何時もお世話になります
八十九歳の母の事ですが、一月位前から足のむくみ(特に膝から下)がひどくて本人はあまり痛くはないらしいのですが、複数の人から高年齢者が足がはれてむくんだりした場合は気を付けなさいとか、あまり長くないとか言われました、その時はショックですぐに話題を変えましたが非常に気になります。
もし、はっきりとした根拠があればぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

浮腫(むくみ)の原因は腎臓からくるもの、肝臓、リンパなど様々ですが


心不全(心臓のポンプ機能の低下)の症状のひとつでもあり、脚に始まることが多く
高齢者での心不全は自覚症状にとぼしく、血液がいきわたらず
意識障害などのかたちで症状が出やすいそうです
心不全に限らず、高齢者は様々な感覚が機能が鈍くなっているので
肺炎になっても熱が出ないなどの場合が多いですから
「気を付けなさい」というのは、痛がらないといった無自覚な場合でも
どこかに異常があるかもしれないから気を付けなさいという意味だと思いますよ
89歳とのことですが、一ヶ月も前から浮腫がひかないのであれば
内臓に負担がかかっていることと思いますので早目の病院の受診をおすすめします
暑い折、腎臓病など持病がなければ、こまめな水分補給をしてあげてくださいね
    • good
    • 25
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。
質問のカテゴリーを医療に変えてもう少し待ってみようと思います。アドバイス有難う御座いました。

お礼日時:2006/08/25 06:16

カテゴリーを医療に替えてください。

看護経験者が良きアドバイスしてくれます。  
心臓に負担を与える事は100%確実ですが浮腫みイコール死ではありません。
    • good
    • 51
この回答へのお礼

カテゴリーの変更の方法が分からなかったので医療から質問をやり直しました。的確なアドバイスを有難う御座いました。

お礼日時:2006/08/25 06:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q足がパンパンに腫れあがっています。

初めて投稿します。

同じような症状を知ってる方がいたら教えてもらいたく、投稿しました。

足がパンパンに膨れ上がり、今にも破裂しそうな感じで、
歩くのも見ていて重苦しい感じがします。

病院行っても安静にしなさいと言われるだけで、何の治療もなく、
不安に思っています。


88歳の祖母の事なのですが、
腰の痛みが5年前位からあり、

5年間毎日2.3回。痛み止めの薬「ロキソニン」を

少々の痛みも我慢する事なく飲んでいたそうです。

病院の先生にも
「痛んだら我慢しなくていいからどんどん飲みなさい」と言われた。と
祖母は言います。


1年くらい前から足が腫れあがってきました。

違う病院に行ったところ、
「痛み止め(ロキソニン)の飲みすぎが原因かもしれません」
と言われてきました。

安静にしなさい。と言うだけで、治療も特にないようです。

半年たった今、治る傾向もなく、


そして、昨日の夜、本当に破裂しそうなくらいまで
腫れあがってきていたのです。

同じ病院に行っても対応は一緒。


どうしたらいいか、
同じような体験をした方、同じような症状を見たことある方、

なにか良い対処法があったら教えてください。

宜しくお願いします。

初めて投稿します。

同じような症状を知ってる方がいたら教えてもらいたく、投稿しました。

足がパンパンに膨れ上がり、今にも破裂しそうな感じで、
歩くのも見ていて重苦しい感じがします。

病院行っても安静にしなさいと言われるだけで、何の治療もなく、
不安に思っています。


88歳の祖母の事なのですが、
腰の痛みが5年前位からあり、

5年間毎日2.3回。痛み止めの薬「ロキソニン」を

少々の痛みも我慢する事なく飲んでいたそうです。

病院の先生にも
「痛んだら我慢しなくていいか...続きを読む

Aベストアンサー

医者ではないので知識から参考意見です。
以下の病名を告知されませんでしたか。
血栓性静脈炎http://health.goo.ne.jp/medical/search/10670300.html
こちらであればひどい場合血管外来や内科への診察を薦めているようです。
検索サイトでも病院の評判など調べられますよ。検索してみるのも手ではないですか。

Q老人のむくみ

親戚の90歳の老人ですが、最近、少し手足にむくみが見られます。原因と対策をお教えください。

Aベストアンサー

特に持病などはないのでしょうか?
90歳と高齢でいらっしゃるので、様々な要因が絡んでいると思います。

まずは、心機能の低下。体の血液を循環させる機能が弱まっている(ひどくなったものが心不全)と、心臓から遠い部分に老廃物が溜まりやすくなりむくみとして現れます。
次に、腎機能の低下。体の中の余分な水分を尿として出す力が弱まる(ひどくなったものが腎不全)と、これも血液の循環がされにくい末端の部分にむくみが起こりやすくなります。

対策として、ご家庭で出来ることは、むくんだ部分を枕などで少し上げるようにするとか、軽いむくみでしたら手足を動かしたり簡単なマッサージなど。
ただ、むくみの程度により、また老人は皮膚も弱くなっていますので、マッサージは気持ち程度(強くするとアザが出来たり皮膚を傷つけることもあります)。

全身的に機能が衰えてしまうので、食事で食べた栄養が十分に体で生かされなかったりもしますので、こういった面からもむくみが現れます。
高齢になると、そういった症状が出てもおかしくはない、仕方がないというところでしょうか。

現在とこの先の介護の方法にもよりますが・・・
これまでの病歴やお体の状態がわかる人がいれば、そこに関連して、原因がつかみやすくなるとおもいます。
医師に相談する場合などでしたら、原因にあう薬剤を投与したり、栄養を補うなどの方法もあります。在宅で過ごす場合は、かかりつけの医師がいたほうが何かと都合が良い事もあります。余談まで。

特に持病などはないのでしょうか?
90歳と高齢でいらっしゃるので、様々な要因が絡んでいると思います。

まずは、心機能の低下。体の血液を循環させる機能が弱まっている(ひどくなったものが心不全)と、心臓から遠い部分に老廃物が溜まりやすくなりむくみとして現れます。
次に、腎機能の低下。体の中の余分な水分を尿として出す力が弱まる(ひどくなったものが腎不全)と、これも血液の循環がされにくい末端の部分にむくみが起こりやすくなります。

対策として、ご家庭で出来ることは、むくんだ部分...続きを読む

Q足のむくみ

施設にしばらく入所させている祖父のことなんですが。

家にいた時や、デイサービスやショートステイに出していた時はそんなことなかったんですが、
最近急にすごく足がむくんでしまっているんです。
「足がむくんで靴がはけなくなってしまったので、少し大きめのサイズを持って来て下さい」
と施設の人から電話があり、28cmの靴を持っていったんですがそれでも入らないほどバンバンです。
車椅子をよく使うからだと説明を受けましたが、
他の入所者でそんなすごい足の人は見掛けません。
むくみのひどいのは足だけで、上半身は何ともなっていないのでそうなのかなあとも思うのですが、
ちょっと気になりまして...。

実際そういう状態のことはよくあるのでしょうか?
どこか別に悪いところがあるということは考えられないでしょうか?
本人には、痴呆の為に自分の体調を説明するだけの能力がもうありませんので...。

普段からそういう方と接している施設の職員の方々にひろく意見をお聞きして、
よくあることだという意見がお寄せいただければ安心できるかな、
と思いましたので質問させていただきました。
お時間のある時で結構ですのでよろしくお願い致します。

施設にしばらく入所させている祖父のことなんですが。

家にいた時や、デイサービスやショートステイに出していた時はそんなことなかったんですが、
最近急にすごく足がむくんでしまっているんです。
「足がむくんで靴がはけなくなってしまったので、少し大きめのサイズを持って来て下さい」
と施設の人から電話があり、28cmの靴を持っていったんですがそれでも入らないほどバンバンです。
車椅子をよく使うからだと説明を受けましたが、
他の入所者でそんなすごい足の人は見掛けません。
むくみのひどい...続きを読む

Aベストアンサー

onemoretimeさんのご説明の内容や文章の書き方から想像しますと、おじい様は80歳を過ぎていらっしゃる年齢でしょうか?(想像しすぎ?)ともかく一般的な高齢者ということで書きます。

年齢的に、全身的に身体機能が低下します。特定の臓器(おじい様の場合、心臓や腎臓)の機能低下が目立ってくると、むくみは生じやすくなります。その部分に既往歴があれば、当然出てくる症状だと思えます。
むくみは血液循環が悪い場合、心臓に遠いところから症状が出やすいです。また、体の中の栄養分のアンバランスでも(栄養分の吸収能力が落ちますし、貧血によっても)むくみは生じます。ですが、高齢ですので「ここが悪いからここを治療しよう」という感じではなく、どちらかというと「年齢的に仕方ない」という感じは否めません。

ただですね、おしっこの量が少なくてそういったむくみが出る場合は、腎臓の機能が低下していると考えられます。医師が診察する機会があれば、利尿剤などでたまった水分を排泄させたり、点滴などで栄養状態の改善を検討します。ですがそれによって、点滴を自分で抜いてしまうおそれとか、ベッドから離れる機会が減る可能性がある(点滴による束縛感、扱いにくさ)などもあり、必ずしも適切な解決方法と言えるかどうか微妙です。痴呆があるのならば余計、点滴を自分で抜いてしまって出血・刺した部分からの感染なども危惧されます。さらに、点滴を安全にするために、自分で抜かないように紐で手足を縛られてしまうことも往々にしてあります(説明が飛躍してますが)。

個人的な見解ですが(短い文面から察するだけなので確実ではありません)、無理に靴をはかせるのは良くないし、その必要もないかと思います。車椅子に乗せてベッドから離れる必要性はありますが、ご自身で歩けないのであれば、ゆるめまたはくるぶし丈ソックスやルームシューズ、それより裸足でもいいし、掛け物を掛けて保温すればいい。
車椅子に乗せることにはそれなりの意味はありますが、むくんだ足を一番下の位置に長時間置くことがデメリットになることもあり、足を下げずに(車椅子によっては膝を伸ばした状態で載せられるタイプ)ベッド以外の景色を見せるという方法もあります。これは施設によって設備の問題ですので、施設に相談するか個人用としてレンタルまたは購入して使うなど(話が広がりますが)。

現状で考えられることとしては、むくんだ部分のマッサージと言うよりは、
*膝や股関節を動かして血液循環を促すこと、
*定期的にむくんだ足を枕などで高く置くこと、
*むくんだ部分は傷や床ずれになりやすいので清潔にしたり、ぶつけて傷を作らないように注意すること、
でしょうか。ご自分やご家族が通って出来る方法ではありますが、おそらくそれでむくみが解消とはならないでしょう。少しでもおじい様がラクになったり、むくみがひどくならないような対応方法です。

最後になりましたが、足の部分だけ異様にむくむケースは少なくありません。今後、ふくらはぎまで及ぶ可能性もあると感じます。むしろ、むくみより床ずれが心配です。特にむくんだ部分のカカト、他にもお尻の下や背中(背骨がベッドとあたりやすい位置)も。痴呆があっても、床ずれの痛みは感じるようなので、長時間同じ姿勢を避けて、床ずれが出来なければ良いなぁと思います。

onemoretimeさんのご説明の内容や文章の書き方から想像しますと、おじい様は80歳を過ぎていらっしゃる年齢でしょうか?(想像しすぎ?)ともかく一般的な高齢者ということで書きます。

年齢的に、全身的に身体機能が低下します。特定の臓器(おじい様の場合、心臓や腎臓)の機能低下が目立ってくると、むくみは生じやすくなります。その部分に既往歴があれば、当然出てくる症状だと思えます。
むくみは血液循環が悪い場合、心臓に遠いところから症状が出やすいです。また、体の中の栄養分のアンバランスでも...続きを読む

Q寝たきりによるむくみ

90歳の祖父のことで質問です。
祖父は最近ほとんど寝たきりに近い状態になり、足のむくみがすごいことになってます。
一度脳梗塞をしているため、特に片足が青ずんでひどいんですが、
両足とも足の甲から靴下がはけないほどパンパンに腫れ上がっているそうです。
私は「むくみ対策の靴下をはかせれば?」と提案しているんですが、
そこまでパンパンに腫れ上がっている状態で、
無理にそんなものをはかせて大丈夫なのか?ということを母は気にしています。
大丈夫でしょうか?

PS 毎日お風呂は入れない状態なので、一応今はフットバスで対策をとってますが、他にも何か対策があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

長年、老人介護やっていました。足の甲のむくみは、寝ているときに、クッション類に足(かかと)を乗せて、心臓より高くしていると治ります。バスタオルを丸めれば、簡単なクッションができます。
ソファに座れるなら、ソファと同じ高さの足台を作ります。なるべく足を下へ降ろさないのがベストです。

Q84才の父が食事を食べなくて衰弱する一方

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エンシュアという液体栄養物質も嫌がって口にしませんし・・。
父親が言うには、圧迫感があるというのです。
それだけで、食欲は無くなるものなのでしょうか?

聞くところによると、老衰の症状として、衰弱と食欲の減退から食事を取られなくなり、更に衰弱が進行し、死に至るケースが老衰であるという考えがありますが、どうなのでしょうか?(このケースは老衰によるものなのでしょうか)

医師も初めてのケースらしく戸惑っております。(処置する方法が見つからない) 頑なにここまで食事を拒むケースは見たことが無いようです。精神面からアプローチすべきか?  老人性痴呆を疑ってみるほうが良いのでしょうか?医師も病院を出て行ってほしがります。正直この状態で出て行けば、必ず死が目の前です。

身体は、がりがりで、生きているのが不思議な状態です。栄養経路を断絶し、このまま、家で見取って最後を迎える方が本人の為なのか、わかりません。

どうぞ、お知恵をお貸しください。

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エ...続きを読む

Aベストアンサー

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに肉や皮が盛り上がって外部と胃の内部が栓付きチューブでつながった状態になって内出血も無ければ10日~2週間位後(はっきり覚えていない)包帯をとって退院OKがでて、ホームへ一ヶ月以内に戻れました。
医療や介護が家族でできない以上、他人の医師や看護婦や介護士に任せるしかありません。できるだけ頼み込んで要望を入れてしまうしか無いですね。腹を立てていてもお父上の飢餓状態と命の危険が進むだけです。飢餓状態になると脳に十分なブドウ糖や酸素や血流量が確保されずお父上の正常な脳機能(判断能力)が無くなってしまい、栄養失調状態が続けば脳萎縮などが進行して痴呆が進行しないとも限りませんので、まず飢餓状態から脱出するために、早急な胃ロウ手術が必須となります。できるだけお父上の手術に絶えるだけの体力があるうちに手術をされた方がいいと思います。僕の母の場合が、手術病院から胃腸科医院に迎えにきてもらい、手術に耐えるだけの体力を確認して1~2日経過を見てから手術を行いました。
貴方のお父上の場合、お父上の体力があるうちに、胃ロウ手術をされた方がいいような気がします。精神科の治療は時間がかかりますし、飢餓状態が続くほど脳も萎縮して痴呆が進むのではと思います。
精神科は元気で十分な体力と痴呆もなくまともに精神科医師との会話が成立することが前提で、治療に半年以上かかるかと思います。その前に飢餓状態が進めば、命が危なくなってしまう恐れが十分あります。
飢餓状態を回復するには、精神科より、栄養を確保するための便法としての胃ロウ手術の方が良いかと思います。飢餓状態になるとお父上がまともに意思表示さえできなくなってうつろな状態になって、精神科どころでないと思います。
まず、生命を維持できるだけの栄養を身体に取り込むことが必須だと思います。精神科が必要なら命の危機がなくなったそのあとでよいのではないでしょうか?
胃ロウの手術できる病院の医師に一度お会いになって説明を受けたり、手術概要を書いたパンフレット(説明書)を貰ってこられたら如何でしょうか?

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに...続きを読む

Qむくみを治すマッサージ

80歳の半寝たきり(?)の祖父がいます。
手や足のむくみがすごくて…
30分~1時間くらいマッサージをすると、少しは良くなるのですが…
何かオススメのマッサージ法ありますでしょうか??
また、祖父が1人でもできる運動?体操?をご存知でしたら、お願い致します。

Aベストアンサー

以前、福祉の職場にいたことがあります。

 足浴がおすすめです。

 100円ショップなどでたらい(透明の洗面器みたいなもの)を購入してください。それで、風呂より少し熱めの湯をたらいに入れてください。そして足の裏全体をそこへつかってください。15分から20分くらいがいいでしょう。ぬるく感じたらまた、少しずつ熱い湯を足して、温度調節していけばよいと思います。終了後、バスタオルでよく拭くのですが、拭く際に、足の裏全体を包むようにして、マッサージするようにしながら拭くと効果的です。
 実際、高齢者の方に感想を聞くと、とても喜ばれており、夜も安眠できたとのことで、効果てきめんでした。実際、足のむくんでいる人を中心に行ったのですが、効果は出てましたよ・(^^)
 また寝るときに、足のところにクッションをおき、クッションの上に足をのせる。要は、足を高くして寝ると、足の裏の血行がよくなり、むくみの治るのも期待できます。
私の見てきた限りでは、是非おすすめです。よかったら一度試す価値はあると思います。

 

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。

Q高齢者のむくみと点滴について

87歳の祖父が誤嚥性肺炎で入院しています。
炎症値が下がり肺の影が消えるまで絶食中なのですが、何日か前から顔と足がむくんでいます。
今までも何度も誤嚥性肺炎で入院しているのですが、顔までむくんだのは初めてです。
看護師さんに言ったところ今は点滴だけでどうしても栄養が足りないのでまた栄養の注入(胃ろうです)が始まれば良くなるんじゃないかとのことでした。
こういう場合はどんな原因が考えられるのでしょうか?

また、昨日まで抗生物質(セフタジジム)の点滴の他にソルデム3Aというのを2つやっていましたが、
今日からソルデム3Aとソルデム1が1つずつに変わりました。
この2つの点滴の違いは何なのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>こういう場合はどんな原因が考えられるのでしょうか?

低蛋白血症ー血中の蛋白は水分を血管の中に保つ作用があります.低栄養で蛋白が減ると血管外に水が出る

腎機能障害ー年齢的にもともと相当腎機能が下がってるはずですが,感染の際は腎機能はさらに低下して
      体液に水分が貯留します 水分を体外に出す作用の低下です

心不全  ー心臓のポンプ機能が低下すると静脈に血液が溜まり静脈圧が上昇します.血液が心臓に戻り       にくくなるのでむくみます

臥床による循環障害ーリンパ系・静脈系は手足の筋肉の動きを利用して血液・リンパ液を胸へ戻すので
          寝たきりで動きが少ないと手足 とくに下腿に水分がたまります


>ソルデム3Aとソルデム1

一番大きな違いは輸液組成中のカリウムの量です ソルデム1はカリウムなしです
腎機能低下などで血液中のカリウム濃度が上昇した場合などに カリウム摂取を制限します
まーほかにもいろいろありますがこまかいことです

Q死の直前の足の裏

うる覚えですが
父が癌で亡くなる前
看護師さんが「未だ大丈夫ですよ、直前になると足の裏が…」と言っていました。
おそらく、むくむような、パンパンにはるようなことを言っていたような…。
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

全身の機能が低下・衰弱する事により、むくみ(浮腫)が生じたり、チアノーゼ(皮膚が青紫色になる)になる・・・といった感じの事ではないでしょうか? 癌の終末期であれば、恐らく延命はなく、自然に死を迎える事でしょうし、呼吸状態が悪くなるにつれ、全身の酸素が不足し、チアノーゼになってしまいます。

私自身も1年半前、大好きだった実父を癌で亡くし、目の前で大切な父親の皮膚が徐々にチアノーゼになり、下顎呼吸となり、やがて呼吸が止まり、心停止・・・。今でもその光景が頭から離れません。


普段医療従事者として、散々「延命」の患者様と関わる中、大切な実父が「延命」さえしてもらえず、まさか自分の父親で「ナチュラルコース」というものを経験する事になろうとは思ってもいませんでした。一生涯ないであろう辛い経験です。

的外れな回答、すみません。

Q下肢の浮腫

高齢の為、心臓の働きが弱くなり、下肢全体にひどい浮腫が現れ、自然に皮膚に小さな穴?があき、滲出液がたくさん出てくるケースなのですが、これは浮腫が破けた、と言うのでしょうか?浮腫の破裂?
この滲出液はなんという液なのですか?

その場合の対応も教えていただきたいです。軟膏を何か塗ったほうが良いのですか?緊急を要しますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

浮腫がひどくなりパンパンになった皮膚がさけて小さい傷から浸出液が染み出る事はありますが、軟膏などより浮腫をコントロールするほうが先だと思います。

心臓が悪いと言う事ですが、そこまでひどい浮腫は普通ではありません。
皮膚から染み出るほどの浮腫がある時点で全身状態としては緊急を要する事態だと思いますが。

染み出た事(局所的なこと)とすればガーゼを当てるくらいしかできません。

もう状況が悪く入院中、自宅療養中(往診あり)などでしたらすでに医師の治療に限界のある又は病状のコントロールが困難な浮腫の場合もあるでしょうが、もし病院でその浮腫が診察されていないのであればすぐに病院に行くことをすすめます。

とりあえず、浮腫のある皮膚は傷やすいのでこすれたりしないように保護して、染み出るところはガーゼでも当ててください(結構止まらずに出ます)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報