今現在のマンションは会社名義で借りているのですが、敷金は会社が払ってくれました。しかし、会社をやめてビルの管理会社から連絡があり、”個人の名義に変えるために契約の更新、改めて家賃の6ヶ月分のお金が必要となります”
と言われたのですが、また払わなければならないのですか?

A 回答 (3件)

 他の方の回答を拝見して誤答を訂正します。


 「礼金・仲介料等の必要はないようなので、その限り管理会社は良心的であると考えられます。」としましたが、「6ヶ月」という数字を見落としていましたので、保証金や敷金で6ヶ月という契約でもない限り、管理外者等は「良心的」ではなく「原則的」なり「普通」という感じです。
 この場合、今日の実務としては、敷金と前家賃相当額は支払うようになり、礼金と、できれば仲介料の半分を負けてもらうようお願いしてもいいと思います。でなければ引越しコストはかかりますが、やはり契約に関しての出費が新規と同様になるためです。
 お詫びして訂正します。
    • good
    • 0

会社を辞めた理由また現在の、その会社との関係によりますが、


契約の主体(法人から個人に)が代ることで契約の更新は必要です。
最初の契約の際の敷金は元の会社が出したものですから返還は当然のことだと思います。
六ヶ月ということは(敷2礼2前家賃1手数料1)ではないでしょうか?
今の部屋が気に入ってるなら別ですが、新しい部屋を借りるのと同じ金額かかるようです。引越代もかかるとは思いますが引越も検討しては。

また今の部屋が気に入っているのであれば、礼金や手数料をディスカウントを交渉してみては如何ですか?
今まで、家賃を滞納していなく問題を起こしていない賃借人であれば相談に乗ってくれるとは思いますよ。
    • good
    • 0

 当初支払の敷金は会社が支払い、この敷金は解約とともに会社に返還されるべきものなので、入居者が同じでも、借主という契約主体そのものが変わるため、そのマンションを、今度は借主となって継続的に使用するためには、敷金は預け入れなければならないでしょう。


 文面を拝見する限りでは、礼金・仲介料等の必要はないようなので、その限り管理会社は良心的であると考えられます。
 なお、退職された会社と貴方とは別の主体なので、「また支払う」ということに当たらないといわなければなりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング