『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

やすしきよしやオール阪神巨人、今いくよくるよ・・・など
昔のお笑い(漫才?)の方は
確かそれ専門の台本を作る方がいて
その人に書いてもらったものを
覚え練習して
舞台で披露していたと記憶していますが
今のお笑いの方たちは
みな自分たちで考えているように思えます。
時代の流れ(?)で今はそれぞれが
考えるようになったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

陣内智則さんは構成作家(元芸人)とでネタを組んでおられます。

チュートリアルは徳井さんがネタを組んで、福田さんは一切考えないそうです。ココリコのお二人がまだ漫才をしておられた頃、ネタを組んでおられたのは田中さん一人だったそうです。

最近はNSC等の専門学校的なところの出身者が多いです。そのようなところでは、何もかも全て自分でしなければならないので、「構成作家兼演者」みたいな方が多くなってしまう傾向があります。

こういった方々は学校で「警官と犯人でネタを作れ」などの授業が殆どだった為、シチュエーションネタには強いのですが、山口智光さんのような一芸に秀でた方は少ないようです。山口さんもNSC出身ですが、一芸の部分は若い頃、歌手を目指していた時に培ったものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

陣内さんは構成作家と組んでいるとは知りませんでした。
専門学校では自分でネタを作ることも学ぶため
作家なくともできてしまう人が多いんですね。
わかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/24 09:27

コンビの人達で結構どっちがネタを考えているとか一緒にファミレスだったりどっちかの家で考えていますと言ってる人いるから割合は分かんないけど多くの人達は自ら考えているでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
それが昔と違うなぁと思っています。

お礼日時:2006/08/24 09:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング