マスコミ系、映像系の仕事に申しこもうかと思っています。

そこで日本にあるケーブルテレビ会社とテレビの下請け会社、また映画製作会社など会社名を教えてください。

がんばって受けてみます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自分が知る中で一番ADの仕事について詳しく解説しています。


↓ADの仕事 テレビ番組の作り方『情報ドキュメンタリー番組編』

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/3606/index. …
    • good
    • 0

ということは、制作・編成という花形を狙ってるのかな?



私が具体的に言えるのはケーブルテレビ会社だけです。
ケーブルテレビ会社は、基本的に自社番組の制作や編成枠は、1ch分(コミュニティ系、地域系)しか有りません。また、会社によっては、番組の企画編成制作を基本的には行わないところもありますよ。主に募集するのは、営業職です。加入営業というものですね。制作や編成に時間を割くリスクは負いません。基本的には、どこからか経験者を引っ張ってきますので、新人を採用するのは皆無に等しいか、稀です。あとは番供(番組供給会社)と契約した番組を編成するだけなので、普段は総務や営業及び技術の仕事をして、傍らで編成・制作することが殆どですが、、いいですか?制作や編成に携われるという思いで入社されるとがっかりするかも知れません。もし、その方面に就職したいのなら番供の方が仕事はあると思われます。

日本ケーブルテレビ連盟
 http://www.catv.or.jp/renmei/renmeihome.htm
ケーブルテレビ番組供給者協議会
 http://www.catv.or.jp/ban/banhome.htm

テレビの下請け会社は、番組制作会社で 映画製作会社は、映画製作会社・映画配給会社・映像制作会社で 共にネット検索して下さい。
    • good
    • 0

宣伝会議という出版社から出ている「マスコミ電話帳」という本で行きたい方面の会社をご自分で調べてみてください。

書店で手に入ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親会社の強制

ご教授願います。
親会社から内製化を強制させられているのですが何とか法律を使って回避できないでしょうか?

条件
・子会社の顧客は100%親会社
・子会社は親会社と設備運転管理(修繕は別途請求)の業務委託契約をしている
・子会社は修繕など自分たちでできない(がんばればできる)業務は下請けに出している
・子会社は下請けに出したときは、親会社に請求している

親会社は費用削減のために下請けに出さずに自分たち(子会社)でやれと言ってきている。当然子会社には利益はない。

この場合、原契約を修繕込みで再契約しなければいけないのでしょうか?また契約外のこと(下請けにさせると百万円程度)をサービスでしても法律的に問題ないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律は関係ありません。
もちろん内製だから費用は請求できないということはありません。
当事者同士のネゴシエーションによって決まります。
決定事項は再契約または追加覚書で取り交わして置きます。

ただし、資本100%の子会社であれば、どちらで負担しても関係あり
ません。

Qわが社で会社案内を製作することになりました。良い製作会社があったら教えてください

会社案内をこの度製作することになりまして、上司から、依頼する製作会社の候補調査を命じられました。
上司が挙げた条件として・・・
1.クライアントと綿密なインタビューをした上で企画をしてくれる
2.デザイナーが有能で、こちらのイメージをきちんと形にしてくれる
3.印刷までした上で納品してくれる

この3つを挙げました。
2に関しては「高級感の漂う会社案内にしたい」ということで、具体的なイメージとしては、特1級ホテルなどで製作しているパンフレットなどの、ラグジュアリーな(?)イメージとのこと。こういったこちらの意見をきちんと理解してくれる、コミュニケーション能力とデザインのセンス、両方を兼ね備えたデザイナーさんがいれば、そこに頼みたいということです。

実際自分でインターネットを使って調べてはみたのですが、どこも似たようなイメージしか受けず、「ここ!」というところがなかったのでこちらでお聞きすることにしました。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が受けたいのですが・・・・笑)
ネット上でよさそうな所を2~3社探し、見積りを取ってみてはいかがですか?
また、過去に作った物を見せてもらい1番しっくり来る所に注文を出すとか・・・・

Q現行価格を全下請け業者に公表しての再見積り

「法的な問題」・「対抗手段」があるかどうか教えてください。

小さな町工場を経営しております。
大手メーカーの2次下請けになります。

今回、1次下請け業者(当社の親会社)が
その下請けである業者(全下請け業者)に対して
再見積りを実施いたしました。

つまり、全品番を全下請け業者において
再度、競争見積りさせるというものです。


これだけでも、かなり道義的に問題ありそうなのですが・・・


更に、個々の商品において、
  『どの業者が受注している商品か』
  『その商品の現行価格がいくらなのか』
という情報までを、全品番において明記して再見積り  となっているのです。


この親会社の行為、すなわち
  『下請けと過去に取り決めた価格(当然、過去に見積りをして決まっている値段)を
  公表しても法的に問題にならないのでしょうか?』

何か、対抗手段はないものでしょうか?

Aベストアンサー

商道徳的にはどうかという気はしますが、買い叩きには当たらないのではないでしょうか。

たとえそのデータを公表しても現状以下で見積もりを出すものがいないこともありえる訳ですし、逆にもっと安価で納品できるものがそれを見て高い値段で見積もりを出すことも考えられます。

自発的に出した見積価格で契約するのは取り引きの自由で違法ではありません。たとえその価格が貴社にとっては赤字でも他社は合理化で利益を出しているかもしれないからです。

買い叩きは発注者の有利な立場を利用して下請け先に不利な条件を押し付けることです。たとえばある単価で大量発注の契約をして下請けがそのための設備をした後で、大幅な値引きを要求する行為などです。

一方期間契約でその期間終了後に次の見積もりで安い別な納入者に注文を移すのは問題ありません。

貴社の不愉快なことは理解できますが、一方先方の取引条件が判ったという利点もあるわけですから、経営努力でそれを乗り越えるコストを実現することが本来の姿ではないでしょうか。

Qマクロ的にみると技術系の会社と営業系の会社ではどちらが大きく会社がなる

マクロ的にみると技術系の会社と営業系の会社ではどちらが大きく会社がなるのですか?

Aベストアンサー

マクロ的には。。。営業会社だと思います。

営業に特化、または力があれば商材がなんであろうと、発展していきます。
ですが、技術系は、よい技術を発見、もしくは開発できなければ、経営が難しい。

ですが、爆発的に大きくなる可能性があるのは技術系ですけどね。それは営業系にはないと思います。
ものすごく簡単答えですが・・・

Q孫請けが親会社に確認してはダメですか?

お世話になります。

毎日のように同じような質問をしているのですが、またまた状況が変わり、別の疑問が生まれたのでお願いいたします。

クライアント、下請け、孫請けの3社があったとします。
下請けが孫請けに対し「クライアントが正当な理由なく、下請けに賃金を支払わないため、孫請けにも賃金を支払えない」と言い出しました。
下請けに疑わしい様子が見られるので、孫請けが「本当に賃金の支払をしていないのか、親会社に直接確認したい」と、下請けに問い合せると、下請けは「孫請けが親会社に、直接問い合せるのはタブーであり、そんなことをすると、払ってもらえるものももらえなくなると、弁護士が言っている」と言ってきました。

また、「下請けを飛び越して親会社に確認を取るなどと言って、脅迫罪で訴えられた人もいる」などとも言ってきました。

非常におかしな話だと思うのですが、一応確認させて頂きたく、こちらに質問しました。
以上のような話は、おかしいですよね?

Aベストアンサー

建設業法をお読みになる事をお勧めします

抜粋ですが、
孫請けが工事費を貰う事が出来ない場合
元請負に肩代わりを要求する事は認められている行為です

Q下請け会社 社員の敬称

下請け会社に仕事を依頼する際、リーダーにある方を指名して依頼する
のですが、そのときの敬称はどうしたらいいのでしょうか?

○○会社 リーダー様
下記作業を△△さんに依頼したく・・・・・

「さん」「様」「氏」・・・
指名することについては以前から行っていますので問題はありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

○○会社 リーダー ○○様
下記作業を御社の△△様に依頼したく・・・・・

本来、正式依頼なら、依頼文書の雛形を作成し、それを使うのが社内的にも統一が出来るので良いです。

下請けとかは関係無いです、これはマナーですので、一般のビジネス文書と同様です。
仕事を出しているんだという考えがあるなら、改めた方が良いです。

Q親会社のチラシ配りの手伝いを要求される。

こんにちは。

タイトルの通り、親会社にチラシ配り(ポスティング)を手伝うよう要求されています。

チラシは200部程度ですが、こちらも忙しい身ですし、下請の単価も安いのにって・・そのせいで忙しいんだぞコラー!といいたいところですが、なにぶん下請けですし断るつもりは無い(出来ない)んです。

でもこれって違法性ないんでしょうか?
以前ドンキの商品陳列にメーカーの営業マンが駆り出されて揉めた事があったと記憶しているんですが、同じことじゃないでしょうか?

ちなみに
・「協力お願いいたします。」と丁寧に書いてあります。
・全ての下請け会社に送られているようです。
・勿論無償です。
・断ったら具体的にどうなるかは書いていません。
・とぼけて無視しようとしたら再度FAXが送られてきました。

ご回答頂いた意見をもとに(匿名で)親会社に改善要望を提出する予定です。
宜しくお願いいたします。
夏とか冬とか、本当しんどいんです・・。

Aベストアンサー

断るのは自由。
改善提案出すのも自由。
公正取引委員会等に不当不法行為と申し出るのも自由。
告訴、告発も自由。
ただし引き受ければ適性に配布する義務あり。
不当、不法に廃棄等すればあなたが損害賠償請求される可能性もあります。

Q自分は、今、勤めている会社の下請けになるのか?

建設業の中小企業(20人規模バイト含む)に勤めている40代です。公共事業の削減で、以前より仕事が減りました。実は、今まで、10年間、会社勤めをしていますが、国民健康保険・国民年金です。社会保険ではありません。建設業なので役所関係の仕事が主です。役所へ社員名簿を提出する際、社会保険に加入してることが必要です。それで、会社側から、『今までの給料は、出すから、会社の外注という形をとってくないか?役所に出す書類で、社員であれば、社会保険が必要になるから。(常用してる社員は、社会保険)今度から、税務署で年収の申告を自分でやってくれ。』と言われました。要は、会社側は、社会保険を(妻の分まで)支払うことができない状態です。国民健康保険・国民年金だったので、今までと変わりないのですが。
失業保険は、加入します。この失業保険の書類だけが、現在の会社に勤めてるという、証明書になるのです。いままで、この失業保険加入のコピーを役所へ、証明書として提出していました。このような、保険の形態をとっている会社は、多いのでしょうか?私は、自営業になるのでしょうか?他の若い社員(独身)たちは、社会保険です。

建設業の中小企業(20人規模バイト含む)に勤めている40代です。公共事業の削減で、以前より仕事が減りました。実は、今まで、10年間、会社勤めをしていますが、国民健康保険・国民年金です。社会保険ではありません。建設業なので役所関係の仕事が主です。役所へ社員名簿を提出する際、社会保険に加入してることが必要です。それで、会社側から、『今までの給料は、出すから、会社の外注という形をとってくないか?役所に出す書類で、社員であれば、社会保険が必要になるから。(常用してる社員は、社会保険)今...続きを読む

Aベストアンサー

内容からすると、手間受け(社内下請け/自営業)扱いですね。

景気が悪いので、今まで社員だった人でも、手間受けに変えられている人は多いです。

Q下請け会社・病気で製造ストップ・・・どうしたら?

実家の家業についてご相談します。あるメーカー(大企業)の下請けとして、40年以上前に父が始めた事業を父亡きあと母が引き継ぎ、母が70代後半になっても弟とパートさん数名を使ってきりもりしてきました。最近母が脳梗塞で3週間ほど入院し、その間製造と親会社への出荷がストップしてしまいました。母の会社の製造ストップの為、親会社では製品の在庫がどうも底をついてしまったようで、今後の納入先への製品安定供給のため、親会社が仕事を引き継ぐことになりました。母の病気の為、実家の家業は畳まざるを得ません(弟が事業を継ぎ、運営していく事は不可能です)。
先週から親会社の社員が数名、母の会社に来て弟から製造方法の引継ぎを受けています。実家の事情で親会社の生産計画を狂わせたのだから、最初は家族で平謝りで、とにかく親会社の社員に実家の製造現場に来てもらって、新たな生産体制を整えて頂くことにしたのです。母が病み上がりの為、親会社との会議で冷静に話すことができず、母の会社の社員ではないが、娘である私が弟のサポート役として会議にも出席しましたが、いくつか気になる事があり、ご質問します。こちらの事情で親会社に迷惑をかけたのは確かですが、実家の設備、機械、光熱費を使って親会社が製造しているにもかかわらず、親会社から、設備使用料や光熱費の支払い(補助)に関する話は一切ありませんでした。母が親会社の社員に聞いても「自分はxx社の一介の社員だから判断できない。」との答だったそうです。状況から考えて、親会社が実家に来る前にはこの様な事を勿論交渉できる立場ではありませんでしたが、このまま弟の人件費も、設備の減価償却費(?)も光熱費も支払ってもらえなかったら、実家としては丸損になってしまいます。
心身の弱った母と、働き者で親会社には従順だが、社会的な判断力に欠ける弟を見ていると、このままでは親会社に製造ノウハウだけ持っていかれ、向こうがノウハウを覚えたらポイされるだけではないかと危惧しています。母には、専門家に相談するなり、親会社の意思決定能力のあるマネージャーに直談判するようにアドバイスしたのですが「下請けという立場だから・・」とか「事を荒立てたくない・・」「病気で車が運転できなくなったので行けない」など気弱になった母からは消極的な返答しか返ってきません。この様な問題にはどう対処したらいいのでしょうか?地元の商工会や中小企業庁関連の公益団体、弁護士会や市役所の法律相談など、ネットで調べていますが、何か具体的なアドバイスをして頂けるとうれしいです。ちなみに、実家は法律的には会社組織にしておらず、父の存命中から父、母、弟とパート従業員数名でやってきた、本当に零細な家族経営の組織です。親会社との間に細かい契約書があるのかはわかりませんが、たぶん無く、長年の信頼関係で仕事をもらい、製品を納入してきたのだと思います。母の会社の社員ではないのですが、母と弟の今後の生活を考えると、いてもたってもいられず、ご相談させて頂いています。何かお知恵を拝借できるようでしたら、ぜひアドバイスをお願い致します。こんなに長い相談文を読んで下さって、ありがとうございます。

実家の家業についてご相談します。あるメーカー(大企業)の下請けとして、40年以上前に父が始めた事業を父亡きあと母が引き継ぎ、母が70代後半になっても弟とパートさん数名を使ってきりもりしてきました。最近母が脳梗塞で3週間ほど入院し、その間製造と親会社への出荷がストップしてしまいました。母の会社の製造ストップの為、親会社では製品の在庫がどうも底をついてしまったようで、今後の納入先への製品安定供給のため、親会社が仕事を引き継ぐことになりました。母の病気の為、実家の家業は畳まざる...続きを読む

Aベストアンサー

質問文だけでの感想では、急ぐ分を社員を出してさせておいて別の下請けを探しているのではないですか
別の下請け先で間に合うようになったらお払い箱にするつもりで、つかった電気などの経費を請求すると出向した社員の費用とか遅れた分の損害賠償のほうが多いとかで払わないだけでなく逆に請求されるかもしれません
ここで質問するよりも書いてあるように商工会でも弁護士でも市役所でもそちらに相談すべきでしょう

Q建退共の下請け会社への支払について

公共事業請負の小さい建設会社で事務をしております。
自分の会社が元請けで、下請け会社へ建退共の支払をする場合、現場でかかった材料費は差し引いた金額で、枚数の計算をするのでしょうか?

手引きを読んでもよくわからなかったので質問したのですが、入社して引き継いだ時に、材料費を引いて支払うと教わりました。
材料費を引いて計算すると(下請けの)請負金額とは違ってきますが、それで正しいのかどうか分からないのです。

どなたかわかるかた、お願いします。

Aベストアンサー

貴方の会社が資材を子会社に与えた場合はその分当然差し引きます。
貴方の会社が資材購入に全く関与しない場合は契約金全額になるのが普通でしょう。
しかし、会社によって違うことがありますので、会社内の上司に確認するのが一番です。


人気Q&Aランキング