ハマグリの生態に付いて詳しく知りたいのですが…。天敵とか、生息地として有名なところなどご存知の事を教えてください。
また、生物図鑑のような、詳しく乗っているサイトも合わせて教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ハマグリの研究の経験者です.



分類学上ハマグリ属(Meretrix)として知られているものを列挙すると,

ハマグリ(Meretrix lusoria)
 -日本(本州以南の内湾)
チョウセンハマグリ(Meretrix lamarckii)
 -日本(鹿島灘以南)からフィリピン(外洋に面した潮下帯)
シナハマグリ(Meretrix petechialis)
 -韓半島から中国沿岸
タイワンハマグリ(Meretrix meretrix)
 -台湾,ボルネオなど
ミスハマグリ(Meretrix lyrata)
 -ベトナム,海南島など
この他にも東南アジアからインドにかけて5種が認識されていますが,まだ分類学的研究の余地が残されています.

Natsuさんの聞かれてるのは,おそらく日本のハマグリでしょう.
一般に日本の砂浜に生息する二枚貝(ハマグリ,アサリ,シオフキ,バカガイなど)の天敵は,ツメタガイやアカニシといった巻貝です.ツメタガイは化学的穿孔という方法で二枚貝の殻に外側から丸い穴をあけ,そこから中身を食します.砂浜に打ち上げられた二枚貝の殻に1~3mm位の穴があいていれば,それはまずツメタガイの仕業です.

日本での生息地として有名なのは,三重県桑名です.
でも先の方もおっしゃるように,もう過去のようには採れません.
実際,絶滅危惧種にハマグリを指定している県もあります(山口県など).
ほかに知っているところは,熊本県の宇土というところです.
ただここではあまり大型のものは採れなさそうです.

ハマグリの漁獲高が100tなのに対して,300tの漁獲高を誇るのが,チョウセンハマグリです.やはり鹿島灘が代表的な産地です.また南西諸島やフィリピンにも分布域が及んでいるとも言われています(種子島では確認済みです).
チョウセンハマグリはハマグリよりも前後(普通の人の感覚では横)に長く,成貝の大きさは13cm以上にもなり,この属の中では最大です.殻自体の厚みもあり,昔から白い碁石の原材料として使われてきました.

よくスーパーで見かけるのは茨城産や三重産のものですが,茨城産のものはまずチョウセンハマグリと思って間違いないでしょう.注意が必要なのは三重県産ですが,どうやら三重県で養殖しているシナハマグリを三重県産として売っているような気がします.シナハマグリでない三重県産のハマグリはほとんどありません.見分けるポイントは,シナハマグリはハマグリに比べて貝の膨らみが弱いことと,比較的安定した模様が殻の表面に出るということです.一般的な模様は,くすんだ白地に雷のような褐色のジグザグが出るというものです.

さて生態ですが,摂食について触れると,ハマグリは海水中のけんだく物を海水ごと入水管から取り入れて,それをえらで濾しとります.残りの海水は出水管から排出します.あと幼生は…,

止まらなくなりそうなのでこの辺にしておきます.
もっと詳しい情報が必要なら知らせてください.

あと,役に立ちそうなサイトは残念ながら見つかりませんでした.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すごいです!ハマグリを研究されてた方にアドバイスいただけるとは!!サイトを探しててもここまで詳しく説明しているところはなかったので、ものすごく参考になりました。
一つ気になったのが幼生についてなのですが…。もしよろしければ続きを教えていただけませんか?よろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/22 07:25

幼生についてですが,生まれてから着底するまで漂泳生活をおくる期間があります.この間は海水中の浮遊物を栄養として摂取することで成長します(ちょっと記憶が定かでないので要確認).着底してからは砂の中にもぐり込んで水管だけをにょきっと出して海水を取り入れて懸濁物中の有機物を濾過します.これまでの古生物学の研究から,少なくともこの摂食方法はカンブリア紀以降現在にいたるまで,最も多くの二枚貝が採用してきた基本的な食性であると考えられています.



あとハマグリの生態でおもしろいのはアサリなどにも見られるようにカニが殻の中に共生(寄生?)することがあることです.インドから取り寄せたMeretrix casta というハマグリの中に,ピンノという小型のカニが入っていました.このカニはどうやらハマグリの摂取した栄養を横取りしているようです(どうやって横取りしているかは知りません).私が見つけたそのカニはメスで,ちゃっかりと小さな卵をたくさん抱えていました.もしそのだったならハマグリの中から小さなカニ達がたくさん出てくるということもあったんでしょうか?確かに殻の中はカニにとって安全そうですが,ハマグリにとってはきっといい迷惑なんでしょうね.

生き物って面白いですね.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私にも経験があります。アサリの中にカニが入ってるのって、アサリが食べてしまったものではなくて、逆だったんですね。びっくりです!幼生についても詳しいご説明をありがとうございました。本当に助かりました。

お礼日時:2002/03/24 18:12

下のページが分かりやすいかと思います。


蜃気楼の蜃の字が「お化け蛤」を指すなんて知らず、勉強になりました。

今、店頭に並んでいるのはほとんど中国産です。
かつて桑名のような内湾でもハマグリは取れましたが、今は水質の悪化や埋め立てで限られたところにしか生息しないようです。
茨城県鹿島灘が国内産のほとんどを産出しています。

http://www.sopia.or.jp/kasima/

参考URL:http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/01/03/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました!
蜃気楼が蛤と関係があるとは!!ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/20 18:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在地球上に生息する生物で、カンブリア紀の子孫と思われる生物は、なんですか

現在地球上に生息する生物で、カンブリア紀の子孫と思われる生物は、なんですか

Aベストアンサー

今存在している生き物が全部です

ちなみに目は植物のDNAが何らかの形で組み込まれ進化したものです
光に反応するDNAは植物にしか有りませんでした。

あと哺乳類が体内で妊娠する進化はウイルスが体内に吸収されDNAに組み込まれた結果なんです

掘り下げればほんとに楽しく不思議な世界です

もっと楽しんでください

Q自然界に生息していて「老衰」で死亡する生物

先日ふと思った事なのですが、人間が寿命、つまり老衰で死ねるのは病死や餓死を自ら防ぎ、恵まれた環境で生育している場合かと思います。
あと家猫など家畜ならば、普通の動物でも老衰するかと思いますが、
自然界では食物連鎖やその厳しい環境から、老衰よりも先にその体力の衰えなどから、病死や食料を取れない事から死亡するのが通常は先だと予測するのですが。

そんな中で、人間以外に自然界の生息条件で、
「老衰」を迎えて死ぬ事が少なくない生物…というのはどれくらいいるのでしょうか。

自分で思いつく限りは、寿命が極端に短い生物(朝生まれて夜死んでしまう種類の虫やセミなど)、主に昆虫類くらいしか思いつかないのですが…
天敵が居ないとか、食料をとるのに苦労しないなど、人間と似たような「環境が恵まれているから」という理由で、老衰が死亡理由の中に少なからず多くある生物、というのは存在するんでしょうか?
(老衰の定義などは見方によって色々あると思いますが、人間が安全な保護下で寿命一杯まで育てた場合と、同じかそれ以上の年数だけ生きて外的理由なく自然死する、という条件を考えます。)
判る方、詳しい方がいれば教えて下さい。

他にも、自然界の生物の老衰で、こんな例があるよ!というのがあれば教えてください。

先日ふと思った事なのですが、人間が寿命、つまり老衰で死ねるのは病死や餓死を自ら防ぎ、恵まれた環境で生育している場合かと思います。
あと家猫など家畜ならば、普通の動物でも老衰するかと思いますが、
自然界では食物連鎖やその厳しい環境から、老衰よりも先にその体力の衰えなどから、病死や食料を取れない事から死亡するのが通常は先だと予測するのですが。

そんな中で、人間以外に自然界の生息条件で、
「老衰」を迎えて死ぬ事が少なくない生物…というのはどれくらいいるのでしょうか。

自分で思...続きを読む

Aベストアンサー

われわれの体を作っているいろいろな細胞は細胞分裂を無限に行えないことが分かっています。それがkのウナのはがん細胞です。細菌のような生物は老衰しないようですが、環境が悪くなれば死んでしまいます。老衰というのは環境が悪くないのに死んでしまうこととすれば正常な細胞は老衰で死ンでいくと考えられます。その総計が体の老衰ということだろうと思います。ある生物が死んだ場合環境が悪かったかどうかを決めるのはかなり難しいと思います。しかし特殊な環境に適応している生物の一生はかなり老衰に近いのではないでしょうか。たとえば深海魚などです。

Qクマゼミの生息地について

奈良県の、割と緑が多い(近くに山がたくさんある)場所に住んでいます。
5~7年前に、近くの樹がたくさんある公園で夏はいつもセミ捕りをしていました。
その時よく捕れたのは
・羽が茶色で本体が黒っぽいセミ(アブラゼミ?)
・クマゼミのようなセミ(クマゼミとしておきます)
の二種類で、クマゼミは前者に比べると少ない割合でした。

それを踏まえて・・・
「クマゼミは都会の方が多くて、田舎では希少」と聞いたのですが
それは本当のことなのでしょうか?
さらに「クマゼミは関東より関西の方が多い」というのも本当なのでしょうか?
また、クマゼミが本当に都会より田舎の方が少ない・関東よりも関西の方が多いのなら、どうしてそうなるのかも知りたいです。

確かに、記憶をたどるとクマゼミはあまり捕れなかった気がするのですが
単純に見つかりにくい・逃げるのが速い、などといった理由ではないのかな?と思いまして・・・

Aベストアンサー

クマゼミは南方系のセミで、太平洋側の北限は神奈川県の城ケ島付近と言われていました。以前東京都内では稀でしたが、最近は、木の移植、人為的な移入などによって都内や千葉県に侵入して、埼玉県南部でもしばしば鳴き声が聞かれるようです。しかし、このまま北上するかというと、冬の低温に幼虫が耐えられないため、なかなか難しいのではないかと思われます。地球温暖化よりもむしろ都市のヒートア イランド現象の影響が大きいと思われます。

クマゼミは田舎でもいるところにはたくさんいますが、現在大阪市内や福岡市内で大繁殖していて、そのため「都会に多い」というのでしょう。本来田舎に少ないということは全くありません。東京都内ではミンミンゼミが非常に増えていますが、これも同様の理由がからんでいる可能性があると思います。

しばしば言われているのは、本来温帯性のミンミンゼミがいた日本列島に、あとから南からクマゼミが侵入し、ミンミンゼミが次第に山間部に追われた、ということです。したがって関西以西では低地にクマゼミ、山間部にミンミンゼミという棲み分けになったというのです。関東以北では冬の低温でクマゼミが棲めないため、ミンミンゼミが低地にもいるわけです。真実はわかりませんが、わかりやすい仮説です。

クマゼミは南方系のセミで、太平洋側の北限は神奈川県の城ケ島付近と言われていました。以前東京都内では稀でしたが、最近は、木の移植、人為的な移入などによって都内や千葉県に侵入して、埼玉県南部でもしばしば鳴き声が聞かれるようです。しかし、このまま北上するかというと、冬の低温に幼虫が耐えられないため、なかなか難しいのではないかと思われます。地球温暖化よりもむしろ都市のヒートア イランド現象の影響が大きいと思われます。

クマゼミは田舎でもいるところにはたくさんいますが、現在大阪市内...続きを読む

Q生態学で、生物的要素を、生産者、消費者、分解者と、3種類に分類しますが

生態学で、生物的要素を、生産者、消費者、分解者と、3種類に分類しますが、
消費者と分解者の違いがわかりません。
消費者とは人間を含む動物、分解者は菌類などですが、どちらも行っているのは
呼吸で、有機物を無機物にしています。

口があって、他の有機物をぼりぼり食べるのが消費者で、そうでないのが分解者
と考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>消費者とは人間を含む動物、分解者は菌類などですが、どちらも行っているのは呼吸で、有機物を無機物にしています。
それは違うでしょう。確かに動物は他の動物や植物を補食しますが、排出するのは二酸化炭素、尿素、尿酸、それに糞便です。
糞便や動物自身の死骸のうち他の動物に食べられなかった部分が無機質に分解されるには菌類(といってもこの菌類の世界がバカ広い)が不可欠です。

Q水中に生息している生物は、体に傷を負うと傷口が固まらず失血死しますか?

水中に生息している生物は、体に傷を負うと傷口が固まらず失血死しますか?

Aベストアンサー

大気中に棲む我々とは異なり、止血手順に「乾燥」が含まれないので、元気に生きています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報