VC++で作成した関数をVB6.0で使おうとしたんですが、
タイトルのようなエラーになってしまいます。
関数名はあっています。
なにか考えられることはありますか?

A 回答 (7件)

xxxx.defというファイルがC++プロジェクト内にありますか?


このファイルでエクスポートする関数を決定します。

このファイルは次のような書式です。

-------------------------
EXPORT

HogeFunc1
HogeFunc2
HogeFunc3

-------------------------

このように先頭にEXPORTと書き、その下にエクスポーとしたい関数名を列挙したテキストファイルを、xxxx.defと名前を変えてプロジェクトに加えます。


それから、Cのint型はVBではLong型です。

-------------------------
Declare Function gGetA Lib "TEST.dll" _
(ByVal strDate As String) As Long
-------------------------

おまけにVBはCの関数のデフォルト呼び出し規則の__cdeclは使えません。
__stdcallにする必要があります。
難しいことが分からなかったら、Cのほうを次のように書き換えてください。

-------------------------
extern "C" int __stdcall gGetA(char * date)
{
}
-------------------------


あと、今回はいいですが、関数名の大文字小文字の区別にも気を付けてください。

この回答への補足

プロジェクト内にDefファイル?

ありません。
プロジェクト内には、

TESTクラス
  グローバル
   gGetA

しかありません。

>あと、今回はいいですが、関数名の大文字小文字の区別にも気を付けてくださ
い。

どういうふうにするのが普通なんですか?

補足日時:2002/03/15 16:15
    • good
    • 0

C++のプロジェクトに先ほど言ったように、拡張子を.defにしたテキストファイルを加えます。


または、a-kumaさまの言うとおり、__declspecを使っても構いません。
好きな方をお勧めします。

>>あと、今回はいいですが、関数名の大文字小文字の区別にも気を付けてください。
>どういうふうにするのが普通なんですか?
VBでは大文字と小文字の区別はありませんが、Declare Functionに指定する関数名だけは、大文字と区別を厳密に区別するので、C側で作った関数と大文字/小文字を統一しろと言うことです。
    • good
    • 0

サンプルを作ったのですが・・・


電話ラッシュで、その間にいろいろ回答が書かれてますね。。。
かぶるかもしれませんが、一応書いておきます。

それと#5a-kumaさんの発言
>今時は def ファイルはなくてもエクスポートできます。
知りませんでした。
このサンプルは思いっきりdefを使ってます。

Cの構成

Testファイル
├Source File
│├gGetA.cpp
│└gGetALib.def

└Header Files
 └gGetA.H




// gGetA.cpp
#include <windows.h>
#include "gGetA.h"

__declspec( dllexport ) long __stdcall gGetA(char *Palam)
{
// テストのメッセージボックス
MessageBox(0,Palam,"test_VC++",0);
return 1;
}



// gGetALib.def
LIBRARY gGetALib

EXPORTS
gGetA@1



// gGetA.H
extern "C" __declspec( dllexport ) long __stdcall gGetA(char *Palam);
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サンプルまで作っていただき、
本当にありがとうございます!!

プロジェクトのClassViewしか見ていませんでした。
FileViewには、いろいろなファイルがありました。

今回は、defファイルを使わない方法でやってみます。
関数をエクスポートする必要があるんですね。
ほんと、初歩的なことも知らなくてごめんなさい。

お礼日時:2002/03/18 09:54

No.3 の回答にある通り、関数名(シンボル)がエクスポートされていないのが原因でしょう。



今時は def ファイルはなくてもエクスポートできます。

__declspec(dllexport) int __stdcall gGetA(char * date)
{
  なんとか
}

って感じかな。

この回答への補足

そのとおりに書いてみました。
結果は同じです・・・。

補足日時:2002/03/18 09:51
    • good
    • 0

そのまえに、C++プロジェクトで、Win32 Dynamic Link Libraryを選んでいますか?



普通DLLではstdlibなんてincludeしません。

この回答への補足

もちろん、それは選んでいます。
でも、stdlibをincludeしないとatoi関数がつかえなかったので。

補足日時:2002/03/15 16:16
    • good
    • 0

>関数がDLLファイル内に見つかりません



>VC++で作成した関数をVB6.0で使おうとしたんですが

環境の問題でなければ、単にC作成のDLLがおかしいだけでは?
今までにDLLの作成経験があるのですか?
もしそうならば、流用したらできると思いますが・・・

最低でもインターフェイス部分だけでも公開しないと、なんとも言えません。

この回答への補足

DLLの作成経験ありません。
VC++も初めてです。
C作成のDLLがおかしい可能性は十分ありますね…

#include "stdlib.h"

extern "C" int gGetA(char * date)
{

}

です。
VB側では、宣言部に
Declare Function gGetA Lib "TEST.dll" _
(ByVal strDate As String) As Integer

呼び出す場所では、
gGetA("20020501")
と書いています。

補足日時:2002/03/15 14:43
    • good
    • 0

DLLの格納場所がVBから見えないんではないですか?


同じディレクトリにおいたり、c:\WINDOWS\SYSTEMに置いたりして
確認してみてください。

この回答への補足

DLLは見えています。
DLLは見つかりましたが、DLL関数がDLL内で見つかりません。
というエラーです。
情報が不十分で申しわけなかったです…

補足日時:2002/03/15 13:34
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCで作成したDLL関数をVBから呼び 引数渡し方法

/**** Cプログラム *****/
int testAP( char* a)
aのポインタにアドレスを返します。

/**** VB プログラム****/
Public Declare Function testAP Lib "test.dll" (ByRef a As String) As Integer


Dim keydata As String * 128

lngRc = testAP(keydata)

上記VBのAPを実行するとアプリケーションエラーになります。
Cプログラムのデバックをすると入口ではaのポインタにはアドレスがセットされていて
、値を設定出来、最後まで正常動作して、VBとのインタフェースで落ちています。
VB6.exeでアプリケーションエラーになっています。

恐らく、VBにはポインタという概念が無いと聞いていてCのAPとの受け渡しに失敗して
そうなのですが、VBでの引き渡し方法が分かりません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>__declspec(dllexport) int testAP(BSTR* cp_KeyData){
>
>→char*からBSTR*に変更しました。

だめです。そんな強引なことをしないでください。
char *でかまいません。
BSTR*にするとメモリ破壊が起きます。
__stdcallはどうしたんですか?
(ごめんなさい、アンダースコア2つですね)

>只、VCのデバックを行うと実行時エラー'49'
>DLLが正しく呼び出せません。が出力される。
>(DLL関数を呼んで処理が終了してVBに戻る所で出力されます。

VBのDeclareステートメントと、Cの処理があっていません。メモリを破壊しているのでしょう。
EXEにして動くのはたまたまでしょう。

QGetNextWindowがDLLファイルUser32.dll内に見つかりません。

前のウィンドウのハンドルを取得したいのですが上記のタイトルにあるエラーメッセージが出ます。

VB6 XPproでやってます。

User32.dllはsystem32フォルダーの中にあるのですが。

Private Declare Function GetNextWindow Lib "user32.dll" (ByVal hWnd As Long, ByVal wCmd As Long) As Long

sub tes()
n=GetNextWindow(me.whnd,3)
end sub

Aベストアンサー

これならどうでしょうか?

Private Declare Function GetNextWindow Lib "user32" Alias "GetWindow" (ByVal hWnd As Long, ByVal wFlag As Long) As Long

QVBから参照できないCのDLLを使用する方法

Cで作成されたDLLがあるのですが、VBから参照設定しても「指定されたファイルへの参照は登録できません。」と怒られます。
そのようなDLLをどうしてもVBから使用したい場合はどうすれば良いでしょうか?

直接は無理だとしても、間に何かをかましてできると思うのですが、良い方法があれば教えてください。

ちなみに VB6 です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>あります。
>とりあえず、DLLファイルと同様に C:\WINNT\System32 フォルダへ格納しました。

となるとやはりVBから直に呼び出すことはできません。
DLLでもスタティックリンクで使うものがあり
VC++からは呼び出すことができます。
そこでVBから呼び出すには間にクッションをおく必要があります。
VB←VC++で作ったDLLを呼び出すDLL(クッション)←元のDLL

.hや.libはVC++でスタティックリンクする際に必要となる
ファイルでVBからは使用できません。

QVB2008でのDLL作成方法について

はじめまして、はじめて投稿します。

初心者なので変な質問をしていたらすいません。VB2008を使用しています。

VBで作成したDLLファイルをLabviewで使用したいと思っています。
ただVB6.0でActiveX DLLを作成する方法はわかるのですが、VB2008で作成する方法がわかりません。
クラスライブラリでプログラムを作成し、DLLにすることはできるのです・
しかしレジストリに登録しようと思い「regsvr32 ファイルのパス**.dll」と入力したところ「**.dllは読み込まれましたが、DllRegisterServerエントリポイントが見つかりませんでした」と出ます。

調べてもVB2008でのActiveX DLL作成方法が見つからなくて困っています!!!
わかるかた、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

GENGUIDはVB2008のインストールフォルダーにあると思いますので
以下の手順でツールに登録してみましょう

ツール > 外部ツール > 追加(A)をクリック

タイトルに『GENGUID』
コマンドの右端の『...』ボタンをクリック
開いたダイアログのフォルダーを1階層上がってToolsを選択
ここに『GENGUID.EXE』があるのでこれを選択して『開く(またはOK)』
初期ディレクトリに コマンド部分の GENGUID.EXEの手前までをコピーして 貼り付け
OKをクリック

といった手順でいいでしょう

QVB6.0で、DLLを動的に参照したい

VB6.0では、DLLを利用する際の宣言部分で、パスを""で括った静的な記載でなく、動的な記載にできるのでしょうか。
色々と調べてみたのですが、イマイチピンとくるものがなかったので質問させていただきました。

例:Public Declare Function Ztest Lib "C:\Test1\Test2" Alias "Test3" (ByVal data1 As Long) As Long
                          ↓動的に変更したい
  Public Declare Function Ztest Lib "○○:\Test1\Test2" Alias "Test3" (ByVal data1 As Long) As Long

Aベストアンサー

できません。
Declareの場所は大域変数の宣言、つまり定数などを定義する
領域です。これをプログラム実行中に変更しようという行為
ですから、ダメな理由は分かると思います。
Basicではポインタを使用してメソッドを呼び出す手段が
ありません。よって、動的なDLLのロードを行い、関数の
アドレスを得ることはできますが、そこへ制御を移す手段が
無いのです。

但し、同じファイル名のDLL(中身は異なる)を別フォルダに
保存しておき、動的にどちらのフォルダからロードさせるかを
決めることはできます。方法はクラスオブジェクトを使います。
例えば、Class1に以下のような定義をします。
Private Declare Function Ztest Lib "Test1\Test2" _
Alias "Test3" (ByVal data1 As Long) As Long
Public Function ZCall(ByVal data1 As Long) As Long
ZCall = Ztest(data1)
End Function

呼び出し側は次のようにします。
Dim C As Class1
Dim A1 As Long, A2 As Long
SetCurrentDirectory "C:\AAA" 'カレント切り替え
Set C = New Class1 'インスタンス生成
A1 = C.ZCall(0) 'メソッド実行
Set C = Nothing 'インスタンス消滅
SetCurrentDirectory "C:\BBB" 'カレント切り替え
Set C = New Class1 'インスタンス生成
A2 = C.ZCall(0) 'メソッド実行
Set C = Nothing 'インスタンス消滅

DLLがシステムディレクトリになければカレントを探します。
クラスオブジェクトはインスタンス生成の度にDLLをロード
しますので、その時にカレントを切り替えておくと似たような
処理にすることができます。標準モジュールは静的な空間なので、
ここでDLLを定義すると、ロードされたDLLを解放できません。

できません。
Declareの場所は大域変数の宣言、つまり定数などを定義する
領域です。これをプログラム実行中に変更しようという行為
ですから、ダメな理由は分かると思います。
Basicではポインタを使用してメソッドを呼び出す手段が
ありません。よって、動的なDLLのロードを行い、関数の
アドレスを得ることはできますが、そこへ制御を移す手段が
無いのです。

但し、同じファイル名のDLL(中身は異なる)を別フォルダに
保存しておき、動的にどちらのフォルダからロードさせるかを
決めることはできます。方法...続きを読む

QVC++でDLL、エントリポイントが出来ない?

VisualStudio2010 VC++でDLLを作成し既存のDelphiXE2アプリで利用したいのですが
MSのサンプルソースそのままでDLLを作成しても、__stdcall;しても、Delphiの読み込み時に
「エントリポイントが見つかりません」と言われます。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms235636.aspx
ソースはMSのチュートリアルそのままです。

ためしに VS2010のツール dumpbin.exe /exports ????.dll と中身を覗くと
1 0 ooo11104 ?Add@MyMathFuncs@MathFuncs@@SGNNN@Z
2 1 ,,,,,,,,,,,,,,

のような表示とSummary 以下しか表示されずスタティックライブラリにしても中身は同じです。
それでは、と他のDLLをいくつか覗いてみましたが、大概のDLLやLIBファイルを覗くと
すっきりしたきれいな関数名の一覧がdumpbin /exports で表示されます。

では、DLLになっていないのかというと、作ったDLLを同じVC++でチュートリアル通りに
呼び出すと何の問題もなく使えますので、多分正常なのでしょう。 しかし、どうして
エントリポイントの一覧が見える形にならないのか分かりません。多言語で利用するには
必要かと思います。

VC++で作成したDLLやLibが他の環境で使えないとは考えられないので、なにか、常識的な
部分を知らないのだと思いますが、どなたかよろしくお願いします。

VisualStudio2010 VC++でDLLを作成し既存のDelphiXE2アプリで利用したいのですが
MSのサンプルソースそのままでDLLを作成しても、__stdcall;しても、Delphiの読み込み時に
「エントリポイントが見つかりません」と言われます。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms235636.aspx
ソースはMSのチュートリアルそのままです。

ためしに VS2010のツール dumpbin.exe /exports ????.dll と中身を覗くと
1 0 ooo11104 ?Add@MyMathFuncs@MathFuncs@@SGNNN@Z
2 1 ,,,,,,,,,,,,,,

のような表示とSummary ...続きを読む

Aベストアンサー

「DLL エクスポート DEFファイル」あたりで検索して下さい。
http://elksimple.web.fc2.com/memo/dll.html
とか見つかるかと思いますが……。

戻り値や引数の型、数によってdllexportでエクスポートした場合の名前が変わります。
dllimportならば、同じ形式でエクスポート名を生成しますから問題は出ないのですが……
他の環境で使う場合には使いにくいものになります。
extern "C"
とすることで、命名規則が微妙に変わりますが…やはり使いやすいものにはなりません。
defファイルで指定する方法ならば名前は固定化できます。
# ただし、この方法ではクラスは使えない…でしょう。

あと…
[技術者向] コンピューター > プログラミング > C・C++
のカテゴリの方がよろしいかと……。
# まぁ、使うりがDelphiでも、DLL作成はVCのようですし。

QcharからLPTSTRへの変換方法

リストコントロールにchar型の変数の値を数値として表示させたいのですが、charからLPTSTRへの洗練された変換方法がよくわからないです。

char tempChar;
CString tempString;
tempString.Format("%s", tempChar);
LPTSTR lpsz = new TCHAR[tempString.GetLength()+1];
_tcscpy(lpsz, tempString);

こんなプログラムを考えてみたのですが、汚いような気がします。もっと簡単で洗練された変換方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

wsprintfを使ってはどうでしょうか?

char tmpChar = 100;//表示する数値
TCHAR buf[5];
wsprintf(buf, "%d", tempChar);

QDoEvents関数って何?

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そこで「EXCEL VBA パーフェクトマスター」という本を見たら

for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
DoEvents
next i
unload userform1
と入力すれば解決することがわかりました。

しかし「DoEvents」についてあまり詳しく書いていなかったのでDoEvents関数をヘルプで見ると、
「発生したイベントがオペレーティング システムによって処理されるように、プログラムで占有していた制御をオペレーティング システムに渡すフロー制御関数です。」

と書いてあるのですが正直、書いてあることがよくわかりません。

どなたかDoEvents関数について、
もう少しわかりやすく教えていただけませんか。
それから、最初に書いたコードで実行すると
ユーザーフォームの背景が真っ白になってしまう原因も
教えていただけませんか?

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
    DoEvents
    Cells(i,1) = ""
  Next i
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
  MsgBox "hoge"
End Sub

っていうフォームのコードがあった場合、
DoEvents を入れることによって、ループ中にユーザーがCommandButton2 を押すことによって CommandButton2 のクリック イベントも動いちゃいます。
CommandButton1 のクリック イベントではループの前に
CommandButton1.Enabled = False
CommandButton2.Enabled = False
を書いてフォーム上の CommandButton を無効にしておき、ループが終わったら
CommandButton1.Enabled = True
CommandButton2.Enabled = True
と書いて CommandButton を有効に戻してください。

これを工夫すれば、CommandButton2 で CommandButton1 のループを途中キャンセルする処理もすることができます。

Private Canceled As Boolean

Private Sub CommandButton1_Click()

  CommandButton2.Enabled = False

  Dim i As Long
  For i = 1 To 50000
    DoEvents

    If Canceled = True Then
      MsgBox "キャンセルしました"
      Exit Sub
    End If

    Cells(i, 1).Value = ""
  Next i
End Sub

Private CommandButton2_Click()
  Canceled = True
End Sub



コードの行頭にあるスペースは見易さのために全角スペースで作成していますので、これをこのままコピペするとエラーになるかもしれません。
コピペするなら行頭の全角スペースを半角スペースに直してください。

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
...続きを読む

Qオブジェクト(dll)のレジストリ登録について

いつもお世話になっております。

dllの使い方について教えてください。

vb5.0で開発を進めているのですが、
dllを呼び出す際に、レジストリ登録を
しなければいけないのでしょうか?

いくつかのサイトでは、参照設定際すれば、
実行できているようです。。

実行環境では、レジストリ登録しないと
動かない場合があるということでしょうか?

ご教授、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何のDLLか、によるが。

・あなたがVB5.0で作成したDLLを、開発に使ったマシン以外で使う。
→該当するマシンでレジストリに登録する必要があります。

・あなたがVB5.0で開発を行うにあたり使用するDLLを開発に使ったマシン以外で使う。
→VB5.0で参照設定できるのであれば、それと同じ方法で該当するマシンにDLLをインストールすれば同様にレジストリに登録済みとなる事でしょう。

よくわかんなければ次のようにしてみれば良いだろう。コマンドプロンプトを開いて
C:\>regsvr32 hogehoge.dll
これで「Successful」と出ればActiveX DLLだ。エントリポイントが見つかりません云々と言われたらそれはWin32ネイティブDLLという事。登録に失敗して環境を壊すという事はないのでとりあえず登録を試みてみれば良いのではないかな。

現在では大きく分けてDLLは3つある。
・Win32ネイティブDLL:レジストリ登録不要。パスの通った所に配置する。
・ActiveX DLL:レジストリ情報によって呼び出すDLL。レジストリに登録する。インプロセスCOMサーバと言っても差し支えないかもしれないがあるかもしれない。
・Microsoft .Net アセンブリ:レジストリの登録は不要。単純に実行ファイルと同じパスに配置するか、.Netにおけるレジストリといえるグローバルアセンブリキャッシュに登録する。

何のDLLか、によるが。

・あなたがVB5.0で作成したDLLを、開発に使ったマシン以外で使う。
→該当するマシンでレジストリに登録する必要があります。

・あなたがVB5.0で開発を行うにあたり使用するDLLを開発に使ったマシン以外で使う。
→VB5.0で参照設定できるのであれば、それと同じ方法で該当するマシンにDLLをインストールすれば同様にレジストリに登録済みとなる事でしょう。

よくわかんなければ次のようにしてみれば良いだろう。コマンドプロンプトを開いて
C:\>regsvr32 hogehoge.dll
これで「S...続きを読む

QVB.NETで、DLLを頂いたんですが・・

VB.NETでプログラムを作成しているのですが、
DLLを頂きました。
このDLLをプログラムで使いたいのですがよくわかりません。
(1)DLLは実行ファイルにおけばいいんですよね?
(2)DLLを参照しろっていう設定は必要ですか?
(3)DLLには、プロパティ、メソッド、イベントとあるみたいなんですが、これらを宣言しないといけないと思うのですがどうやればいいのでしょうか?
(4)下のような資料もらったのですがVBcnvというのが定義されていないとエラーがでるのですがどうやって宣言するのでしょう?
private <任意名> as VBcnv

(5)libファイルも一緒にあったのですが、どういう風に使えばいいのでしょうか?何につかうのでしょうか?
すいません、どなたかお助けを~

Aベストアンサー

> 参考資料にはVB6.0のdll追加方法が書いてありまして、それには、参照設定という画面が書いてあります。

それならCOMですね。

>(1) 

インストーラが用意されていないのであれば、手動でレジストする必要があります。

>(2) 

VS.NETのプロジェクトがCOMを参照する必要があります。

>(3)
必要ありません。
VS.NETのプロジェクトがCOMを参照すれば自動的にラッパークラスが作成されます。
オブジェクトブラウザでプロパティ、メソッド、イベントを確認できます。

>(4)

private <任意名> as new ラッパークラス名

>(5)

謎。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報