こんにちは。
英語の勉強を兼ねて
今はBloombergのライブ中継を流しっぱなしの状態で聞いています。

ただ、Bloombergは株価情報や企業の経営情報がコンテンツですので
あまり強い興味が持てないのが現状です。
(これはこれでかなり勉強にはなるのですが)

どちらかといえば、一般的なニュースのストリーミングを
流しっぱなしで聞きたいと思っています。

皆さんのお勧めがあれば教えてください。

CNNやBBCでも同様の物がありそうな気がしたのですが
見つけられませんでした。きっとどこかにあるのでしょうね・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

CNNもBBCもやってない感じだね。



英語、勉強してるんでしょ。 それならここっ!。

左のニュース・ナウは24時間、リアルオーディオストリーミングで聞けます。

わたしも、チョコチョコ聞いてます。 
 

参考URL:http://www.voa.gov/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も昔VOAのスペシャルイングリッシュに御世話になりました。

ところで、申し訳ないんですが
BBCはラジオでライブストリーミングがありました。http://www.bbc.co.uk/fivelive/

他でお勧めありましたら教えてください。
ビデオは無いのかなぁ

お礼日時:2002/03/17 19:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジタルのデータ放送で地域設定がうまくいかない

デジタルのデータ放送で地域設定がうまくいかない

TVのデジタル放送で、ニュース番組の最中に住んでいる地域の天気が出ると思いますが、
その地域が以前住んでいた地域の物が出てしまいます。

シャープのアクオスで、メニューの本体設定の地域設定では、地域、郵便番号ともに変えてあるのですが、なぜかその地域のニュースがでません。
どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「そのチャンネルのデータ放送内」
その放送を見ながら「リモコンのデータボタン」を押して操作案内を探して確認をしてください。

Q中国の国内物流事情に詳しい方

中国の発展は著しいものがありますが、中国国内の物流はどのような状態かご存じの方教えてください。m(_ _)m

職業柄詳しい方、詳しく紹介されているサイトを知っている方、参考になる書籍、雑誌などの情報をお持ちの方、どんな情報でもいいので教えてください。
特に、トラック輸送に興味があります。
日本の場合は、大手から中小まで非常に多くの運送会社があり、宅配、路線便から引越、冷凍食品、生鮮輸送、美術品に精密機械輸送など様々な専門輸送業者が存在しますが、中国にはどの程度の会社、サービスが存在しているのでしょうか。

Aベストアンサー

佐川急便が進出しています。ブロードキャスターで1月ぐらいに放送していましたよ。物流事情のこともよく紹介されていて、その中で佐川の挑戦がドキュメンタリータッチで描かれていました。とてもおもしろかったです。
ブロードキャスターのサイトで紹介されているかもしれませんが、確認していません。

Q夕方のニュースの開始時間

民放各局の夕方のニュースが始まる時間ですが、少し前までは6時から地域のローカルニュース・6時30分から全国ニュースを放送していたのが、現在では例外もありますが5時50分や5時54分から全国ニュース・6時16分や6時17分から地域のローカルニュースを放送しているところがほとんどです。
全国ニュースとローカルニュースの順が逆になったのは別に何とも思わないのですが、始まる時間が54分・50分・16分・17分というような中途半端になった理由は何なのでしょうか。

Aベストアンサー

 自分が物心ついた頃は民放キー各局(テレ東除く)の全国夕方ニュースはどこも夕方6時きっかりに始まっていたと思います。
 しかしANN(テレ朝系)のステーションEYE(Jチャンネルの前にやってた番組)が17:58分開始になってから他局ニュースもこぞってフライングスタートを始めたようです。

 補足:テレ東は18時台にアニメを放送するため以前から全国ニュースを17時台にやっていましたが、97年開始の「夕方いちばん」が成功、それがきっかけで他局のニュースが5時や4:55分スタート(任意ネットだが)になりました。

Q経済(情報)興信所

民間(信用)調査機関と総称される、経済(情報)興信所にどのような企業があり、どのようなサービス(業務)を扱っているのか、を全体的に調べ上げたいと考えています。
しかし、対象となる企業群の特質からか、あまりインターネット上にホームページ等が立ち上げられていない感じがあります。
どのような調査が可能でしょうか。

Aベストアンサー

回答しておきます。

難しいですね。許認可事業ではないため、「行政」でも把握していません(なお、個人向けの興信所も、許認可事業ではない)。

新聞系では、日本経済新聞社、東洋経済新聞社。
雑誌系では、ダイアモンド社、会社四季報など。
大手では、「帝国データバンク」、「商工リサーチ」辺りが最有力。

一番手っ取り早いのは、「帝国データバンク」辺りのデータを使わせてもらって調べてみれば良いかも知れません。曰く、「非上場企業のデータも入力している」とのこと。

では。

Qテレビ東京が見れない地域、テレビ東京系の放送が見れない地域、TXN

テレビ東京が見れない地域は日本の40%の地域と聞きました
テレビ東京はアニメを沢山放送されていますが、
見れない地域の人はどうやってアニメを見るのでしょうか?
それと、重要なのは、
テレビ東京と言えば日経新聞が大株主で、経済ニュースに一番力を注いでいるテレビ局ですよね
例えば
WBS
ガイアの夜明け
カンブリア宮殿
日高義樹のワシントンリポート
モーニングサテライト
ニュースマーケットイレブン
などなど沢山あります
テレビ東京以外のテレビ局の経済ニュースは糞レベルです
100と10くらいのレベルの差を感じるくらいテレビ東京のほうがレベルが高いです。
テレビ東京を見れない地域の人はどうやって経済ニュースを見ているのでしょうか?
日本の経済・金融・ビジネス知識レベルの低下にならないのでしょうか?

Aベストアンサー

>テレビ東京はアニメを沢山放送されていますが、
>見れない地域の人はどうやってアニメを見るのでしょうか?

地上波に限った話。
ネット局のない地域に対しては、番組単位でその地域の別系列放送局に売ったりします。
ただし、テレ東系列局と同時に放送されることはあまりなく、ほとんどの場合は数週間から数ヶ月遅れということになります。
アニメやバラエティ番組の場合はこのパターンが多いので、全く見られないって事はないです。
ただ、経済番組や時事ネタを扱う番組の場合は遅れて放送することはあまり意味がないので、あまり売買されていないようです。

Qインターネットでの統計情報の検索について

今私は建築系のコンサル会社で働いています。

それで今『各市町村別』の統計データを集める仕事をしているのですが、なかなか上手にできません。(欲しい統計情報が得られない)

とりあえず各都道府県のホームページと総務省(統計情報によっては他の省庁)で検索しています。何かそれ以外に無料で情報を提供してくれるサイトはないでしょうか?
もしくは上手な検索方法なんかもあれば教えてください。

ちなみに今私がほしい統計情報は製造品出荷額等、卸売業販売額、小売業販売額、歳入総額、財政力指数 等です。
(ただし、情報はできる限り新しいもので、かならず市町村別でないとダメです)

よい情報待っています。

Aベストアンサー

私も以前は建築系のコンサルしていました。

まず、東洋経済の「地域経済総覧」をチェックします。ここで、市町村別や業種別などの詳細情報がなかったとしても、この本には出典となっている統計資料が記されていますので、その資料名をキーワードに検索サイトで探します。これでも詳細情報が手に入らない場合には、出典資料名をメモって、大学の図書館か都道府県庁の情報公開室に行って、出典資料をチェックします。東京の方なら「統計センター」に行けば一発ですが、不便なところにあるので、都庁3Fの「都民情報ルーム」をよく使っていました。

参考URL:http://www.toyokeizai.co.jp/data/databank/chiikikeizai/, http://www.nstac.go.jp/

Q他地域の新聞・・・

他の地域の新聞(その地域のニュース)をインターネットで見ることってできるんでしょうか??

Aベストアンサー

これはどうだ!

参考URL:http://itp.ne.jp/topics/mainichi/

Q机上の情報処理が苦手(コンサル業)

机上の情報処理が苦手です。たとえば、報告書を読んだ後に見解を求められるたりすると、「そこに書いてあること、そのままですよね」としか言いようがありません。また、プロジェクト開始前に、「資料を読んでみて、わからないことがあったら質問して」とか「やりたいことがあったらどんどん言いなさい」とか、言われるのですが、さっぱり思いつきません。

実際にプロジェクトが始まり現場に出たりすると、いろいろな問題や課題が少しずつ見えて来て、ようやく自分の中で机上の情報が初めてリアリティを帯びてきます。頭の切れる人は、現場に出なくても資料の上でいろいろ語れるようなのですが、自分の場合どうしても現場とリンクさせないと理解できない上、内容も覚えられないのです。また、課せられた業務を勘違いして、迷走してしまうこともあります。言われたことをそのまま理解できないというか、特に未経験の分野だったりすると、一つ一つの方法を細かく確認しないと、前に進めません。そのために、プロジェクトの最初の頃は、「こいつは分かってない」とか「この仕事に向いてないんじゃないか」と思われることも多く、なるべく大人しくしているようにしています。現場に出て段々理解が深まってくると、周囲の人々とも話が通じるようになってきて、そこまでバカだとは思われなくなるようです。報告書も何とかまとめることができます(報告書類でダメ出しされたことはありません)。

机上の情報処理が苦手なせいで、周囲から誤解されたり仕事の効率が悪くなったりするのですが、こういった資料の読み込み作業というのは、センスの問題なのでしょうか。何か良い方法やコツがあれば教えて頂けると幸いです。宜しくお願いいたします。

机上の情報処理が苦手です。たとえば、報告書を読んだ後に見解を求められるたりすると、「そこに書いてあること、そのままですよね」としか言いようがありません。また、プロジェクト開始前に、「資料を読んでみて、わからないことがあったら質問して」とか「やりたいことがあったらどんどん言いなさい」とか、言われるのですが、さっぱり思いつきません。

実際にプロジェクトが始まり現場に出たりすると、いろいろな問題や課題が少しずつ見えて来て、ようやく自分の中で机上の情報が初めてリアリティを帯びてき...続きを読む

Aベストアンサー

長年SEをやっていましたけど、私も若いころは、そうでした。
報告書に書いてあることしか、見えなかったですね。
でも現場の経験を積み重ねているうちに、自分の過去の経験からして、書いてないことが気になるようになりました。
プロジェクトを終えるごとに報告書を作成することは、後ですごく役に立ちます。
あせらず、一つひとつ経験を積み重ねていきましょう。

Q関東地区のニュース、話題

夕方のニュースは、地方では全国放送と県内ニュースが交互に放送されるのですが、例えば神奈川県や埼玉県などではずっと全国ニュース(キー局制作)が流れているのですか?というのは東京近郊の県であっても必要な地域情報やニュースはあるはずです。テレビ放送に関して、そのような情報は、専ら独立局(茨城県は独立局がないけど)やCATV事業者から得ているのでしょうか?

Aベストアンサー

いいえ、東京でも全国ニュースと関東向けニュースを分けて放送しています。当然、関東エリアの取材はキー局が行います。独立局は関係ありません。

Q事務職の個人情報取り扱いのポイントを教えて下さい

事務職社員向けに、個人情報の取扱い上の注意点やポイントを分かりやすく伝えたいと思っています。
「個人情報10ヵ条」のような形でなるべく分かりやすい標語を作成しようと考えているのですが、参考となるホームページや標語等あればご教お願い致します。

Aベストアンサー

たまたま人事等で実務を担当してきた者に過ぎません。

URLなどは個人情報保護ガイドラインやプライバシーポリシー対策など検索したら関連書籍や様々な啓発的なことがありました。

これは今の時点で検索しただけですが、企業やプロバイダーなど同様にプライバシーポリシーなどがあると思います。
また「個人情報の取り扱いについて」など参考になるものは身近にあると思います。ガイドブックやセミナーなどの情報もありましたので自分も参考にしたいと思いました。

確かに事務職に限定しなくとも特に人に関わる仕事など介護や医療、行政などその範囲たるや多岐に渡ると思います。

啓発も重要なことかと思います。同時に職務に従事する全ての従業員の行動規範につながる標語やスローガンで完結することなくいかに徹底してこれを継続する目的を常に念頭に置かないと、一概に断言できませんが、手段や方法が目的と摩り替わって全てが上手く完結、周知徹底できたと錯覚することなく、定期的な啓発など場合によっては何が目的なのかという大切なことを啓発することも必要なことがあるかと思います。
人事など個人だけではなく会社の情報や給与、賞与などの一次情報を取り扱う頻度があり、名簿ひとつでも施錠して担当者(自分と上司一名と社長などに限定し施錠も同様)が責任を持って閲覧後などは必ず施錠などをしてきました。

また、仕事の性質上、会社では自分の使用するパソコンは社内でLANなどで一切接続していませんでした。文書やメールを作成し、該当する情報と直接関係のない社内文書や取引や採用などのパソコンと分けて使用していました。周辺機器も制限をかけていたくらいで、効率が悪いと思われがちかと思いますが、たとえ親しい社内の方でも個人に関することは話すことはなく、いわゆる飲み会なども控えていたくらいで良いくらいかと当時は思っておりました。

どんな方法でも100%安全というベストな方法はないと思います。
この経験などでかなり基本的なことは個人情報保護法案以前から日常的に習慣づけていたので基本的なことは勉強になりました。

必要に応、個人や会社に関する機密や守秘義務などは就業規則で「生涯において職務上知りえた個人ならびに会社の機密等これを漏洩してはいけない」という厳しい規程もあります。

取り扱いにはかなり留意してきましたが、最近ではインターネットなどの普及により以前より容易に個人に関する情報が知らない間に…という場合もあるかと思います。

一方で個人情報の保護が過度になり慎重になりすぎるという考えもあると思いますが、参考程度にでもなれば幸いです。

参考URL:http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/gaidorainkentou.html

たまたま人事等で実務を担当してきた者に過ぎません。

URLなどは個人情報保護ガイドラインやプライバシーポリシー対策など検索したら関連書籍や様々な啓発的なことがありました。

これは今の時点で検索しただけですが、企業やプロバイダーなど同様にプライバシーポリシーなどがあると思います。
また「個人情報の取り扱いについて」など参考になるものは身近にあると思います。ガイドブックやセミナーなどの情報もありましたので自分も参考にしたいと思いました。

確かに事務職に限定しなくとも特に人に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報