、父親のみです。
父親が先に他界すれば、「kuri_mame」さんと妹(法定相続分は各2分の1)が法定相続人となります。
甥・姪が相続人になるのは、父親と妹がともに兄より先に他界した場合で、
「kuri_mame」さん(法定相続分は2分の1)と甥・姪(法定相続分は各4分の1)が相続人です。

なお、親と兄弟姉妹が同時に法定相続人になることはありえません。
    • good
    • 4

お父様だけですね。



もし、お父様が先に亡くなられれば、兄弟姉妹が均等に相続します。
このとき、兄弟姉妹のうち先に亡くなっている人があれば、その子 (甥・姪) に代襲相続されます。

参考URL:http://www.shiho-shoshi.or.jp/web/guid/inheritan …
    • good
    • 7

親だよ。


お父さんがなくなったら、あなたと妹さん。
    • good
    • 6

法定相続人は父親と兄弟ということになり、甥姪は妹さんが先に亡くなった場合には相続権が発生しますが、妹さんが存命なら相続権はありません。

    • good
    • 11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兄(生涯独身)死亡による遺産(相続)分割で困っています。

 過日、実兄(76歳)が約半年の入院を経て亡くなり、遺産処理等の問題で悩んでいます。良きアドバイスをお願いいたします。

 私共、兄妹は、亡兄を頭に各2歳違いの4人兄妹です。兄(亡)・次男・長女(他家への既婚者で亡兄の近所に在住)三男ですが、三男を除き土地家屋を持っております。この場合遺産分割になるのでしょうが、近所在住の長女が、独り身の兄を長い間世話をしてきたとの思い込みもあつてか亡兄の家屋を自分のものにしたいと言う意向があるようです。私(次男)は、借家住まいの三男をこの際入れたいのですが、難しくなる様なので「法」的にはどうなのかを含め教えてください。

1、亡兄の土地家屋・預貯金等の遺産相続と言う相続 は出来るのでしょうか、「出来る」となると該当す る兄妹は誰でしょうか。
 
2、遺産分割の場合、その手続きと分割の割合又、分 割の場合時長年面倒をみてきた長女には、幾分かの 上乗せが必要なのでしょうか
、 
3、終わりに、この種の処理期間は一般的にどの位で しょうか。
 申し訳ございません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1、亡兄の土地家屋・預貯金等の遺産相続と言う相続は出来るの…

ちょっとご質問の主旨を理解しかねるのですが、誰か一人で相続できるかということですか。それでしたら、他の相続人全員が合意すれば誰でも可能です。

2、遺産分割の場合、その手続きと分割の割合又、分割の場合時長年面倒をみてきた長女には、幾分かの上乗せ…

基本的には、兄弟姉妹全員で均等に分けます。
そのほかに「寄与分」と言って、長年面倒をみてきた人に多く分けるのは許されています。その割合はご兄弟で話し合って決めることになります。話し合いがつかなければ、家庭裁判所に判断を仰ぐ道が残されています。

3、終わりに、この種の処理期間は一般的にどの位で…

相続税がかかるほどの遺産があるなら、死亡を知った日から 10か月以内に相続税の申告を行う義務があります。相続税については、国税庁のタックスアンサーをご覧ください。
課税されるほどの遺産でないなら、特に期間の定めはありません。タダ、あまり長い時間を掛けていて、相続人の内の一人が亡くなることがあったりすると少々面倒になります。なるべき早く解決されるのがよいでしょう。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/souzo33.htm

1、亡兄の土地家屋・預貯金等の遺産相続と言う相続は出来るの…

ちょっとご質問の主旨を理解しかねるのですが、誰か一人で相続できるかということですか。それでしたら、他の相続人全員が合意すれば誰でも可能です。

2、遺産分割の場合、その手続きと分割の割合又、分割の場合時長年面倒をみてきた長女には、幾分かの上乗せ…

基本的には、兄弟姉妹全員で均等に分けます。
そのほかに「寄与分」と言って、長年面倒をみてきた人に多く分けるのは許されています。その割合はご兄弟で話し合って決めること...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q独身で60歳までに死亡したら年金はパア?

昭和29年7月生まれの知人が亡くなりました。
知人は独身で約20年の会社勤めの後、退職し自営で国民年金に加入してました。
会社員時代は勿論、厚生年金と厚生年金基金の公的年金に20年間加入してました。
受給前の58歳で亡くなった場合、年金は全くの払い損ですか?
お母さん(国民年金受給中)は、まだ存命ですが、息子の年金は貰えないのでしょうか?
兄弟も2人いますが、彼の年金は貰えないのでしょうか?
亡くなるまでに支払った年金の掛け金は数百万円に上りますが、全てパアですか?

Aベストアンサー

遺族の方が受け取れる可能性のあるものをいくつかあげておきます。

1.死亡一時金

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3250

国民年金1号のとき(自営で国民年金加入中)保険料を支払った月数が36月以上、かつ、お母様もしくはご兄弟といっしょに暮らしていた(生計同一)ならば受け取れる可能性があります。(お母様が優先)




2.遺族厚生年金

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5171

亡くなった方は厚生年金に約20年(240月)加入していたので、国民年金1号(自営業の期間)に5年以上保険料を払い、合わせて25年以上であれば遺族厚生年金の要件を満たします。(25年に満たなくても受給できる例外もあります)

受給できる可能性があるのはお母さんですが、上記の生計同一要件以外に、一定の年収要件も問われます。なお、ご兄弟は受給できません。
年金額は亡くなった方(が受け取れたはず)の老齢厚生年金の4分の3です。ただし、お母さんが老齢基礎年金だけならば全額受給できますが、老齢厚生年金も受給していたら、受け取れるのは老齢厚生年金との差額分(つまり老齢厚生年金≧遺族厚生年金ならば、遺族厚生年金はゼロになります)

なお、亡くなった方にお子さんがいないようなので、遺族基礎年金はありません。


3.基金からの支給
基金によってまちまちです。一度問い合わせてみてください。



以上、あくまで可能性の話です。ご参考になれば幸いです。

遺族の方が受け取れる可能性のあるものをいくつかあげておきます。

1.死亡一時金

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3250

国民年金1号のとき(自営で国民年金加入中)保険料を支払った月数が36月以上、かつ、お母様もしくはご兄弟といっしょに暮らしていた(生計同一)ならば受け取れる可能性があります。(お母様が優先)




2.遺族厚生年金

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5171

亡くなった方は厚生年金に約20年(240月)加入していたので、国民年金...続きを読む

Q遺産相続について教えてください。私は独身で子供もなく、両親も亡くなって

遺産相続について教えてください。私は独身で子供もなく、両親も亡くなっています。5人兄弟で生存しているのは、私と妹の2人です。私が死亡した場合、妹が財産を相続するはずですが、妹が先に亡くなった場合、私の財産は誰のものになるのでしょうか?兄弟の子供たちに均等に分配されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>妹が存命中でも、妹と同等に 既に亡くなっている兄弟の子供にも 配分…

はい。
最後に残った者が独り占め、なんてことはありませんので。

Q遺族年金:夫が65歳以上で死亡、妻の年金0円?

遺族年金についてです。妻は扶養です。夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、よくわかっていなかったため、妻の分として国民年金を払ったことがありません。夫である自分が死んだとき、自分の年金が引き続き妻に支払われると思っていましたが、ネットで調査している内に、そうでない冷酷な日本の年金制度に辿り着きました。自分の扶養であるにも関わらず、年金が引き継がれず、65歳未満で自分が死亡した場合は、遺族年金として3/4が妻に一生、支給されるが、65歳以上で自分が死亡した場合、妻への支給が0円と記述されていました。本当でしょうか?先進国の日本で、こんな冷酷な制度で運営されているのでしょうか?教えて頂けませんでしょうか?妻と同じような専業主婦で国民年金を支払っていない方はたくさんいらっしゃると思います。これでは妻を扶養している夫は65歳前に死亡しないと妻が生活できないことになります。真実をお分かりの方、お手数をお掛け致しますが、どうか教えて下さいませんか。お願い致します。

遺族年金についてです。妻は扶養です。夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、...続きを読む

Aベストアンサー

支払った額で年金額は変わるので詳しく知りたい場合はネットで調べた方が確実です。
googleで「専業主婦 年金 受給額」等で検索すれば出てきます。
計算なども出来ると思います。

夫が厚生年金を支払っているのであれば、妻は普通に国民年金を支払っているのと同等の権利を持っているはずです。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~runsen/knowledge/nenkin.htm

妻は専業主婦前に一度も厚生年金を支払っていないのか?
妻は学生時代などに国民年金を一度も支払っていないのか?
などでも金額が変わってきます。

取り合えず、専業主婦は夫が厚生年金を支払っているのであれば、国民年金を支払っているのと同じになるので、最低限それだけはもらえます。

夫が無くなった場合、妻本人の国民年金があるので国民年金分は最低もらえます。
妻本人の国民年金は夫が生きていようと死んでいようと関係なく年金もらえる年齢になればもらえます。
遺族年金が0円だろうと、最低国民年金は妻はもらっている事になります。

Q不仲の弟(独身)が脳梗塞で入院、私は関わりたくない

10年前両親が他界し、わずかな遺産相続でもめた弟が、脳梗塞で入院しました。もともとニートで親の年金にたかって35歳まで暮らしてきましたが、その後地元の議員のくちききで正社員になって運送会社で働いていました。
遺産相続の際に自分から「兄弟の縁」を切ると宣言したくせに、頼みの綱の従兄弟が病死すると、急に「身元保証人」になってくれと頼んできました。
父母の家と土地を建替えて、父母が5年もしないうちに亡くなり、その土地建物は弟が相続。私は東京の自宅のローン返済にあてるカネを相続しました。
弟は独り身。おそらく貯蓄もないでしょう。
脳梗塞で後遺症がのこれば、介護が必要になるでしょう。私は弟の面倒を見る経済的余力も、ありません。民法では三親等以内は互いに不要の義務があるなどと馬鹿なことが書いてありますが、どこの世界に自分の生活を犠牲にしてまで弟の世話をする兄がいるでしょう。
命に別状はないようなので、私は実家のあるその市民病院にはいかないつもりです。近所に住む従兄弟の嫁は、早く行って面倒をみてやれというけど、それは自分にお鉢がまわってくるのがいやだから。兄弟でなんとかしろという意味。

亡くなった母は、在宅介護でしたが、弟は母が風邪をひいたのに放置して友達と隣の県のソープランドに泊りがけで遊びにいっていて、帰ってきたら肺炎で高熱をだしていた母をヘルパーさんがみつけて入院させたといいます。
その晩母は危篤。私が駆けつけたときには意識はありませんでした。
父が亡くなったときに遺産分けした分で弟は遊びまくっていたようです。
弟と私はひとまわり以上離れていますが、なんだか脳梗塞の知らせをうけても当然そうなるだろうなぁという思いしかありません。
対応策はもう決まっていて、本人のゴミ屋敷みたいな家を壊して更地にして土地を売る。そのカネで介護施設にはいるか、アパート住まいでなんとか暮らし、金がなくなったら生活保護。
45歳のいい大人なんだから自分でなんとか生きていけと私は思う。
これ、間違っていますかね。

皆さまの忌憚のないご意見を伺いたくて、質問させていただきます。
民法の規定云々の法律談義は不要です。勉強して結論は得ています。道義や心情の面でどう考えるのか知りたいのです。
よろしくお願いいたします。

10年前両親が他界し、わずかな遺産相続でもめた弟が、脳梗塞で入院しました。もともとニートで親の年金にたかって35歳まで暮らしてきましたが、その後地元の議員のくちききで正社員になって運送会社で働いていました。
遺産相続の際に自分から「兄弟の縁」を切ると宣言したくせに、頼みの綱の従兄弟が病死すると、急に「身元保証人」になってくれと頼んできました。
父母の家と土地を建替えて、父母が5年もしないうちに亡くなり、その土地建物は弟が相続。私は東京の自宅のローン返済にあてるカネを相続しました。...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのご判断で宜しいかと存じます。
私にもどうにもならない妹がいます。
今は他の兄弟と申し合わせ、妹に知られないように生活しています。
無心、たかり、ゆすり、詐欺行為。
私達は妹から散々な目に遭わされてきたからです。
幸いあなたの弟さんには土地家屋があります。
それがあるうちは従弟さんが一枚絡んでくることでしょう。
良いじゃないですか、放って置いても。
私達は妹がどこで野垂れ死んでも一向に構いません。
その前に連絡がきても一切関わりません。
自責の念も抱きません。
自分の身は自分で守らねばなりません。
だからあなたにご判断を私は支持します。

Q相続税-兄が亡くなり、弟4人(1人死亡)が相続する場合の基礎控除の金額と法定相続人の数

・兄(A)が亡くなりました。兄弟は亡き兄含め、5人(A,B,C,D,E)でした。今、Bはすでに亡くなっており、存命はC,D,Eの3名ですが、亡きBには息子が2人います。
1.この場合、相続人が、合計5人(B-1、B-2、C、D、E)いるのですが、基礎控除は、1000万円X5=5000万円でいいでしょうか?
2.法定相続分としては、各1/8、1/8、1/4、1/4、1/4ということで、税額を計算すればいいと考えています。この場合、皆1親等ではありませんので、全員2割加算する必要があるのでしょうか?
上記2件、基本的な質問で恐縮ですが、ご教示よろしくお願いします。以上

Aベストアンサー

1.
 相続税の基礎控除は、5,000万円+1,000万円x法定相続人の数
 です。 よって、貴殿の場合1億円です。

2.法定相続分及び2割加算はそのとおりです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

Q叔母(独身・子供なし)の遺産問題で困っています

養護施設に入所している叔母(独身・子供なし)の土地をめぐり身内でもめています。
今まで叔母の弟である私の父が施設にいる叔母の面倒をみていましたが昨年急死したため、娘である私が金銭面の管理を含めた対応を引継いでいます(叔母の兄弟は全て他界しています)
父が亡くなった途端、甥にあたる私の従兄が財産相続目当てで人が変わったようになってしまい大変困っています。

生前、父は叔母の今後のことを考え、自分の土地と隣接する叔母の土地の上に新居を建て皆(私を含む)で同居する計画を進めている途中で他界してしまいました。
現在、叔母は痴呆が進んでおり、新居を建てることに関する意思表示が出来る状態ではなく、父もこの件に関し書面での証明を残しておりません。
但し叔母は父と私宛に遺書を残しており、叔母の死後、土地を含めた財産一式は父経由で私のものとなる予定です。

(問題点)
遺書の存在を知らない甥は自分にも叔母の財産相続権があると思っているので、叔母の土地に勝手に家を建てたと怒り下記の要求を私に突きつけてきました。
(1)叔母の土地に勝手に家を建てたことは違法であり、今すぐに家を壊して立ち退くか、それが無理であれば月々土地の使用料を叔母に支払え。
(2)叔母の年金を横領している疑いがあるから(そのような事実は全くありませんが)施設へ支払っている金額を含め過去の収支を全て自分(甥)に提出しろ。
(3)嫁に出ている私が実家の叔母の面倒を見るのは筋違いであり、叔母に関する権限は血縁関係の濃い自分にある。

以上の3件に関し、弁護士を通じて徹底抗戦すると言っていますが、今まで叔母の面倒をみていない彼の要求に対応しなければならないのでしょうか? アドバイス宜しくお願い致します。

養護施設に入所している叔母(独身・子供なし)の土地をめぐり身内でもめています。
今まで叔母の弟である私の父が施設にいる叔母の面倒をみていましたが昨年急死したため、娘である私が金銭面の管理を含めた対応を引継いでいます(叔母の兄弟は全て他界しています)
父が亡くなった途端、甥にあたる私の従兄が財産相続目当てで人が変わったようになってしまい大変困っています。

生前、父は叔母の今後のことを考え、自分の土地と隣接する叔母の土地の上に新居を建て皆(私を含む)で同居する計画を進めてい...続きを読む

Aベストアンサー

ご心中お察しします。
というのも、私もご質問者様と似たような立場になる可能性があるものですから…。
長文になってしまうと思いますが、ごめんなさい。

私の場合も、伯母(父の姉)が、現在まで生涯独身で子供なし-なんです。
幸い、伯母は要介護3ではありますが、痴呆はありません。現在は、私の父・私・私の弟が伯母の家に同居し、生活支援・介護をしています(もともと祖父の代から住んでいた土地・建物で、伯母が相続した。私たち兄弟も生まれてこの方、この家に住んでいたもの)。

叔父(父の弟)は、結婚後独立し別のところで生計を営んでいますが、今のところ、伯母の生活支援・介護については、私たちに任せ切りですが、逆に文句も言われてはおりません。
ただ、伯母が亡くなったときには、どうなるかは分からないので、他の方のご意見も参考にさせていただきつつ、私のFPとしての知識から考えを述べさせていただきたいとおもいます。

> 弁護士を通じて徹底抗戦すると言っていますが

していただけばいいと思いますよ。
時間などはとられると思いますが、wakaba-markさんの方に有利な条件は充分にあると思います。

まだ、叔母さまが亡くなっていらっしゃらない段階で、かつ叔母さまの意思確認ができない段階では、(1)は
仕方がないのかもと思います。
ただ、土地に関しては「使用貸借」という貸借契約方法もありますので、必ずしも使用料(賃借料)を払わなければならない-ということもないと思います。

(2)は、他の方もおっしゃっているように、ぜひとも帳簿等により管理すべきだと思います。
要は、証拠を残せばケチのつけようもないでしょうし、かえって、wakaba-markさんのお父様が、持ち出しで費用負担された分もあるくらいなのでは?と思います(我が家の実態・経験上)。
いざとなれば、(1)の賃借料も叔母さまの収入に含めればよいのですが、叔母さまには賃貸収入が増え、税金も増えることになるかも…。

(3)は、全く根拠のないお話ですね。
叔母さまとの血縁は、wakaba-markさんもお従兄さんも同等ですよね。嫁げば血縁が薄れるとでも?
そうなると、嫁いだ娘は、実家の財産を相続できない-とでも言うのでしょうか?
相続法はそうではありませんよね?
こういった方は、権利だけに目がいって義務には目がいかないでしょう(失礼)。

> 但し叔母は父と私宛に遺書を残しており、叔母の死後、土地を含めた財産一式は父経由で私のものとなる予定です。
> 遺言書は叔母の痴呆が始まる前に、父が信託銀行経由で公証人役場にて製作したものと記憶しております

あくまでも、叔母さまが亡くなって後の話になりますが、遺言書が公正証書であれば、ほぼ問題はないものと思われます。

> 叔母の兄弟は全て他界しています
とのことですし、そのご両親も既にご他界と判断いたします。
そうなると、確かに叔母さまが亡くなった後の遺産相続については、wakaba-markさんやお従兄さんはじめ、すべての従兄弟姉妹(「イトコ連」といわせていただきます)が法定相続人となります。
ですが、「兄弟姉妹に遺留分はありません」から、さらにその代襲相続人であるイトコ連には、遺留分請求権はありません。
ですから、遺言書が全て-となると思うのですが…。

今、すべきは、#3さんのおっしゃっている「成年後見人制度」の利用だと、私も思います。
裁判所が介在しますし、お従兄さんが「弁護士を通じて徹底抗戦」というのならば、この制度によれば納得せざるをえないのではないでしょうか?

何はともあれ、叔母さまに一番いい方法が選択されるといいですね。
痴呆があられるとはいえ、まだご健在なのですから。

ご心中お察しします。
というのも、私もご質問者様と似たような立場になる可能性があるものですから…。
長文になってしまうと思いますが、ごめんなさい。

私の場合も、伯母(父の姉)が、現在まで生涯独身で子供なし-なんです。
幸い、伯母は要介護3ではありますが、痴呆はありません。現在は、私の父・私・私の弟が伯母の家に同居し、生活支援・介護をしています(もともと祖父の代から住んでいた土地・建物で、伯母が相続した。私たち兄弟も生まれてこの方、この家に住んでいたもの)。

叔父(父の弟...続きを読む

Q厚生年金・夫死亡後の妻の受取額について

妻の両親が厚生年金を受給しています。
(本人達の年金等の知識・認識が浅く、要領を得ない質問になることをお許しください)
父親は69歳で厚生年金を11.5万円/月、母親は63歳で厚生(おそらく)年金を3.0万円/月受給しています。
両親は田舎に住んでいますが、現在でも生活費に事欠く状況です。
今後、仮に父親が先に他界した場合、母親の受給額はいくらになるのでしょう。
生活費の援助が必要になると思いますので、今から考えておきたいと思います。
遠隔地に住んでいるため、厚生年金の種類などは確認できていません。
本来は社会保険庁に問い合わせるべきでしょうが、もし詳しい方でおよその事が簡単に分かる方がいらっしゃれば、
ご回答願います。

Aベストアンサー

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間があるなどの事情があると思われます。

b)妻:63歳、厚生年金3万円受給
これは特別支給の老齢厚生年金と呼ばれる物で、厚生年金独自の給付です。
金額からすると長期ではないが一時会社員として働いたことがあると思います。

まず将来について考えますので妻が65歳以降の場合について考えます。

A)夫、妻共に健在の場合
夫の年金額は変化はありません。
妻の年金は自分自身の「老齢基礎年金」及び「老齢厚生年金」を受給するようになります。
金額はご質問内容からはわかりません。
というのも妻の年金加入期間が満額の40年あれば基礎年金だけで月6.5万円ほどもらえますが、加入期間は現在の特別支給の厚生年金の金額からは推測できないのです。
妻はこの老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金をもらいます。ただ金額は現在の受給額よりも少なくなるでしょう。

B)夫が死亡したとき
妻は3つの選択肢があります。
1)自分自身の老齢年金をそのまま受給する。しかし今回の例では金額的に損になると思われます。
2)自分自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金金額の3/4)
3)1,2の中間です。夫の遺族厚生年金の2/3と自分の老齢厚生年金の1/2を受ける

上記のうち一番金額の大きい物を選択します。
なお、夫が妻65歳以前に死亡した場合は中高年寡婦加算がもらえ、その後65歳からは経過的寡婦加算がもらえるのですが、妻が65歳以降に夫が亡くなった前提ですから今回は算定に含めませんでした。

どちらにしても夫・妻が健在(且つ妻は65歳以上)の場合よりも少なくはなります。
ただどの程度減額になるのかは夫と妻の加入歴次第で変わります。

これ以上のご回答を知りたい場合は、まず夫、妻の加入歴をきちんと調べるしかありません。
年金制度は複雑ですから、夫、妻の生年月日と加入歴がわからないと金額的にも相当異なる答えが出てきてしまいます。
なお本人以外が社会保険庁に問い合わせても教えてはくれません。(当人がいけない場合は代理人となりますが、詳細は社会保険庁に問い合わせて下さい)

では。

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間がある...続きを読む

Q兄弟姉妹の配偶者の相続権について

被相続人の兄弟(姉妹)の妻(夫)が相続人となりうるケースはありますか?

例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

Aベストアンサー

ありません。

>例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

その兄弟姉妹に子供(被相続人の甥姪)がいればその子供が相続人になります。


詳しい話は以下の通りです。

相続人は、まず原則的には、
1.子供と被相続人の配偶者、
2.子供がいなければ直系尊属(*)と被相続人の配偶者、
3.直系尊属もいなければ兄弟姉妹と被相続人の配偶者
です。
兄弟姉妹の配偶者は相続人ではありません。

(*)直系尊属とは早い話が、親、祖父母、曽祖父母……のことです。

厳密に言えば、子供がいなければ直ぐ親になるのではなく、
子供がいない場合(正確には子供が一定の事由で相続人とならない場合)に
孫がいれば、親ではなく孫(これを代襲相続と言います)、
孫もいなくてもひ孫がいれば、親でなくひ孫(再代襲と言います)と
世代が下がって行きます。
下の世代(直系卑属)が全くいなければ初めて親になります。
複数の子供がいて一部の子供が既に死亡している場合などには、
死亡した子供についてその子(被相続人の孫)、孫(被相続人のひ孫)と
代襲相続が起ります。

#養子が絡むと少々複雑になりますがここでは無視します。

直系尊属の場合、親等の近い者が優先します。
つまり、まず親です。
親が一人も(*)いなければ祖父母。
祖父母も一人もいなければ曽祖父母。
という次第で世代が上って行きます。
これは代襲相続とは違います。
上の世代(直系尊属)も全くいなければ初めて兄弟姉妹になります。

(*)例えば、親の内父親だけが死んでいれば母親が相続人となり、
 父親の両親(父方の祖父母)は相続人にはなりません。
 同様に、両親が死んでいて4人の祖父母の内一人でも生きていれば、
 曽祖父母は一切相続人にはなりません。
 ここが子供の場合に生じる代襲相続との違いです。

兄弟姉妹の場合、一代に限って代襲相続が認められています。
つまり、兄弟姉妹が一定の事由で相続人とならない場合に
代襲相続ができるのは、その子(被相続人の甥姪)までです。
その子(甥姪)も相続人とならない場合にはその孫は相続人とならない
(再代襲できない)ということです。


なお、遺言により相続人以外の者にも財産を承継させることができます。
これは相続ではなく遺贈という別の制度で、
遺贈により財産を受ける者は、受遺者と言い、相続人と似て非なるものです
(似ているので似たような扱いを受ける面もあります。
 ちなみに、相続人に遺贈を行うこともできます。
 そうすると、相続人且つ受遺者ということになります)。
世間的には相続人と言うかもしれませんが法律的には間違いです。

参考に付け足しておきますと、
兄弟姉妹が相続人として相続した後で死亡すると、
兄弟姉妹の配偶者が「兄弟姉妹の」相続人になるわけですが、
すると「結果的に」、被相続人の財産が兄弟姉妹の配偶者の手に渡る
ということは起りえます。
しかしこれは別に兄弟姉妹の配偶者が被相続人の相続人となった
というわけではありません。

#つまり死亡の順番によって財産を得られるかどうか
 変わってしまうというわけです。

ありません。

>例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

その兄弟姉妹に子供(被相続人の甥姪)がいればその子供が相続人になります。


詳しい話は以下の通りです。

相続人は、まず原則的には、
1.子供と被相続人の配偶者、
2.子供がいなければ直系尊属(*)と被相続人の配偶者、
3.直系尊属もいなければ兄弟姉妹と被相続人の配偶者
です。
兄弟姉妹の配偶者は相続人ではありません。

(*)直系尊属とは早い話が、親、祖父母、曽祖父母……のことです。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報