「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

リトマス紙を使って一日でできるぐらいで、それでいてレポート(結果や感想など)も書けるような実験をご存じないでしょうか(中学1年生ができるぐらいのレベルでお願いします)
質問内容が本当にあつかましいのですが、困っているのでぜひ回答をください。よろしくお願いします
(前にも、同じような内容で皆さんに回答してもらったのですが・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一日でするとなると、やっぱり、身近なもので色の変化をみていくのが一番では?中学一年くらいのレベルなら、それぐらいが妥当なんじゃないでしょうか?



回答ではないんですが、参考までに。
私は、中学一年生のとき、紫キャベツで同じような実験をしました(リトマス紙は持っていなかったので)。
紫キャベツの汁を使って、いろいろな液体での色の変化を調べるんですけど、面白かったですよ。
大量に液を作ったので、残った液は濾紙に沁み込ませて乾燥させ、万能試験紙を作りました。
これと、リトマス紙の結果を比べても面白いかもしれないな、と思いました。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

回答してくださってどうも有難う御座いました
紫キャベツが何故か家にあったので、回答どうりに実験してみました。
とても助かりました
では、本当に有難う御座いました

お礼日時:2006/09/01 18:11

レモン、みかん、グレープフルーツ、梅干、砂糖、酢


等 身近にある食品、果物で 実際になめたときのすっぱさと、リトマス紙での結果(pH)を比べてみてはどうでしょうか?

すっぱさとリトマス反応がどうなるか?

同じ規則性がある場合と、ない場合でその食品の成分

を調べてみると面白いかも。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答してくださってどうも有難う御座います
こういう実験などを教えてもらう前は、何も考え付かなかったので感謝します
悩んでいたので助かりました

お礼日時:2006/09/01 18:09

10倍・・100倍


10倍にするには1/10取って元の体積に戻す。
100倍に為るには同じ事をすればいいのです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答してくださってどうも有難う御座いました^^
質問内容が内容だったので、回答してくれないんじゃないかと思ってはいましたが、本当に感謝します
助かりました

お礼日時:2006/09/01 18:08

 身の回りにあるいくつかの水溶性液体(食酢、重曹水、果汁、ジュースなど) のpHを見た後、それらを、10倍、100倍,1000倍と薄めてみて、リトマス試験紙が、どの薄さまで対応するか。



 もちろん、10倍に薄めたもの全量を10倍に薄めて、100倍にしよう…、1000倍にしよう…とすると、莫大な水量を使いますので、いったん薄めた液体から、適切な少ない量サンプリングして、希釈…を繰り返します。

この回答への補足

回答どうも有難う御座います。
やってみたいのですが、それぞれの水溶液を10倍・・100倍・・と薄めていくことについてですが、薄める方法は、やはり、同じ量の水をそれぞれ入れていけばいいのでしょうか・・?

補足日時:2006/08/26 22:45
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルカリ性と酸性、中性の違いを説明したいです。

小学生の子どもにアルカリ性と酸性、中性の違いを分かりやすく説明したいです。良い方法はありませんでしたか?

Aベストアンサー

「酸性」のもともとの意味はすっぱいということです。
「酸」という字は「すっぱい」と読みます。
そのすっぱい性質を持つ物質の代表が酢です。この字も「すっぱい」と読みます。
すっぱい液体は全て酸性です。酸は「酢と同じような性質を持っているもの」ということになります。
食べ物が古くなるとすっぱくなります。
酸性の物質が出来ているという事になります。
果物の汁はたいてい酸性ですね。
炭酸水でも濃いものではすっぱいということがわかります。
塩酸でもすっぱいです。
食品以外にも酸性の物質はありますが口に入れると良くないものもあります。リトマス試験紙を使うとそういうものでも調べることが出来ます。その場合でもまず酢、レモン汁、などで色の変化を確認しておいてから同じ色の変化をするものは酸性であるという調べ方になるでしょう。赤く変色するものは酸性であるということから入るのは方向が違うと思います。
酸性であっても弱くなると色の変化は分からなくなります。
炭酸水の酸性はリトマス試験紙ではわかりません。

アルカリ性は酸性を打ち消すものとして理解されていました。積極的な性質というよりは裏返しの性質です。

食品の中には酸性のものが多いです。私達の体は普通の酸性には対応できるようになっています。お酢を使ってわざわざすっぱくしたものをおいしいといって食べているのです。
それに対してアルカリ性は食品として経験することがほとんどありません。アンモニアの臭いは悪臭の代表です。危険な物質としてセンサーが敏感に働くような仕組みになっているそうです。きついアンモニアの臭いのする食べ物もあるようですが普通の人はほとんど食べないものです。
身近な物質で臭いのしないアルカリ性のものといえば
石灰(水酸化カルシウム、酸化カルシウム)、重曹(炭酸水素ナトリウム)、石鹸、洗剤
でしょう。
以前は運動場の白線引きは石灰を使っていました。風で舞い上がった粉が口に入ったり、目に入ったりでいやな思いをしました。
目に入ると痛いです。口に入ると苦いような変な味がします。石鹸が目に入ったり、口に入ったりした場合でもいやな思いをします。
重曹はアルカリ性が弱いのであまりいやな味は感じません。しかしホットケーキに重曹を入れすぎると味が悪くなります。炭酸水素ナトリウムは二酸化炭素を出すとアルカリ性の強い炭酸ナトリウムに変わります。この炭酸ナトリウムの量が多くなると味が悪くなるのです。洗剤には炭酸ナトリウムがかなり入っています。アルカリ性は強いです。

鉄釘をお酢の中に入れると泡をだして溶けていきます。石灰水を加えると釘を溶かす能力がなくなってしまいます。
水で薄めた時は少し弱くなるだけで能力はなくなりません。
石灰水と水とを同じ量だけ加えて比較すると中性とアルカリ性の違いがわかります。

石灰水は海苔やおかきの缶の中に入っている乾燥剤を水に溶かすといいでしょう。でも取り扱いには注意が必要です。身近にある危険な物質の代表でしょう。子供には危険であることを教えてやってください。

「酸性」のもともとの意味はすっぱいということです。
「酸」という字は「すっぱい」と読みます。
そのすっぱい性質を持つ物質の代表が酢です。この字も「すっぱい」と読みます。
すっぱい液体は全て酸性です。酸は「酢と同じような性質を持っているもの」ということになります。
食べ物が古くなるとすっぱくなります。
酸性の物質が出来ているという事になります。
果物の汁はたいてい酸性ですね。
炭酸水でも濃いものではすっぱいということがわかります。
塩酸でもすっぱいです。
食品以外にも酸性の...続きを読む

Q自由研究の動機

私は自由研究でpH(ペーハー)調べをやっているのですが
ただインターネットで見つけて気になったとも
書きづらく   もっと違う動機を書きたいので
いい例はありませんか?(わかりやすく簡単にお願いします)

Aベストアンサー

小学校では,「酸性・アルカリ性」のどちらかを「リトマス試験紙」で調べる,という教えかたをするはずです。もっと詳しく知りたいと思って調べたら,それらの度合いの強さがあることがわかった,という動機でしょうかね。それが事実に近いんじゃないですか? オレンジジュースがpH4だと聞いて調べてみた,みたいな動機でもいいでしょう。 

個人的には,pHの定義である「水素イオン濃度」を高校化学で習わずに課題としてやるのは,どうかと思いますが。また,pHの読みは,むかしはドイツ語で「ペーハー」といいましたが,いまの学校では英語で「ピーエイチ」と教えるはずです。

もし,いろいろな液体のpHを測りたいなら,pH試験紙というものがあります。たとえば,
http://www.advantec.co.jp/products/search/?p=2&c=34&f=&a=&w=&m=&n=8
いわば,赤と青だけのリトマス試験紙が,フルカラーになったようなものですね。電気的に測るpHメータというものもありますが,とても高価で扱いが難しいです。

Qリトマス試験紙って、どこで買えますか?

飼猫の尿を調べたいので、リトマス試験紙が欲しいのですが、どこで買えるのかわかりません。薬局でしょうか?
ドラッグストアは?
教えてください。

Aベストアンサー

薬局で買えますよ。
ただ、ドラッグストアーって言われる、
ちょっと大きな量販店だとないので、
小さい薬局に行ってみましょう。

薬を処方できるようなところだと、
ほぼ確実にあります。

Qリトマス紙の作り方

リトマス紙って、紫キャベツで作れるってよく聞きますよね。
簡単に作り方を書くと、
1.キャベツを細かく刻む
2.水の入った鍋にキャベツ投入
3.水の色が変わるまでキャベツをゆでる
4.キャベツを取り出す
5.残った液にろ紙をひたす
となるのですが、
5番って絶対にろ紙でなければいけないんでしょうか?
もし、ろ紙でなくても良いのなら、どんな紙がいいんでしょう?

それともう一つ。
キャベツ以外の植物でも作れるそうなんですが、
手軽に手に入るもので何か思い当たりませんか?
とりあえず今のところ入手している情報は
ブドウ ナス シソ アサガオ バラ などです。

ご協力お願いします。

Aベストアンサー

> ろ紙でなくても良いのなら、どんな紙がいいんでしょう?
No.1 様が書かれていますが、水分を染み込みやすく、ほぐれにくい紙なら、何でも良いです。例えば、キッチンペーパー(ペーパータオル)、レギュラーコーヒーのペーパーフィルター、障子紙の様な和紙などが挙げられます。

> 手軽に手に入るもので何か思い当たりませんか?
質問者様が挙げられているもの以外ですと、あじさいの花、紫たまねぎ(の色の付いた薄皮の部分)がありますね。
※ あじさいの花は都会では手に入りにくいかも知れませんが。

Q酸とアルカリの実験でおもしろいのがあったら教えてください。

中学1年生の理科の授業で行う程度の内容でぜひおもしろいよという実験があったら教えてください。

Aベストアンサー

花壇に咲いている花を取ってきて.リトマス紙の代用に.
濃カセイソーダ溶液をつくって.髪の毛を入れて.溶ける事を見せる
濃塩酸の蓋を開けて.ぬれたリトマスしわ近づけて変色する事
錆落し
が近所の中学校の内容です。

Qリトマス紙の色変化後の結果

(題名が要点になってなくてすみません・・)
自由研究(実験)がまだ終わっていなくて、花(他に飲み物や調味料)などの汁を
リトマス紙にたらしてその色の変化を調べようと思ったのですが、
その後に、例えば○○をたらしたリトマス紙の色の変化から、
この○○について何がわかったか(わかるのか)などの事ももちろん書かなくては
いけないのですが、それが全然思いつかないのです。
なので、ぜひこの後の事について何か回答やヒントを下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

思いつきです
自分でも考えてね

1 リトマス試験紙の結果と 味の関係(植物は毒があるかも)
2 花、葉、茎 の調査(違いが無いかもしれないけど)
3 花なら リトマス試験紙と蜜を吸う昆虫の関係
4 花の色との関係(関係なさそうだけど)
5 分類表を作成する。
6 植物の環境(場所)との関係(砂地、湿地とか)

Qリトマス紙でアルカリ性

アルカリ性食品という言葉はよく聞くのですが、
リトマス紙で調べるとアルカリ性を
示す食品はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

アルカリ性を示す食品で日本国内で販売されている食品は、「こんにゃく」だけです。
ただ、phが8-9程度なので、感度の悪いリトマス神がアルカリを示すかどうかは疑問です。
残る食品は、韓国産(品名忘却)で、アンモニア臭がひどく目が痛くなる食品です。大量のアンモニアが含まれているのでリトマスしで青くなるはずです(現物は見たことなし、アンモニアが存在することからの推定)。

Q理科の考察の書き方を教えてください

理科の実験で、「酸性とアルカリ性と中性の水溶液の共通点を調べる」

という実験レポートを書くように言われました

結果は思い通りになったのですが

考察をどのように書けば分かりやすいか、なにを中心に書けばいいのか、

そしてそれに関連するその他の資料で何について語ればいいか

がわかりません><

意見でいいので教えてください。

Aベストアンサー

考察では、たとえばこんなことを書いてみては?

●行った実験の結果は,この実験で検証しようとした疑問に対する答えを与えたかどうか?
●実験結果は、どんなことを意味するか?あるいは、どんなことを示唆するか?実験結果に関連したことであり、実験結果と矛盾せず、さらにこれまでの科学的な多くの知見とも矛盾しなければ、何を言ってもよいです。
●↑と関連していますが、今回の実験結果は、科学的にどういうところに重要性があったか?どういうところに応用し発展させることができるか?
●今回の実験結果より、どんな疑問が生まれたか?

>考察をどのように書けば分かりやすいか、なにを中心に書けばいいのか、

読んで理解しやすい文章を書くように心がけるべきですが、内容的にはどんなに高度で難解なことに言及してもかまいません。

>そしてそれに関連するその他の資料で何について語ればいいか

本や先生の配付資料なども考えられますが,図書館で実験に関連した内容の論文をひとつでも探してきて言及するのもよいかもしれません。

QPH紙が買えるのはどこ?

理科の実験などで使うPH紙をどこで買えるかご存知の方はいないでしょうか?

Aベストアンサー

実験室では、アドバンテックの製品がよく使われていると思いますので紹介します。
注文は薬局経由で可能でしょうし、営業所に問い合わせてみるのもいいと思います。

まずは、用途に合うものを選ぶのが先決です。

http://www.advantec.co.jp/japanese/hinran/tanpin/phpaper.html

参考URL:http://www.advantec.co.jp/

Q理科のレポート

理科の実験のレポートで感想文を書かないといけないんですが、どうやって書けばいいんでしょうか?
ちなみに私は小6です。

Aベストアンサー

 要点のみを書きます。
(実験の目的)
 まず、なぜこの実験をしたのか考えて下さい。まぁ、間違えたっていいから自分で考えること。
(実験方法)
 どんな道具を使ったとか書く。
(感想)
 自分の感じた事を書く。

 せっかくだから、感想文の見本を書いてあげよう。

 リトマス紙について。
作文へた子
 リトマス紙は、赤と青がある。赤いリトマス紙はアルカリ性の液体が付くと青く染まる。青いリトマス紙は酸性の液体が付くと赤く染まる。この紙は魔法の紙かもしれない。
 しかし、この紙に特殊な仕掛けがあるかもしれない。でも、その紙はどういう仕掛けが分からない。
 酸性の液体は触れると火傷する。アルカリ性はタンパク質が溶けてしまい骨が見える。私は腫れた皮膚や骨がそのまま見える気持ち悪い人間になりたくない。だって、骨が見えたら人体模型のパーツを取ったのと同じになってしまう。そんな体になりたくない。だから、液体には注意は必要だと思う。
 理科室の実験室。そこにはホルマリン漬けになったカエルの死体がある。そして、黒いカーテンがある。そして、長い机がある。その長い机が黒なのは液体がこぼれたかが一目瞭然に分かる。理科室は塩酸など危険な薬品が置いてある。その液体に注意し、ざわざわしないようにおしゃべりしない事が実験を成功させるのには必要だ。自分は前述したように骨人間になりたくもなく、腫れ上がった人間にもなりたくない。だから、注意が必要なのだ。
 少し脱線したがリトマス紙に話を戻そう。リトマス紙を使った面白い実験で、レモンは酸性で、青いリトマス紙が赤くなる。リンゴはアルカリ性で、赤いリトマス紙が青くなる。梅干しは酸性で、青いリトマス紙が赤くなる。そのように、果物や野菜にも賛成とアルカリ性がある。たぶん、この世界には酸とアルカリがあるのだろう。
 酸の分子にはH(水素)の構造がある。アルカリにはOH(水酸)という構造がある。そのような、難しい問題で、酸は酸であり続け、アルカリはアルカリであり続ける。中和というのは、酸性とアルカリが混ざった時に起こる。中性とは安全な状態なのである。
 なぜ、酸とアルカリは混ざると中性になるのか。それは、前述した水素と水酸が化合し、化合式で言えば(H+OH→2H₂O)になる。つまり、中和とは水素と酸素が結合し、水になること。しかし、その場合は(H+O₂→H₂O)が一般的だ。しかし、酸とアルカリの結合の中性化も同じ原理である。
 したがって、酸が掛ったら、同じ度数のアルカリを掛ける。アルカリが掛ったら、同じ度数の酸を掛ける。酸にも強酸と弱酸というのがある。つまり、この物質の関係が大切なのだ。

 要点のみを書きます。
(実験の目的)
 まず、なぜこの実験をしたのか考えて下さい。まぁ、間違えたっていいから自分で考えること。
(実験方法)
 どんな道具を使ったとか書く。
(感想)
 自分の感じた事を書く。

 せっかくだから、感想文の見本を書いてあげよう。

 リトマス紙について。
作文へた子
 リトマス紙は、赤と青がある。赤いリトマス紙はアルカリ性の液体が付くと青く染まる。青いリトマス紙は酸性の液体が付くと赤く染まる。この紙は魔法の紙かもしれない。
 しかし、この...続きを読む


人気Q&Aランキング