知的所有権について調べていました。
民法の特別法ということまではわかったのですが、
いまいち良く分かりません。
・「知的所有権」は「所有権」に含まれると考えて良いのでしょうか?
・「所有権」は、支配可能であれば電気などの「無体物」にも適用される
ようですが、「物権法定主義」との関係や、「知的所有権」が著作権法
などの特別法で規定されているということなどから考えると知的所有権は
所有権そのものとは言えないのでしょうか?

ごちゃごちゃですみません。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

  最近の法律学事典では、知的財産権または無体財産権として載っています。

やはり、民法上の所有権の対象は、有体物であろうとおもいます。知的所有権は、有体物に準ずるものとして保護に値し排他的支配力を認めるのが妥当な権利について名付けられてのでは、ないでしょうか。

 これは、全くの推測です。

 知的所有権は、所有権には、含まれないが、物件的な排他的支配力を認められるために、所有権に準ずるものと思います。
 とすると物件法定主義にも反しません。

 なお、電気が所有権の対象になるかは、確か刑法の窃盗の財物性との関係で言われたのではないでしょうか。刑法では、日常用語例による解釈に限定し刑罰権の拡張を抑制する考えと、法益を保護するためにやや柔軟に用語を解釈し法益保護を重視する考えがあり、後者が有力です。この考えでは、電気窃盗は、窃盗罪が当然成立し、刑法の電気窃盗の規定は、例示になります。もちろん、これは、刑法の解釈が類推解釈を許すことを意味するのではないです。あくまで、類推に至らない限度で、管理可能な支配力が及ぶものを財物とするのだと思います。

 以上述べたことは、全くの私見です。誤りが多いと思います。疑いの目で見てください。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~cac23560/patnav/ipr/page1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました!
確かに、電気のことは刑法に書かれています(あとで思い出して調べました)。
でも、調べ方が悪いのか、六法を読んでもネットで調べても、知的所有権の民法上でのはっきりした位置がいまいちよく分からないんです。
「有体物に準ずるもの」ということは、財産権には属するが、所有権とは別個のもの、という感じなんでしょうか・・・。うーん・・・。

お礼日時:2002/03/18 08:49

前回の続きです。



 知的所有権と構成するのは、効果から見てのことだと考えます。

 つまり、単に財産権とすると債権としても見る余地があります。しかし、排他的支配力を認め、他人に対して故意、過失無く妨害排除を認めるためには、物件と構成する方が妥当です。

 まあ、財産権であり(有体物の所有も財産権ですね。)、性格的に有体物に準ずる取り扱いをして物権的に構成しようということでしょうか。

 位置づけとしては、やはり民法(特に物権)の特別法にあたると考えればどうでしょうか。

 ネット上で見ても当然知的所有権として存在が自明なようですね。あなたの疑問は、全く正しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございました!
すっきり、とまではいきませんが、何となく分かった気がします。
時間があるときに本などでじっくり考えてみます。

お礼日時:2002/04/01 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物権(所有権・占有権)について

Aが所有する空地をBが駐車場として使用する契約をした。
契約内容が一ヶ月10万円、期間が2年である。
しかし、BはAとの約束を破り土地の上に建物を建築し、それをCに一ヶ月20万円で貸した。

1.AはBの契約違反を理由にこの土地の返還及び収去を請求できるか。

2.Cに対してどのような請求をすることができるか。

解る方教えてください。

Aベストアンサー

※学校の課題は自分でやりましょう ;-)

1.AB間の契約に、目的外使用の場合は契約を解除できる旨の規定があれば、当然解除できる。
 契約において特段の定めがない場合はどうか。
 賃貸借においては、民法616条で、594条第1項を準用しており、借主は、契約またはその目的物の性質によって定まった用法に従い、使用収益する義務がある。しかし、一方で、594条第3項は準用されておらず、使用収益の方法の違反により、直ちに契約の解除をすることまでは認めていない。
 このため、契約を解除するためには、一般原則としての借主の債務不履行(541条)の適用が考えられる。
 では、どんな場合に債務不履行と言えるのか。
(ここからは少し自分で考えてみてください。判例もあります)

2.物権的請求権と契約に基づく請求権がありますから、整理してみましょう。あと、不当利得が成立するかの検討も必要かもしれません。

Q薬剤の商標権と知的所有権

薬をモチーフにした写真作品をストックフォト(写真の販売)に登録したいのですが、その写真は薬の商標権や知的財産権の侵害にあたるのでしょうか?
そこのストックフォトサイトに「タミフル」の写真がありました。
明らかにタミフルと判断出来るもので、少し前に話題性があり、「狙った」と判断出来るものでした。

私が製作したい作品(写真・グラフィックデザイン)は錠剤やカプセル剤といった剤形をイメージ素材として利用したいだけです。
薬には識別コードといって企業ロゴと英数字のコードが刻印されていて、薬がPTPシートから出されていても識別出来るようになっております。
この企業ロゴと英数字のコードをPhotoshop(画像編集ソフト)で消せば商標権と知的財産権には触れないで作品がつくれるでしょうか?
消さなくてもよいのでしょうか?
その薬剤そのものの形や色にどこまで権利があるのでしょうか?
胸をはって薬の画像が入った作品を売るためにはどうしたら良いでしょうか?

どなたかアドバイスください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。
製薬会社に勤務している者です。
今回の件はあまり聞いたことのないケースなのですね。画像の使用によってpoploom様が利益を得ないのであれば問題ないのですが、今回の場合は益を得るための使用なので、一応使用する薬剤の製造メーカー法務部門なりに問い合わせた方がよいと思いますね。
特に外資系メーカーの場合は自社製品の権利の保護に敏感ですので、予め確認しておくことに越したことはありません。
私の感触では、メーカーロゴを必ず出すようにする代わりに無償使用を認める(宣伝代わりですね)とか、そういった結論に落ちるような気がしますが・・・・

お役に立てば幸いです。

Qweb上での講演内容概略記載(著作権/知的所有権侵害?)

有料で行われた講演会に参加し、その内容を自分でノートに書きとめ、要約をweb上で掲載することは著作権/知的所有権侵害に該当するのでしょうか? 勿論そのページの閲覧は無料です。講演も実演と考えられるとすれば、こうしたケースは著作物の二次使用にあたり、正式には所有者あるいは主催者に承諾を得なければいけないのでしょうか? 掲載内容の多寡(講演のほとんどなのか、あるいは一部なのか)によっても変わりますか?

Aベストアンサー

講演は言語の著作物にあたります。したがって、二次使用にあたると思います。さらに、Web上での公開は、送信可能化権も侵します。承諾を得なければなりません。

Q知的所有権と著作権について教えてください。

以前付き合っていた男性から、某ブログに私の顔なしの裸体写真を貼られました。私は許可をしていなかったので即削除するようにお願いしました。削除はされたのですが、その後別れた相手が随分気分が悪いとブログに書き込んでいたのを読んだので、「そんなに気分が悪ければ、私に関する内容を全て消してください」とメールで送りましたが、削除されているところとそうでないところがありました。その上、知的所有権と著作権はこちらにあるのに、腑に落ちないとブログに書き込まれていました。この場合、私のした事は知的所有権、著作権の侵害に当たるのでしょうか?そして、この件で相手に訴えられる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに知的所有権と著作権は撮影者にあるのですから、これらはその男性にあると思いますが、今回の件で問題になるのは「肖像権」です。
その男性は肖像権を持つ被写体、つまり質問者さんの許可を得ず掲載しましたので、質問者さんはその権利(公開の禁止要求)を主張したわけですから、全く問題ありません。

Q物権的請求権の一種として、物権的登記請求権というのがあるそうですが、こ

物権的請求権の一種として、物権的登記請求権というのがあるそうですが、これの根拠条文はなんなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

結論から言うと明文上の規定はないです。

登記請求権なるものは、不動産登記法60条において、共同申請主義が採用されているため、不動産登記制度の維持のため、当事者の一方から一方に対し、登記手続きに協力することを法的に強制することの出来る権利が必要であるということから、判例・通説が認めている権利です

参考になれば幸いです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報