ある日、丸いお玉を覗くとなぜか自分の顔が逆さまに映っていました。どうして顔が逆さまに映るんでしょうか?どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

わかりやすくモデルすると、


鏡を2枚、内側を向き合う形に直角に立てて、前から見ると、普通の鏡と左右が逆(つまり、「鏡映り」でなく、右手が右手として映ります。(自分の右手が「むかって左」にうつる)
これが上下もナナメもみんなそうなっている、と思えば、すべてが反対側に、ということになります。

反射望遠鏡はニュートン式、といわれるやつですね。レンズを使うのがケプラー式(倒立像)とガリレオ式(正立像)。「すばる」望遠鏡も、反射鏡です。
    • good
    • 0

丸いお玉の内側が凹面鏡と同じ働きをしているからです。



わかりやすく説明してくれているページがありましたので、ご参照ください。

参考URL:http://www.minaminippon.co.jp/nie/011125.htm
    • good
    • 0

これは、お玉の内側がレンズと同じになっているからです。


内側が適度に湾曲していて、自分から見て中心より反対側が、直角面にあたり
途中終点を通り交差するからです。
これと同じ原理のレンズが天体望遠鏡に利用されてます。
天体望遠鏡の「鏡」はカガミです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報