倒幕のため京都から東進した官軍の大将は、なぜ
赤い獅子のような扮装をしていたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 ”赤い獅子のような扮装”というのは「シャグマ」のことでしょうか?


 これは官軍が幾つかの藩(薩摩・長州・土佐)による連合軍であった為にそれぞれの指揮官の所属を表す為、赤・黒・白に色分けをし、兵士が遠くからでも区別しやすくした物です。それぞれの色がどの藩に相当するのかは忘れてしまいましたが、一説によると、官軍は西洋化された用兵形式と軍装を採用することにより、指揮官クラスも旧来の甲冑装束を廃止した為、馬に乗らない兵卒が後方から自分の指揮官の識別がしにくく、これを解決する目的で「シャグマ」を採用したとも言われています。
 「シャグマ」が何故、あの形をしているのかは解かりません。勉強不足でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q標語を書く宿題が出ました。 標語ってなんですか?

標語を書く宿題が出ました。
標語ってなんですか?

Aベストアンサー

>標語を書く宿題が出ました。

テーマは何でしょう。
「宿題をきちんとやろう」とか「宿題を減らそう」とか…。

>標語ってなんですか?

特定のテーマについて市民などに広く呼びかけるための短いフレーズ、スローガンのことです。
交通安全標語、防火・防災標語など、道路や建物に標語を掲げた看板や横断幕が出ていたりします。

短くて覚えやすい文章ということで、七五調や五七五の語呂のよい標語が多く見られますが、
語呂がよいだけで逆に印象に残らなかったりすることも多いので、気をつけましょう。


平成28年使用 交通安全年間スローガン決まる
(全日本交通安全協会、毎日新聞社)
http://www.jtsa.or.jp/topics/T-262.html

平成28年度 全国統一防火標語(入選作品)
(総務省消防庁)
http://www.fdma.go.jp/info/2016/20160328-1.pdf

過去の防災標語・危険物安全標語一覧
(東京消防庁)
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/inf/h27/08/hyogo_kako.html

薬物乱用防止ポスター・標語入賞作品の発表
(東京都福祉保健局)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/kenkou_anzen/stop/poster.html

>標語を書く宿題が出ました。

テーマは何でしょう。
「宿題をきちんとやろう」とか「宿題を減らそう」とか…。

>標語ってなんですか?

特定のテーマについて市民などに広く呼びかけるための短いフレーズ、スローガンのことです。
交通安全標語、防火・防災標語など、道路や建物に標語を掲げた看板や横断幕が出ていたりします。

短くて覚えやすい文章ということで、七五調や五七五の語呂のよい標語が多く見られますが、
語呂がよいだけで逆に印象に残らなかったりすることも多いので、気をつけましょう。


平...続きを読む

Q倒幕軍の獅子頭

明治維新のドラマを見ていつも疑問に思っていたことがあります。
倒幕軍の司令官は歌舞伎の獅子頭?のようなものをつけていますが
あれはどういった経緯(意味)でつけることになったのでしょうか?

またあれは明治政府の正規軍にも採用されていたのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あれは官軍が薩摩・長州・土佐などの連合軍で構成されていますから、指揮官がどこの所属かわかるように色を変えています。

 白熊(はぐま)/長州
 赤熊(しゃぐま)/土佐
 黒熊(こぐま)/薩摩


と分けられ、ヤクの毛を染めたもののようです。
実は江戸城開城の戦利品なので、時代劇で鳥羽伏見の戦いなどで被っているのは、ちょっと疑問です。

Q「正確、丁寧、迅速」に似た標語を教えてください。

「正確、丁寧、迅速」に似た標語を教えてください。

正確、丁寧、迅速という仕事の標語がありますが、これに似た仕事の標語を教えて欲しいです。

あと、この正確、丁寧、迅速の標語の出処ってどこですか?知っていたら、それも教えて欲しいです。

Aベストアンサー

3S・・・整理・整頓・清掃

=====================================================
5S・・・整理・整頓・清掃・清潔・躾

=====================================================
ツールボックスミーティング  ・・・危険予知訓練(現状把握 、本質追究 、対策樹立 、目標設定 )

=====================================================
3H・・・
3H(さんエイチ)または3H作業(さんエイチさぎょう)とは、人間が作業を行う際、ミスや失敗を起こしやすい状況を簡潔にまとめた標語。

初めて(はじめて、Hazimete) - 初めてやる作業
久しぶり (ひさしぶり、Hisashiburi) - 久しぶりに行う作業
変更 (へんこう、Henkou)- 手順や方法が変更された作業

の時に注意しなさいよ、ということですね。

=====================================================
失敗学

原因究明 (CA: Cause Analysis)
失敗防止 (FP: Failure Prevention)
知識配布 (KD: Knowledge Distribution)

をすれば次の失敗は防げる、と。

=====================================================

PDCAサイクル

PDCAサイクルという名称は、サイクルを構成する次の4段階の頭文字をつなげたものである。後に、デミングは、入念な評価を行う必要性を強調してCheckをStudyに置き換え、PDSAサイクルと称した。

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する
Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う
Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

=====================================================
四諦

苦諦:苦を仕方ないと諦める
集諦:苦の原因を知って諦める
滅諦:苦の滅を諦める
道諦:苦の滅を実現する道を諦める(→八正道)

苦は「知り尽くすべきもの」(遍知)
苦の原因は「滅するべきもの」(滅除)
苦の滅は「実現すべきもの」(成就)
苦の滅を実現する道は「実践すべきもの」(修習)

=====================================================
経営管理論・・・計画、組織、指揮、調整、統制

=====================================================
危機管理

通常は以下の6段階より構成される。

予防:危機発生を予防する
把握:危機事態や状況を把握・認識する
評価
損失評価:危機によって生じる損失・被害を評価する
対策評価:危機対策にかかるコストなどを評価する
検討:具体的な危機対策の行動方針と行動計画を案出・検討する
発動:具体的な行動計画を発令・指示する
再評価
危機内再評価:危機発生中において、行動計画に基づいて実施されている点・または実施されていない点について効果の評価を随時行い、行動計画に必要な修正を加える。
事後再評価:危機終息後に危機対策の効果の評価を行い、危機事態の再発防止や危機事態対策の向上を図る

3S・・・整理・整頓・清掃

=====================================================
5S・・・整理・整頓・清掃・清潔・躾

=====================================================
ツールボックスミーティング  ・・・危険予知訓練(現状把握 、本質追究 、対策樹立 、目標設定 )

=====================================================
3H・・・
3H(さんエイチ)または3H作業(さんエイチさぎょう)とは、人間が作業を行う際、ミスや失敗を起こしやすい状況を簡潔にまとめた標語。

初めて(はじ...続きを読む

Qなぜ征夷大将軍が幕府を開設するための資格になっているのか?

源頼朝は鎌倉幕府、足利尊氏が室町幕府、徳川家康が江戸幕府ですが
全員、征夷大将軍に任命されてから開設していますよね?
なぜアイヌを攻める大将軍が幕府開設なのですか?

Aベストアンサー

まず、足利や徳川は、鎌倉時代に、武家の棟梁=征夷大将軍という概念が出来ていて、後でそれに乗っかっただけですから、源頼朝にとっての征夷大将軍はなんだったのか、って事を考える必要があります。
以前に、似た質問に対し回答した事があるので、参考にしてください。

一般的に言われるのは、
1.理屈の上では、征夷大将軍は天皇から節刀を受け、戦地に赴く存在だったから、という事がまず考えられます。節刀を受けるという事は、イメージとしては、「天皇の権力の一部を、臨時に代行する」という事で、例えば、征夷軍の副官が反抗したら、征夷大将軍は天皇に一々お伺いを立てなくても、自分の判断で処刑してしまっていい、という事です。これは、戦地に行く軍隊の大将軍だから、都度天皇に伺いを立てていたら戦争にならないので、節刀=非常大権を与えられる事で初めて認められる事です。右近衛大将では、都で近衛府を統括する常設武官としての最高位、というだけですから、そういう権限はなく、No.3の方がいうように、結構違います。また、征夷大将軍は、戦地に赴くものですから、都に常駐する必要がありません。
この二点から、東国で独立した政権を打ち立てるには、征夷大将軍が、最適だった、という説です。

2.もう一つは、頼朝がなる少し前に、源義仲が頼朝を討つ為に、武力を背景に無理矢理朝廷に征夷大将軍に命じさせた、という事があって、これにより東国の支配者としての「征夷大将軍」という考え方ができた、というものです。ま、有体に言えば、義仲がもらったタイトルは、義仲に勝った自分にぴったりなんだから、よこせ、って事ですね。
こういう理屈っぽい話は、参考URL↓に纏まっています。

ただ、実際には、本当に「征夷大将軍」と、他の(例えば)鎮守府将軍や右近衛大将とでは、頼朝にとって、決定的に意味が違っていたか、というと実は結構疑わしいものがあります。頼朝は1190年に右大将に任ぜられて、すぐに辞職しますが、その後、御家人に与える幕府の正式文書である政所下文は「前右大将家政所下」と書かれました。1192年に征夷大将軍になると、これは「将軍家政所下」にかわりましたが、そのうちまた「前右大将家政所下」に戻ってしまいます。この事実と、尊卑分脈に「1195年に征夷大将軍を辞任した」という記事がある事から、頼朝が1195年に征夷大将軍を辞したと考える説があり、これは必ずしも定説とは言えませんが、辞めていたら勿論の事、辞めていなくても、自己の権威を主張するのには「征夷大将軍」よりも「前右大将」の方がいい、と思っていた事を意味しますから、どちらにしろ、頼朝にとって、征夷大将軍という地位が、決定的に重要だった訳ではない、とは言えます。また、二代目の頼家は、1199年の頼朝の死の後、直ぐには征夷大将軍にはならず、1202年になっていますが、頼家が早く将軍にならないと困る、なんて話は残っていないです。
つまり、武家の棟梁=征夷大将軍というのは、頼家→実朝→藤原氏出身の所謂「摂家将軍」と言った形で、代々武家の棟梁(名目上のそれを含む)が将軍に任ぜられる事で、そういう概念が定着したのであって、頼朝がどういう理由で征夷大将軍を選んだか、という事を追求しても、それと『何故、征夷大将軍が、武家政権の開設の条件なのか』というのと結び付けるのは、あんまり意味が無いです。だいたい頼朝自身が、大して拘ってないんですから…。つまり、頼家以降代々任じられる事で、慣習上そうなってしまった、って事ですね。

なんで、(例えば)鎮守府将軍ではなくて、征夷大将軍なんだ?とどうしても追求するなら、頼朝がそれを欲しがったから、欲しがった理由については、既に呼べたような推測がされている、ってところでしょう。

中世は、引退した天皇に過ぎず、特別な公法上の地位が無いはずの上皇が、天皇家の家父長としての私的な権威を背に、天皇よりも圧倒的に権力を持つなど、公式の地位以外のものが表に出ていた時代です。あまり、表面の事に拘ると、かえって事実がわからなくなるような気がします。

尚、坂上田村麻呂が戦った相手は、アイヌではなく、東北地方に住んでいた(現代の言い方をすれば)日本人、という事になっています。だから、アイヌを攻める大将軍じゃないです。念の為。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tsuka/theme/syougun.html

まず、足利や徳川は、鎌倉時代に、武家の棟梁=征夷大将軍という概念が出来ていて、後でそれに乗っかっただけですから、源頼朝にとっての征夷大将軍はなんだったのか、って事を考える必要があります。
以前に、似た質問に対し回答した事があるので、参考にしてください。

一般的に言われるのは、
1.理屈の上では、征夷大将軍は天皇から節刀を受け、戦地に赴く存在だったから、という事がまず考えられます。節刀を受けるという事は、イメージとしては、「天皇の権力の一部を、臨時に代行する」という事で、例...続きを読む

Qネット上の標語について

現在、ポスター作成のために標語を考えています。
ネットで使えそうな標語を検索し、よさそうな標語を見つけたのですが使用しても良いのでしょうか?違法は行為、著作権の侵害?になるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください

Aベストアンサー

著作権を侵害する行為になります。

相手が気が付けば、使用の停止を求める、著作権侵害での訴えを起こす余地があります。


> ポスター作成のために標語を考えています。
> ネットで使えそうな標語を検索し、よさそうな標語を見つけたのですが

この場合は、報道、批評、研究などの「引用」の正当な範囲内とは言えないでしょうし。

Q関ヶ原でなぜ西軍の総大将は豊臣秀頼でないのか?

なぜ関ヶ原での西軍の総大将は豊臣秀頼でなくて石田光成なのでしょうか?
嫌われ者の光成でなく、秀頼が総大将だったらまた違ったのでしょうか?解説どうか、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

上杉征伐は豊臣家の許可の下の行動です。

武断派に襲撃され奉行職を辞職した三成と、密約して挙兵した上杉。

真田昌幸も、何で挙兵する前に通知しなかったのか?
と返事に記載したそうです。

まあ、5大老の殆どが三成に付いたのですが、
小早川の裏切り、毛利も裏切ったと断言すると関が原で奮戦したのは
宇喜多秀家だけになります。

秀頼が総大将だったら逆賊は家康ですので総崩れでしょう。

実際には、互いに豊臣家の為を自称していますので

たかだか小競り合い。互いに戦力と兵糧を減らすだけ。
どちらが勝っても上手く利用出来る。

と安易に思ったに違いありません。

Q人権標語ってなんですか?

人権標語について、わかりますか?
標語を考えて欲しいのです。人権?差別?
差別したが、・・・今は、???・・・・・の標語??
意味不明なんです。

Aベストアンサー

質問の本文部分については、私も意味不明なんで答えられませんので、質問のタイトル部分についてのみお答えします。

「人権標語」をキーワードに検索システム(google なり、yahoo なり)で、検索すれば、大体のことは分かると思いますよ。

それでも不明点があるなら、その点を明確にすると良い回答が得られると思います。

参考URL:http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%bf%cd%b8%a2%c9%b8%b8%ec&fr=top

Q姫路城を見に行ったのですが、赤で囲ったところにある棒のようなものをとこ

姫路城を見に行ったのですが、赤で囲ったところにある棒のようなものをところどころに見つけました。
そこでこの棒?が何のためにあるのか知りたいと思いました。
わかる方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

窓に溜まる雨水の排水パイプです。
http://www.himeji.jp/himeji_jyo/010.htm

Q標語を考えて下さい

会社の標語を考えないとダメなんですが、私こーいうのすっごい苦手なので考えてもらえませんか~? 最近 うちの会社事故(間違い発送など)が多くてその防止策に社員に標語を考えさせているんです。。。なんかいい標語があれば教えて下さい
お願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ!標語って嫌ですよね。
考えるのも面倒くさくって、仕事やっている方が、まだマシです。(あきれた社員ですよね。。。)
でも、不思議ですね。人様のを見ていると、ふと思い浮かんできたりします。
多分、仕事の中身もよく知らないし、責任もないからでしょうね!d=(^o^)=b
もっとも私の場合、採用された事も無いようなローセンス暴露標語ですが、私と同じく標語が苦手な貴方に、悪い見本として提供します(^^ゞ

1.「発送は、顧客サービスの、締めくくり」
2.「「なんだこりゃっ!」信用までも、無くします」
3.「誤発送、かかる手間ひま、3倍増!」
by.著作権フリー

すんません!本当に悪い見本だ~っ!
役たたずです~_(_^_)_

Q源平の戦で、源氏が白の旗を、平家が赤の旗を掲げた。これを契機に、赤の反対は白と思われ始めた、のですか

現代、赤の反対は、紅白歌合戦のように、一般に白と思われています。(もちろん、何を基準にするかによって、白以外の青などが赤の反対としても考えられていますが)
なお、万葉集の時代は、赤の反対は黒でしたね。
お聞きしたいことは次です。
1、源平の戦で、源氏が白の旗を、平家が赤の旗を掲げました。これを契機に、赤の反対は白と思われ始めた、のですか?
2、あるいは、その時代には、すでに、赤の反対は白、となっており、それに則っとり、源氏は白を、平家は赤を掲げた(採用した)のですか?

Aベストアンサー

反対というよりペアなんだと思います。

赤(紅)は、太陽の色(を何故か日本人は赤と思ったのかは、結構謎なんですがw)でもあり、神社の鳥居なども赤ですが(これは中国の影響?日本的な部分もあると思っていますが)、まぁ縁起の良い色の筆頭です。
で、対抗する源氏も、縁起の良い色を選んだ、それが白です。お墓に入る人も白装束ですがw花嫁なども白装束で、潔白とか、色々と良い意味の強い色です。

良い色と良い色、なので紅白も良い色。


(でも個人的には、血と脂身の色なんじゃないの?などと思っていたり・・昔の人にはよだれ物ですよ。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報