こんにちわ。たとえばAという車があったとします。この車に車両保険(車両価額協定特約付き)が80万円~100万円までつけられるとします(私は100万円つけました)。あるとき追突事故を起こされ相手から対物保険で賠償してもらうことになりました(修理費用100万円)。相手の保険会社の提示額は車の時価額である60万円までしか支払えないということでした。それ以上は支払えないといわれました。この場合、私は自分の保険会社からは車両保険で相手保険会社と同じ60万円しかもらえないのでしょうか?また、車両保険(車両価額協定)と対物賠償保険では車の査定方法が違うのでしょうか?どうぞ宜しくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 追突事故ということなので、相手側が100過失という前提で回答します。


 価額協定は、特約とされるように、全損扱いとなった場合にその金額が保険金の上限として支払われるという特別な契約に基づいたものであり、他方、対物保険による損害賠償は、妥当とされた修理代か全損額のいずれか低い額が支払われるのが原則のようであり、査定方法というよりも、支払のもととなる請求権の種類が異なるものと考えられます。
 相手方の賠償額の全部または一部について、それが車両保険として支払われるかどうかについては、その保険契約の内容によりけりではないでしょうか。
    • good
    • 0

修理費100万円に対して、相手の保険会社から60万円と言われた、とのことですが、過失割合は、100対0でしょうか?


もしかして、100万円の修理費に対し、過失割合が60対40で、60万円しかでない、ということではないんですよね?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30代の保険で三大疾病特約は必要ですか?

主人の保険を新しく入り直そうと思っています。
解約→新契約で、余計なものを取り除き新商品に入り直します。
今まで(20代で契約)の時は三大疾病を付けていたのですが、
ここにきて本当に必要か悩んでいます。

なぜなら、他のガン保険に三大疾病(65歳まで300万、65歳以降半額)に加入しているからです。

それと三大疾病って、あまり若い人はかからない気がするのですが・・
今日のニュースで円楽さんが心筋梗塞?だそうなんですが、彼は80歳代でしょうし・・・

ただ、50歳代で、今の保険は更新になるのですが、その時に三大疾病を付けたら、すごく高くなるのでしょうか?
(若い時に三大疾病を付加していると、更新時に多少は金額的に楽なんでしょうか?

Aベストアンサー

なんの為に保険に加入するかを考えるといいかと思います。
生命保険は、万一のときに残されたご家族に経済的負担をかけないことが目的です。
死亡したときは、今回の話ではないので別として、
三大成人病になったときのことを考えてみてください。
まず、入院しますよね。
ガン保険についている三大疾病のついているガン保険に加入なさっているようですが、保険にもよりますが、多少の一時金は給付されますので、当座の費用は大丈夫でしょうし、入院給付金や高額療養費制度などによって入院に関してはまかなえるのではないでしょうか?
もし、終身なら必ず受取れるのでいいのですが、定期保険をご検討なら、あえて三大疾病による保険金は必要ないのでは?
また、脳梗塞などで寝たきり状態になったときや、半身不随になったときなどは、生命保険本体から保険金支払がされたり、保険料支払免除となるのである程度リスクは担保できるのではないでしょうか?

Q車両協定価額と実際の事故での示談との関わり

車両保険の設定額を幅がある中での最低額で設定しようと思うのですが
実際に事故が起こったらどうなるかの疑問です。
設定した額が車両協定価額となるようです。

1、0:100で相手保険会社と示談のとき。
 a全損の判断(こちらの設定額が相手が認めるかそれともあちらの査定額か)
 b、こちらの保険会社の示談代行可否
2、双方責任ありで割合を示談のとき。
 a全損の判断(こちらの設定額が相手が認めるかそれともあちらの査定額か)
3、100:0で相手保険会社と示談のとき。
 a全損の判断(こちらの設定額が相手が認めるかそれともあちらの査定額か)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1、0:100で相手保険会社と示談のとき
相手の保険会社と示談して金額を決定す。基本的にそのときの時価額 例 1月に価格協定で100万円の車両保険を契約 6月に事故相手が100%負担のときは100万円以下の時価額になります。
2、双方責任ありで割合を示談のとき。
相手より時価額の過失分を受け取り残りは自分の保険でカバーします。 例上記と同じ条件で契約 相手過失分40%とします。6月に事故を起こし相手の保険会社より80万円の提示過失分を引かれ48万円を受け取る形に成りますが価格協定で車両保険を加入のため最終的には100万円を受け取ることが出来ます。又全損の為10%(確か?)の上乗せ金があると思います。限度があり
3、100:0で相手保険会社と示談のとき
これは相手の保険会社は関係ありませんのでご自分の保険会社だけですので 2のときと同じ条件になります。

Q125ccバイクの安い任意保険

125ccバイクを購入します。(ちなみに車種はマジェスティ125FIです)
任意保険で一番安い会社ってドコなのかご存知ないでしょうか?
よろしくお願いします(・w・)

Aベストアンサー

下記のサイトでご自分の条件を入れて調べてみてください。年齢や年間走行距離などによっても価格が変わってきます。

参考URL:http://hoken.kakaku.com/insurance/

Q車両時価額の決まり方を教えてください!

先日、追突されてしまい全損でした。
私の過失は0とのことで、相手の保険会社は認めています。
車両を同じ年式、同じグレードを購入しようとしていますが
検索すると220万円+諸費用なのですが、
時価額以上は出せない!の一点張りで非常に困っています。
時価額は158万円とのことでした。
私は、車両保険に入っており、全損の場合、200万円まで出ます。
この金額は、時価額から算出されたと聞いております。

そこで、教えてください。
時価額はどうやって出しているのでしょうか?
車両保険の時価額と異なるのはなぜでしょう?
また、被害者の方々は、この条件でみな泣き寝入りしているんでしょうか?

Aベストアンサー

時価額とは、同じ形式、年式、グレード、同等の状態の車の再取得できる価格になります。

保険会社は買い取り価格の方を提示してくるのが一般的です(金額が安いですからね。)が、車の価値は再取得の方の価格になりますので、出来るだけ多くの中古車情報誌などより、同じ程度の車の販売価格の例を集めだし、その金額で主張していく事になります。

また、その他として認められる経費の部分は、事故車の廃車手数料があります。
新たに購入する車の、重量税、自動車税、自賠責保険は、認められません。
(これは古い車を廃車すれば還付がある為です。)
認められる経費は、車庫証明取得費用、自動車の登録費用になります。

これらを分からずに中途半端に要求すると、保険貸会社は、
「払う必要は一切ない(物が含まれている)」などと括弧の中は言わずに拒否してきたりします。


示談とは相手が納得した状態です。
納得してくれさえくれれば良い、と保険会社は考えていますので、上のように、言葉をうまくごまかしながら支払いを減らそうと頑張って来ます。
これらはきちんと賠償請求できる範囲を把握して請求していくと、逃げ道がなくなる為に(嘘は言えませんから)合意に近づいていく事になります。

請求できる範囲の理解と、請求金額の理解を良く行って、正しい損害賠償をして貰うようにがんばってください。

時価額とは、同じ形式、年式、グレード、同等の状態の車の再取得できる価格になります。

保険会社は買い取り価格の方を提示してくるのが一般的です(金額が安いですからね。)が、車の価値は再取得の方の価格になりますので、出来るだけ多くの中古車情報誌などより、同じ程度の車の販売価格の例を集めだし、その金額で主張していく事になります。

また、その他として認められる経費の部分は、事故車の廃車手数料があります。
新たに購入する車の、重量税、自動車税、自賠責保険は、認められません。
(これは...続きを読む

Q空き家の掛け捨ての火災保険と地震保険について

昨年父親が死亡して築年数が80年以上の田舎(三重県の志摩半島)の一戸建てを相続しました。父の死亡後、田舎の家は空き家になっています。この家に地震保険をつけたいと考えています。現在はJAの掛け捨ての火災保険に加入していますがJAには掛け捨ての火災保険には地震保険がつけられません。
空き家でも入ることが可能な掛け捨ての火災保険とセットにできる地震保険を探しています。ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

相続して引き継いだ住宅ですし、時々様子見
に行ったりして、住める状態になっているの
であれば、専用住宅としての火災保険の加入
はできると考えられます。

ですので、地震保険の指定保険会社の火災保険
に加入すれば、地震保険にも加入できると思い
ます。

地震保険はどこで入っても、値段は変わりません。
下記あたりで火災保険を選べばよいと思います。
http://hoken.kakaku.com/insurance/kasai/jishin/knowledge/premium/

Q交通事故の車両時価額の交渉について等教えてください

乗用車同士での事故(こちらが2割過失側です。)で修理費が時価額を上回ってしまいました。
こちらの車は10年前に新車購入してから、去年ミッションとエンジン(リビルド製品に)を載せ替えました。
載せ替え時に費用が結構かかったのと、まだ乗るつもりでいたので提示された時価額に戸惑っています。

この場合はエンジン等載せ替えた事を保険会社に伝えて金額を多少なりとも上げてもらえる事はありますか?
買い替え時の諸費用等も含め、補償額+2割負担位で同程度の車を購入したかったのですがやはり無理なんでしょうか?

Aベストアンサー

保険会社の交渉自体は全く無意味で無駄な行為です。
そんなことに時間や労力を費やしても
得るモノは何もありません。

先方保険が通販でない場合、
十中八九「対物全損・対物超過」という特約に入られています。

この場合、
先方のご好意で、修理費用が車の価値を超えても
修理費用を
超過分50万円まで出して頂けます。

ですから
頭を下げて、先方へこの特約をお使い頂けますよう
お願いするのが、最も有益だと思います。

Q三井住友きらめき生命と三井住友海上保険について・・。

医療保険で三井住友きらめき生命への加入を考えていたのですが、三井住友海上保険とは関連会社なのでしょうか?

新聞を見てちょっと不安に思ってしまって・・。

だとしたら、加入はやめておいた方がいいですね・・・。

ガン保険が再発などでも保障があるので考えていたところです。

全く関係ないのでしたらいいのですが・・。

おわかりの方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

きらめき生命は子会社です。
気に入らないとかやはり不信感があるというのは、考え方や好みの問題なので、思うようにされるといいと思います。がん保険などは特に長い将来に渡って必要な保障となりますので。
がん保険で2年経過後なら診断一時金が複数回支払いの会社は他にもあります。

Q対人賠償、対物賠償保険について教えて下さい。

対人賠償保険、対物賠償保険は怪我をさせた相手(モノを壊した所有者)が父母、配偶者、子の場合は保険金が支払われないと聞きました。では、「父親が娘の旦那さん」の車を壊してしまったという場合はどうなるのでしょうか?因みに娘さんも娘さんの旦那さんも父親と同居していると仮定させてください。同居か否かで支払われる内容が違ってくると聞いたので補足致しました。また、参考までに娘と旦那さんが別居していた場合はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず一般論として、家族間賠償に関しては、人身事故と物損事故とでは適用される法律も約款も異なりますので、保険の適用も分けて考える必要があります。

更に人身事故は自賠責と任意保険の約款が異なりますので、自賠責は適用
されても、任意保険は適用されない場合もあります。

ご質問の具体的なケースでは下記のようになります。
(1)自賠責:娘婿のけが(人身事故)は自賠責では他人となり、同居・別居に関係なく、対象となります。
(2)任意保険(対人・対物):下記の者は対象外ですが、娘婿さんは同居、別居に関係なく、下記に該当しないので、同じく支払われます。
(対象外の者)
・記名被保険者 ・被保険自動車を運転中の者又はその父母、配偶者もしく は子供 ・被保険者の父母、配偶者又は子供

なお上記任意保険で対象外となった人でも、日常的な車の使用実態から見て、運行供用者の範囲に含まれなければ、自賠責では支払対象となります。
(任意保険では約款に明確な規定がある以上、それらの人は対象外です)

(注)昭和47年5月30日の最高裁の「妻は他人」の判決は、一定の
条件下で、妻を自賠法での他人と認めたもので、すべてのケースに認められるものではありません。
また、この判決は飽くまで自賠法16条請求(被害者請求)を認めたもので、任意保険の適用とは別です。-参考までに

まず一般論として、家族間賠償に関しては、人身事故と物損事故とでは適用される法律も約款も異なりますので、保険の適用も分けて考える必要があります。

更に人身事故は自賠責と任意保険の約款が異なりますので、自賠責は適用
されても、任意保険は適用されない場合もあります。

ご質問の具体的なケースでは下記のようになります。
(1)自賠責:娘婿のけが(人身事故)は自賠責では他人となり、同居・別居に関係なく、対象となります。
(2)任意保険(対人・対物):下記の者は対象外ですが、娘婿さんは同...続きを読む

Q個人年金保険のおすすめは?

35歳女です。
あまり保険には詳しくはないです。

現在、個人年金保険(60歳から10年間支給される形のもの)の検討をしています。
月々1万円位の掛け金で戻り率が良い、おすすめの保険がありましたら
教えて下さい!

元本割れの可能性があるかもしれませんが変額個人年金保険でも良いのかなぁ…とも思っています。

Aベストアンサー

日本生命の「みらいのカタチ」、
明治安田生命の「年金ひとすじ」、
住友生命の「たのしみ一番」、
アフラックの個人年金はいずれも戻り率が120%前後と高いようです。
また、変額個人年金では住友生命の「たのしみVAプラス」の積み立てプランは
途中で解約したりしたければ、元本割れのリスクはほぼないようです。
それぞれ特徴がありますので、資料請求して見比べてみてください。
良い保険が見つかるといいですね。

Q玉突き事故の真ん中になり、自分の車両保険と後部車両の対物保険の分担について困っています。

高速道路で、3台の玉突き事故の真ん中になり、自分の車が事実上全損のダメージを受けました。
直前の車が、急ブレーキをかけ(その直前で先にもうひとつの玉突き事故発生)、私の車がぎりぎり間に合わず軽く追突、その直後後ろから激しく追突を受けたものです。 屋根も曲がってしまい、リアの修理費の見積もりが370万円、フロントが240万円という見積もりが出ています。
さて、質問なのですが、
■私の車両保険は350万円です。
■後部車両の対物保険で370万円がカバーされ、自分の車両保険で240万円がカバーされるのでしょうか?
■それとも350万円が上限となるのでしょうか?
■事実上、車両は廃車にせざるを得ない気がするのですが、その場合にカバーされる金額は変わるのでしょうか?

長年乗って来た愛車なので、直したい気持ちもありますが、車両保険の金額で軽く同じ中古車が買えるというのも妙な気持ちです。

すみませんが、詳しい方アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

無理して修理ができたとしても、時価額を上回る修理代は
保険では(法的にも)無理です。

貴方は車両保険を付けているのですから、そこから350万円
もらって全損処理とすべきです。
そうすれば、相手(後続車)からいくらもらうのかは保険会社が
判断し、相手に求償します。

前車の修理代のうち、あなたが軽く当たった分と、後車に追突
されて、さらに当たった損害を区分するのはむつかしいと思います。

車両保険で350万円もらって、あとは保険会社に一任が
わずらわしくなくて一番良いのでは?

なお、後続車の保険会社は時価額としては350万円は出さないと
思います。
350万円は契約時の金額であり、通常は時価額よりも高めに
設定されていますし、その後の償却もありますので・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報