仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!>>

初めまして。
以前は会社で働いていたので、よく分からないのですが、
去年1年間キャバクラでアルバイトをしていまして、確定申告をしていませんでしたが、住民税、区民税の申告用紙が送られてきたので申請しようと思っています。
そこでお店に「源泉徴収書」と「給料明細」をお願いしたところ、「給料明細」だけが届来ました。
今まで気付かなかったのですが、「源泉徴収」として10%引くと言っていた項目が「厚生費」になっていて、「雑費」として引くと言っていた項目が「共済費」となっていました。

「厚生費」となっていると言うことは、「源泉徴収」としては記入出来ないと言うことでしょうか?
また、「共済費」と言う項目は「経費」とすれば良いのでしょうか?
ノルマ分のペナルティーは雑費などになるかどうかも知りたいです。

ご回答、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

スミマセン^^;



少し調べると、わたしが不正確なことを言っていたのがわかりましたので、補足しておきます。

給料と言うことですから、てっきり「給与所得者」になると思っていたのですが、多くの場合、ホステス業は、ホステスさん個人がお店から「業務委託」を受けていると考えられるようですね。
だから、ホステスさんはひとりひとりが、個人事業主となります。お店からもらっているのは厳密にいうと「給与」じゃなくて「報酬」などと呼ばれるものになります。


次のポイントとして、通常の営業収入であれば、源泉徴収などは無いのですが、ホステス業など特定の業種は、報酬の支払者が源泉徴収することになっています。

http://www.jfast1.net/~nzeiri/syotokuzei/horei/h …

ホステス業が通常の飲食店従事者と別に規定されているとは思わず、飲食店の従業員に過ぎないだろうと、あまい知識で回答してしまったこと、お詫びします^^;

この取扱の場合、当然に、源泉徴収票はもらいません。(市町村への給与報告もありません)
お店は給与支払者としての責任はありませんので、所得税の精算は各個人が確定申告によって行うことになります。

源泉徴収票がない代わりに、いくら源泉徴収をされたかわかるように「支払調書」というのをお店からもらってください。
「支払調書」じゃなくても、給料明細などでわかればそれで代用してもいいと思います。
お店の言ってるとおりとすれば、すでに去年の源泉徴収分は税務署に払っているはずですので税務署に説明すれば調べてくれると思います。(普通ならば、お店は毎月税務署に納税しているはずで、1月ごろには各個人分の支払調書を税務署に送っているはず)

で。
もし経費がたくさんあれば、所得税については還付を受ける可能性がありますが、実は、申告をすることで、住民税というのが別にかかると思います^-^

10%しっかり源泉徴収されて納税もされている場合は、税務署としては、確定申告してないとはいえ、一応、源泉徴収分を貰っているのですが、
税務署ではなくて、市町村のほうは申告してもらないと住民税をとれませんから、困ります。

もしかしたら、そういう理由で、市町村から申告書が送ってきたのかな~とも思ったのですが…?

お店のほうが何かを誤魔化そうとしているのか

それとも、単に事務が雑なだけなのか…?

よく確認したほうが良さそうですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
お店の回答を待ちたいと思います。

お礼日時:2006/08/30 11:53

 ANo.3です。



>今、お店の方に詳しく聞いてもらっている所で、「源泉徴収」についでは個人での納付ではなく、会社でまとめて払っているとの事でした。

・お店の方のお答えは、間違ってはいないのですが、?????です。

・何故なら、個人で納付するのではなく、会社が従業員の給与から所得税を天引きして、会社でまとめて税務署に納税することが「源泉徴収」ということですから、会社でまとめて払っていると言うのは当たり前のことだからです。
 個人で納付するのでしたら、勤務先で「源泉徴収」してもらう必要はなく、貴方が税込みで給与を貰い、その給与から自分で「確定申告」して納税すればよいということになります。

・「源泉徴収」するということは、勤務先でまとめて納税するということですが、会社が(会社のお金で)支払っているのではなく、従業員から「源泉徴収」して預かった税金を、本人に代わって支払っているだけですから、誰の税金をいくら納税したかも税務署に合わせて報告します。

・「源泉徴収票」は、この税務署に納めた各従業者の税額を証明するだけですから、各個人に「源泉徴収票」が発行できないと言うことはありえません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。
お店でまとめて支払っているのですが、誰の税金をいくら納税したか税務署に合わせて報告してはいないそうなので、お店側の回答を待ちたいと思います。

お礼日時:2006/08/28 12:07

>また、「共済費」として取られている分は「経費」もしくは「雑費」になるのでしょうか?



経費に含めてよいのじゃないかと思いますが、
税務署がどういう判断をするのか、はっきりとわたしも理解していません。

基本的考えを説明しますと、
経費に含めるかどうかは、「その収入を得るために必要なお金だったかどうか」ということが判断されます。

毎月の収入が100万円あっても、仕事をするために、事務所の家賃や、電気代、アルバイトの給料などを払う立場であれば、その100万円のうち実質的には、20万くらいしか利得がないという人もいます。
毎月の収入が30万円であっても、仕事をするためにほとんど経費が発生せず、仕事用の服をたまに買ったり、交通費がかかるくらいで、実質的に25万円以上の利得があるという人もいます。

税金を計算するときには、収入ではなく、「実質的にどのくらい得をしているか(所得)」を考えます。
収入だけで考えると、公平ではないですよね。

説明が、まわりくどかったかもしれません^^;

というわけで、仕事と全然関係ない費用は、収入から控除されません。あくまでも仕事のために必要であった経費を収入から引いて実際の利得を把握しようという考えです。

なので、「共済費」が仕事のために必要な支出であれば、経費に計上してOKです。
「共済費」という名前だけじゃ何に使われているのか判断できないので、もしかしたら税務署から具体的内容を確認されるかもしれません。

とりあえず、遠慮しないで経費にとれそうなモノは計上しておいて、税務署の判断に任せたらどうでしょう…。

…それより、源泉徴収の件が気になりますが^^;;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変、分かりやすくご回答して頂き、ありがとうございます。
今、お店の方に詳しく聞いてもらっている所で、「源泉徴収」についでは個人での納付ではなく、会社でまとめて払っているとの事でした。
この業界の申告は複雑な仕組みになっているみたいですが、過去に申告している人が居たそうなので、その事例を元に書類を作成したいと思います。
本当に、色々と有り難うございました!

お礼日時:2006/08/25 12:12

 ANo.3です。



 すいません。結論を書くのを忘れていました…

・給与所得として申告されるのでしたら、貴方の現状は所得税が未納になっているようですから、もし、昨年の収入(手取りではなく税込みです)が103万円を越えていれば所得税がかかりますので、まずは税務署への確定申告が必要です。

・個人事業者として申告することも可能だと思いますが、個人事業者になるためには、あらかじめ税務署に「開業届」を提出しておく必要があります。忘れていましたでも通るようですが。
 それはいいとして、厄介なのは、お書きになっているように自分で必要経費などを計算しなくてはならないことです。つまり、確定申告に備えて、帳簿を付けておく必要がありますね。あなたの場合は、正式な帳簿をつけておられないようですから白色申告になると思いますので、お小遣い帳にに毛の生えた程度のものでもいいですが。

・もしできれば、
 お店に「確定申告をするので源泉徴収を出して欲しい。出してくれないなら、税務署の申告の時、お店が出してくれないとの申立書で済ませるけど。」と言ってみるのが一番ですが、ちょっとやばいですよね(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、分かりやすくご回答して頂き、有り難うございます。
住民税額の通知が来ていないということは納税していないと言うことですね。従業員も「税務署で、お店が出してくれないとの申立書で済ませるのは、不味い」とは言ってました。
今年は、帳簿を付けているので頑張りたいと思います。

お礼日時:2006/08/25 11:58

 こんにちは。



>以前は会社で働いていたので、よく分からないのですが、去年1年間キャバクラでアルバイトをしていまして、確定申告をしていませんでしたが、住民税、区民税の申告用紙が送られてきたので申請しようと思っています。

・この申告書は、恐らく以前にお勤めになっていて、住民税を納めておられ、その後、住民税を納めておられないので、収入がないのか、申告を忘れているのかの確認のために送られてきたものだと思います。

・ちなみに、「住民税」と「区民税」は並列の物ではなく、「都道府県民税」と「市区町村税」を合わせて「住民税」といいます。

>そこでお店に「源泉徴収書」と「給料明細」をお願いしたところ、「給料明細」だけが届来ました。今まで気付かなかったのですが、「源泉徴収」として10%引くと言っていた項目が「厚生費」になっていて、「雑費」として引くと言っていた項目が「共済費」となっていました。

・これは、アルバイト先が、所得税を源泉徴収していながら、税務署に納税していない可能性が大というか、ほぼ間違いないですね。

・なぜなら、
 お店が源泉徴収すると、支払額についてお住まいの市区町村に支払い金額の申告をしなければなりません。何故なら、その申告で住民税の計算をするからです。
 ちなみに、住民税は、一年遅れで課税されます。つまり、去年(平成17年1月から12月)の収入に基づき、今年の6月から来年の5月までの間に分割して支払います。

 で、「源泉徴収票」は「給与支払報告書」と複写になっていまして、源泉徴収すると「源泉徴収票」を記載して貴方に渡すとともに、「給与支払報告書」を市区町村に提出しなければなりません。
 つまり、ちゃんと源泉徴収していれば、貴方のお住まいの市区町村に貴方の収入がいくらか申告が行っているはずですから、今年の6月にはそれに基づき計算された、今年、貴方が支払う住民税の額の通知がお手元に届いているはずです。

 税額の通知が来ずに、申告書が来ているということは、間違いなくアルバイト先は、貴方から所得税の名目で源泉徴収した税金を、納税していないですね。

>「厚生費」となっていると言うことは、「源泉徴収」としては記入出来ないと言うことでしょうか?

・その表示もそうですし、上記のとおり住民税額の通知が来ていない事からも、今現在は源泉徴収されていないことになっていますね。

>また、「共済費」と言う項目は「経費」とすれば良いのでしょうか?
ノルマ分のペナルティーは雑費などになるかどうかも知りたいです。

・貴方の収入がどういう性格のものか、業界に詳しくないので分かりませんが、他の業種のアルバイトの方のように給与所得でしたら、基礎控除(38万円)と給与所得控除(65万円)の合わせて103万円が控除されますが、その他の経費的な控除はありません。
 勿論、医療費控除などは、対象になれば受けられますが。
    • good
    • 0

「源泉徴収として10%引くと言っていた項目が『厚生費』になっていて…」



↑の部分が気になります^^

念のため、用語の説明からしますと、

「源泉徴収」というのは、給料を支払うたびに、所得税を徴収するという意味です。年間の税額を予想して、給料を払うたびに職場が徴収し、12月の給料を払う頃に精算して、過不足分を調整する仕組になっています。

ただし、職場が源泉徴収をしない場合は、給料全額を本人に支払い、本人が確定申告後、決定した所得税額を支払うことになります。

なので、職場が源泉徴収をしているにもかかわらず、その徴収した所得税を税務署に納めてないのは、ネコババになります。
職場が税務署に納めないのなら、その分も含めて本人に給料として渡し、本人から納めるようにしないといけません。

本当に「厚生費」ならいいのですが…給料の10%って、厚生費用にしては大きすぎませんかね??

経費の控除の件ですが、
質問者様の所得は、内容的に「給与所得」になりますので、自分で経費を計算するのではなく、国の基準額を控除されるようになります。(大抵の人にとって十分な金額が控除されますので、そんなに心配いりません)
ただし、あまりにも事実上かかった経費が大きい場合には、税務署に相談してみたらよいかと思います。
個人事業者として「営業所得」としての申告が可能であれば、必要経費を自分で計算して控除を受けることができます。(また、他の人がどのように申告しているか、職場に聞くのもいいと思います)

おっと、よく見ると「住民税」の申告用紙が来たんですね。
これは、確定申告ではないと思います。
確定申告は、住民税の申告を兼ねていますが、
住民税の申告は、確定申告を兼ねません。
確定申告は、国への申告です。(所得税=国税)
住民税の申告は、市や区への申告です。(住民税=地方税)

2月~3月の本来の申告時期に遅れた場合の申告の手順としては、次の二通りが考えられます。

(1)確定申告(税務署へ提出)⇒税務署から市区町村へ通知

(2)住民税申告(市区町村へ提出)⇒確定申告(税務署へ提出)

どちらの手順も可能と思います。(2)の手順は二箇所に行かないといけないので面倒なようですが、税務署の処理は、一ヶ月以上かかることがあるので、急ぐときは別々にしたほうがスムーズなときもあります。
また、住民税の申告は、国民保険や他の福祉制度の判定のために、所得が低くてもしないといけないことが多いですが、確定申告は、所得税がかからないような低所得者については自分の判断でしなくてもいいようになっている点から、まずは住民税の申告のみをするという判断があります。

いくつかの点をいっぺんに説明したのでわかりにくいかもしれません。

疑問があれば、補足質問お願いします^^

この回答への補足

大変、分かりやすくご回答していただきまして、ありがとうございます。

今回来た、「住民税の申告書」と、以前来た「確定申告書」の用紙が同じもの(記入箇所が)で、収入、所得等を書かなければいけなかったので、色々と考えていました。
詳しく聞いてみないと分からないのですが、「源泉徴収する」と言って10%引いておき、お店側の処理上は「厚生費」として税金を納めていなければ、「営業所得」として自分で申告しなければいけない状況だと思います。
また、「共済費」として取られている分は「経費」もしくは「雑費」になるのでしょうか?

補足日時:2006/08/24 15:20
    • good
    • 0

本来、源泉されて税務署に納められるべきお金がオーナーなどに着服されている恐れがありますね。



明細に源泉徴収という記載がないということは会社としては「源泉していませんよ」ということになります。税務署から連絡が来たということは源泉されていないことは間違いないでしょう。もし働いているときから源泉という言葉になっていなければどうにもならないことなのですが働いているときは言葉ではなくきちんと明細で「源泉」という言葉を確認していますか?

水商売の場合、雑費という「とりあえずもらう決まり」みたいなものが存在するわけですがそれも含めたトータルに対して源泉されていたのか雑費を引かれたあとに源泉されたのかによっても違うかもしれませんが一般的に控除が認められる経費とは異なるものですので経費には
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
大変、参考になりました!

明細での「源泉」という言葉は確認できていません。
ちなみに、去年居たお店は潰れてしまっているのですが、今いるお店とは同じグループのなので、確認してみます。

お礼日時:2006/08/23 18:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水商売の税金について

いま夜のアルバイト(キャバ)をしていて毎月10%の所得税を引かれているのですが、他の方の質問の答えに事業主は店で働いている子の人数しか伝えていない場合が多いとのことなんですが、その場合私が所得税を払っているという記録を税務署などはわかってくれているのでしょうか?

Aベストアンサー

なんか、変な話になっているんで書かせてもらいます。
通常、ホステスさんの場合は、給料でなく報酬です。
もし、雇用形態として給与として取り扱っているのであれば、NO3さんの回答で正解です。

ここでは、報酬という考えで書きますね。
報酬とは事業所得で言うところの売上になりますので本来は自分で計算して、確定申告するべきものです。ですので、しっかりやろうと思えば自分で計算して、
収入-必要経費(洋服代や美容院代、タクシー代やお客さんとの食事代、お客さんへのプレゼントや電話代なんかも大丈夫でしょう)
で所得を計算して、そこから各種控除を差し引いて税金を計算するという流れです。
(収入-必要経費-各種控除)×税率=年税額
年税額-源泉徴収税額=納める税金(マイナスの場合は還付です)
こういったことを確定申告で行います

でも、多くのホステスの方はこんなこととしませんよね。そういったこともあって源泉徴収するんです。(URL 参照)

給与所得の源泉徴収と違ってホステスさんの源泉される場合は金額が大きくなりますので、しっかり計算すれば多くの場合は還付になりますよ。逆に言うとほとんどの場合は払いすぎになっていますので、ホステスさん個人が税務署に狙われることはほとんどありません。(年収が何千万円かあって申告してない人や無理な必要経費を計上して申告している人は別ですが)その代わり、お店はある程度の規模で源泉徴収していないとすぐに狙われます。

>つまり、一人経営者ということで、10%ひかず、全額貰って自分で納税するという雇用形態

報酬の場合もともと1人経営者です。お店が源泉徴収義務違反ですのでまともなお店はこんなことには応じません。

ご質問者(月に25万円)さまの場合ですと、経費を集計して年末にお店から支払い調書をもらって確定申告してみたらいいかもしれませんね。実際はそれが正しいですから。(感覚的には還付の可能性が高いと思いますし)
それから、お店からもらうのは源泉徴収票ではなく「報酬・料金・契約金及び賞金の支払調書」です。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/muraoka/zeihou29.html

なんか、変な話になっているんで書かせてもらいます。
通常、ホステスさんの場合は、給料でなく報酬です。
もし、雇用形態として給与として取り扱っているのであれば、NO3さんの回答で正解です。

ここでは、報酬という考えで書きますね。
報酬とは事業所得で言うところの売上になりますので本来は自分で計算して、確定申告するべきものです。ですので、しっかりやろうと思えば自分で計算して、
収入-必要経費(洋服代や美容院代、タクシー代やお客さんとの食事代、お客さんへのプレゼントや電話代なん...続きを読む

Qホステス 報酬か給与かで確定申告ではかなり税金面で違うのでしょうか?

初めて確定申告を行う者ですが、いろいろ分からないことがあり投稿しました。ホステスをしている場合の「報酬」と「給与」の違いについて質問します。平成18年度の収入は180万円ほどで、源泉徴収税額は67000円ほどでした。経費(お客様に送るお中元やはがき代、プレゼント代、自分の交通費、衣装代など)は17万円ほどでした。●確定申告する際に「報酬」か「給与」かで控除の有無についてかなり違うのでしょうか?「給与」なら領収証があっても落ちないと聞きました。でも、「給与」でも経費の控除はあるんですよね?●もし領収証の合計が60万を超えていたら、「報酬」にしてもらった方がいいと聞きました。私は経費は17万くらいですが、これだと「給与」扱いの方がいいのでしょうか?●お店が言うには、「あなたはお店という場所を借りて、個人事業主が営業してる形態」と言います。ということは、「報酬」になると思うのですが、源泉表には「平成18年分 給与所得の源泉徴収表」とあります。ただし、区分の欄は空欄にしてくれています。これで税務署に見せても「報酬」扱いになるのでしょうか?●もし「報酬」にならないとしたら、お店にもう1回言って、「区分」の欄に「報酬」と書き加えてもらわないといけないのでしょうか?●ホステス以外にアルバイトもしてますが、それも合算して申告した方がいいのでしょうか?そちらの収入は8万円、源泉税4000円ほどでした。●確定申告は5年までさかのぼって出来ると聞きました。平成16年度の時は収入13万、源泉6600円ほどです。これでも確定申告したら6600円は返ってくるのでしょうか?基本的なことばかりですみません。よろしくお願いいたします。

初めて確定申告を行う者ですが、いろいろ分からないことがあり投稿しました。ホステスをしている場合の「報酬」と「給与」の違いについて質問します。平成18年度の収入は180万円ほどで、源泉徴収税額は67000円ほどでした。経費(お客様に送るお中元やはがき代、プレゼント代、自分の交通費、衣装代など)は17万円ほどでした。●確定申告する際に「報酬」か「給与」かで控除の有無についてかなり違うのでしょうか?「給与」なら領収証があっても落ちないと聞きました。でも、「給与」でも経費の控除はあ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 #1さんがおっしゃっているように給与(給与所得)か報酬(事業所得、雑所得)かはあなたが決めるのではありません。あなたがどのような雇用形態で雇用主に雇われているのかです。
 あなたに仕事を出している人が税務上どちらで処理しているのかでだいたいのところはわかります。
 あなたの給与明細は給与等から所得税を10%差し引いていますか。10%税金を差し引いていれば、間違いなく報酬(あなたの場合は事業所得になる。)です。給与所得の源泉徴収税額表(月額表)で差し引いていれば給与所得として考えているということです。
 また、毎月お店からいただくお金から引かれるものの種類でも判断できます。社会保険料、雇用保険料が引かれていたら給与所得ですね。(社会保険料等が引かれていなくとも報酬とは限りません。)
 給与所得の場合、収入が180万円だとすると、「給与所得控除後の給与等の金額」(所得金額)は108万円です。(収入について4千円刻みで「給与所得控除後の給与等の金額」は設定されています。)
 事業所得等の場合、収入が180万円で必要経費が17万円だとすると、所得金額は163万円になります。
 社会保険料などはこれらの所得金額から差し引かれるものです。
 確定申告をするときはその年に頂いた収入すべてを加えないといけません。ただし、給与所得、事業所得、雑所得といった枠ごとに所得は計算しますので、実際の納税額に結びつかない可能性もあります。納税額の減額あるいは還付額の増額の原因になる可能性もあります。

 あなたの源泉徴収税額、「平成18年分 給与所得の源泉徴収表」の発行を見るとお店は給与等として税務上整理しているように見えます。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/pamph/01.htm

 こんにちは。
 #1さんがおっしゃっているように給与(給与所得)か報酬(事業所得、雑所得)かはあなたが決めるのではありません。あなたがどのような雇用形態で雇用主に雇われているのかです。
 あなたに仕事を出している人が税務上どちらで処理しているのかでだいたいのところはわかります。
 あなたの給与明細は給与等から所得税を10%差し引いていますか。10%税金を差し引いていれば、間違いなく報酬(あなたの場合は事業所得になる。)です。給与所得の源泉徴収税額表(月額表)で差し引いて...続きを読む

Qキャバクラ嬢の確定申告

大多数のキャバクラ嬢は、確定申告していないと
思いますが、これは脱税として税務調査されないのでしょうか?
過去に聞いたことがありません。。。
つまり、住民税も所得税も払っていないのがほとんどですよね。


よって、妻がキャバクラで働いていた場合(年収150万以上)に、
旦那が妻を配偶者として控除を受けていても、
税務署には、ばれないのでしょうか?

Aベストアンサー

>住民税も所得税も払っていないのがほとんどですよね。

確定申告していない無申告者は多いでしょうが、店側が源泉徴収していれば「所得税」は間接的に払ってはいます。(その店が脱税していなければですが。)

住民税は「給与所得」ならば市区町村に(一人ひとり)「給与支払報告書」が提出されるのですが、キャバ嬢の場合は「給与所得」ではなく「報酬」でしょうから報告書も送られず、住民税は払っていないでしょう。

>妻がキャバクラで働いていた場合(年収150万以上)に、旦那が妻を配偶者として控除を受けていても、税務署には、ばれないのでしょうか?

「配偶者控除」の申請(申告)をしただけではその配偶者の所得状況の詳細までは分かりませんので「税務署が調べなければ」そのままでしょう。

では「どのようなときに調べるのか」ですが、それは国税庁の方針、各税務署の方針で違いますから一概には言えません。

住民税にも「配偶者控除」はありますから自治体側が「おかしい・怪しい」と思えば自治体によっても裏付け調査が行われるでしょう。

なお、受け取っているのが「報酬」ではなく「給与」ならば、上記の通り「給与支払報告書」によって自治体には簡単にバレます。(税務署にも一定条件以上のものは個別で調書が提出されます。だから「給与」ではなく「報酬」なんでしょうが。。)

とはいえ全ての脱税はいつ摘発されてもおかしくないので「バレません」などとは間違っても言えません。
店が摘発されてそのおまけでお伺いが来ないとも限りません。

--------------
ちなみに、本来は報酬が50万円を超えたら店側は一人ひとりの「支払調書」を税務署に提出しないといけないことになっています。

ただ、これはほとんど提出されていないか、提出されていても税務調査はほとんど行われていないのが実情でしょう。
でなければキャバ嬢の「無申告」が通るわけがないからです。

本来、キャバ嬢は「青色申告」でしっかり節税することが可能なので、申告したほうが「税金の還付」でかなりお得になるはずです。

つまり、税務署としては「源泉徴収」さえしっかり行われているなら損はないと考えているようにも思えます。(あくまで個人的見解です。)

ただ、この理屈は国税(所得税)だけのものなので、やはり住民税は無申告(未納付)状態です。
なぜ「地方税」の無申告状態が放置されているのか、詳しい人がいたら私も聞いてみたいです。

(参考)

『平成23年分給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引(平成23年9月)』http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hotei/tebiki2011/index.htm
『No.7411 「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm

『No.2807 ホステス等に支払う報酬・料金等 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2807.htm
『No.7431 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の提出範囲と提出枚数』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7431.htm

>住民税も所得税も払っていないのがほとんどですよね。

確定申告していない無申告者は多いでしょうが、店側が源泉徴収していれば「所得税」は間接的に払ってはいます。(その店が脱税していなければですが。)

住民税は「給与所得」ならば市区町村に(一人ひとり)「給与支払報告書」が提出されるのですが、キャバ嬢の場合は「給与所得」ではなく「報酬」でしょうから報告書も送られず、住民税は払っていないでしょう。

>妻がキャバクラで働いていた場合(年収150万以上)に、旦那が妻を配偶者として控除...続きを読む

Q福利厚生費の負担者は?

福利厚生費というのは、誰が負担しているものなのでしょうか?

私のアルバイト(キャバクラ)では、
給料(報酬)から5%を厚生費として天引きされます。
(このほかに税金も10%ひかれます。)
この業界では、どの店も、このようなシステムか、
1回出勤するごとに500円~1000円天引きなどです。
どっちにしろ、キャバクラ嬢から徴収しています。

ですが最近、商業簿記の勉強をしている際に、
福利厚生費勘定は、会社側の費用勘定であることを知りました。
ということは会社側が負担する費用だという事ですよね?

それなのに、どうして嬢は厚生費を徴収されているのですか?
私の店に限ったことではないので、
ぼったくりなどではなく正当な理由があるんだと思います。
嬢がお店の社員でない事と関係ありますか?
それとも単にお店の経費削減のために嬢から徴収してるだけですか?

曖昧な知識しか持ち合わせておらず、
自分ではよく分からないので、質問させていただきました。
詳しい方、知ってる方など居られましたらよろしくお願いします!

Aベストアンサー

そういう店でまともな経理が行われているわけがありません。だいたい、税金10%なんていうものもあり得ません。キャバ嬢の給料の源泉徴収の方法は、給与所得かホステス報酬のどちらかになりますが、給与所得なら支給金額によって違いますから一律ではありませんし、ホステス報酬の場合には一日当たり5千円を引いた額の10%が税金であって、支給額の10%ではありません。
キャバクラなんてたいていがまともに税金の申告もしていないところでしょうから、あなた方から税金名目で徴収したお金も税務署には納められていないと思ったほうが良いです。厚生費やら税金やらで引かれているのは単なる名目であって、実際にはそれらはすべて店の収入になっているでしょう(店長と経営者で山分け)。
なんなら、店長に「確定申告するので源泉徴収票をください」と聞いてみれば良いと思います。きっと嫌な顔をされて「ウチではそんなものは出していない」と言われると思います。もし発行してくれるようなら、税金の額を確認してみましょう。きっと10%ではないはずですよ。

>私の店に限ったことではないので、ぼったくりなどではなく正当な理由があるんだと思います。
どの店もボッタくっているだけです。厳密にはキャバ嬢も皆確定申告をしなければいけないんですが、たいていがしていないでしょう?ヘタに労基署や税務署に垂れ込めばかえって自分の非が表ざたになり、またその業界で働けなくなる、そういうやましいところがあるから誰も文句はいわないという流れになっているんだと思います。

そういう店でまともな経理が行われているわけがありません。だいたい、税金10%なんていうものもあり得ません。キャバ嬢の給料の源泉徴収の方法は、給与所得かホステス報酬のどちらかになりますが、給与所得なら支給金額によって違いますから一律ではありませんし、ホステス報酬の場合には一日当たり5千円を引いた額の10%が税金であって、支給額の10%ではありません。
キャバクラなんてたいていがまともに税金の申告もしていないところでしょうから、あなた方から税金名目で徴収したお金も税務署には納められ...続きを読む

Qキャバクラ、風俗で働いている女性は脱税で捕まらないの???

最近は多くの美人女性達がキャバクラや風俗で荒稼ぎしています
月に30万~100万も稼いでいる感じなのですが

なんと確定申告をしていないそうです
面倒臭いとか、やり方がわからないとか

これって脱税じゃないの?
年収1200万とかでも税金が引かれないってことですよね?


どうしてキャバや風俗の子は逮捕されないの?
昨日、キャバクラ労働組合とか作られてけど
その前に、脱税の方が問題なんじゃないの?

きっとキャバクラ、風俗の子達の税金はハンパないはずでは?

Aベストアンサー

>キャバクラ、風俗で働いている女性は脱税で捕まらないの???
 結構捕まってますけど…。
 良心的なお店なら、警察に連行された際の身元引受人等の準備や休業補償等の対応があります。

 まあ、いきなり逮捕連行されるのは店長くらいですが…。
 (その店が不法入国の外国人を使っている等の疑いが有れば別ですが…。)

 なお、私個人の経験ですが、サービス中に警察と税務署の共同踏込みに対面した事があります。
 (東京のK駅周辺の風俗店が現在一斉休業中なのは警察の当該地域の一斉撲滅月間の為)

 それと、水商売や風俗関連に従事する女性の殆どは「個人事業主」扱いです。
 (税務署に確定申告に行くと職業例に「風俗嬢」なんて書いて有るのを見た事があります。)

 そもそも、もし店が一括して税金を払っていたら、学生だったら扶養控除している親の元に、OLだったら会社(まあ二箇所から給与所得を貰った場合は、絶対に確定申告が必要ですが)に膨大な収入が水商売 or 風俗店から有る事が通知 or 認知されてしまいます。
 (税金や保険が著しく高騰し、扶養控除は適用外になりますから発覚する。)

 親や会社に水商売 or 風俗をやっている事が発覚しても構わないから、店に源泉徴収をしてくださいとお願いする女性がどれだけ居るでしょうか?
 (普通の店なら、女性の関係者に水商売 or 風俗に勤めている事をバレ無い様に最大限配慮する物です。ダミー会社を用意して、まるで女性が会社勤めしている風を装う所も…。)

 なお、キャバクラ労働組合設立の理由の一つに、女性に知識がない事(自分で確定申告をしなければ成らない)に漬け込んで、実際に払う心算の無い税金相当額を給与から天引きして、店側がネコババする事が乱発しているというのも有ります。

 なお、踏み込まれない為に、例え合法店(全ての女性がちゃんと税金を納めているかの認知は不可能に近いですから…。)であっても何らかの袖の下を警察等に渡しているなんて話があります。
 (逆に踏み込まれる所は、十分に渡していなかったので見せしめにされた。渡していた所は前もって、情報が伝わるのでそれに合わせて店を休業等に出来る。)

>キャバクラ、風俗で働いている女性は脱税で捕まらないの???
 結構捕まってますけど…。
 良心的なお店なら、警察に連行された際の身元引受人等の準備や休業補償等の対応があります。

 まあ、いきなり逮捕連行されるのは店長くらいですが…。
 (その店が不法入国の外国人を使っている等の疑いが有れば別ですが…。)

 なお、私個人の経験ですが、サービス中に警察と税務署の共同踏込みに対面した事があります。
 (東京のK駅周辺の風俗店が現在一斉休業中なのは警察の当該地域の一斉撲滅月間の為)
...続きを読む

Qお客さんの、上手なかわし方

水商売で、ホステスをやってるものです。

かなり、逃したら勿体ないお客さんに口説かれてます

その人の考え方は、期間関係なくフィーリングがあったら、セックスしあっても良いじゃないか主義の人

きっと他の店でも、そうやって女の子を口説き落としてたと思います。

私に同じように口説いてきて、今度電話で話してあった時は、絶対一線を越えようねと、言ってきます。

私達の仕事は、お店に通って来てくれてお金をつかってくれた人には、情からそうなる人もいると思います。

ママは、そのお客さんかなり、お金を落としてくれそうだし、私にゲットしてと言ってきますが、Hしなければ、間違いなく来なくなりそうです。

中には、生活かかってるので、身体で繋げて通わせる人もいますが、私はできれば、Hはしたく有りません。

その人からの、メールには、じゃあ、あった時は絶対、最後の一線を越えようね。きっとだよと、きましたが、まだ、返信してません。

どう、返信すれば良いでしょうか?

また、どうかわせば良いでしょうか?

アドバイスをお願いしますm(_ _)m

水商売で、ホステスをやってるものです。

かなり、逃したら勿体ないお客さんに口説かれてます

その人の考え方は、期間関係なくフィーリングがあったら、セックスしあっても良いじゃないか主義の人

きっと他の店でも、そうやって女の子を口説き落としてたと思います。

私に同じように口説いてきて、今度電話で話してあった時は、絶対一線を越えようねと、言ってきます。

私達の仕事は、お店に通って来てくれてお金をつかってくれた人には、情からそうなる人もいると思います。

ママは、そのお客...続きを読む

Aベストアンサー

ホステス歴はどれくらいですか?
お金を持ってる男の人は どこでもそうやって口説くんですかね
体の関係でお客とるの切ないと思いますよ
体の関係があるからずっと来てくれるという保証もないですし
関係がないからもう行かないとか そんなの男の勝手な言い分です。
性の相性が悪いからもういいやなんて言われたら、やられ損ですしね

ママさんはゲット=肉体関係なのかしら?
ママさんにそういう関係にはなりたくないって言ったらなんて答えるかしらね
そういう関係になってもらわなきゃ困る!なんて言うママさんだったら
さっさとやめた方がいい。
店の売り上げしか見てないママさんってことだもの。
店の売り上げにホステスが傷つこうが関係ないわってことだから。
そんなママさんじゃないことを願いますが・・・

ホステスってのは 疑似恋愛を提供する場でもあるの。
お客様を楽しませてあげる。楽しんでくれてお金を落としてくれる。
楽しませるってことは 自分も一緒に楽しんだ方がいいじゃない
だから一線を超えてしまうとあなたは楽しめない。逆に苦痛になるはずよ

ホステスさんだったら 笑いのメールでもなんでもいいの
『もぉいろんな女の子にそうやって口説いてるんでしょ~~!
私は何人目~?
でも 私結婚するまでは誰ともしないって決めてるの~♪』
みたいな。。。
『私と 一線超えたいなら~まぁ〇〇万くらい落としてよ~~♪
そんな価値はないけどねぇ (*´∇`*)』
とか、さらっと笑いで受け流せればいいですけどね (^^;
ホステス業も 経験が必要ですから(性のじゃないですよ)
いろんなお客さんが口説いてくるんですから それなりのさばきようってのが
自分で見えてくればいいですね。
絶対生活のためだろうが 体の関係だけはダメですよ!
自分の経験(夜の業界に5年いました)から回答させていただきました。   

ホステス歴はどれくらいですか?
お金を持ってる男の人は どこでもそうやって口説くんですかね
体の関係でお客とるの切ないと思いますよ
体の関係があるからずっと来てくれるという保証もないですし
関係がないからもう行かないとか そんなの男の勝手な言い分です。
性の相性が悪いからもういいやなんて言われたら、やられ損ですしね

ママさんはゲット=肉体関係なのかしら?
ママさんにそういう関係にはなりたくないって言ったらなんて答えるかしらね
そういう関係になってもらわなきゃ困る!なんて言うママさ...続きを読む

Qホステスが確定申告で記入してもよい経費は?

ホステスとして働いています。
各自確定申告するように、と言われて
「報酬、料金、契約金、及び賞金の支払調書」を受け取りました。
報酬の支払金額は100万円以下で、源泉徴収税額にも記載があります。
税理士を頼まず、自分で書類を作成して税務署に提出しようと思っています。
昼は会社に勤めていますので、年末調整で還付金を受け取りました。
ホステス報酬を確定申告しないと、追加で税金を請求されると思います。
携帯電話、ドレス、タクシー代など必要経費の控除が受けられるそうですが、
経費として認められる項目と、
報酬に対して何パーセント程度まで経費として計上して良いのか
教えていただけますでしょうか?

銀行引き落としで購入したり、
酔っていたときのタクシー代など、ほとんど領収書がありません。
過去に、領収書無しでも、計上して書類がとおったことがあります。
領収書無しで申告する際の注意点などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

経費は報酬に対しての上限など設定されていません。儲けがなくなるほど経費を使ってしまうこともないわけではないですし、それでもちゃんとした経費であれば認められます。

銀行の引き落としで購入したものに関しては銀行の通帳のコピーとか、カードの支払いの明細書などを持っていきましょう。タクシー代などは勤務表で電車のない時間になった証明などできないでしょうか。
日ごろお小遣い帳(帳簿ですね)をつけておいたほうがよろしいです。酔っ払っても次の日にはお酒ぬけてますよね。「いくらくらいだった(出来るだけ正確にお財布の中身を確認するようにしましょう)」と書いたものがあればかなり認めてもらえます。

電車の切符代とかいちいち領収書もらってられないですものね。
そういうのも「何月何日 どこからどこまでいくら」って書いたものを毎回残しておけば認めてもらえるものです。
ホステスさんだとエステとか美容院代とかも認めてもらえる可能性?があるように思います
とりあえず出せそうなものは全部だして、相手の出方を待ちましょう。

Qキャバクラで働いた時の確定申告等。

意味もわからず質問をします。
キャバクラなどで働いている人というのは、
お給料が手渡しだったりしますよね?
もらう金額の中から10~20%税金を引かれるようなのですが、
実際、確定申告(?)の時などはどのようにしているのでしょうか?
また、会社を退職した後の失業期間中で失業保険をもらう際、
キャバクラで働いていることというのはバイトとみなされるのでしょうか?

Aベストアンサー

事業主からの支払方法で、雇用契約を結んで給与として支払われる場合と、報酬で支払われる場合で、申告の方法が違います。

給与として支払われる場合。
毎月の給与から収入に応じた源泉税を引かれて、その年最後の給料で年末調整をして、所得税の精算がされますから、医療費控除などの所得控除の追加がなければ、確定申告の必要は有りません。

報酬として支払われる場合。
毎月の報酬から10・20%の源泉税が控除されます。
この場合は、自営業と同じ扱いになり、事業所得として、確定申告をして、所得税の精算をする必要が有ります。

事業所得は、収入から経費を引いた額になり、経費には、交通費や接待費なども含まれます。
なお、報酬として支払われた額は、事業主から支払調書を発行してもらえばわかりますが、事業主は支払調書を交付する義務がないので、貰えない場合もあります。
その場合は、自分で記録しておく必要があります。

失業保険の受給中にアルバイトでも収入がある場合は、職安に申告する必要があり、申告しないと不正受給となります。

Q男性に質問です。なぜキャバ嬢にはまるのか!?

夜の世界を全く知らないものです。
男性の方って、キャバ嬢とかホステスとかにはまる人多いじゃないですか。。。やっぱ、もてたい!とか思うからはまるんですか?
私には理解できないところなのですが…将来付き合った人がそうだったら…と、不安です。
あと、最近出回っているキャバ嬢攻略本みたいなのがあるんですけど、男性の方ってそういう本をめっちゃ買いたい!とか思うんですか?私には、やはり理解ができません。
キャバ嬢やホステス(夜のお仕事)に関心を持つ、男性のもてたい心理というかそういうものを教えてください!

Aベストアンサー

女性です、ごめんなさい。
前に男性にどうしてお金払ってキャバクラに行くの?と聞いたら、仕事の話を絶対に批判とかせずふーん、そうなのー、大変だねー。と親身(なフリでもいいそうです)に話を聞いてくれるから、と言っていました。
キャバ嬢もたくさんいるお客の仕事の話なんか本当にわかるわけもないけど、いいのだそうです。カウンセラー代わりでかつ可愛いし気も利くから癒されるのだそうです。
攻略本になにが書かれているかわからないけど、そういう本を買う人は1)本気になってしまい彼女にしたいと思っている 2)Hがしたくてゲーム感覚で攻略したい 3)お店でも話が出来ず浮いてしまいノウハウ本に頼っている
のどれかで女性と普通の付き合いができない人(ごめんなさい!)だと思うのであんまり気にする事はないと思います...

Q【確定申告】ホステス報酬の申告項目

現在、会社員として働いていますが、夜はホステスとしてクラブでもアルバイトしています。
会社からは源泉徴収票、クラブからは支払調書(区分はホステス報酬)をそれぞれ受取っており、
クラブからの支払調書は、支払金額:702,000円、源泉徴収税額:37,000円と記載されています。

ホステス報酬における所得税の考え方は、以下のように認識しており、
毎月、下記のとおりの税金が天引きされていました。
・(1日の手取り-5000円)×0.1

ですが、本日確認申告に行ったところ、
ホステス報酬が「雑所得」欄に入力され、「所得税として約2万円ほど追徴」するよう案内を受けました。
※必要書類を渡すように言われ、税務署の担当者の方が
 全て手続きしてくれました。
※平成19年度分の所得税の申告内容確認票Aで申告されています。


こちらのクチコミを見ているところ、
ホステス報酬は通常「事業所得」に該当するようですし、
前述のとおり、他の所得や給与とは税金の計算方法がことなるように思われます。
そのため、申告方法に誤りがあるのでは?と懸念しています。

ホステス報酬は本来、どの項目で申告すべきなのでしょうか?

以下を参考としてみましたが、どの項目で申告するかまではわからず、
訂正申告の際もスムーズですので、おわかりの方がいましたら
教えていただけるとうれしいです。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2807.htm
http://okwave.jp/qa2721947.html
http://okwave.jp/qa3818775.html

よろしくお願いします。

現在、会社員として働いていますが、夜はホステスとしてクラブでもアルバイトしています。
会社からは源泉徴収票、クラブからは支払調書(区分はホステス報酬)をそれぞれ受取っており、
クラブからの支払調書は、支払金額:702,000円、源泉徴収税額:37,000円と記載されています。

ホステス報酬における所得税の考え方は、以下のように認識しており、
毎月、下記のとおりの税金が天引きされていました。
・(1日の手取り-5000円)×0.1

ですが、本日確認申告に行ったところ、
ホステス報酬が「雑...続きを読む

Aベストアンサー

「雑所得」欄に入力され、「所得税として約2万円ほど追徴」するよう案内を受けました。

    税務署の担当者が 間違いです

 全て手続きしてくれました。
※平成19年度分の所得税の申告内容確認票Aで申告されています。
期限内訂正ができますので 申告書の控えを持って 税理士会が行う相談所などに行ってください 
ホステス報酬は事業所得です
経費 衣装代 タクシー代などの必要経費を集計していけば損益計算書が作れます。また今年青色申告の申請をすれば次の申告から65万円の控除が認められます http://www.dreamgate.gr.jp/fastnavi/tax/column/2008013101/
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング