(1)遺言書は検認してもらうにはどうするのですか?
(2)検認前に封を開けると無効と言われましたが、もともと封に入っていない場合は無効なのですか。
もし、もともと入っていなかった場合でも有効ならば、封に入っていて開けてしまっても入ってなかったといえば有効ですか。
(3)法律上の権利ではなく、一般的に、相続人が兄弟2人の場合、墓守及び親戚づきあいを行う方は、全体の何%ぐらいもらっているのか、ご意見や経験談を教えてください。

A 回答 (2件)

>(1)遺言書は検認してもらうにはどうするのですか?


家庭裁判所に申立します。もっとも、公正証書による遺言なら必要ありません。

>(2)検認前に封を開けると無効と言われましたが、もともと封に入っていない場合は無効なのですか。
そのような規定がありませんので必ず無効とはなりませんが、争えば無効となり得る可能性があります。なお、開封後であっても家庭裁判所で検認を受けることができます。検認は有効か無効かを判断するのではなく、偽造や変造を防止するためだけです。

(3)法律上の権利ではなく、一般的に、相続人が兄弟2人の場合、墓守及び親戚づきあいを行う方は、全体の何%ぐらいもらっているのか、ご意見や経験談を教えてください。
各地域や地方によってさまざまと思います。
    • good
    • 0

遺言書の検認手続については下記HP(どこのHPかは確認できませんが、go.jpとなっているので公的機関と思われます)を参考にしてください。



具体的手続は、不動産の登記手続(名義書換)がいるような場合は司法書士に相談してみるといいでしょう。

相続人間でもめそうな場合は、弁護士さんに相談するようにしてください。
役所などで「無料法律相談」を行っていますので、そちらでまず相談されてもいいでしょうね。

相続分については、その地方の慣習や家によって異なりますので、近くの年寄りの方にたずねてみてもいいでしょう。
最終的には相続人間の「話し合い」ということになるでしょうね。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/kaji.nsf/ea1456 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検認前の遺留分減殺請求の行使は無効

故人より生前に遺言内容を知らされていたため、遺留分減殺請求の意思表示を
受贈者へ検認前に口頭で行った場合、当然、有効でいいのでしょうか。

Aベストアンサー

知らされていた内容と遺言書の内容(受贈)が合致していれば
行為としては有効でしょう。
留意したいのは、
・口頭というのは証拠として残らないので「言った」「言わない」
 のトラブルになる可能性がある。
・遺言書の内容が知らされていた内容と異なった場合減殺請求が
 的外れになる可能性がある
といった事です。

相続人であれば検認に立ちあうと思いますので、その上で請求する
のが定法かとは思います。

Q自筆の遺言書 検認について

一人暮らしで、財産無しです。
自分の死後のことについて、すぐ見てもらえるところに自筆の遺言書を書きました。

自筆、日付、署名押印、すべてオッケーです。誰でも読めるように封はしていません。

がしかし。これでも自分の死後に裁判所の検認は必要ですか?
必要ならば費用を遺言書にくっつけておこうと思っています。

裁判所の検認が必要な場合、費用はいくらくらいかかるのでしょうか。

Aベストアンサー

法的に認められるためには・・・

1.遺言書作成時に遺言能力があること。
  ※被後見人、心身喪失状態の者、15歳未満の者は単独で遺言を行うことは出来ません。
2.遺言として法的に効力のある内容であること。
3.法律で定めた遺言の方式、形式に従っていること。

がひつようです。公正証書の作成をお勧めします。

http://minami-s.jp/page011.html
http://tohyama.gyosei.or.jp/igon/

Q遺言書検認後の閲覧

東京家庭裁判所から、遺言書の検認の通知がきました。
当日、出席することができないので、欠席通知を返信しました。
後日、遺言書の確認をするためには、
なにか、東京家庭裁判所特定の書式があるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www2.odn.ne.jp/~cjj30630/kenin.html
>(3)遺言書は、検認後、申請により遺言書原本に、検認済証明書
>を契印して申立人に返還されます。

>(5)検認に立ち会わなかった申立人、相続人、受遺者等にその旨が
>通知されます。→「検認済通知書」

なので、申立人に見せてもらうか、家裁で検認調書の謄本を請求すれば
内容が確認できるはずです。
http://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/tetuzuki/kasai_tetuzuki.html
直接家裁に行くか、面倒であれば、行政書士さんに頼むかすれば問題ないでしょう。

Q検認された遺言書

家庭裁判所にて検認された自筆証書遺言の正本には、家裁のハンコが押されるのでしょうか?

Aベストアンサー

検認期日に相続人の立会いのもとに検認が行われ、その結果は検認調書に記載されます。
検認されると家庭裁判所から遺言書原本に、「検認済証明書」を契印します。(副本が作成されないので、正本とは言わず原本といいます。)

検認済みの契印がないと相続登記や預貯金等の名義書換えをすることが出来ません。
 

Q遺言書の検認について教えてください

祖父が他界し、先日家裁より遺言書検認の通知がきました。(申立人は叔母です)
遺産は結構有る様なのですが、遠方ということもあり、父や叔母に任せようかと思います。
相続についてもめていると、父からは聞いていますが、この検認に立ち会わないことで何かデメリットはあるのでしょうか?
また、立ち会う場合はどのような準備・心構えをすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

検認手続きは、遺言書の形式その他の状態を調査確認するだけですから、その場にいなかったから不利益になるという事はないはずです。検認手続き後、家裁から通知があると思われます。不明な点は、家裁に電話してたずねたらよいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報