日本産のサソリ2種(マダラサソリ・ヤエヤマサソリ)
を採集したいと思っていますが
どのようなところに生息していますか?
聞いた話だと石の下や木の洞にいるようですが
具体的にどんなところのことでしょうか

また飼育してみたいと思っていますが60CM水槽に砂をいれて
おく状態で2種とも同時に飼育できますか?

A 回答 (2件)

宮古諸島や八重山諸島に分布していますヨ。


やや湿った岩の下などにいますので,捕まえるのであれば,せっせと石をひっくり返して行くことになります。
ただ,同じような岩の下に蛇が隠れていることも多いので,注意してくださいネ。
日本のサソリは小さくて毒も非常に弱いのですが,ハブは毒が強いですからネ。
飼育は一匹ずつが好ましいです。
大型水槽であれば,中を仕切ってやってください。
餌はコオロギなどの昆虫を生きたまま与えてくださいネ。
以前,オウシュウトクサソリとキョクトウサソリを飼育していたことがあります。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

西表島や八重山諸島にいるはずですが、いずれも自然保護区で動植物の採取は出来ません。



また、いずれのサソリも有毒ですので、飼育には飼育する市区町村での飼育許可が必要かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
これで採集にいけます

お礼日時:2002/03/17 23:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサソリ(イエロー)が家から逃げてしまった

私の妹の子供(甥)が飼っているサソリが室外に逃げてしまい近所で大騒動になっていると連絡が入りました。
消毒をして殺す迄の話しに進みましたが、業者の方はサソリの消毒は始めてでゴキブリの殺虫剤で残った子供を試したのですが結果子供は死にましたが。今何を使って駆除したら良いか思案中だそうです
親は死ななかったそうです。
外気温も低く子供はえさがなければ死んでしまうとサソリを買った所で聞いて着ましたが、同じアパート,近所の方は納得できない、実際死んだサソリを見ないとと言っているそうです。緊急にアパートの方にはホテルに泊まっていただき、弁護士をつけこれから話しを進めるそうです。
どうかサソリに対して良い知恵を貸してください。

Aベストアンサー

こんばんは。

新聞にのりそうな事件ですね(--;お気の毒です。
サソリについてですが、一応亜熱帯~熱帯~砂漠まで様様な気候に分布してますが、実際は以外に適応力があると聞きます。
アパートの中にいるのでしょ?
断熱材の間等に住みついたら越冬する可能性があるのではないでしょうか。

海外の虫の駆除、情報は最寄の検疫所に相談なされてはいかがでしょうか?(一応成田検疫所を参考してください)
電子メールじゃなく、電話か実際に訪問して、実情を話して、その道の第一人者を紹介頂いてみたほうが良いと思います。

お役に立てなくてすみません。

参考URL:http://www.forth.go.jp/keneki/narita/

Q他の種のために自己犠牲で死ぬような種はありますか?

カマキリのオスがメスに食べられてしまうのは有名です。
(必ずではないそうですが)
種存続のための自己犠牲の本能でしょうか。

人間にも、我が子のため、愛する者のため、人類全体のための
自己犠牲はあります。博愛に寄ればそれは種存続というよりも
精神的な何かに殉じたという感が強いですが。

ところで、他の種のために自己犠牲で死ぬ種はあるのでしょうか?

そんな説明のつかない行動をとる種があるとは思えないのですが
(あったとしてもとうに滅んでる?)、世の中なにがあるか分からない
ので質問してみました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 アリとアブラムシのような共生関係にある動物が、相手の種を外敵から守るために戦う例などがご質問の件に相当するでしょうか。
 ところで、リチャード・ドーキンスは、著書「利己的な遺伝子」の中で、あらゆる生物個体は「利己的遺伝子」の乗り物にすぎない、という有名な考え方を示しています。つまり、「個体」は、「種」のためでも「自己」のためでもなく、「遺伝子」を次の世代に引き継ぐために生きている、というのです。この考えを敷衍しますと、書かれているカマキリの例でも、メスはオスを食べることで栄養を確保し、より丈夫な卵を産もうと行動するし、オスは自分の精子が受精することを確実にするため生き残ろうとしている(昆虫の受精はメスが産卵するときに行われますから)と説明されるわけで、どちらも「種」の保存のためではなく、自己の「遺伝子」を残すための行動だというわけです。まあ、生き残る確率の高い遺伝子を持った生物が次の世代に生き残っていく、という当たり前のことを、動物の行動サイドからではなく、遺伝子の次世代に生き残る確率(=包括適応度)から説明する考え方です。
 この考え方によると、利他的二見える行動も、確率の問題として説明されます。
 特に社会性昆虫の利他的行動に関しては様々な興味深い考察がなされています(働き蜂、働き蟻は多くの場合、未受精卵から生まれるので遺伝的に特殊な例なのです)。
 あと、人類を含めた高等生物のばあい、遺伝されるのは物質DNAだけではなく、「文化」があります。コチラの方が「自己犠牲」という言葉のニュアンスに当てはまる例が多いでしょう。ただし、鳥やほ乳類の行動をあまりに「擬人化」しすぎて見るのは危険ですが。
 たとえば、雛をなくしたツバメが池の鯉に餌をやる様になった「美談」が新聞に載ったことがありますが、これなど勝手に美談にしてしまった例。ツバメの親には大きな口を開けるものに餌を与える習性があるので、この習性が誤動作しているだけ、と考えるのが妥当でしょう。

 アリとアブラムシのような共生関係にある動物が、相手の種を外敵から守るために戦う例などがご質問の件に相当するでしょうか。
 ところで、リチャード・ドーキンスは、著書「利己的な遺伝子」の中で、あらゆる生物個体は「利己的遺伝子」の乗り物にすぎない、という有名な考え方を示しています。つまり、「個体」は、「種」のためでも「自己」のためでもなく、「遺伝子」を次の世代に引き継ぐために生きている、というのです。この考えを敷衍しますと、書かれているカマキリの例でも、メスはオスを食べること...続きを読む

Q北海道の道南からです。 →サソリに関して←

みなさんこんばんは。

最近、サソリがほしくて購入しようか考えています。
ネットで注文したら死んだ状態で届くことも稀では無いようです。
ですので北海道(出来れば道南)で、サソリが買える場所ってありますか?

Aベストアンサー

動きや形を観て選べる店頭の方が無難だと思います
札幌ですが↓に問合わせを
http://www15.ocn.ne.jp/~t-gem/
http://herp-colony.ocnk.net/

ダイオウ程度のヤツでも大騒ぎする人いるから脱走厳禁ですよ

Qキーストン・スピーシーズ(かなめ石の動物種)とは?

ある英文エッセイに、keystone species というのが出ていました。その文の中ではビーバーがそれで、ダムを作り、森林を水浸しにし、特定の木を食べて森林の組成を変え、池を湿地にするなど、個体の力からは想像も出来ないくらい環境に影響を与えてしまう種をキーストン・スピーシーズ(かなめ石の動物種)というのだそうです。
アーチ状に組まれた石の、頂上付近の一個の石を取ると全体が壊れてしまうことから名付けられたのでしょうが、
1.生物学的には正しい用語なのでしょうか。
2.だとすれば、上記の定義は正しいでしょうか。
3.他にも例があるでしょうか。

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「Keystone Species Hypothesis」
この中に
「The keystone species concept has been a mainstay of the ecological and conservation biology literature」
との表現があります。
ただタイトルが「Hypothesis」となってます・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.washington.edu/research/pathbreakers/1969g.html

Qサソリの取り扱いがあるペットショップ

サソリを飼いたいと思っているのですが、なかなか取り扱っているお店がありません。
あっても種類が少ない気がします・・・。
なるべく都内か千葉にあって、サソリのいっぱい置いてあるペットショップを知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

都内、千葉ではないので参考にならないかもしれませんが、もしお出かけの機会がありましたら…ということで。

横浜市営地下鉄「センター北駅」のガード下にペットエコというお店があります。
フィッシュ館、犬猫館、キュート館と分かれており、キュート館が小動物と蛇、トカゲ、さそりなどをかなり豊富に取り揃えています。

店内も広いですし、餌も豊富な種類を揃えていてお勧めのショップです。(ご希望の地域でなくて本当に申し訳ないです)

Q「石割り桜」は本当に石を割って成長したのか?

各地で「石割り桜」というものがあります。
石が二つに割れていて、その間に桜樹が成長したものです。
普通に考えて、桜の芽が岩を割ることはありえないとおもうのですが、地元の人に聞くと本当に岩を割って成長したものと考えているようです。
その真偽はいかがなものでしょうか?

岩が割れたあとに桜の種がこぼれて成長したのではないでしょうか?

Aベストアンサー

半分本当で半分嘘です。

芽は岩を割れませんが,根は岩を割ります。芽生えてある程度成長するには割れ目が必要です。しかし,一度成長を始めたら,樹木が岩を割りながら成長することは紛れもない事実です。「根は岩をも砕く」です。

岩石の風化の原因には,水・風・温度等と植物の根があります。岩石を風化させないためには植物は大敵です。

ジャングルのつる性植物は,樹冠(森林の一番上)までは他の樹木にからみついて登りますが,後には根がその樹木を絞め殺して成長します。

根の力と生命力を侮ってはいけません。参考になりましたなら…

Qサソリ対策

海外に行くとき、行く地域によっては虫よけの対策をすると思うのですが。
サソリが出る地域に行くとき、その対策というのはどんな感じなのでしょうか?
普通の防虫スプレーとかで対応するぐらいですか?

サソリが出るところには行ったことがないので、ちょっと疑問に思ったんですが。
よかったら教えてください。

Aベストアンサー

サソリが出るかも知れないと云う地域に滞在していた事がありますが、ブーツを履くことと、(朝などベットから出る時のスリッパも)履く時に必ず中に入っていると思って、中身を出すように振り、中を確認するようにとは言われました。

サソリにもいろいろな種類があり、そこのはそれほど危なくは無かったようですが・・・・・。

サソリの防虫剤は知りません。

Q鳥の糞?ベランダの手すりに泥みたいな砂が混じってるような鳥の糞みたいの

鳥の糞?ベランダの手すりに泥みたいな砂が混じってるような鳥の糞みたいのがありました。これは鳥の糞なのでしょうか?泥みたいな糞もする事あるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

食べた餌にもよるでしょうね。
ゴルフ場に集まるカラスは、多くのミミズを餌にします。
そのミミズの体内は、ほとんど泥ばかりです。
鳥の種類によっては、泥と共に餌をとる物さえ有ります。
多くの水分と共に排出された糞が乾燥すれば、ご質問状態の物は十分にあり得ます。

Qサソリの毒は、一滴で100人殺せるらしいです。

サソリの毒は、一滴で100人殺せるらしいです。
スズメバチ何匹分の毒ですか?
いろいろな考え募集です。

Aベストアンサー

>サソリの毒は、一滴で100人殺せるらしいです。
すんごく曖昧な言い方ですね。

サソリは数多く種がいますが、人間を殺せる毒を持つのは
約1000種類中に僅か25種です。
 サソリの毒は基本『ペプチド』と呼ばれしかもL/D50(24時間の半数致死量)
 は0.1~0.01と結構差があります。
 『サソリの毒は、一滴で100人殺せるらしいです』というのは正確ではありません

 だから、スズメバチ何匹分の毒というのは曖昧すぎて答えられませんw

 
で、サソリより上の毒を持つ生物は案外多くいます
『フグ』テトロドトキシン
『カエル』バトラコトキシン
『スナギンチャク』パリトキシン

 例えば殺人クラゲこと「オーストラリアウンバチクラゲ」なんかは有名です
英名では Sea Wasp(海スズメ蜂)と呼ばれ。学名は「殺人の魔の手」という意味を持ちます
 今の所、生物界ではこれが最強と言われてます

Qキアゲハの幼虫を飼育しています。飼育ケースにイタリアンパセリの苗ごと入

キアゲハの幼虫を飼育しています。飼育ケースにイタリアンパセリの苗ごと入れて屋外で飼育しているのですが、イタリアンパセリにアブラムシのようなものが(まだクリーム色で細長いので卵の状態かもしれませんが・・・)ついています。そのままにしておくと幼虫が食べられたり、死んでしまう原因になるのでしょうか?できるだけアブラムシを取り除いたほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

問題は無いと思います。
アブラムシが幼虫を食べることは無いですし自然界でもアブラムシは幼虫と共存しています。
気になるのであればパセリを水で洗ったり水に浸せばアブラムシは落ちると思います。
また、アブラムシがついていると言うことは市販のパセリでは無いと思いますが、市販のパセリは農薬などが付いていることがあるので幼虫にあげる時は軽く水洗いした方がいいと思います。


人気Q&Aランキング