国連機関のPKOなどは本当に世界平和に貢献しているのでしょうか?
国連以外に世界平和に必要なものって何でしょう?
(ラブ アンド ピースは無しですよ)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

非常に難しい問題ですね。

地球外からの侵略でもあれば
世界は結束するでしょうが、でも「平和」とは程遠い状況になってしまいますしね。
やはり膨大な時間が必要となるでしょうが、各個人の意識改革しかないと思います。具体的に言うと「自分は日本人」という大前提を、良い意味で捨てる勇気を持つということです。そういう感覚の持ち主が世界中で多くなれば、世界平和もなるかも?と思います。(世界には様々な問題が多すぎますが・・・)
個人的な意見ですみません。
    • good
    • 0

 ある新聞の社説では、


1,国連の改革…第2次世界大戦の戦勝国クラブになっている国連。特に安保理事会を改革する。(日、独などの敗戦国の参加)<もっともこの答えは質問者の意図を反映してませんね>
2,宗教価値の統一…各宗教で訴えていることは共通点が多い。それを一つにする。宗派(注意:宗教ではない)が政治に従属したり、民族によって異なるものになってはいけない。日本人は嫌がるかもしれないが、世界はいまだに宗教と言う流れで動いている側面がある。それに、奉仕と言う訓練を受けている宗教は、NGOなどで役に立っている。
3,個人の意識革命…人間を超える存在への畏敬心を養う。もっと砕いて言うと、個々の人間が生命の尊さを知る「正しい価値観」を身に付けることが必要。
 こんなもんでいかがですか?
PKOの話は他のコメンテーターに任せます。
    • good
    • 0

世界平和の実現は非常に困難です。

多くの民族、宗教などの違いを乗り越えることが必要です。つまり、(ある程度緩やかにしろ)1つにまとまらなければ成りません。そのためには国連というフィクションを成立させるのが現実的ではないでしょうか。国連を次第に強化していって非常に緩やかな形でまとまっていくように努力を続けるのが1番だと思います。
非現実的な方では、宇宙人との敵対(外部に敵が居ると内部が結束しやすい)や、誰かが世界征服して世界中を1国に統一する位しか考えられません。(絶対にありえないでしょうけどね)
    • good
    • 0

実際問題としてPKOは焼け石に水状態ではないでしょうか。


現実には世界平和は絵空事でしか有り得ません。何故なら
戦争や飢餓や疫病と言った物が全て解消する事は不可能
だからです。病気や戦争が無くなり人口が増えれば飢餓が
起こります。戦争を無くす事だけを考えても、人類全てが
無宗教になり、考え方と統一した時にしか無理でしょう。
後は、人類共通の敵が現れるとか・・・それじゃあ余計平和
じゃ無くなってしまうか・・・、でも、一度世界レベルでのどん底
が必要なのでは無いでしょうか?
    • good
    • 0

国家の暴力を武力という力でねじ伏せなければなかなか問題が進展しないこともありますのでその点ではPKO活動も有効ですが、力を力でねじ伏せるだけでは真の平和を得ることは出来ないでしょう。


世界平和に必要なのは私達1人1人の国際交流による相互理解です。戦争において人が非情に人殺しができるのも、相手を全く知らないからです。
また、国際NGO活動のような地道な活動も欠かせない大事なファクターでしょう。
人類みな兄弟。これがキーワードではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国連の平和維持活動(PKO)のこれまでの活動

国連の平和維持活動(PKO)のこれまでの活動の変遷について客観的に詳しく書かれたサイトなど、ご存知でしたら教えていただきたいです。

お願いします!

Aベストアンサー

サイトよりも本の方がいいと思います。

国連による平和と安全の維持―解説と資料―

2000年までの国連PKO活動の個別具体的な事例の研究が
掲載されています。

邦書でここまで網羅されている本はおそらくないでしょう。

大学の図書館で探されてはどうでしょうか。

Q平和維持活動(PKO)について?です。

それに関してあまり知識に長けてはいないのですが、PKOは成功を収めた例が今までに数少ないですよね。
国連は派遣決定に大変慎重になっています。そんな中で、いつのタイミングで、どのような状況の場合にPKOは派遣されるべきなのでしょうか?
ルワンダの内紛では、人道面から見るとある程度成果はあげられましたが、PKOの限界が浮き彫りになりました。あの派遣は遅すぎたのでしょうか。

つたない文章をお許しください。どうかご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

wikiの紹介をしておきましょう

国連平和維持活動
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E7%B6%AD%E6%8C%81%E6%B4%BB%E5%8B%95

やらんよりはマシという程度ですね。

ルワンダ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80
ルワンダ紛争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E7%B4%9B%E4%BA%89

日本では例が少ないですが、内戦は泥沼化しやすいですね。戦国時代あたりがそれに該当しますかね。戦国時代のように勢力ごとに境界線があって正規軍による戦闘していればまだマシなのですが、他国では境界線も何もなしでテロと虐殺の応酬になるケースもあります。ルワンダでは人口の10%にあたる80~100万人が亡くなられたようです。太平洋戦争で8000万の人口を持つ日本の死者がおよそ200万ほどらしいので2.5%ですね。内戦がいかに凄惨なものであるか分かります。

(1)そんな中で、いつのタイミングで、どのような状況の場合にPKOは派遣されるべきなのでしょうか?

相手国の状況と派遣国の状況を完全に無視すれば、早い方が良いでしょうね。死者数は時間が経つほど増えます。
該当国の非戦派はすぐにでも来て欲しいでしょうし、戦闘派は余計な事はするなと思ってるでしょうね。派遣側も「やらせときゃいいじゃん派」と「そうもいかんだろう派」がいるでしょう。部隊派遣と簡単に言いますが、派遣すれば人的・経済的な負担があるわけで各国の利害があるわけで調整に時間がかかる面は否定できません。

(2)ルワンダの内紛では、人道面から見るとある程度成果はあげられましたが、PKOの限界が浮き彫りになりました。あの派遣は遅すぎたのでしょうか。
1973年クーデター
1990年内戦勃発
1994年国際連合が介入して停戦
介入した年に停戦させているので、成果ありと見ても構わない気もします。派遣が4年後というのが遅いという意見はあろうかと思いますが。虐殺が始まったのが4月6日の大統領の乗った飛行機が撃墜からで、7月に国連の介入ですから、虐殺開始直後に派遣して2週間で到着すれば被害は少なくて済んだかもしれませんね。

wikiの紹介をしておきましょう

国連平和維持活動
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E7%B6%AD%E6%8C%81%E6%B4%BB%E5%8B%95

やらんよりはマシという程度ですね。

ルワンダ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80
ルワンダ紛争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E7%B4%9B%E4%BA%89

日本では例が少ないですが、内戦は泥沼化しやすいですね。戦国時代あたりがそれに該当しますかね。戦国時代のように勢力ごとに境界線...続きを読む

Q自衛隊の国連PKO

自衛隊が今まで国連PKOとして活動してきた中で、「武器使用の制限のせいで救援できなかった」、「制限のせいで隊員が命の危険にさらされた」といったことはあったんでしょうか?

よかっらた参考元なども付けてくれると嬉しいです。

Aベストアンサー

【ボル(南スーダン東部)共同】 南スーダン東部ジョングレイ州で9日、国連平和維持活動(PKO)に従事する兵士5人と民間人7人の計12人が武装集団の襲撃を受けて死亡した。
PKOの国連南スーダン派遣団(UNMISS)報道官が明らかにした。インド外務省によると、死亡した兵士5人はインド人。47NEWS・共同通信
このときはたまたま巻き込まれなかったというだけです。実際には危機的状況は多いようですね。報道もされないので全部を書くことも出来ません。

PKOは自衛隊だけでなく民間人なども多く出ていて殺害されている人も少なくないです。
ちなみに
93年5月に、文民警官の高田晴行警部補もポル・ポト派と見られる武装ゲリラに殺害されました。

Q国連の紛争に対する平和的解決

国連が、現在起こっている(武装)紛争に対する平和的解決として、どんな方法を用いているのかが知りたいです。 国連憲章の第1章、第1条&2条に解決法の例(?)が挙げてあるのですが、今現在どの国で、紛争に対して、どのような平和的解決法を用いているのですか?  例えば、○○国の大統領とこういう内容を話し合って解決しようとしているとか、具体的な例が見つからないので教えてください。 国連の紛争に対する平和的解決の具体的な例が載ってるものがあれば、日本語でも英語のサイトでもいいので教えてください!! 

Aベストアンサー

国連とは限りませんが、幾つかの方法として「国際司法裁判」「国際仲裁裁判」「周旋」「調停」「調査」「経済制裁」などでしょう。「国際司法裁判」では日本の領土問題も争われています。「調停」としてはイスラエルとパレスチナの国境を決めた例があります。もっともその後、第1次中東戦争で反故になりました。「経済制裁」は今イラクに対して実施しています。「周旋」とは和平会談などのお膳立てをすることでしょう。会議場所を提供するなどがあります。カンボジア内戦で日本が東京の会場を提供したことがあります。

Q国連などの国際機関の犯罪はどこが取り締まりますか。

国連などの国際機関の犯罪はどこが取り締まりますか。

国連の組織内でも、背任・横領・贈収賄などのうわさは絶えません。

しかし、司法当局の介入を聞いたことがありません。

例えば、国連内の職員・役員が普通の国で犯罪とみなされる行為を犯した場合、

その捜査、処罰、裁判はどの国が行うのでしょうか。

質問1.例えば、ニューヨークの国連本部で犯罪が行われた場合、

米国の警察が動き、米国の裁判で裁かれるのでしょうか。

質問2.国際機関の活動は地球規模です。とても一国の国境内におさまりません。国際的な犯罪の場合どうなるのでしょうか。

質問3.国際機関の場合は、特別に法の上に立つということがあるのでしょうか。それは、理論上でしょうか。それとも現実の世界でしょうか。

質問4. その他関連情報がありましたら教えてください。

回答は、一部でもかまいません。

Aベストアンサー

日本ではあんまり話題にならないですけど、ニューヨークでの
国連職員の悪評はよく聞きま・・・ゲフン。
まぁ、生まれ育った文化の違う人が他国に住む時点で、様々な
軋轢は仕方が無いんでしょうか。



質問1
まず大前提として。
仮に一般には人道的とされる行為であっても、
現地の政権にとっては"都合の悪い"こともありえますよね。

そこでは現地政権による国連活動の妨害行為も起こりえるので
それを予防するために『国際連合の特権及び免除に関する条約』や
『専門機関の特権及び免除に関する条約』が締結されています。
そこでは国連職員はその特権として、現地法で裁かれない(免責される)
ことになっています。

仮に職員が"犯罪"をした場合、それが全くの"犯罪"であるのか、
単に現地の為政者が職員を気に入らないから、であるのか、
判別をつけるのは『国連行政裁判所』というところになるかと思います。
もし、ここで"犯罪"であることが認められれば、職員の特権は剥奪されます。
こうして職権を引っぺがせば、国連職員を訴追すること自体は可能です。
(職権を失った時点で職員じゃないじゃん?といわれればそうなんですけど。)


あとはふつーの人と同じ手続き、つまり現地法や所属国での裁判になります。
どちらになるかは犯罪の種類と、その人の属する国の法によって変わります。
ニューヨークで万引きした、とかならニューヨーク州の法律で裁かれるでしょう。

また、横領とかそういった内部の犯罪の場合は内部監査部というところが
取り締まっています。それが立証されれば、やはり職権の剥奪ということに
なるでしょうね。



質問2
各国に影響する"国際的な犯罪"(海賊・麻薬取引・ハイジャック・テロなど)を
取り締まるのはどの国でもできます。国が『それはやってほしくない』と
考えれば、その国の警察が取り締まるでしょう。
国際的、というのが単に各国を逃げ回っているだけなら、ICPOの出番です。
連絡屋のICPOの情報に基づいて、各国警察が協力しながら犯罪へ対処する
こととなります。


質問3
国際機関の活動の根拠は『条約』です。
法の上に立つ、という言葉が『法の上位に存在して、現地法を無視して良いか?』
ということであれば、そういうわけではありません。
社会の教科書でも『条約』の位置づけは法律の上位にあったかと思いますが、
そもそも『国同士が結んだ条約の実現を目指して現地法を整備する』のであって、
『条約と現地法が相反する』という事態は起こりえないわけです。
もしどうしても現地法を変えたくないのであれば、そんな条約は結ばないはずですしね。

中学校あたりの教科書に出てくるピラミッド型図解では
条約が上の方にあるかもしれませんが、あれは立場が上という意味ではないんです。
まさにピラミッド建築のごとく、頂上の石と底辺の双方が定まって
初めてきちんとした法の形を成せるわけです。

日本ではあんまり話題にならないですけど、ニューヨークでの
国連職員の悪評はよく聞きま・・・ゲフン。
まぁ、生まれ育った文化の違う人が他国に住む時点で、様々な
軋轢は仕方が無いんでしょうか。



質問1
まず大前提として。
仮に一般には人道的とされる行為であっても、
現地の政権にとっては"都合の悪い"こともありえますよね。

そこでは現地政権による国連活動の妨害行為も起こりえるので
それを予防するために『国際連合の特権及び免除に関する条約』や
『専門機関の特権及び免除に関する条約』が締結...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報