自分は将来パイロットになりたいのですが、視力が悪いです。レイザー手術などで視力を治せば大丈夫なのでしょうか?又、現在21歳の無職ですが、どういった大学、もしくは学校に行くのが一番可能性が開けていますか?教えてください。

A 回答 (3件)

いくつか情報があります。

ご参考までに・・・。
独立行政法人 航空大学校
http://www.kouku-dai.ac.jp/
防衛庁航空幕僚監部
http://www.jda.go.jp/jasdf/saiyo/kougaku.htm
アメリカ航空会社のボーイング747セカンドオフィサーのページ
http://www.nets.ne.jp/~NWpilot/
Air Flite Japan
http://www.afj.co.jp/main.html
オーストラリアへの航空留学のページ
http://www.aeroscapeweb.com/
パイロットへの道・学校の選び方
http://www.asahi-net.or.jp/~FN4M-YMMT/index.htm
エアソニックが開催するパイロットライセンス取得コース
http://www.airsonic.com/license.html
アークEFI航空情報センター リンク集 人材・就職・採用情報(日本)
http://www.arknext.com/link/per/012ja.html
    • good
    • 0

以前パイロットを心ざし、今でもいつか免許をとりたいと思いつづけているものです。



どれぐらい視力が悪いのかわかりませんが、最近規制がちょっと緩和されて「裸眼視力が0.1以上で矯正視力が1.0」というのを聞いたことがあります。これ以上悪いとそれこそ視力を回復させるトレーニングをうけるしかないかも。。。

パイロットの免許とはいっても様々な種類があります。個人で飛ぶだけのライセンスから貨物などを運ぶ事業用ライセンス、人をのせて飛ぶ商業ライセンスなどです。

仕事として、というなら事業用か航空会社にはいることになります。事業用なら普通の航空免許をとる学校で免許をとってそのあとどこか仕事先を見つけるルートでOKでしょう。

航空会社に入って人を乗せてとぶには一般の飛行学校で資格とっただけではかなーーり厳しいものがあります。一番確実なのは「航空大学」にいくことでしょう。学校卒業したらかなりの確立で航空会社に入ってパイロットになれます。一般に資格とっても別に航空会社にはいるのは「不可能」ではありません。めちゃくちゃ門が狭いだけです。ジャンボのパイロットとかはほぼ不可能でしょうが・・・ ただ航空会社では独自の基準でさらに厳しい視力を求められます。

プロのパイロットになって人を乗せてとびたいなら航空大学が一番てっとり早いということで、、あとは事業用のライセンスをとって訓練をつみ、その後なんとか航空会社に転職するという手でしょうか?

雑誌なら月刊の「AIRLINE」などを買えばかなりの数の飛行学校の広告などがでていますし、情報もあつまるでしょう。あとはネットでもたくさんしらべれますよ。
    • good
    • 0

日本国内では少なくとも旅客機がらみの免許はレーシックなどの角膜を手術して


矯正したものには現在のところは与えられません。
また、いわゆるビン底メガネのような強い矯正をしなくては基準視力に達しない眼
にも免許は出ません。 海外で免許を獲って日本で書換えられて使えるものなら
そういう途もあるでしょう。 あとは規制緩和でも待つしかないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ