人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんにちは。
30年くらい前の話になりますが,小学生の頃確か13階段と言っていた遊びがありました。
地方によっては,けんけんぱと言うのかもしれません。路地にチョークで長方形を書き,縦に二等分して横に6つ線を引き14個のますを作ります。(記憶が曖昧です)左の一番遠くのますは休みだったと思います。石を用意して一番手前の右列のますに石を入れ,ケンケンして一周するような遊びだったと思います。無事1周できたら後ろ向きに頭越しに石をますに投げ入れ,入ったますが自分のますになるような・・・確か温泉マークのような絵を描いた気もします。
このような遊びをしていた方,13階段(今考えると少し不気味な名前ですが・・・)というような名前(他の呼び方)や地域性があるのでしょうが,ルールを知りたいのです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あー、懐かしいです。



かれこれ35年以上前、東京下町の小学生の頃、近所の子達とよくやっていました。
私達の間では「温泉つくり」というネーミングでした。

ます目の作り方は同じですが、8~10ますだったように記憶しています。休みのますの場所はご記憶の通りです。

一人一つづつ石を用意して、一番手前の右列のますに石を投げ入れ、ます目の中をケンケンで進みます。
自分の石があるます目は石を取ってから入ります。
休みのますは両足ついてOK。
無事左側の一番手前のます目まで戻ってこられたら、ケンケンでます全体を一周。それもクリアできたら、ご記術の通り後ろ向きに石を投げ、入ったところが自分の温泉になります。温泉マークも描きました。

次の自分の番がきたら、二つ目のます、次は三つ目・・・というように石を投げ入れるますがだんだん遠くなっていきます。
自分の温泉のますには両足で入ってもOKですが、人のますは飛び越えなくてはなりません。
ケンケンの途中で両足をついたり、入ってはいけないます目に入ったり、目当てのます目にうまく石を投げ入れられなかったり、自分の石を取り忘れたりしたらOUTです。

ルールは概ねこんな感じでした。

ただこの遊びは小学校の校庭などでやった記憶はなく、近所の路地で近所の子ども達とやっていました。
学年もさまざまでしたので、小さい子にはそれなりの配慮をして、OUTのルールを少し緩めたりしていました。
今思えばこんな遊びから気配りや思いやりなどを学んだのかもしれません。
のんびりした良い時代でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
早速回答を寄せてくださりとてもうれしいです。共感?してくださる人がいて。そういえばケンケンの2週目もありましたっけ?そんな気もしますが・・・それから2週目の石は,まず,手に握って,それを軽く放り投げて,手の甲にうまく乗せることができたら回ったのかも。shido516さんがおっしゃるとおり,近所の路地ですよね。やっぱり。今こんな光景全く見ませんね。寂しい限りです。毎日どろどろになって遊び回っていた頃が懐かしいです。
とにかく,お答えありがとうございました。うれしかったです。

お礼日時:2006/08/24 20:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qケンケンパ(ケンパ、石蹴り)のルールを教えてください。

地方によって呼び名も細かいルールも異なるでしょうが、ケンケンパ・ケンパ・石蹴り、と呼ばれる遊びのルールを教えてください。

地面に枠を引いて、そこに石を投げ(蹴り)入れ、片足跳び(ケンケン)を使う遊びです。

私が知っているものは、地面に案山子風の絵を書いて、
足を3マス、腕と胸で左右に3マス、
首1マス、顔に大きい丸で1マス、
山笠に大きい三角で1マス、
を描いていたような・・・

あとはうろ覚えですが、
・複数人で遊ぶ
・各マスを片足跳びで進まなくてはならない
・他人の石が入っているマスは飛び越えなくてはならない
・自分の石が入っているマスは入ってもいい
・案山子の腕だけは左右同時に両足をついてもいい
・片足飛びで山笠まで行って帰ってくる
・片足飛びしながら、自分の石を蹴ってマスを進める?
だったような気がします。
他の遊びとごっちゃになってるかも・・・

Aベストアンサー

racoon_asiaさんが書いておられるのは
私はケンパ、石蹴り遊びの中の一種の「案山子」として覚えています。
ちなみに大阪です。

「案山子」に限定してル-ルを書きますが

>山笠に大きい三角で

は、私も三角を左右二つに分けて2マスでやってました。
だから手前(かかしの足元)から順に

ケン・ケン・ケン(足3マス)
パ・パ(腕と胸の左右を反復横飛びみたいに)
ケン(首)
ケン(顔)
パ(笠)
 ↓ (パのまま飛んで180度反転して)
パ(笠)

で、足元まで同様に戻ります。


全員1往復出来たら、石をまず一番手前のマスに投げ入れます。
石をマス内に入れられなかったら、次の番まで待ってもう一度飛び直しです。
石が入っているマスは踏んではいけません。
復路で自分の石の1つ手前のマスで止まり(ケンのマスなら当然片足のまま)、
それを拾って(石があったマスはやっぱり飛ばして)
ゴールします。
また全員終わったら、次のマスに石を投げ入れ、同様にやります。
もし、石のあるマスを踏んだり、ケンのマスで両足ついてしまったら失敗。
石を次に進めることが出来ないので、もう一度です。
胸と腕のマスは、左・右・まん中、どこから石を入れてもOK。
そうやって続けて行って、一番最初に全マス制覇した人が勝ち。

各人の進み方によっては、足3マス全部石が入っていたりするので
その場合はいきなり「腕&胸マス」に飛ばなければならなかったり、
「腕&胸」の3マスすべてに石があれば「足」から「首」に飛ぶし、
「顔」と「首」に入っていたら「腕&胸」から「笠」に飛ぶ、という
状況も生まれます。

ちょっとうろ覚えですが大体こんなルールでやっていたと思います(^_^;)

ただ、

>片足飛びしながら、自分の石を蹴ってマスを進める

というのと、あと石を投げ入れる方法が「後ろ向き」だったような気もします。

racoon_asiaさんが書いておられるのは
私はケンパ、石蹴り遊びの中の一種の「案山子」として覚えています。
ちなみに大阪です。

「案山子」に限定してル-ルを書きますが

>山笠に大きい三角で

は、私も三角を左右二つに分けて2マスでやってました。
だから手前(かかしの足元)から順に

ケン・ケン・ケン(足3マス)
パ・パ(腕と胸の左右を反復横飛びみたいに)
ケン(首)
ケン(顔)
パ(笠)
 ↓ (パのまま飛んで180度反転して)
パ(笠)

で、足元まで同様に戻ります。


全員...続きを読む


人気Q&Aランキング