植物組織培養において、褐変化を防ぐ事例としてどのような例があるのでしょうか。植物種によって違いがあるとは思いますが、どのような植物で何が原因だから、こうするというような例を教えていただけないでしょうか。
特に、単子葉植物での事例を教えてください。双子葉植物でもかまいません。
お願いします。

A 回答 (1件)

この質問にはなかなか回答が出ないのではないでしょうか。


なぜなら、携わっている人でないと分からないし、直接いわゆる商売になる技術なので特許までは
いかないまでも、ノウハウのかたまりを公開してもらえるか?

googleでキーワードを 褐変 培養 をベースに 原因 科 対策 OR 防止 などの言葉を追加して検索し
丁寧に各サイトを見て下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物組織培養をやっている会社

私は、大学院農学研究科に属し、植物組織培養を専攻しています。来年度卒業で、就職活動をしています。そこで、植物組織培養のできる会社を探しているのですが、ご存知の方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

植物組織培養を行うことで、最終的にどうしたいのかを考えてみてはいかがでしょうか。

植物組織培養をして、植物のメカニズムを解明したいのであれば、それなりの研究所や独立行政法人、大学付属の研究所となります。
また、組織培養をルーチンな実験作業として行いたいのであれば、種苗会社や園芸会社(品種改良や蘭などの花の繁殖)で行うことが出来ます。
それ以外に、組織培養を行ってその植物に特有の成分を取り出し、薬に配合するのは製薬会社や製薬会社にその素材を提供する私設の研究所があります。
その他にも、ある建設会社ではバイオマス(生物資源)の有益保存ということで植物の品種改良や、絶滅危惧種の桜の組織培養による繁殖など行っています。

結局のところ、植物組織培養で何がしたいのか、植物組織培養だけ出来ればいいのか、それを見つけてから合致する先を見つけていけばいいのではないかと思います。

Q菊の新種の組織培養

最近日本で、菊の組織培養の新種が出来た、という話を聞いたのですが。どなたかご存知の方おりましたら、新種の名前や扱っている会社を教えてもらえますか?

Aベストアンサー

最近でなくても、研究レベルでは各都道府県の農業試験場で取り組んでおり、新品種も結構作出されています。
また、民間レベルでは新品種の作出のほか、ウイルスフリー(ウイルスに感染していない)苗の大量増殖のため、組織培養技術を利用しているところが多いです。

「菊 新品種 組織培養」で検索するといろいろ出てきます。

一例:広島県立農業技術センター
http://www.affrc.go.jp/ja/db/seika/data_cgk/h11/yasai/cgk99271.html

Q種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい あとそれぞれの植物で代表的

種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい
あとそれぞれの植物で代表的な植物ってなにがありますか?

Aベストアンサー

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イチョウなどです。

被子植物は、胚珠が心皮にくるまれて子房の中に存在する植物です。他の動物を利用して受粉する種が多く、めしべの先端についた花粉が受粉管を延ばして受精します。果実を作って種を運ばせることもします。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
広葉樹、草などの多くの種。

さらに光合成のタイプによってC3、C4、CAM植物といった分類があります。

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イ...続きを読む

Qランの子房培養(器外器官培養)の現状について

 こんにちは、いつもお世話になっております。私はランを趣味で栽培し、無菌播種等も行っているのですが以前からずっと疑問に思うことがあります。
 それは、以前『ラン科植物の種子形成と無菌培養』という古い本でランの花の花柄の一部分のみを無菌の培養液に浸し、花そのものは培養器外に出して種子を養成するという子房培養(器外器官培養)という方法を知りましたが以後いろいろなランや培養関連の本を読みましたがその方法が紹介されているのを見る事はありませんでした。メリクロンという方法が普及した現在では主に親株を弱らせないという利点しかないためあまり器官器外培養というのは普及しなかったのだろうかと思ったりもしたのですが現状を示す資料もみつからずあまり分かりませんでした。
 この方法の現状や実際行われた方がおられたらどのような些細な情報でもお教え願えないでしょうか。
 今度、実際に試そうと考えて居りますのでご回答賜れれば幸いでございます。

Aベストアンサー

おそらく想像ですが、ウイルス羅病が問題になっていた時の、模索していた時の一方法ではないでしょうか。
貴方の書かれた手法は下記URLの事だと思います。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000057560/
注目する点は、左上に近い所に書いてある、Vol.18(19660901)です。
この数字の1966は年数に見えませんか? 0901は通し番号か、09月01日かもしれません。

一方メリクロン技術はいつ開発され広まったかですが・・・
参考URLを参照してください。
これを見ると開発は1960年となっており、公開が1966年、日本での成功は1968年となっています。
Web上で見たように思いますが、ヨーロッパで当時の価格としては廉価に売られているランを見て、日本の関係者にとっては驚愕的な事だったようです。
どこで、どのようにして?と、探したようですが、そのときは秘密だったようです。

ですから、書かれた方法は隙間の期間で実施された、増やす方法の一つとしてと思います。
ただ、最初に書いたURLでは、実を順調に大きくして、種も充実させる事が主眼のように思えます。
共に増やす方法ですが、結果は違うと思います。
片方は名前のとおり、クローン・・・コピーをどんどん増やしますが、もう一方は種子という、世代の異なる物を介しますので、親からブレてくる可能性が高いと思います。

参考URL:http://www.cymbi-mogami.co.jp/mericlone.htm

おそらく想像ですが、ウイルス羅病が問題になっていた時の、模索していた時の一方法ではないでしょうか。
貴方の書かれた手法は下記URLの事だと思います。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000057560/
注目する点は、左上に近い所に書いてある、Vol.18(19660901)です。
この数字の1966は年数に見えませんか? 0901は通し番号か、09月01日かもしれません。

一方メリクロン技術はいつ開発され広まったかですが・・・
参考URLを参照してください。
これを見ると開発は1960年となっており、公開が1966年、日本...続きを読む

Q差し木が可能な植物と、そうでない植物の違い

表題どおりなのですが、何か見分ける方法はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 通りすがりで済みません。
 #3様に済みませんが、針葉樹も大抵挿し木できます。
活着のしやすさは 樹種のみならず、品種ででも異なりますが、
「不可」のレッテルを貼られた物は 特にお聞きしていません。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140205/201402050912_21906.shtml
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11100392511
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1359326303
 身勝手ですが、小花粉樹種のクローン(挿し木苗)に期待します・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報