英語を勉強してもうかれこれ約20年ぐらい経とうとしています。しかし、どうしても英語表現が思いつかないとき、お世話になるのが和英辞典ですよね。ところが、和英辞典にでている表現を英会話学校の授業で使ってみると10個のうち9個はまず通じません。和英辞典でチェックした単語や表現は、英和辞典でも確認しないとダメだといわれていますが、そうなると何のために和英辞典が存在するのかと考えてしまいます。ちょっとした今の私の悩みになっています。
 そこで和英辞典の存在意義や、この文章を読んだ皆さんの感想を聞かせてください。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

多い 英語」に関するQ&A: 中国語でカバーされた日本の歌が多いのに驚きました。中国語でカバーされた英語の歌よりも多いのではないで

A 回答 (9件)

久しぶりに和英辞典を使い、英訳をしました。

結果は失敗!

enngel さんが立ち上げられたQ239283(by myself とfor myselfの使い方)にお答えするのに、「一人で」という言い方を和英辞典で調べました。もし和英辞典で「一人で」を調べなかったら、あのような疑問がなぜ生まれたのか私には判らなかったと思います。このご質問に関しては、恐れ入りますが、そちらの方をご覧下さい。

私は英語圏の国での生活が長いのですが、こちらに来てから英和辞典も和英辞典も使う事がありませんでした。なぜかという理由は、他の皆様の仰る通りです。上で申し上げましたように、和英辞典を使い失敗してしまいましたので、自分なりになぜそのような事になったか考えてみました。

他の回答者の皆様が仰られるように、日本語から英語、またその反対の方向に訳すには、なかなか難しいものがあります。私は英語を話す時は頭の中は英語環境になっています。また日本語を話す時は日本語環境にして考えています。話す時には、英語から日本語、また逆の流れで日本語から英語とあまり苦労しないで訳す(どちらかの言葉がわからない第3者の友人の為)ことができます。しかし文章にして書き出すと、すぱっといかない事があります。それは、英語圏と日本の文化の違いや物の感じ方や論理の違いがあるからだと思います。

このサイトの質問に回答する為に和訳をする際、日本語の単語をそれに該当する英単語に置き換えて訳して行くと、翻訳機で訳したような変な英文になります。だから、日本語の文意を理解し(第一段階)、頭の中を英語環境にして(第二段階)、英語で第一段階で把握した内容を考えて(第3段階)、取りあえず英語でその内容を書き出し(第4段階)、言葉の選択を考えながら何度か書き直し(第5段階)、そして文法を確認し(第6段階)、余裕があったら更に推敲し(第7段階)投稿します。日本語から英語に移行するのにこれだけの過程を一応経ています。

だから和英辞典から英文というように、上で申し上げましたような段階を経ないで日本語から一気に英語に持っていくとenngelさんが疑問に思われているような結果になるのだと思います。

私の印象ではenngelさんは、Dictionary とThesaurusを使い、英語好きが参加する教えて!gooのようなサイト(Forum)で英語の質問をされると、お悩みになられている状況を変える事ができるような気がします。

僭越ですが、同じような過程を経て英語を学習した者としてアドバイスさせて頂きます。

これからも一緒に英語を勉強しましょうね♪
    • good
    • 0

 


  何故通じないことが多いかということの、考えられる理由としては:
 
  1)通常の和英辞典は、会話用のためではなく、「文章」を作文する時のための語彙が出てくるのであり、そういう風に編集しているのだろうということが考えられます。(英会話学校や通常の会話では、「現在の特定的な口語表現」が出てくるので、通じないのだということです)。
 
  2)和英辞典は編纂するのに時間がかかり、また1で述べたように、文章から表現や単語と取って来るので、「現在的」でなくなるというのがあります。少し時間がずれると、口語では、廃れて来るということがあるのです。すたれていなくとも、あまり使わないので、すぐには分からないということが起こります。(また、編纂委員などが、古い英語に親しんでいるので、最近の口語が発想として出てこないで時代とずれるということもあります)。
 
  3)和英辞典のサンプル語は、おそらく編纂時点のかなりに広い分野の文章例からサンプルを取っているはずです。その結果、非常に一般的で標準的な英語の表現が出てくることになります。しかし、英会話学校などで教えている人は、おそらくそこまで教養はないと思われます。また、日本語と違い、「共通語」がないのが英語の実状だと思います。どこ地域の標準語とか、どういう社会階層の標準的言い回しなどはあるようですが、NHKで使う国定「共通語」のようなものは英語にはないのです。その結果、和英辞典で出てくる語彙や表現サンプルは、全体的には、実在しない言語のサンプルになっている可能性があります。こんなにたくさんの表現に通じているのは、英米人でも、よほど教養があるか、色々なことを知っている人で、そうでない、若者や、特定地域の標準語に、少し、学術的一般的言い回しを知っているという人がいる語学学校では通じないというのは、当然なのかも知れません。ネイティヴが、とか、教養あるアメリカ人の友人がとよく言う人がいますが、あまり当てになりません。それは、日本人で、どれだけ日本語の色々な表現を知っている人がいるか、ということを考えてみると分かります。言語はたいへん難しいのです。口語ばかり喋る若者には、文章での少し難しい表現は伝わらないというのは、別に英語に限らず、日本語でもそういうことがいえます。和英辞典では、口語を喋る若者の言葉を出すためにあるのではないというのがあります。
 
  4)和英辞典そのものに、努力すれば克服できた困難と、努力しても克服できない困難あるいは欠陥があります。前者は引いて出てくる言葉や表現の「水準」を揃える、あるいは水準に区別を付けるということで克服できます。また、日本語にあまり通じていない編纂者がいる結果、提示訳語に問題があるというか、間違っている場合があります。後者のどうしても克服できない欠陥は、全体の提示語彙や表現の水準や整合を取ることが原理的に不可能なために起こる結果です。つまり、100の語彙水準あるいは、整合水準が普通の英語使用者にあるとすると、辞書は、1000ぐらいの水準で、整合も、総合的、悪く言えば、出鱈目になっているのです。100の水準の人は、ある動詞は使い、ある名詞を使い、しかし、こういう動詞、名詞、言い回しは使わない、というのが普通なのですが、辞典は、それらも、全部、混ぜて出てきます。1000だというのは、そういう意味です。
 
  それと、日本語の表現に正確に対応する言葉や表現が英語には、原理的にないというのが決定的な困難の理由です。この言葉なら、この英語の動詞のはず、というのが出て来ないで、よく似たニュアンスだが、違う日本語の単語で引くと、その英語の言葉が出てくることがあります。辞書の大きさにもよるでしょうが、全部、表記して、用例説明する訳にはいかないので、連続したものを、どこかで切らねばならないので、ずれが出てきて、たくさん単語を引くと、ずれがもの凄く大きくなって来ます。日本語と英語と両方について、意味連続を、どこかで切って、或る程度恣意的な選択になるので、どうしようもなく問題が出てきます。
 
  5)和英辞典は、相当に英語ができる人が使用しないと、間違いだらけになります。日本語で引いてみると、ある訳語があるので、それを使ったところ、全然間違いだということがあります。英和辞典で、その単語を引いてみると、元の日本語に、自分が意図したのと違うニュアンスの意味があり、その意味の方向にずれた訳語が出ていたという場合があります。従って、よほど自信がない場合は、和英で引いて出てきた用例・単語は、全部、英和か英英で引いてみて、意図したような意味があるか、余計な意味はないか、確認しないといけません。
 
  和英で引いてみて、たくさんの単語が出てきて、意味的区別が簡単に記されていて、共に使う前置詞とか、節などの表示や、用例が出てくる和英辞典は割りにいい辞典で、これである程度見当がつけれますが、その場合でも、自信がない場合(つまり、自分の知っている表現で、記憶で出てこないものを和英で出すという場合は別として)、英和、英英で意味や用法の確認をしないといけません。
 
  6)日本語を英語で翻訳する場合、日本語原文に、こういう単語が使われていたので、それで和英を引いていると、全然違うことになることがあります。つまり、「形式的に」そういう表現があるという結果が、英和や英英でも出て来るのですが、実は、元の日本語の訳になっていない場合があります。これは、日本語の理解力の問題になります。原文は何を言いたいのか、という的確な把握を行わないと、適切な英語での表現も出てきません。
 
  わたしの経験では、和文英訳で、元の文章がすでに他者の造ったものとしてある場合でも、当然、「意味を汲み取って」訳すので、しかし、文章をそれらしくするため、勝手に、元の文章での表現にないものを入れたり、あるものを削ったりは、無用に行うのは控えます。というのは、よく日本語を読むと、「曖昧さ」が入っていることが非常に多いのです。日本語を書いた人が下手であるので、曖昧である場合と、上手なので曖昧な場合があります。どちらにしても、何か原文とは違うものにしないと、英米人の思考パターンに合致しないので、「分からない」ということになります。文化的な差異です。この場合、「分からない」人が、本当は、文化的多様性に対する教養がないのですが、普通は、文章の問題になります。
 
  日本人の英語は、外国語として学び、そのスタンダードな形を学ぶので、或る意味で、非常に標準的な綺麗な英語であることが多いのですが、そういう英語が分からない、口語的で無教養な人が結構多いのです。語学学校を経営していて、自分自身でも、英会話を教えていて、更に、翻訳者・通訳者の養成講座も教えている人がいましたが、その人の翻訳した和文英訳というのを見て、あきれたことがあります。確かに、口語的に、一見流暢な英語らしい表現になっていて、分かり易いのですが、原文の日本語は、まったくそんなことは書いていないからです。日本語として、そんなに難しい表現ではないのですが、英語にするのは、かなり難しい文章なのです。この場合、日本語の文章の意味がまったく分かっていなかったのです。単に、それを分かり易い英語の口語に変えただけで、英語として読むと、筋の通った文章になっているのですが、原文と較べると出鱈目だという例です。
 
  和英辞典を引かねばならないような場合は、元の日本語も、なかなか英語にならないのだと考えるのが必要でしょう。英語の発想と、その表現の意味空間は、日本語のそれとは、違っているのです。英語で思考していれば、通じない表現にはならないでしょう。しかし、和英辞典は、通じない日本語の発想を英語に直そうというので、最初から、通じない可能性が高いということです。あくまで、参照にすべきで、そこから、色々と英語の表現や単語を捜して行き、それらしい英語の表現を見つけるための中間の道具だとも云えます。単独では、使えないものですし、初心者が使えるものでもないと思います。
 
    • good
    • 0

和英の使い方、


忘れたスペルを見つける。
漢字を見つける(国語辞典が手元に無い時)。
会話の為なら、ほとんど使い道ないですね。
口語辞典の方がいいです。
結局、語学学習って母国語がいかにしっかりしているかと言う事だと
私は思ってますので、ニュアンスなどの解釈なんかには、和英辞典は登場します。
    • good
    • 1

質問者さんの悩み、わかる気がします。


折角調べたのに「それでは通じない・別の意味に取られる」「その単語では余計な誤解を生むから使わないほうがマシです」みたいに言われてしまうのでしょう?


すばり、
和英辞典は日本語の発想で、
英和時点は英語の発想で、
単語が整理されているから、合致しないんだと思いますよ。


例えてみるなら、『出勤前にすること』
聞いて、皆さんは、何を連想します?

Aさんは、と言えば、
まず目覚ましを止めて、カーテンを明け、パジャマを脱いで、下着を取り替えて、天気予報を見て、服を選んで、着て、髪を溶き、顔を洗い、朝飯はコンビ二のパンとおにぎりどっちにしようかなと考えること、
かも知れない。

Bさんは、出勤前にすること、と言ったら、
カーテンを閉め、朝刊・夕刊を隅々まで読んで、メークをしっかりやり、香水をつけ、子供の夜ご飯の用意をすること、
かも知れない。

・・・分かります?
AさんとBさんは同じ「出勤前」と言っても、
お勤め先や時間帯など事情が異なっているので、
発想が全然、共通しないのです。

和英辞典と英和辞典の互換性のなさも、
結局はそういう「発想の違い」から起こる現象だと、
私は思っています。

英語を母国語とするひとにはそのひとたちなりの、
「言葉の整理の仕方」「概念」「定義づけ」がある。
それは、日本語しか知らないものたちから見たら、

「え!!何でその意味とその意味が、一つの単語ですまされちゃうわけ??」
「え!!何でどうでも良いような言葉が1つですまされず、細かいニュアンスみたいなもので使い分けなきゃいけないわけ?」

と、疑問は果てしなく沸き起こるはずのもの。
それで当たり前だと思います。

だから、和英辞典と英和辞典は、少しでも誤解を避けたかったら、少しでも共通する概念を捜して、両方使わなきゃ意味が無い。

私は、そう思って、すごく楽しんで、使っています。
    • good
    • 0

私も皆さんと同じですね。


日本語を英訳する時は英和辞典を使います。
おかしいですか?

つまり、和英辞典で和単語に対する英単語の候補をいくつか拾います。
そして、そのひとつづつを英和辞典で調べて、一番しっくりくる単語を探すわけです。

先日も、歌の題「命のあさがお」を訳しましたが、「The Moning Glory of the life」では変ですよね?
で、「The Encouraging Moning Glory」と訳しました。
そんなもんじゃないですか?
    • good
    • 0

確かに和英辞典は全く知らない単語を引く場合はリスキーです。

欧米語同士ならある単語に対応する言葉があり比較的問題はないと思われます(それでも2割ぐらいのリスクは残るかも)日本語の場合は言語の系統が全く異なり背景にある文化も異なるので対応する正確な単語を選ぶためにはその英単語を正しく理解する必要があります。従って、度忘れしたとき、或いはヒントを求める時には非常に役立ちますが、全く知らない単語を単純に日本語→英語と決めてかかると誤訳だったり、ニュアンスが異なったりするでしょう。同じことは英語→日本語にも起こります。
例えばSpeakerは人と拡声器の二つの意味がありますね。one case of speakersを日本語初級の外人は「演説者入りの1個のケース」と翻訳する危険があります。

和英辞典の正しい使い方は、必ず英和辞典、英英辞典でその意味と用例を確認する事です。或いはおなじ意味を表す他の表現に変えて使うことです。
    • good
    • 0

まず、適当な英単語が思いつかなかったとき、どうしますか?


いきなり、英和辞典は引けませんよね。だから、そのまず第一歩として
和英辞典があるのだと思います。

英語と日本語とは、単語のレベルでも、文章のレベルでも一対一に
対応することは、ほとんどないと思います。ですから、和英辞典を
ひいても、すぐに適切な表現がみつかることは稀なのかもしれません。

また、和英辞典(英和辞典も)では、簡単な文章、それも書き言葉の文章
がのっていたり、シェークスピアや聖書など、名文から例文を取って来たりする
ことが多いので、なかなか口語体の文章にマッチしないのも当然でしょう。

とにかく、適当な英語が思いつかなかったら、和英辞典を引く。これは、
これで完結することではなく、よい表現を見つける第一歩だとかんがえれば、
和英辞典の意義は大きいと思います。
    • good
    • 0

私は和英辞典は手がかりをつかむためのものだと思っていますね。


自分の言いたい表現、イメージを表す英語の言葉が出てこないとき、和英がないと先に進みませんから。
和英も英和も結局一番近い表現を書いてあるだけなので、あくまで手がかりとしてしか使っていません。

最終的には英英辞典とweb searchでの用例に頼っています。

もちろん固有名詞などは英和/和英は非常に重宝しますが。
英英辞典での、例えば動物の説明などはほとんどなぞなぞみたいな物ですから(笑)
病気の名前などのテクニカルターム(うーん。和製英語に近いなこの言葉も)もそうですね。

そう言えば私の持っている和英(ジーニアス)は、和英のなかに英和が入っています。(和英で示した単語の英和がその下に載っている)
すこし便利ですね。
和英を手がかりとして、普段は英英辞典を使われることをお薦めします。
英和は固有名詞/テクニカルタームのために使います。

では。
    • good
    • 0

私の場合は、CD-ROM版の英和辞典を検索して、日本語に対応する英語を調べています。


和英辞典の存在意義は、このような使い方では調べきれない日本独自のものの英語表現を知ることだと思っています。
なぜ通じないことが多いのか? の直接の回答にはなりませんが、ご参考となさってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英和辞典、和英辞典を買い換えたい

現在、プロシードの英和・和英を使っていますが、随分前に買った(まだ福武書店と言う名だった頃の)ものなので、語彙数や用例などに物足りなさを感じるようになりました。
そこで、買い換えるとしてお勧めの辞典があれば教えて頂きたいのですが、要望としては以下のような感じです。

(1)持ち運びがしやすいこと(ポケット辞典か中辞典まで)
(2)語彙や用例が豊富で、且つ、ある分野に突出していると言うことが無く、万遍無く載っている教養的な内容のもの
(3)大学生以上の複数の人間が使う
(4)可能ならば、図などの掲載も豊富なもの

出来れば、その辞典の長所と短所を併せて教えて頂けると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 スーパーアンカーという辞書が用例や類語等の説明など、適切かと思います。分かりやすい、という意味ではお勧めです。
 大学生でも、発見・納得できる内容があると思います。書店でチェックしてみてください。
 大学生以上をターゲットにした、持ち運び便利な辞書ということになると、図などが無いものがほとんどだと思います。
 電子辞書も、図は無く、例文も少ないのでは・・・。
 プロシードは、中学生から高校初級程度の辞書だと思います。
 

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q英和和英辞典

中学生向きじゃ物足りないし、一般向けじゃ字が小さい!
電子辞書は持っていますがスクロールしないと全部がみえない。
英会話中級向けの文字の大きい英和和英辞典のお勧めありますか?
わがままなことですが・・・お願いします。

Aベストアンサー

昔使ったのですが、研究社「簡約英和辞典」「簡約和英辞典」といのがあり、文字が大きかったような記憶があります。現在は絶版のようですが、古書店にならあるかもしれません。

富士通の「スーパー統合辞書」の中に入っている「新英和中辞典」「新和英中辞典」は、スクロールしないで見ることができると思います。

紙版、CD-ROM版とも出版社に直接照会されるのも一案かと思います。

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Q電子英和・和英辞典の選び方

分かりやすい電子英和/和英辞典を探しています。以前アメリカ人の英語の先生に英語の意味を日本語訳したものは実際よくない訳が多いと言われ使用禁止令が出ていたのですが・・・とっさに調べたい時、それに近い表現の訳でいいから知りたいなぁということでとっても欲しいです。そんなにお小遣いないので高いものは買えませんが使い勝手の良かったものや活躍してるものがあったら是非教えてください。予算は・・・・ん~1万以下で。

Aベストアンサー

絶対、後悔させませんので騙されたと思って(親に借金してもいいですから?)
SONYのRE-10のような語数の多い電子辞書を買いましょう(最近新しいのが出たらしい?)。
でも、高いです。37,000円くらいします。

別にプロになろうという訳でもないのに、と思うかもしれませんが
私は逆に素人だからこそ良い辞書が必要なのだと思います。
どんなプロの翻訳家でも辞書に意味が載っていなければ文を訳すことができません。
もし、"qyhdiq"なんて単語(今、自分で作りました ^_^;)があったとして、
I have a qyhdiq. と書かれていても意味が辞書に載っていなければ
「私は何かを一つ持っている」程度しか訳せません。
「何かって何?」って訊いても「知らない」と答えるでしょうね、
作った私だって知らないんですから(^^ゞ。
単語を検索して見つからなかったときの悲しさ…1,2回ならいいんですが
連続で5回くらいあると「もう勉強やめようかな」って思いますものね。
私が一番危惧しているのはその点です。
piggieさんにはそんな簡単な理由で英語を諦めてほしくないです。
私が今でも英語を諦めずにいられるのはこの辞書のお陰だと思っています。

中途半端な機種を買えば、将来「もっといいの欲しいな、でもこれ捨てるのももったいないし…」
みたいなジレンマに陥ることになるでしょう。
中級機を次から次へとはしごしている人もたまにいます。
しかし正直な話、中級機を10台(いや100台)買ってもこれ1台にはかなわないと思います。
将来、英語が出来るようになればその2~3万円の差なんてすぐ元を取ってしまうでしょう。
…というより知識というのはもともとお金には換えられませんね?
自己投資と思えば安いと思いますよ。

この辞書の欠点は他の製品に比べると少し大きいことと
8インチのCD-ROMになっているせいか、時々動作しないときがあります(私のだけ?)。
そしてもちろん、値段が少し高いですね。

利点は52万語も登録されているという点です(内訳は忘れました)。
他の機種は5万語、9万語、せいぜい14万語でしょ?
他の利点は8インチのCD-ROMになっているお陰で、新しいヴァージョンが出れば
本体はそのままでその8インチのCD-ROMだけ新しいのを買えばいいことです。
そして、DDWinとEBEditというソフトをどこかから拾ってくれば
パソコンにも載せることも出来ます(これが一番の利点かな?)。
それとアダプターが標準で装備されていますので家で使うときは電池は要りません。

ちなみに、azatozawaさんに反論するようで申し訳ないですが、紙の辞書はよほどのことがない限り、お奨めできません。逆引きなどは紙の辞書では逆立ちしてもできない芸当だからです。電子計算機があるこの世の中でそろばんで√1829を計算しないですよね(私も紙の英英辞書はたまに使いますけど)。

取り敢えず、店頭で試してみてください。中古がどこかにあればいいんですけどねぇ。
他にもっと良い(語数が多く使いやすい)製品があれば、当然それで良いでしょう。
騙されたと思って(騙してないですけど)、お試しあれ。では。

絶対、後悔させませんので騙されたと思って(親に借金してもいいですから?)
SONYのRE-10のような語数の多い電子辞書を買いましょう(最近新しいのが出たらしい?)。
でも、高いです。37,000円くらいします。

別にプロになろうという訳でもないのに、と思うかもしれませんが
私は逆に素人だからこそ良い辞書が必要なのだと思います。
どんなプロの翻訳家でも辞書に意味が載っていなければ文を訳すことができません。
もし、"qyhdiq"なんて単語(今、自分で作りました ^_^;)があったとして、
I have a qyhdiq. ...続きを読む

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q紙の英和、和英辞典を使うことは実力UPにつながる?

高校2年生です。

この間、先生から、英語を伸ばしたいなら紙の辞書を使え!と言われ、文系で、英語に強くなりたい私は、2週間ほど紙の辞書を使って、予習(英作や日本語訳)をしています。

けれど、辞書を引くこと自体に異常に時間がかかり、分からない単語も多いので、電子辞書よりも時間がかかり、その割に、調べる内容に差はないので、効率が悪いのではないかと思い、使い続けるか迷っています。

紙の辞書を使うことのメリットとはなんなのでしょうか??
その際に、意識しておいた方がいいことは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

英語に限らず、電子辞書に比べて紙の辞書の方が力が付くと思います。
確かに最初は慣れなくて時間が掛かるかもしれませんが、慣れればそんなことは気にならなくなります。それは別に辞書を引くことに限りません。今の時代、何でも「簡単だから」と楽をし過ぎている気がします。多少の苦労をすることで、実はプラスアルファが得られるということは結構あるものです。

紙の辞書を使うメリット
(1)自分が見ようとした以外の情報も目に入ってくる
電子辞書であれば、自分が調べようと思ったことが最初の欄に載っていたらそれで完結です。でも、紙の辞書は例文だったり、違う用法だったり、あるいは違う単語に目が行ったりと、自分が調べようと思わないことが目に入ってきます。これがプラスアルファの効果です。
(2)書き込むことができる
人間は一度くらいでは完全には記憶できないものです。何度も辞書を引いたのに、また引くということはよくあることです。紙の辞書であれば一度調べた単語に何かマーキングをして、2度目、3度目とその都度違うマーキングをすると、自分が何度も調べたことがわかります。自分は前にもその単語を調べたのに、覚えてないんだと自覚できます。そういうことって、外国語を勉強する上ではとても大事なことだと思います。でも、今のところ電子辞書ではそういうことはできないはずです。
(3)苦労することに意味がある
紙の辞書は確かに面倒です。でも面倒な思いをして苦労した方が、人間の記憶には定着するものです。

個人的には、語学学習における電子辞書は中級者以上にこそ有用なツールだと思います。

英語に限らず、電子辞書に比べて紙の辞書の方が力が付くと思います。
確かに最初は慣れなくて時間が掛かるかもしれませんが、慣れればそんなことは気にならなくなります。それは別に辞書を引くことに限りません。今の時代、何でも「簡単だから」と楽をし過ぎている気がします。多少の苦労をすることで、実はプラスアルファが得られるということは結構あるものです。

紙の辞書を使うメリット
(1)自分が見ようとした以外の情報も目に入ってくる
電子辞書であれば、自分が調べようと思ったことが最初の欄に載ってい...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Qカレッジライトハウスの英和辞典と和英辞典って今はもうないのですか?

姉が大学時代に使っていてなかなか良かったと言っていた
カレッジライトハウスの英和辞典と和英辞典なのですが、本屋さんでも
見かけないし、ネットでも新品はほとんどなく、中古品ばかりです。
今は、絶版になってしまっているのでしょうか?

Aベストアンサー

絶版の可能性が高いですね。
ちなみに当方は、とある古書店にて和英の方を偶然購入することができました。
いい辞書ですね。囲み記事や写真も多く、英作文では、よく参照させてもらっています。
時々、古書店にでむくと、最新版を含め、思わぬ掘り出し物に遭遇することがあります。
http://webshop.kenkyusha.co.jp/genre/genre0401_1.html
http://webshop.kenkyusha.co.jp/genre/genre0402_1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報