タイトルがあってないかもしれませんが。。
今年、60歳になる母が加入を考えています。
近々、手術をしなくてはならない体なのですが
そんな母でも、安心して入れる保険ってありますか?
保険の事は、よくわからないので宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず、どんな保障内容が必要かによると思います。


入院保障が必要だとか、死亡保障はどれくらい必要か。。。
しかし近々手術の予定ということであるので、
おそらく手術保障や入院保障の付加は期待できないかもしれません。
また、選べる保険の種類もかなり少ないと思います。

アリコの終身保険で無審査で80歳までの人が加入できる保険がありますが、
これは医療保障などはなく、死亡保障だけだったと思います。
しかし、ガン告知などを受けている場合は加入できないでしょう。
その他に養老保険や年金保険などもありますが、
年齢的に一時払い(一括払い)になるかもしれません。

生命保険に加入するには、疾病などが無い事が基本です。
極端に聞こえるかもしれませんが、加入時に風邪などや歯の治療などで
医者にかかってたり、健康診断の尿検査でたんぱく値がわずかに多い場合などでも
保険料が割増しになったりするなど、条件がつく事も少なくありません。
だからといって、医者に通ってるにも関わらず、その事を隠して加入すると
「告知義務違反」となり、契約が無効となってしまいます。

以上、あくまでも私の知ってる(?)限りの事ですので、
簡単なアドバイスとして受けとめてください。
(もしどこか間違ってる部分がありましたらどなたかフォロー願います;;)

生命保険の事はなかなか難しいので、知り合いの人などにベテランの外交員さんを
紹介してもらってはどうでしょうか。
あと保険会社の窓口でも親切に応対してくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
色々、あたってみようと思います。

お礼日時:2002/03/31 20:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60歳以上の生命保険の加入

私の父ですが、現在生命保険に加入しています。しかし、そこは死亡保障はしっかりしているのですが病気や怪我の保障があまりついていないようなのです。私にも自分の家庭がありますのであまり掛け金を支払えないということもありますが、60歳という年齢もあり少し心配なので、死亡保障は、小さくてもかまわないので病気(特にガン・心臓・脳卒中・糖尿病)・怪我を少しでも保障できるものを探しています。最近CMでアリコなどのシニア保険など目にしますがいかがなものでしょうか。友人には共済は年齢的に加入が楽だと教わりました。何か良いものがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

まず、お父さんの現在の保険がどういったものか良くわからないので内容を教えてください。
60歳の時点で死亡保障はしっかりしていると答えている事から、考えると現在加入の保険種類は単体の終身保険ではないかと思います。証券を見てください。
見直ししたい点は、医療を1日目から出るタイプにしたいのと、がんなどの保障も欲しいという2点ですね。
医療を見直す前提としては、まず元気であり5年以内の病歴ができればない事が大事です。現在の保険は払い済みにして保険料を払わず保障を残し、1日目からのがんと終身医療を用意する案はいかがですか?

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~haradafp/index.html

Q60代の保険加入について

60代の両親の保険加入について教えて下さい。
両親は、ガン保険にしか加入していません。
母親は一度ガンで入院・手術をした経験があります。
父親は、ガン以外の病気で入院・手術をした経験があります。

上記の条件で、ガン以外の病気・成人病(脳卒中など)になった時の保障がある保険に入ることはできるのでしょうか?
また、どの保険会社でこの条件で入れる保険があるでしょうか?

ホームページなど色々検索しても、よくわからない為、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。保険代理店のおやじです。
ご両親が入れる保険はありますが、保険料がバカ高い割りに給付金には制限があるので、これから保険に入ることはお勧めしません。
保険よりも間違いなく貯金が病気をしたときの助けになります。
お父様は幸いがん保険に加入されていますから、それで良いのではないでしょうか。

Q60歳の義理の両親の生命保険加入の件

60歳になる義理の両親が、2人とも生命保険に入っていないのが最近分かりました。傷害保険には入っているそうです。私自身は、社会人になった時最低限自分が亡くなった時の葬儀代をだせるくらいの保証の保険に加入しました。娘もできましたし早めに加入しておいて良かったと思っていたので、義理の両親が加入していないと聞いたときにはびっくりしました。特に理由はないようで、単に知識が無かったからのようでした。以前知人で、生命保険に加入していない父親が急に長期の入院をすることになってしまい、貯金も全て使い果たして資財も一部処理することになったという話を聞いたこともあり、今はとても元気で病気もほとんどしない両親ですが、将来もしものことがあったときに、お世話するのは私たちでありますし、金銭的な面でとても不安です。掛け金が高くても、これからでも加入はしてもらった方がいいと思っているのですがいかがでしょうか?また、加入する場合はどこの保険会社が良いでしょうか?アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

死亡保障:2~3百万くらい、貯金で対応できれば不要です。

普通の入院手術保障:日額1万円と言いたいところですが、高齢の方は高いので、日額5千円でいいと思います。(これも貯金があれば不要ですが、手術保障が助かるので、最小限の加入がよろしいかと。)

がん保障:なったら私財も処理する羽目になりかねないくらい、多額の医療費が要るので、優先して加入を。

60歳を回ったら、死亡保障は最小限にして、ガン保険だけ入っておけばどうでしょうか。(他の病気は、貯蓄で対応)

外資系カタカナ生保とか、損保系ひらがな生保とか何社か検討してみてください。

Q60歳から加入できる保険って?

来年60歳になる女性です。
今まで保険をかけていません。
これから入れる保険で、死亡時の保障は勿論、
病気が長引いた時のための医療保障(なるたけ早くに保険金が下りるもの)
が充実した保険ってありますか?

Aベストアンサー

こんばんは。
資料請求も積極的になさっているようですのでお分かりかと思いますが、やはり60代の方となると、死亡保障・疾病入院に関してはなかなか高額な保険料を必要としますね。
5~6年前に事故傷害を患ったのみで、現在持病がなく薬も飲まず通院も無いのでしたら、告知自体はどこの保険会社も問題はないと思われます。ですが、失礼ながらお母様の場合は年齢的に見て、一定額以上の保障を付けようをなさるなら、健康診断を必要とする場合が多いのではないでしょうか。

いずれにせよ、まだまだニーズに合った保険はありますので、じっくりご検討下さい。
特に疾病保障については、
◆入院日額・保障日数限度・長期入院への対応
◆手術保障の有無・保険金額・制限事項
◆介護保障・特定疾病特約などの付帯の有無・制限事項
◆終身か更新型か・更新の際に保障減額や特約消滅が無いか など
あたりを重点的に吟味なされば良いかと思います。

特定のコレ!という商品は個人的には断言したくありません。
保険はあくまでも加入者のニーズによって良し悪しがあると思いますので。
では、ご参考になれば幸いです。

(ちなみに、私もア○コはお勧めしかねます(ボソリ))

こんばんは。
資料請求も積極的になさっているようですのでお分かりかと思いますが、やはり60代の方となると、死亡保障・疾病入院に関してはなかなか高額な保険料を必要としますね。
5~6年前に事故傷害を患ったのみで、現在持病がなく薬も飲まず通院も無いのでしたら、告知自体はどこの保険会社も問題はないと思われます。ですが、失礼ながらお母様の場合は年齢的に見て、一定額以上の保障を付けようをなさるなら、健康診断を必要とする場合が多いのではないでしょうか。

いずれにせよ、まだまだニーズに...続きを読む

Q夫の生命保険保険等加入について(現在未加入、長文です)

結婚を機に今まで任意保険にまったく未加入だった
夫に保険に入ってもらおうかと考えましたが、現在
資産が5000万以上あるため、何かあったらこれで大
丈夫だろうといわれました。
ただ、このほとんどが株等なのと、現在持ち家がない事、
子供はいなく今後その予定がないので相続等を考えると
不安があります。

また、自分がパート勤めなので、夫が病気で働けな
くなったりしたときなど備え(入院や手術等は貯金で
十分カバーできるので健康保険の障害年金のような保険)
で、保険料が高額でなければ加入しても良いかなと夫は
言います。

一般的に考えてこれは何も保険に入らなくてもよい
状況なのでしょうか。また、もし入るとしたらどの
ような保険が適切でしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその分、生活保障原資としての資産は減少します。

相続については子供のあるなしに関係なく妻の場合、1億6000万までの夫の相続資産は非課税なので心配はないでしょうが、現状のような状況で保険を用意するとなれば、終身保険が良いと思われます。
掛け金は掛け捨て保険に比べて高いですが、これは将来の貯蓄的なものとして考えれば良いでしょう。介護に応用も可能です。
もし可能であれば、ガンなど高額な医療がかかる可能性があり資産を食い潰してしまいかねない病気に対する備えにもなる「特定疾病保障」型の終身保険のほうがより適合しているかと思います。
特定疾病保障(3大成人病保険)については各社とも扱っています。特約としての取り扱いや定期保険型しかなかったりと色々ですが、単品販売は外資系、損保系、通販系などで扱っています。商品については以下のURを参照して下さい。割高ではありますが、それだけの価値はあります。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/kazunasemi/insu/type/19.html
安いものなら加入してもよい、とご主人さんが言ってくれたのなら、損保の所得保障保険なども良いでしょう。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9620.htm
ご参考までに。

まず、死亡保障保険には絶対に加入しなければならない必然性は低いと思います。けれども、保険というのは「安心」を得る心情的なものでもあるので、あったほうがより望ましいは間違いありません。
有価証券は将来価値が不明なので、いざという時の生活保障としては確実性が欠けていますし、持ち家の維持には別途お金が必要なのも事実です。ローンを組んだ場合では死亡時にはローン残債が免除されるローン保険に加入するものなので(団信と呼ばれる)保険自体は必要ないですが、一括で払ったりするのであればその...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報