忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

ハウスメーカー数社と交渉を予定していますが、
エスバイエル、三洋ホームズ、へーベルハウスを検討しています。
今回、初めての戸建取得なので、基本的なことも理解していません。
各ハウスメーカーについて参考となるご意見お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

エスバイエル、へーベルハウスを検討したことがあります。


エスバイエル(木質パネル工法)の良いところは、設計(間取り)が斬新で面白いところです。検討されているのなら間取りを依頼してはいかがでしょうか?
きっと面白いものが出てくると思います。私はエスバイエルの間取りに嬉しい驚きを覚えました。

へーベルハウス(鉄骨工法)の良いところはやはり耐震性だと思います。モデルハウスで鉄骨や基礎のモデルを見ましたが、他のどのメーカーよりも明らかに太くしっかりした鉄骨を使用しています。(重量鉄骨は検討していないのでわかりませんが)
へーベルは木を使わず、へーベル板を使用しています。へーベル板をサイトで検索するといろいろ出てきますよ。欠けやすいという面もあるようですが、営業さんは木でないので白蟻が来ない、と言っていました。
ただ、私はへーベルハウスの外壁がどうしても気に入らず、耐震性が良いとは思いましたがそれ以上検討しませんでした。

エスバイエルの現場にも行きましたが、私が見た限りでは木質パネルがかなり薄いように感じました。
営業さんが現場の職人さんに挨拶をしませんし、遊び釘がかなり多く気になりました。遊び釘は構造には関係ない釘とはいうものの、他社のきっちりした現場を見た後でしたので違和感がありました。
その点を営業さんにお話しましたが、家に対して施主ほどの熱意があるわけではないし、現場なんてどこでもあんなもんですよ、との事でした。
壁体内換気の卵パックのようなもの(名前は忘れました)は東大と開発したもので特許だと言われましたが、現在では特許は切れているとも聞きました。(切れているかの確認はしていません)
また、営業が見積をたてるため見積違いが起こります。私の時は100万弱のアップだったと思います。営業が立てた間違っていた見積で契約するように言われてましたので、分からずに契約していたら、と後で冷や汗でした。

ここには上がっていませんが、他に一条工務店、スウェーデンハウスを検討しましたが、三井ホーム(2x4)で決定しました。ここに挙げた他社がどうかは分かりませんが、三井ホームの見積積算はかなり正確で信用できるものです。
私は三井ホームで契約し、地鎮祭が終わったところですがかなり満足しています。

ハウスメーカーを選ぶときは営業さんとの相性はもちろんのこと、ちょっとした行き違いや質問に対して間違いなく、誠実に、数字は正確に答えてくれる事が最も大事だと思います。見積をご覧になった事があれば分かりますが、住宅建築に使われるパーツはものすごい数です。とても素人がみて間違いを見つけられるものではありません。

あのときエスバイエルの間違った見積で契約せずに本当に良かったと思っています。見積が違っていると資金計画が狂ってしまいますので、大きな違いは苦しいと思います。

長くなってしまいましたが、すべて私の私見ですのであくまでも参考程度になさってください。
メーカーに迷ったら建築中の現場に行くと良いですよ。

良い家がたちますように....。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なアドバイスをいただきありがとうございます。
営業マンとの相性については今後重視したいと思います。

お礼日時:2006/08/29 16:30

プレハブ住宅(refabricated House)は、工場で住宅構造体を生産し、それを建築現場で組立てるシステムによって建築される住宅です。


ご検討されている三社は木質系、鉄鋼系の違いはあれ、いずれもプレハブ建築とよばれるものです。詳細は下記URLをご参照ください。
またプレハブ建築協会では、より具体的に使用される部材や工法などの技術情報の公開もされていますので、ご興味があればお問合せされるとよろしいかと。

やや画一的なデザイン傾向があるのは致し方ありませんが、その反面、安定した品質や価格、納期の面ではメリットがあると思われます。
いずれにせよ、プレハブか否かや会社の名前だけに惑わされずに、納得のいく家づくりに励んでください。

参考URL:http://www.purekyo.or.jp/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

URLを参照させていただきます。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/29 16:31

私もエスバイエルと三洋ホームズで検討したことがあります。

1回目は三洋ホームズで建てました。

へーベルは2x4じゃなく、鉄骨にALCですね。
どちらかというと三洋ホームズの仲間に入ります。

値段的に言えば
エスバイエル<三洋<へーベル
となるでしょう。

ただ、あまりに工法が違うので、値段だけでは決めれないでしょうし、2X4というならもっと安いメーカーはあります。

エスバイエルの良いところは、関西系では土地込みで良い物件を紹介してくれることと、(個人的な趣味になりますが)デザインは良いと思います。

三洋ホームズは元、クボタハウスなので、素材は鉄骨系の中では良いものを使っています。また、軽量鉄骨なので、開口部を広くとれるので大きな窓や、広い部屋をとれるのとレイアウト変更が比較的自由です。

へーベルはちょっとデザインが好きでないので検討したこともありませんでした。丈夫だとは聞きますけどね。

ただ、そのあたりのメーカーならどこで建てても満足のいくものが出来るとは思いますよ。
それに他にもいいメーカーはいっぱいありますし。
いろいろ見られてから決めたらよいと思います。

この回答への補足

回答いただきありがとうございます。
三洋ホームズはプレハブメーカーと聞きました。
プレハブメーカーと聞くとあまりいいイメージがわかなかったのですが、思い違いでしょうか。
鉄骨系というと三井ホームというのも聞くのですが、鉄骨系は耐震性は優れているのでしょうけど、現行基準の木材系とのものとはそれほど大きな違いが出るものでしょうか。
トヨタホームとミサワの違いも簡単にご教示いただけませんか。

補足日時:2006/08/28 23:18
    • good
    • 0

#1の方も書かれていますが、工法が違います。


工法など、素人にはわからないと考えている人が多いようですが、絶対に基本は押さえて下さい。表面の仕上げなどは最初の計画段階では完全無視でかまいません。あとで何とでもなります。基本構造は後で変えられません。
私も素人ですが、工法に興味を持ってからはモデルハウスでの見る目が変わりました。
工法によって、間取りが全く変わってきます。強度のための壁や補強が違うので、そのために壁が必要だったりするわけです。
それと、なんとなく雰囲気が違います。窓の位置や壁の材質が違うため、風の通り方や音の響き方が明らかに異なります。どれがいいというのではなく、好みの問題です。
メーカーのパンフレットには工法について大きく書かれていると思います。それをよく見て、木造軸組工法、壁工法、鉄骨、鉄筋コンクリート、などの違いを理解して下さい。住宅展示場で何メーカーかハシゴして訪ねると親切に教えてもらえます。

この回答への補足

本当にHM探しをはじめたばかりなので、基本的な工法等についても素人同然なのです。
この3社は知人が良いと進めてくれた会社です。
エスバイエルとへーベルハウスは2×4と認識しており、木材系か鉄骨系かの区別と考えています。耐震性等を考えると鉄骨系が良いとのことですが、営業担当者によれば品質基準法をクリアしているメーカーであれば、木材系でも全く問題ないと聞いていました。
三洋ホームズはコストメリットが高いという認識程度です。
ご教示いただく点が多いと思いますので、よろしくお願いします。

補足日時:2006/08/28 14:11
    • good
    • 1

各社特徴が異なる業者さんで比較されるのですね。

比較しづらいとは思うのですが・・・・。
各業者の工法それぞれ長所短所あります。それは今までosakamenさんが感じているでしょうし、その感覚のままで良いのではないでしょうか。私はどれが良いとか悪いとかは思いません。好みの問題だと思います。私自身は特に好みの工法はありませんが、魅力を感じない工法はあります。また、あまり業者というのも関係なく、施主さんが関わったスタッフ個人のレベルの問題で、良い家が建つか建たないかが決まると思っています。例を挙げると、ある業者は気に入ったけど営業担当が自分と合わなかった場合、ほとんどの方は営業担当を替えるのではなく業者自体を替えているのではないかと思います。いろいろなサイトであそこの担当者は良かったとか悪かったとか書き込みがありますが、良いスタッフしかいない業者も悪いスタッフしかいない業者もありません。結局は良い担当者であれば良い会社でしょうし、そうでなければそれなりの会社という評価になると思います。でも家を建てることは一生に多くて2、3回でしょうから、当然施主さんはその時の担当者の評価を業者の評価とすると思います。
多くの方が好みの工法があるとは思いますが、バラバラの工法の業者を比較すると、先に挙げた理由で好みの工法の業者で施工しづらくなります。そこから好みの工法の別業者というのも時間がかかりますし。ですから個人的には工法を決めてその中の数社で選んだ方が良いとは思います。
経緯は存じあげませんがその3社に絞った理由があると思います。同様に、普通に打合せを平行して進めていけば、勝手に絞れていくのではないかと思います。
打合せを進めると、担当者の良し悪しも一緒に見えてくる筈です。
少し乱暴な意見かもしれませんが、現実はそういうところで業者を決めている方も結構いると思います。私はそれで良いと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。

お礼日時:2006/08/29 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエス・バイ・エルについて

今度、エスバイエルで家を建てようと8割方決めているのですが、実際にエスバイエルで家を建てた方や、建てた方から聞いた話(噂話ではないです)で感想を聞かせてください。
営業マンの人、アフターサービス、実際に住んでどうか、欠陥があるとか、苦情の時の対応、大工さんの対応(地域によるかな?)等、生の声を聞かせてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

生の声でよいのですね・・・。
では、私の地域のエスバイエルの業者の実態を暴露しましょう。

エスバイエルの家作りをしている会社は、地方都市にありながら一部上場の建設会社です。
地方の会社としては大掛かりな土木事業を請け負える会社です。
見かけ上は非常に立派な会社です。
昨年、そこの会社が請け負った、工事の管理を施主から依頼されました。
工事の質に疑いを持っていたわけではなく、水質に問題があったので調査して対処する方法を検討することが役目でした。
ところが、工事が進展して配管工事があらかた終わったところで、一応点検してみようと検査したところ、大変な工事をしてありました。
信じられないような例をあげておきます。

1.給水管よりも排水管のほうが細い
 工事を請け負っていた孫受けの作業員に問いただしたところ、「配管を通すところが狭かったので、細くしました」とあっさり悪びれずに答えてくれました。
給水間は圧力がかかった水が通ります。しかし、排水管は横引きで重力で流れますから、少なくとも給水間の径のふた回り以上大きな管を使うことは常識で判断できます。

2.排水管の先のほうが元よりも高い
 排水管に気がついた後で、心配になったので、実際に水を流して排水試験をしてみました。
ところが排水桝(排水を一旦受ける土中の容器)に半ばくらいまで排水がたまっても流れる様子がありません。
作業員に『図面を見せろ』というと「ありません、配管を埋める位置のスケッチはありますが」という答えでした。
これでは、排水が溢れてしまうので、敷地に埋設した排水管をユンボで掘り起こさせました。
その結果現れたのは、給水間と同口径の排水管が、先のほうが高い状態で埋設されていました。

以上の二点は、建築現場で実際に起こった信じられない事象です。

さらに、悪いことに、この会社は協力会社に支払いをなかなかしません。
払ってほしかったら、次の仕事はサービスでやれくらいのことを平気で言う会社です。
個人経営の作業者にさえ長期の手形しか渡しません。翌月の現金払いや、銀行振込など念頭にありません。
そうやって浮かせた資金を運用して大きくなった会社です。
先日私のところに引き合いが来て、見積りを出したのですが、身の回りの同業者が「絶対止めとけ!」と強く勧めるのでこちらから下ろさせてもらったばかりです。
他の地域のエスバイエルの担当業者の話は知りませんが、当地のエスバイエルを手掛けている「一部上場」の建設会社の実態は上記の通りです。
実はこれでほんの一部分しか紹介していません。全部聞いたら、エスバイエルのイメージが底に落ちてしまうのでやめておきます。
エスバイエルの担当者の方がこれを見ても怒らないで下さいね。
すべて事実だけ述べましたので。

生の声でよいのですね・・・。
では、私の地域のエスバイエルの業者の実態を暴露しましょう。

エスバイエルの家作りをしている会社は、地方都市にありながら一部上場の建設会社です。
地方の会社としては大掛かりな土木事業を請け負える会社です。
見かけ上は非常に立派な会社です。
昨年、そこの会社が請け負った、工事の管理を施主から依頼されました。
工事の質に疑いを持っていたわけではなく、水質に問題があったので調査して対処する方法を検討することが役目でした。
ところが、工事が進展して配...続きを読む

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む

Q積水ハウスのシャーウッドの値段について

これから一戸建てを新築しようと考えているものです。
住宅展示場に行く前にある程度知っておこうと思い、
ネットで調べたところ、積水ハウスが業界NO1と聞いて、
第一候補として検討したいと思っています。

延べ床で35坪ぐらいを考えていますが、
積水ハウスのシャーウッドで建てると、
総額(本体価格、外構、カーテン、照明、諸費用等込み)で
いくらぐらいになるものでしょうか。
※土地代は含まずでお願いします。

近隣に住宅展示場があって、積水ハウスがあります。
そこの営業マンに聞けば良いかもしれませんが、
他の書き込みなどを見ると最初は高く提示してくる等、
営業マンの提示額をそのまま鵜呑みにできなそうですし、
また、坪単価の書き込みもありますが、
どこまで(本体価格?、総額?)を対象としているかが
よくわからなかったため、質問させて頂きました。

Aベストアンサー

最低でも2500は用意しないといけません。満足いく仕様にしたければ全然足りません。低いお金を気にしてるお客様は積水ハウスは嫌います。契約書のサイン以降、最悪な思いをすると思います。もしあなたが時間をかけて考えて満足いくようにしていくタイプでしたら、絶対後悔します。ちなみに積水ハウスは鉄骨よりシャーウッドの方が坪5万程度割高です。あと鉄骨とシャーウッドを比べますと柱の太さが違うんで、若干シャーウッドの方が部屋が狭くなります。さらにシャーウッドは比較的裕福層のお客様相手ですので、鉄骨に比べて営業マンが少ないため、経験を踏んだ方を置いてまして、素人はほぼやられます。照明の積水単価は30%引きです。ネットで探せば65%引きくらいでもありますよね。カーテンは、高いので自分で揃えた方がいいかもしれません。支店によってカーテンの選べる数が全然違います。諸費用は8%。外構は自分の指定した金額でお願いするといいと思います。最後に営業マンの言葉や設計やコーディネーターの言葉は100%信用しない方がいいです。回答は一時保留して、違う方に相談して最終的に自分で判断するのをおすすめします。彼らはいつでもお客様の満足度より自分の利益率を考えて薦めてきますので。

最低でも2500は用意しないといけません。満足いく仕様にしたければ全然足りません。低いお金を気にしてるお客様は積水ハウスは嫌います。契約書のサイン以降、最悪な思いをすると思います。もしあなたが時間をかけて考えて満足いくようにしていくタイプでしたら、絶対後悔します。ちなみに積水ハウスは鉄骨よりシャーウッドの方が坪5万程度割高です。あと鉄骨とシャーウッドを比べますと柱の太さが違うんで、若干シャーウッドの方が部屋が狭くなります。さらにシャーウッドは比較的裕福層のお客様相手ですので...続きを読む

Q1000万で家を建てた方。快適さはどうですか?

いつか家を建てたいので今勉強中です。
ですがこの先何があるか分からないのであまり無謀なローンは組みたくので1000万くらいの家を建てようと思ってます。
家は安いのは安かろう悪かろうと良く聞きますがすべてがそうとは限らないと思うのですがどうなんでしょうか?
大手のハウスメーカーではなく地元の工務店にお願いしてみようと考えています。
家の外観や設備にはあまりこだわりはありませんが自然素材で作りたいです。
あまり便利な機能はつけるつもりはありません。ごくシンプルな家を目指しており足りない部分はDIYなどに挑戦してみたいです(大変だと思いますが)
子供が2人います。最初は1部屋で大きくなったら2人部屋に分けるような作りにします。
土地の広さや建てる場所はまだ決まってないので何とも言えないのですが1000万から1500万くらいで建てられた方住み心地はどうでしょうか?
工夫されたことを教えて頂きたいです。
建てる場所の候補は静岡、神奈川あたりに考えています。
良かったこと、後悔したことどんなことでも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のような仕事スペースを作りました。いまそこでこれを書き込んでいます。
 
 脱衣所も普通の広さ、お風呂は広いくらい。
 二階にもトイレがあるし、廊下も広い。
 二階でこだわったのは将来大きい部屋として使えるようにと、壁ではなく開けられるような間仕切りにしたこと。
 和室の収納を確保するために畳下を収納スペースにしたこと。これも別料金でしたが、小上がり風になり四畳半のスペースがそのまま収納になります。二畳は板間、床の間というか仏壇スペースと一間の押入れがあります。

 住み心地はいいですよ。特に遜色なく住んでいます。
 キッチンもそれなりに広いし、
 玄関アプローチもしっかりしているし。

 細かいところでは、各部屋のドアがストッパーがあり、トレイにはペーパーホルダーが二個用のもので上に物が置けるような板があるところもいいかんじ。洗面所の床下収納は便利です。台所にもあります。普通のシステムキッチンですが別に困ることはありません。

 実は警戒区域からの避難民なので、これで家は三軒目です。
 よって、どこにお金がかかってどこを削れるのかが分かるからかもしれませんが、満足ですよ。

 書いていいのかな…・・建設会社の名前は・・・・一文字です。〇建設。
 一度は手抜き工事で告発された経緯があるので、今はしっかりしていますよ。

 定期点検もしてもらえるし、無料だからこれもOK

 フラット35を使ったのでエアコンや照明分は手出しになったことがネックかな。でもまあ自己資金があるならこれもOK。


 土地はそれなりに500万位のところです。
 電車の駅から徒歩四分。
 少し歩くと河川敷。増水の心配はなし。あっても対岸なので・・・これもOK.

 新興住宅地なので近辺に10件建っています。他は古い住宅。でも少し行くとまた新しい家が沢山ならんでいるような地区です。学校までも遠くない距離。

 壁紙もそれなり。

 最初は張り切るでしょうけれど、住んでいるうちに何とかなるし、リフォームも必要になる時期が絶対に来るから、あまりにもこだわりすぎたりしないで、お仕着せでも十分だと思いまして・・・・・。

 1200万の家。いいですよ~。

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のよ...続きを読む

Q注文住宅の耐震性について

マイホームの購入を検討している30歳になる男です。
住宅の耐震性についてご質問です。

積水ハウスのような鉄骨の構造体なら、東日本大震災や阪神大震災のような大きな地震が来ても歪みひとつないのでしょうか?

クレバリーホームのような在来に金具で補強している程度では、上記クラスの地震が来たときつぶれる、歪む、傾くなどは避けられないのでしょうか?
また、その程度はどのようなものなのでしょうか。

ミサワホームやエス・バイ・エルのような木質パネルや、ツーバイフォーなどの面で支える系の構造体は、クレバリーホームのような在来を強化した工法と比較すると、はるかに強度が高いと言えるのでしょうか?

妻と相談していますが、営業さんの話もまちまちで、耐震性に関する情報は何が正解なのかまったくわかりません。

在来工法メーカーは、耐震等級3だから大丈夫といいますが、大地震が来たら、実際には住むのに支障がでるほど構造体に歪みが発生したりするものなのでしょうか。

以上、耐震性に関する疑問点をいくつか列挙してみましたが、メーカー選びの際に参考にさせていただきたいと考えていますので、どのような些細な意見でも構いませんのでアドバイスいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

マイホームの購入を検討している30歳になる男です。
住宅の耐震性についてご質問です。

積水ハウスのような鉄骨の構造体なら、東日本大震災や阪神大震災のような大きな地震が来ても歪みひとつないのでしょうか?

クレバリーホームのような在来に金具で補強している程度では、上記クラスの地震が来たときつぶれる、歪む、傾くなどは避けられないのでしょうか?
また、その程度はどのようなものなのでしょうか。

ミサワホームやエス・バイ・エルのような木質パネルや、ツーバイフォーなどの面で支える系...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。
補足拝見。
将来想定される地震で在来は必ず倒壊するって?
オモロイこと言うね。
それって、営業の発言?

だったら建築士に裏を取ることだ。
・想定とはどのような地震か?
・設定している在来工法とは?
・100%倒壊する根拠
これらを書面に書かせ、建築士の書名、資格番号を記載させ捺印をもらい、パウチして永久保存。

私ならこのような世迷い言で顧客を不安におとしいれ、契約を結ぼうと考えるHMは遠慮したい。

おもしろいことを教えてあげますよ。
以前、相談を受けて築後間もない家をチェックしました。
相談とはバルコニーが何か変、とのこと。
見たらバルコニーが傾いて下がっちゃっているんですよ。
どこをどうヘマしたらこんな造作するんだろか。
幸い保証期間内とのことで、あとはハウスメーカーに後始末を任せました。

有名な鉄骨プレハブのHMでもこのざまです。
耐震どころか地震が来る前に壊れてしまった。

家と言うのは現場制作の1品物。
プレファブと言っても工場で作れるのは1部だけです。
先に私が現場の話をしたのは施工管理と工事監理(管理ではない)がとても大切だということ。
すべて工場で作られる自動車とは違うんです。

鉄骨含めプレハブメーカーを否定する気はない。
どれも選択肢に入れて大丈夫ということ。
在来で強くしたければ、どのようなイメージなのかを担当の建築士と相談すればいい。
少なくともそのHMはダメじゃん?

No.2です。
補足拝見。
将来想定される地震で在来は必ず倒壊するって?
オモロイこと言うね。
それって、営業の発言?

だったら建築士に裏を取ることだ。
・想定とはどのような地震か?
・設定している在来工法とは?
・100%倒壊する根拠
これらを書面に書かせ、建築士の書名、資格番号を記載させ捺印をもらい、パウチして永久保存。

私ならこのような世迷い言で顧客を不安におとしいれ、契約を結ぼうと考えるHMは遠慮したい。

おもしろいことを教えてあげますよ。
以前、相談を受けて築後間も...続きを読む

Qパネル工法と2×4工法の違い

パネル工法と2×4工法の違いを教えてください。
関連サイトもあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【パネル工法】
床・壁などの構造体をパネルとして工場生産した物を現場で組立てる工法
「木質系パネル」「鉄鋼系パネル」「コンクリート系パネル」がある。
【2×4工法】
2×4インチ(5×10cm)の断面の木材で作られた枠組に構造用合板を釘打ちした木製パネルを組合せる工法。

【社団法人日本木材加工技術協会関西支部】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/index.html

「パネル工法と2×4工法の違い」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/hatena/answers/a129.html

参考URL「住宅基礎知識」

参考URL:http://www.sumainonet.com/j/j_top.html

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Qこれからの住宅は木造か鉄骨どっちが良いか

今年の春に90坪の土地を購入して5年後を目途に新築を計画しています。まだHMにしようか、地元の工務店にしようか決まっていませんが、まずは建物の工法から決めていきたいと思っています。今は建築技術も向上しているとは思いますが、これからの住宅は木造住宅が良いのか、鉄骨住宅あるいはコンクリート住宅が良いのかどれが良いと思いますか?

Aベストアンサー

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土質で3トン、砂質で5トン以上、それ以下の地盤に建てるときは地盤改良をしても木造の方が無難です。

また RC は結露の問題があります。コンクリートは建てて数年は湿気を吐き出します。
それに、湿気を外部に全く逃がしません。計画換気をしっかり考えないと健康上も良くありません。
RC 構造では、壁内結露のことを考えると外断熱が良いと思います。
内断熱にすると、断熱材とコンクリートの間に結露でカビが生える原因になります。
ただ外断熱の場合は断熱材を厚くしずらいので冷寒地には向かないと思います。
とは言え、硬質ウレタンの50mm程度を施工すれば、IV地域以南では全く問題ないでしょう。

また RC と言えども寿命があります。
コンクリートの水セメント比と、鉄筋のかぶり厚で40-100年程度で駄目になります。
大抵は 21-24N/m2 で、かぶり厚4cm程度なので 50-60年程度でしょうか。
耐用年数的には、木造でもキチンと作れば(作ってないところも多いですが)、
この程度か、それ以上の耐用年数になりますので、極端に長いわけでもないです。
しかも、RC の場合は、耐用年数が過ぎた後は資材を再利用できないので、
長いスパンでは廃棄のことも考えないといけないでしょう。

軽量鉄骨は、木造と比べると、上物が重いだけではなく荷重が柱に集中する構造です。
また、多くの軽量鉄骨の構造(一部違いますが)では、
地震の際の命綱として、フレームにブレースを入れています。
地震が起きたらブレースが確実に歪むので、歪みを治さずに放っておくと、
気がつかずに地震に弱い構造になっている可能性もあります。
制震のダンパーを入れているところもありますが、機械構造の劣化や寿命を考えると、
家の根幹を機械構造に任せるのは個人的に好きではありません。
建てた瞬間ではなく、長期の安全性を考えると、単純で頑丈なモノが一番安心できます。
それを考えると、僕は鉄骨ならラーメン構造が好きです。

鉄骨の場合も充填断熱にすると、
断熱材を厚くしても鉄骨が熱橋になって断熱効率を落とします。
外断熱にした場合も、あまり厚い断熱材を使えないので、
どちらの場合も高断熱には向かないと思います。
とは言え、これも多少の光熱費を犠牲にして、全館床暖房などにすれば快適に過ごせると思います。
また、鉄骨は火災の時には、一気に溶けて崩れるので、火災に対しては木造よりも弱いです。
しかし、どんな構造でも火災の時は窓から火が入るから、構造の強弱はさほど重要でないかな。

次に木造ですが、3階建以上だと RC か軽量鉄骨の方が良いと思いますが、
2階建までならキチンと考えて設計すれば、そこそこ耐震性は高く作れます。
木造は比較的軽く、鉄骨と比べると柱の一部でなく、土台全体に荷重が分散するので、
ベタ基礎にし易く、比較的弱い地盤でも対応可能というのも利点です。

木造は大きく分けると、在来軸組と2×4があります。
どちらの場合も、断熱性能や、家の寿命などは、施工の丁寧さや、部材の使い方でピンキリです。
例えば、建材は湿気に強い弱い、シロアリに強い弱いなどの特徴があり、
適切でない部材を使っているメーカーは意外と多いです。
また、施工の精度で性能も変わります。

昔は在来軸組と2×4の一番の違いは、耐震性と言われていましたが、
最近では在来でも構造面材を使うところが増えてきて、
耐震性という意味では構造よりも、間取りや設計に依存するようになってきました。
最近の構造での在来軸組と2×4の一番の違いは、
2×4の方が職人の技術によって出来上がりが左右されづらいことだと思います。
(これはプレハブにも言えることですね。)
一方、在来は職人の腕に左右されやすい反面、
間取りや将来のリフォームなどの自由度が高いです。

このように、どのような工法でも、一長一短はあります。
建てる地域、土地の状態、何階建かによっても、良い構造は変わってきます。
どんな場合でも、この構造が良いと言えるような構造は無いと思います。
また、同じ工法に分類される構造でも、建材、施工方法で全く性能は変わります。
更に、家は車などの工業製品と違って、一件たりとも同じ建て方ではありません。
いろいろな条件を考えて、最適と思える工法、工務店、メーカーなどを探して、
納得いく家を建てて下さい。

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土...続きを読む

Q2×4(ツーバイフォー)工法のデメリットについて

現在、住宅を建てることを検討中で、在来工法、2×4、鉄骨ラーメンユニットなど、各種ある工法のどれにしようかと悩んでいます。
 その中でも特に、2×4の特性について教えていただきたいと思います。
まず、2×4工法の利点の一つに、気密性が高いため、遮音性も高く室内が暖かいという点があると言われています。しかし気密性が高い反面、特に高温多湿の日本では、壁内結露を生じやすく、結果として断熱材にカビが発生し、最悪、壁が腐食する可能性が、他の工法と比較して高いと聞きます。極論としては、日本では(特に関東以西の温暖な地域)、2×4は適していない、100%カビが発生するという意見を言われる方もいます。現在では対策も進み、改良されているとは思いますが、実際のところはどのような状況でしょうか。
 次に、2×4はその構造上、1階の天井と2回の床が同じ構造体のため、2階の音や振動が1階に伝わりやすくやかましいとも言われています。確かに断面図をみると、いわゆる天井裏がなく、1階と2階の空間が狭いように思われます。そのため、完成後に電気配線等を敷設することができないとも聞きます。これらもそれなりの対策が施されているとは思いますが、他の工法と比較して、また実際に住んだ感覚としてはいかがでしょうか。
 さらに、外壁はモルタル吹き付け塗装がほとんどだと思いますが、何となく壁が薄く平面的な、のっぺりとした印象を受けます。
 加えて耐震性は強いものの、建物自体は軽量のため、国道沿いなので大型トラックやダンプが通った場合、振動するとも聞きます。
 最近は、現場見学会へ通い実物を何件も見てはいますが、営業の方は当然、そのような心配はありませんという説明をしますので、やはり実際に長年住まれた方の体験や感想をお聞きしたいと思います。もちろんメーカーや施工業者により差はあると思いますし、問題のある方、何の問題もない方もいらっしゃると思いますが、できるだけお話を聞き参考にしたいと思います。
 ちなみに2×4で建築する場合は、最大手のメーカーで検討しています。
 質問が長くなり恐縮ですが、よろしくお願いします。

現在、住宅を建てることを検討中で、在来工法、2×4、鉄骨ラーメンユニットなど、各種ある工法のどれにしようかと悩んでいます。
 その中でも特に、2×4の特性について教えていただきたいと思います。
まず、2×4工法の利点の一つに、気密性が高いため、遮音性も高く室内が暖かいという点があると言われています。しかし気密性が高い反面、特に高温多湿の日本では、壁内結露を生じやすく、結果として断熱材にカビが発生し、最悪、壁が腐食する可能性が、他の工法と比較して高いと聞きます。極論としては、日...続きを読む

Aベストアンサー

まず、在来工法は、風土に合った工法であるため、建築の雨の影響を受けなくてすみます。つまり、屋根が早くつく。
将来の増改築が非常に楽。
耐震性能は、下手なHMにやらせると、とんでもなく低い性能になります。

次に、鉄骨。耐震性能がとても高い。鉄骨の壁倍率は5倍から7倍とも言われ、高い耐震性能です。反面、最大の弱点は断熱性能が木造に比べて低いことです。

さて2×4ですが、屋根がつくのが遅いので、あまりたくさん雨の降る時期に建築するのは避けたほうが無難です。

間取りもみなさんおっしゃられるように、増改築しにくい。
耐震性能は、壁倍率5倍まで可能です。簡単すぎるわりには強度もある。
確かに音は響くでしょうね。
しかし、最近は在来でも、断熱性能を強化するために耐力壁を張る場合もあるので、内部の響きは同じように思います。

上下階の振動は、ロックウールや防振束で吸音するようにしてますので、それほどは感じないのではないでしょうか?

カビのことですが、最近は24時間換気も義務付けられ、サイディングを施工するともれなく通気工法を採用しなければならないので、カビの心配はないと思います。
もしカビるのであれば、在来もだめだし、鉄骨も細かい仕切りには木材を使うので、木で作った家はすべてダメということになります。
そんなことはありませんよ。
今は技術が進化し、木材がしけないように徹底的に改良されてます。

ただ、昔のように断熱材もところどころ入って、ガタついたアルミサッシを取り付け、アスファルトルーフィングも適当に張られたような24時間換気もない昔の2×4とか在来は、ちょっと腐ってくる水準かもですね。当然通気工法なんてないので、躯体だけでなく、雨が降ると部屋までジメジメしますよね。

今はサッシもペアとか樹脂とか高級なものがありますし、カビはないと思いますよ。
うるさいような住環境であれば、窓はいいものをつけたほうがいいですね。
壁材はなんでも使っていいですよ。2×4は。

まず、在来工法は、風土に合った工法であるため、建築の雨の影響を受けなくてすみます。つまり、屋根が早くつく。
将来の増改築が非常に楽。
耐震性能は、下手なHMにやらせると、とんでもなく低い性能になります。

次に、鉄骨。耐震性能がとても高い。鉄骨の壁倍率は5倍から7倍とも言われ、高い耐震性能です。反面、最大の弱点は断熱性能が木造に比べて低いことです。

さて2×4ですが、屋根がつくのが遅いので、あまりたくさん雨の降る時期に建築するのは避けたほうが無難です。

間取りもみなさんおっ...続きを読む

Q長期優良住宅申請にかかる費用について

新築住宅を建てます。長期優良住宅にするのですが、その際にかかる費用を以下のように、建設会社から提示されました。

適合審査手数料        47000円
京都府認定申請手数料   13000円
設計申請書類作成費用  340000円
合計               400000円

上記2つは、どこでしても変わらないということです。
設計申請書類作成費用が34万円は適切な価格といえるでしょうか。

ちなみに土地価格は約2250万、建物価格は約2200万です。

Aベストアンサー

建設会社は設計事務所登録してますか?
登録してなければ実際の業務は他所の設計事務所に依頼されるでしょう。
登録してても、ほとんどが外注にだしてしまうでしょう。
その場合、34万の内の10~20%位は建設会社の利益ですね

34万の中に、建物の設計費用は含まれてないのであれば
ちょっと、割高なような気がします。

設計事務所の中には、確認申請業務や、こういう申請手続きをメインでやってる事務所もあります。
個人の方が、そういう事務所探すのはちょっと大変だと思いますが。

地域、条件によって金額の前後はありますが、
申請書類を作る事務作業費、窓口に何度か足を運ぶ経費等
安いところでは手数料別で10万位でやるとこもあります。
実際には、確認申請や瑕疵担保保険の手続き等合わせて行うので
ちょっと作成する書類が増える程度だと思いますが…


実際に、契約がまだであれば、設計図を持って、別の設計事務所に相談するのも手だと思います。

その前に、建設会社に34万の内訳をきちん説明してもらい、金額の交渉するのも忘れずに!


人気Q&Aランキング