私は現在アメリカに住んでいて、父のために健康食品を買って国際郵便で送ったところ、関税通知書が届き、10000円もの関税を請求されてしまいました。
前回送ったときは何も無かったのに、今回だけこんなに取られて、別に売りさばくわけではなく、個人で使うだけなのに、どういう規定になっているのかさっぱり分かりません。いくら以上の物を送ったら税金がかかるのでしょうか?それとも個人で使う場合も全て課税されてしまうのでしょうか?それだったら海外旅行で買って帰れば分からないと言うことにもなりますよね。どなたかこの辺のこと詳しい方教えて下さい。宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

下記の東京税関HPに国際郵便で外国貨物を受取る際の


手続きが載っていますが、郵便の場合は内容品や申告価格から
外郵税関が納付すべき税額を決定して、荷受人に連絡し、
納付と引き換えに貨物が配達される決まりになっています。
もし、前回の郵便物が今回と同じような品物で同じような
価格だったとすれば、外郵税関の手違いで誤って配達されてた
可能性もあります。今回、10000円が課税された
そうですが、関税と消費税の合計額だと思います。
同等品だとすれば前回の郵便が無税だったとは思えません。
外国郵便を処理する外郵税関の人員と体制が処理量に対して
十分でなく、課税貨物のチェックが甘くなっていると想像します。
前回の郵便物には「貨物が課税品の場合には速やかに外郵税関へ
お知らせください、云々・・・」と記載されたラベルが貼付されて
いませんでしたか?

参考URL:http://www.tokyo-customs.go.jp/kon/2.htm
    • good
    • 0

売りさばくか個人で使うか、税関はそんなことまでわかりませんから、一定量を超えれば課税されます。


前回が正しかったのか、たまたまうっかり見逃したのか、(前はいらなかった、と証明を持っていったりしたらヤブヘビもありうる?)税関も人員不足らしいから、ありうるかもしれません。
    • good
    • 0

 あらかじめ、私は法律の専門家ではありません。


が、基本的に海外から日本に入るすべての商品が関税の対象です。ただし金額や製品や相手国によって課税されたりされなかったりします。
 海外旅行のおみやげでも、免税の範囲は決まっており、例えば一人あたりで、ウィスキー3本以内、たばこ200本以内、香水56ml以内、一品1万円以内、その他もろもろで20万円以内(ここの数字は曖昧です)などです。
これを超えたおみやげには、日本の空港で関税をとられます。また当然持ち込み禁止の物もあります。
 >前回送ったときは何も無かったのに、今回だけこんなに取られて<<
困ったもんですね。関税の係官に左右されることが多いようですので、東京税関に問い合わせるのが筋でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ