銀河鉄道の夜を見たんですが、話の中に、宗教色が色濃く表れているような気がしました。
そこで、作者が、何か宗教を信じていたのか、また、信じていたとしたら、それがどんな宗教なのかが知りたいです。
もし、宮沢賢治が、生前もっとも崇拝していた宗教を、ご存知の方がいらしたら、教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

18歳の頃、島地大等編『漢和対照妙法蓮華経』を読んで異常な感動を受け、生涯の信仰をここに定めることになったといわれます。


24歳で、日蓮主義の在家仏教教団である「国柱会」に入会し、死のときまで、会員でした。家出、上京し国柱会で事務を手伝い、上野公園での街頭布教にも参加しています。

「雨ニモ負ケズ」は、35歳のとき、病床でかかれたものですが、詩の最後は「サウイウモノニ ワタシハナリタイ」ですが、そのあとに『南妙法蓮華経』『南妙法蓮華経』と何度も書かれています。
賢治自身が、「コワガラナクテモイイ」と言って欲しかったのかもしれません。すがりたい気持ちを感じます。

宮沢賢治については、たくさんのWebページが在ります。
一部紹介しておきます。
http://www.g-search.or.jp/kenji/works/works.html
http://www.morioka-shirayuri.morioka.iwate.jp/ke …

参考URL:http://www.g-search.or.jp/kenji/dic/dic.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいお話ありがとうございます。
なんだか、自分が考えていたよりも、ずっと深いものがあったのですね。
もっともっと、宮沢賢治自身について勉強し、少しでも彼の深層心理を理解したいです。
そして、彼の心の中のひとつでも、自分に見つけられたら、銀河鉄道を見直したいです。
たくさんの参考URLの提示ありがとうございました。いっぺんには無理なので、時間をかけて拝見したいです。

それから、この場を借りて、ご回答いただいた皆様に、本当にお礼を申し上げたいです。
ポイント制では二人の方にしか差し上げられませんが、皆様にポイントをつけたいくらい感謝しております。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/02 23:38

裏を取っている間にshoyosiさんから既にお答えが出ているので


一言だけなんですが、宮沢賢治の作品、特に童話に関しては仏教
を子供たちに解り易く伝えるために書かれた、布教のための副読
本の目的がありました。よって、彼の作品には強い宗教色が現れ
ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
布教のため、子供にわかりやすいように書かれた作品という興味深い話で、ますます彼自身を知りたくなりました。
私にとって宮沢賢治は、あまりにもその名が有名なこともあり、あまり物語を知らなかったのです。
でも、これから、彼の色々な作品を見ていきたいと思います。

お礼日時:2001/01/02 23:31

時代ごとに移りゆくのですが法華教に倒錯していたときもありました。



参考URL:http://www.g-search.or.jp/kenji/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
きっと、自分の心を探すように、いろいろな宗教を探したんでしょうね。
法華教も調べたいです。
参考URLの提示ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/02 23:24

 彼の家は浄土真宗の信徒だったのですが、浄土真宗の教えだけに飽き足らず、彼は東京に出て、日蓮宗の一派である国柱会に帰依し、国柱会の伝えるところの法華経の教えに彼は共鳴して、黒中会の信徒になリました。

ですから、熱心な日蓮宗の信徒でした。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/toretate/munehare.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
日蓮宗や浄土真宗の、詳しいことがわからないので、これから勉強していきたいと思います。
黒中会というのは初めて聞くので、ぱっとしませんが、色々調べて、少しでも理解できればと思います。
参考URLの提示ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/02 23:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮沢賢治「銀河鉄道の夜」 ワニスって何?

本作品の第6章「銀河ステーション」の中で、

車室の中は、青いビロードをはったこしかけが、まるでがらあきで、むこうのねずみいろのワニスをぬった壁には、
しんちゅうのおおきなぼたんが二つ光っているのでした。

という部分がありますが、このワニスとは何なのでしょうか?
表面につやをだすための「ニス」のことなのでしょうか?

ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

varnish
透明な被膜を形成する塗料。
天然または合成の樹脂を溶媒に溶かしたもの。
ボイル油や乾性油で溶かした油ワニス、
揮発性溶媒に溶かしたスピリット-ワニスなどがある。
ニス。仮漆。

だそうです。

そういわれてみれば子供の頃、普通に親が「ワニス」
という言葉を普通に使用していたと思います。

Q宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にタイタニック沈没の

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にタイタニック沈没の乗客が出てくるそうですが、どのような場面でどのように描かれているのでしょうか?

また、この時代にはタイタニック沈没のニュースは大々的に伝えられたのでしょうか?

Aベストアンサー

「九、ジョバンニの切符」
で登場します。
最初、リンゴ(本当はかなり難しい漢字です)と野茨の匂が
窓から入ってくるように漂って来ます。
その後、突然、つやつやした黒髪でボタンのはめていない
赤いジャケットを着た、裸足の6歳位の男の子が
驚嘆した顔で、がたがた震えて立っています。
その男の子の隣には黒い洋服をきちんと着た背の高い大学生の家庭教師の
青年が、男の子の手をしっかり引いて、
強風に吹かれているけやきのような姿勢で立ち、
その青年の後ろには、黒い外套をきた茶色い目の
可愛らしい12歳くらいの女の子が、
「あら、ここはどこでしょう。まあ、きれいだわ」
と青年の腕にすがりながら、問いかけ、
不思議そうに窓の外を眺めています。

これは3人の登場シーンです。話はまだまだ続きます。是非一読して下さい。
3人はサウザンクロスで下車します。
ここには、男の子と女の子の母親もいるとのことです。

マンガやアニメもあります。
ますむらひろし氏のマンガやアニメは非常に忠実に描かれています。ただし、
猫が多いですが・・・

当時のタイタニック沈没のニュースは生存者の中に細野正文という日本人が一人いて
かなり批判され、話題になったと思います。

「九、ジョバンニの切符」
で登場します。
最初、リンゴ(本当はかなり難しい漢字です)と野茨の匂が
窓から入ってくるように漂って来ます。
その後、突然、つやつやした黒髪でボタンのはめていない
赤いジャケットを着た、裸足の6歳位の男の子が
驚嘆した顔で、がたがた震えて立っています。
その男の子の隣には黒い洋服をきちんと着た背の高い大学生の家庭教師の
青年が、男の子の手をしっかり引いて、
強風に吹かれているけやきのような姿勢で立ち、
その青年の後ろには、黒い外套をきた茶色い目の
可愛らしい...続きを読む

Q宮沢賢治の詩「隅田川」についての質問です。 http://www.ih

宮沢賢治の詩「隅田川」についての質問です。 http://www.ihatov.cc/bn_mi/741_d.htm このサイトにある 「泥洲」 この漢字はなんと読むのでしょうか? また 「酔はずさびしく」 この部分はどのように読むのですか?教えてください

Aベストアンサー

こんばんは。

「泥洲」は、「どろす」だと私も思います。
ただ、『宮沢賢治 文語詩の森 第二集』(柏書房)という本にこの詩の評釈が載っているのですが、その「語注」では、「でいす」という読みが示されています。(同書p.190)
しかし、「でいす」ではいわゆる「重箱読み」になってしまいますし、やはり私としては「どろす」読むのが自然だろうと考えています。

あと「酔はずさびしく」は、他の方もご指摘のとおり「よわずさびしく」でしょうね。

ところで、下のNO.1の回答の方が述べられているとおり、たしかにこの作品は、滝廉太郎の「花」を連想させるところがありますね。

Q宮沢賢治の童話

こんにちは。現在、文学部の日本文学で「宮沢賢治」研究をしています。

今回、賢治の内部的な童話執筆動機についての意見を聞きたく、投稿させていただきまいた。


今まで専攻論文などをいくつか読み、賢治が童話を書き始める外部的要因(1921年の高知尾智耀との出会いや小学校の恩師八木の影響)
については資料が集まったののですが、賢治の童話を書き始めた内部的要因(賢治の心境の変化など・・・
)について、よく理解できないでいます・・・。

なぜ、賢治は童話を書き始めたのでしょうか??
皆様の意見を聞かせてください。
お願いします!!
 

 

Aベストアンサー

なぜ宮沢賢治は童話を書き始めたか。
それは、彼の信じる仏教を皆に伝えるためにほかなりません。彼自身、はっきりとそういっています。彼は、童話を書いて、一軒一軒のうちのポストに入れたときもあります。

彼を理解するには、彼の信じる宗教から研究していった方がわかりやすいと思います。私自身、放送大学の研究論文で、「宮沢賢治の宗教観」と題して研究しました。そこで役にたった本は、北辰堂の『宮沢賢治の宗教世界』という本です。確か2万円ぐらいしたでしょうか。でも、大変役に立ちました。

賢治を研究するとき、忘れてならないのは、妹とし子の存在です。賢治はとし子を、妹として、また女性として愛していました。わたしは、賢治の女性観も研究しました。この論文を書いたことから、わたしは賢治により近づくことができました。賢治は、わたしにとって、ただの童話作家ではなく、わたしの魂の近いところにいます。弱肉強食の悲しみも、わたしの悲しみを代弁してくれているようで、これからも賢治を心に常において、生きていこうと思っています。

すみません、つい賢治のこととなると…。
がんばって、賢治を研究してくださいね。

なぜ宮沢賢治は童話を書き始めたか。
それは、彼の信じる仏教を皆に伝えるためにほかなりません。彼自身、はっきりとそういっています。彼は、童話を書いて、一軒一軒のうちのポストに入れたときもあります。

彼を理解するには、彼の信じる宗教から研究していった方がわかりやすいと思います。私自身、放送大学の研究論文で、「宮沢賢治の宗教観」と題して研究しました。そこで役にたった本は、北辰堂の『宮沢賢治の宗教世界』という本です。確か2万円ぐらいしたでしょうか。でも、大変役に立ちました。

...続きを読む

Q宮沢賢治さんの本

宮沢賢治さんの生涯だとか病歴だとかが書かれている本をご存知の方、ぜひ教えてください!!

Aベストアンサー

そういうのが書かれているのが 伝記ってのですね。
それで 組み合わせて検索するといろいろ出てきますよ。

参考URL:http://www.tk-telefilm.co.jp/kenji_1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報