こんにちは。
「飛べ!レッドチキン」というサイトの冊子等で、赤面症が治った方いらっしゃいますか?どんなことをするのでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

「飛べ!レッドチキン」って言うサイトが


私のホームページの掲示板にも広告が貼られていたので
見てみたんです。

1万円くらいの値段で、赤面恐怖症を治療する為の
ノウハウを教えますって事みたいですね。
どこかうそ臭いと感じましたけど・・。

あれって、なった事のある人でないと分からない辛さですよね。
問題は、症状が出ることを恥じる気持ちと、意識を自分に向けすぎる
事にあるみたいです。
SADだけだったら、私は接客業を3年間(レストランのウェイトレス)をする事でかなり克服できました。
なので、人と接する時の恐怖感はなくなりました。(私の場合)
残りは、赤面する事です。
でも、最近では、赤面する自分を恥じる必要は全く無いって
気付いてから、気持ちが随分と楽になりました。
あれ、赤面する事で良かった事があったんです。
ダイエットの必要がない(暑くなるので太りにくいみたいです。)
それから、肌が綺麗(マッサージしなくても血色良いですからね♪)

症状を治そうと思うと、反対に悪化するのは間違いないです。
ますます自分に意識が向くからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気にする必要は無い事は分かってはいるんですけどねぇ・・・う~ん、中々難しいです・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/26 13:55

記載の冊子は知りませんが、病院のポスターに、赤面症は、社会不安障害とありました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよ。それもあるかもしれません・・・。
フ~難しいです・・・><;
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/26 14:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤面症・赤面恐怖症を克服したいデス

人と話すことも苦手ですが、
まずは赤面症をどうにかしたいです。
なにかいい方法を教えて下さい。
同じ赤面症と闘う人がいますか?
赤面症を克服した人がいれば幸いです。

Aベストアンサー

私は赤面してしまい、友達にからかわれ悩んだことがあります。
治そうとすればするほど、赤くなると思います。
赤くなるのをどうにかしなければ!と思えば思うほど赤くなるんです。

闘うよりも仲良く(?)付き合っていく方法が良いですよ。私はこれで赤面症を克服しました。いつのまにか治っていました。

赤くなっても良いんですよ。
あまり気にせず、他の楽しいことでも考えてみてくださいね。

Q赤面症を治すには

営業の仕事をしているのですが、人と話すときにすぐに顔が赤くなります。たいした問題ではないかもしれませんが、お客様に対して顔を真っ赤にして話しているのもなんか抵抗感をもたれるような気がしますし、特になんとも思っていない女性と話すときにも赤くなるので、ときどき好意があるのかと勘違いされます。どうすれば赤くならないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
人と向かい合ったり、会話をしなければならない時に緊張の度合いが高まると言うことですね。

「単純な反復運動をすると精神的安定が保てる。」と、テレビで見たことがあり、私はガムをよくかんでいます。

赤面は無いですが、言葉が閊(つか)えたり、早口になって自分でもよく分からないことを言ってたりしていました。
ガムを持ち歩くようになって3年ぐらいなりますが、「初対面の方にでもちょっと気のきいたことが言えるな。」と、効果があるものと思っています。

Q赤面症って薬で治りますか?

30代、女です。ものすごい赤面症で悩んでいます。人と話すときは常に真っ赤になってしまいます。真剣に悩んでいます。
もし、薬で治すことができるのなら、薬の服用も考え始めました。

経験者の方、お薬で赤面症は治るのでしょうか?

Aベストアンサー

私は重度の赤面症でした。

中学時代にあることをきっかけに、高校、大学と・・・・。
現在にいたるのですが・・・・。
「はずかしくないのに赤面する、異性といると赤面する・・・・」
とてもつらかったです。
しかし、高校時代にあるとき医学書をみたところ「心の病」として記載されていました。私はこれってある種の「病」とわかり、ほっとしました。
そこで大学時代に心療内科に通いました。
結論からいうと治ります。「完全とは言えませんが・・・」「ほとんど意識しないようになります。」
心療内科で抗不安剤をもらいました。「抗不安剤?」と思うかもしれません。「赤面症の薬ではないじゃないか?」
ただ、赤面症は「神経の過剰な働き」によるものなので薬を飲むことによって「安定」します。そこで「赤面を意識できなくなってきます。」
そして「意識しないことで自信がつきます。」そうなったら「自分は赤面症から解放された」と喜びを感じ、行動範囲、友達との関係も「どんどん広くなる」のです。
ただ、ある程度このようになるまで時間はかかります。「段階をおっていけば開放は間違いないです。」

私はそのようにして1年くらい通い続けて、時に間で通うこともありましたが・・・。今はまったく薬いらず、ちゃんと仕事もできます。
ちなみに営業職でガンガンやってます。

私は重度の赤面症でした。

中学時代にあることをきっかけに、高校、大学と・・・・。
現在にいたるのですが・・・・。
「はずかしくないのに赤面する、異性といると赤面する・・・・」
とてもつらかったです。
しかし、高校時代にあるとき医学書をみたところ「心の病」として記載されていました。私はこれってある種の「病」とわかり、ほっとしました。
そこで大学時代に心療内科に通いました。
結論からいうと治ります。「完全とは言えませんが・・・」「ほとんど意識しないようになります。」
心療内...続きを読む

Q赤面恐怖

が最近ひどくて困っています。
普段話しなれていない人(もうほんとに会社の人から、いわゆる店員の人まで)と話すことになると、耳が赤くなってるのがわかって、さらに額から汗がしたたりおちてきます。かなりこまっています。
特に女性に弱いです。
最近なんかは、知人が、ある女性が私の事を気に入ってるらしいとかって聞いたことがあり、この人と話すだけでも汗が出てきそうになり困っています。
基本的には、この人のことは、得に好きでもありませんが、なにか、嫌われたくないみたいな過剰が沸いてきてるような気がします。
で、こういった感じなものですから、かなり消極的になってきてしまい、ああしたい、こうしたい、みたいな生活の原動力さえ、失われつつあるのがわかります。
質問のタイトルとすこしづれてきてしまっていますが、何かアドバイスがある方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お気持ちよくわかります。
私は今催眠療法でこれを克服しようと頑張って通っています。赤くなるのが嫌で、どんどん消極的になっていき、仕事にも影響が出てくるようになった為です。
通い始めて分かった事ですが、「赤くなる」というのは表の現象であり、根本はやはり奥深いトラウマからきているという事でした。ですから方法としては行動修正催眠と、退行催眠の両方を受けたほうが良いでしょうとの事でした。もちろん私自身納得しています。「赤くなる」事の内面は「恐怖」です。私の場合自己評価がとても低く、なぜそこまで自分を嫌っているのか、今、模索している所です。あなたが言うようにもし、原因が「羞恥」であれば、そう時間はかからないとおもいますし、ある程度赤くなる相手のカテゴリーが決まってくると思われます。
カウンセリングに行った当日に「催眠療法は魔法ではありません」と言われて、逆にやってみる気になりました。
まだまだ、赤くなります。行動療法で暗示もかけて貰っていますが、あまりききません。それでも、汗は余りかかなくなり、動悸もしなくなりました。
その「恐怖」の原因がつかめれば、少しは自分を好きになり、とても楽になる気がします。あなたも一度、カウンセリングへいかれたらどうでしょうか。
どんどん精神的員に悪い方へ流れていく前に、なんらかの手を打ったほうがいいと思います。

お気持ちよくわかります。
私は今催眠療法でこれを克服しようと頑張って通っています。赤くなるのが嫌で、どんどん消極的になっていき、仕事にも影響が出てくるようになった為です。
通い始めて分かった事ですが、「赤くなる」というのは表の現象であり、根本はやはり奥深いトラウマからきているという事でした。ですから方法としては行動修正催眠と、退行催眠の両方を受けたほうが良いでしょうとの事でした。もちろん私自身納得しています。「赤くなる」事の内面は「恐怖」です。私の場合自己評価がとても低く...続きを読む

Q赤面症

赤面症治したいんですが
どうしたらいいのでしょう
薬じゃなくて気で治したいんですが

よろしくお願いします

Aベストアンサー

赤面は、治るものではありませんから、治そうとすること自体間違いです。
但し、本当に治そうとしない決心ができたとすれば、観念的苦痛は去ります。
そうなれば、今より赤面することは減るはずです。

誰でも恥ずかしい。そして恥ずかしい時、苦しい。どうにもなりません。
貴方はその時、一般平均よりやや強く、顔が赤くなる体質というだけのことです。

それは生まれながらの貴方の個性です。生まれながらのものは、活かすしかないのです。
否、あるがままの自分に成り澄ますことができれば、それは自ずと活きるのです。

もし恥ずかしがることを止めることができたとしたならば、恥知らずな人になります。
人前で恥ずかしいことをしてしまったら、大いに恥ずかしがるべきなのです。

何故赤面を治そうとするのでしょう? 人に勝ちたいからですよね。
人より恥ずかしいという心が強い。どうしてそれで人に負けたことになりますか?
恥ずかしいので赤くなる。分かり易いので人に信用されることが多い。そういう長所もあります。

他の人間に代わることはできません。貴方は貴方の本性になりすまし、生きる。それが最善です。

無垢の自分、生まれ持ったあるがままの自分の性質には、何の罪もありません。
目が不自由に生まれたらどうでしょう? 足が不自由に生まれたら? それが本人の責任でしょうか?

対し、あるがままの自分をどうにかしようと作為する。カラ元気を出して人と付き合おうとする。
虚勢を張って大雑把な人間にみせかけようとすることが、罪です。

(参考文献 森田正馬著 "神経衰弱と強迫観念の根治法" 涜神恐怖と赤面恐怖患者 通信治療の例)

赤面は、治るものではありませんから、治そうとすること自体間違いです。
但し、本当に治そうとしない決心ができたとすれば、観念的苦痛は去ります。
そうなれば、今より赤面することは減るはずです。

誰でも恥ずかしい。そして恥ずかしい時、苦しい。どうにもなりません。
貴方はその時、一般平均よりやや強く、顔が赤くなる体質というだけのことです。

それは生まれながらの貴方の個性です。生まれながらのものは、活かすしかないのです。
否、あるがままの自分に成り澄ますことができれば、それは自...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報