今度サークルの仲間で旧ユーゴスラビア(新ユーゴも含むのですが)に
関する勉強会(20人程度で、ディスカッションぽくやろうかと考えているのですが)を
開くことになりました。
そこで僕が第1回の発表者になった(レジュメを作って、話をすすめていきます。)のですが、
一体どのようなことがそもそも皆さんは
わからないのでしょうか?ということが知りたいのです。

「紛争があったのは知ってるんだけど原因がわからない」とか
「民族の対立って言うけど…」とか
「そもそもユーゴってどこ?」とか

本当何でもいいんです。まったくこの地域について知らない人から疑問を寄せてください。

また、こういう切り口でやったらどうですか?
というのがあったら、教えてください。

参考になる書籍、URLなどもあわせてお願いします。
パワーポイントや、OHPなどは使えないですし、30分くらいの時間でやりたいと考えています。

どうかいいアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こういう内容で「自信あり」っていうのも変な話ですが。


 
私はユーゴスラビアについて何も知りません。どこにあるのか、どんな人達がいて、どんな文化があって、どんな歴史があるのか。tsutomu629さんが例であげた質問はズバリです。ニュースで名前は何度も聞きましたが、そもそも何が原因で紛争になり、どのような経過があったのか、お恥ずかしい話ではありますが、ニュースを見ていてもちっとも知りません。

これから何度か、そのような勉強会を続けるおつもりでしたら、第1回目はその基礎を作るべく、ユーゴスラビアについてのごくごく基本的な内容にしたらいかがでしょうか。また、あなたの後に続く人のために、仲間の疑問点を聞き出してみるというのは?そこで出た質問は次の人のテーマになるとか。

私のようにユーゴについてまったく何も知らない人を相手にするならば良いんですが、そうじゃないならあんまり意味のない回答でしょうね。すみません。
がんばってくださいね、成功を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本当に単純なことだけれど、みんな絶対に知っておかなければいけない知識だと思うんです。
僕たちは、国際関係や国際開発を学んでいる学生なのですが、reyuanさんの回答はとても参考になりそうです。

他にもご意見がありましあたら、ぜひお聞かせください。

お礼日時:2001/01/02 20:21

補足です。


宗教
オスマン=トルコの宗教政策は、君主によって差はあるものの比較的寛容です。一部キリスト教徒やユダヤ人は厚遇されました。その反作用で、同地域でのモザイク状態が生まれたともいえますが'''。
パルチザン
クロアチアは、ナチス側です。大戦中、セルビア人を多数殺害しています。もっとも、ナチス崩壊後、セルビア側は報復しているんですけど'''。
またトルコは、ナチスに好意的でしたから、その影響力の強い地域では同様です。
どうゆう風にディスカションを進めるのかわかりませんが、
西欧の勃興による、イスラムの相対的地位低下と国民国家概念の流行を押さえる必要があります。
ユーゴからはなれすぎちゃうかなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宗教に関しては、自分でもある程度調べることができました。
パルチザンに付いては、まだまだですね

本当奥が深いです。この国は・・・。
またいい案がありましたら、アドバイスお願いします。

お礼日時:2001/01/22 11:40

いや、ユーゴって全然知りません。


 第一回でしたら、まずは国土の話というのはいかがでしょうか。地形的特徴、気候、河川・港湾、農地、天然資源、そして周囲の国に比べての相対的特徴。
 つまり、国境を定め、民族が形成される以前に、何が良くってそこに住みつく気になるのか、ってことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスどうもありがとうございました。
勉強会の過程で、どうしてバルカン半島に人が住みつくのかっていう
課題を取り上げることにしました。
もちろん、そしたらたくさんの原因っていうか、
要因があって、とてもためになりました。

また機会がありましたら、ぜひアドバイスしてください。

お礼日時:2001/01/22 11:39

講談社の漫画「石の花」の紹介ページです。



http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookc …
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookc …
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookc …
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookc …
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookc …

gooやGoogleのweb検索で「石の花 ユーゴ」などのキーワードで
検索かけると色々紹介ページが出てきますので参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にしたいと思います。

また新しいご意見がありましたら、ぜひここに回答くださるようにお願いします。

お礼日時:2001/01/06 21:49

30分ぐらいの時間的制約がある中で、バルカンエリアの歴史を詳らかにするのはなかなか至難の業でしょう。

此処は先ずトップバッターのあなたは、チトーという歴史的人物を取り上げ、その光と影を明らかにするのがいいんじゃないかと思います。そうすれば、旧ユーゴがひとつの国であった事がいかに彼による所が大きかったかが検証されるでしょう。その上で現在の民族宗教イデオロギーの分布を踏まえ、紛争分析を歴史的背景を押さえつつ時系列で行えば現状把握は概ねできるでしょう。その上で次回をディベートステージに設定し、国連を含む各陣営にメンバーを割り振って紛争解決外交戦略ごっこをしてみてはいかがでしょうか。安保理でもよし、国際司法裁判所でもよし、次回開催までにセルビアチームとロシアチームが裏取引なんて状況も一興でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
kichijiさんの回答だとやや国際関係学的なものを含んでいますね。
今回の目的は本当に純粋に、旧ユーゴ地域に絞って、勉強会を行っていく
ことが目的ですので、少し時間がたってみんなの知識が
浸透してきてからやってみたいと思っています。

一回目はやはりチトーに絞ってしまうのも少しためらいがあります。
もう少し、大きな所から入って、チトーに関する分科会を
開いてもよいでしょうし…

みなさんの意見を伺っている限りでは、やはり歴史的な観点から
最初は入っていこうと思っています。
歴史を知るということは、これからの政策などを考えていくという
意味においても、とても入りやすいことだと思うからです。

先にも述べたとおり、みんなの知識が深くなってきたら、
このようなディベートをしてみたいと思っています。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/06 21:48

お答えできるほど知識はないんですが(だったら答えるなとツッコミが入りそうなんですが、一応見かけたモンで)。


皆さん、第一次大戦からとおしゃっていますが、民族紛争について取り上げるんなら、宗教とパルチザンでしょう。
宗教については、オスマン=トルコとオーストリア帝国との絡みを軸に考えるのがおもしろいと思います。ギリシャ正教系が多い地域ですが。

パルチザンについては、全部が全部、ナチスに抵抗した訳じゃなく、ある地域、民族はナチス側についたりしています。
その辺の旗印の違いを調べてみるとおもしろいと思います。なんのかんのいったって戦後も尾を引いていますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見をありがとうございます。
確かに宗教とパルチザンに関しても
いずれは取り上げていかなければならない問題だと
認識しています。

宗教についてですが、オスマン帝国と、ハプスブルグという
接点でやろうと思っているのですが…
そうすることで、歴史的・宗教的・政治的な観点から
この地域を見ることができると思っているのですが
どうでしょうか?

パルチザンについては、まだ詳しくわかっていないのですが
全部が全部ナチに抵抗したわけではないのですか…。
具体的に取り上げてみたいと思っています。

また何かありましたら、ご意見お願いします。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/06 21:40

直接ディスカッションで使うのは難しいでしょうが、取っつきやすい参考文献として坂口尚さんのマンガ


「石の花」(講談社漫画文庫全五巻)なんてどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

漫画ですか…。映画やビデオなどのレビュウを考えていたのですが。
何を題材にしているのですか?

もう少し詳しく教えてください。
ぜひ参考にしたいと思います。

お礼日時:2001/01/05 23:36

どの程度の人達(ユーゴについてどの程度知識がある人達)を対象にしているのでしょうか?


まったく初学者を対象としているならば、まず旧ユーゴスラビアという国についての紹介から始めるのが良いでしょう。ユーゴは7654321の国と言われていました。
7つの民族6つの共和国5つの言語4つの国と国境を接し、3つの宗教、2つの文字がある1つの国家(たしかこうだったと思うのですが何分昔勉強したものなので家の本棚を探しても、資料が探しきれずちょっと違うかもしれないです)、という意味です。これを見ても分かるように非常に複雑な国です。これを一つの連邦国家にまとめあげてきたのが故チトー大統領です。もちろんチトーは東西冷戦の中でうまくバランスをとっていたのですが、チトーという求心力を失ったこの国の惨状が現在の様子です。(それにしてもサラエボオリンピックは綺麗だった)
第一次世界大戦(バルカンの火薬庫)あたりからはじめて、ここらへんを分かりやすく説明すればユーゴについて分かってもらえるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

7654321についての補足。

7つの国境、6つの共和国、4つの言語、3つの宗教、2つの文字、1つの国家

というのがどうやら正しいみたいです。
柴宜弘著「ユーゴスラヴィア現代史」より

チトーについて、一回分くらい勉強会ができそうですね。
サラエボオリンピックについても無知なので
少し調べて、勉強会に役立てたいと思います

ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/05 23:33

私もreyuanさんと同様、全くと言って良いほどユーゴについては知りません。


私であれば、今の季節とか、時差とか、言語など一般的なことからまず知りたいなと思います。

昨年オリンピックがありましたよね。
多分、ユーゴの選手も出ていたと思うんですが、その選手達の故郷が今どうなっているのかっていう出だしだと、私のような無知な者にとっては興味が湧きやすいかと思います。
何年か前にサラエボオリンピックがあった地で内戦(でしたっけ?)が起きて、かつての美しかった町に銃弾の跡が生々しく残っている映像を見たとき、すごく衝撃を受けた記憶があるので・・・。

素人意見でお恥ずかしい限りなのですが、なるべくたくさんのご意見をとのことでしたので、ほんの少しでもお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
スポーツといった、視点から考えていくことも社会学的ではありますが、
非常に面白い観点だと思いました。

スポーツは、時にナショナリズムとも関係してきます。
そういった研究もぜひしてみたいと思います。
貴重な意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/05 23:17

有意義ですね。

まず東欧が地理的にではなく歴史的・政治学的に概念として成立していくのは第一次世界大戦のあたりでしょう。まず、ユーゴに限定せず東欧という括りで、このあたりの歴史を概説する。そしてバルカン半島はなぜ「弾薬庫」といわれたのかを説明する。次に第二次世界大戦でしょうか。戦中・戦後のチトーの行動を説明すれば、それが今日のユーゴの概説になると思います。チトーのユーゴはソ連と仲が悪かったのはなぜかというのも、面白い問題だと思いますよ。ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。歴史的な観点から見ると、どこまでさかのぼればいいのかが、
少しわかりづらくなってしまいすよね。だって、ものすごい長い歴史の中で、彼らはいがみ合っているのですから。
pierreさんのご指摘だと、第1次大戦ですから
いわゆる”第1のユーゴ”からということになりますね。

チトーまでいけるか心配ですがとても参考になりました。
また何かありましたら、ご意見をお願いいたします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/02 20:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多民族国家

多民族国家について質問です。多民族国家といえば、ソ連邦や旧ユーゴスラビア、アメリカも含まれます?がそうだと思うのですが、その中でも特に内戦や支配が劇的にひどかったのが、ユーゴですよね・
ソ連邦と比べても、ユーゴが連邦として続いたのは短いですよね。
なぜ、ソ連邦は多くの民族がいたにもかかわらず長く保つことができたのでしょうか?私の見解ですが、ソ連はユーゴと違ってそれぞれ共和国を認めなく、一党独裁を貫いたからだと思うのですが。どうでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

ユーゴスラビアを多民族国家としてみるのか、単一民族国家としてみるのかが、判断の分かれ目でしょう。

ユーゴスラビアは、多民族国家であるとともに、単一民族国家でもありました。
そもそもユーゴスラビアとは、南スラブ人の連合国家という意味で、「単一民族である南スラブ人は、統合すべき」という理念の下に生まれました。
一方で、「各民族は別々である」という理念もありました。
ユーゴのチトー大統領は、強いカリスマ性で、そりらを統合し、「同一民族であり、別々の民族である」というような考え方で、連邦の統一を維持してきました。
チトー大統領が死んだ後、そのようなカリスマ指導者がいなくなり、ユーゴが揺れているときに、東ドイツを吸収したドイツが、自分達の商圏を広げるため
、クロアチアの分離独立分子を公式に支持し、ユーゴの解体を示唆したため、ユーゴは、統一派と分離派の内戦に突入します。

ソ連の場合は、経済の失敗により崩壊しています。
オーストリアの場合、多民族国家としての存続は、200年ほどですが、結局はハンガリーを実質的に独立させての200年ですから、参考にはならないでしょう。

ユーゴスラビアを多民族国家としてみるのか、単一民族国家としてみるのかが、判断の分かれ目でしょう。

ユーゴスラビアは、多民族国家であるとともに、単一民族国家でもありました。
そもそもユーゴスラビアとは、南スラブ人の連合国家という意味で、「単一民族である南スラブ人は、統合すべき」という理念の下に生まれました。
一方で、「各民族は別々である」という理念もありました。
ユーゴのチトー大統領は、強いカリスマ性で、そりらを統合し、「同一民族であり、別々の民族である」というような考え...続きを読む

QビタミンAとかビタミンB1とかありますが、 そもそもビタミンってどんな元素で出来ているのですか?

ビタミンAとかビタミンB1とかありますが、
そもそもビタミンってどんな元素で出来ているのですか?

Aベストアンサー

ビタミンとは、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称です。
有機化合物ですから、大枠を形作る元素でメジャーな4つは次のようなものになります。
・Carbon=炭素
・Hydrogen=水素
・Oxygen and Nitrogen=酸素と窒素

あとはビタミンの種類によってわずかに含まれるものがあります。
例えばビタミンAやB-6やB-12にはphosphorus=リンが含まれます。ビタミンAにはthorium=トリウムも含まれます。そのほかビタミンによってさまざまな元素(=elements)が含まれます。

Q日本は単一民族国家???多民族国家???

先ずはアンケートです。

①あなたは日本は単一民族国家だと思いますか?

②あなたは日本は多民族国家だと思いますか?


僕が知っている日本の民族は、大和民族、アイヌ民族、ウィルタ民族、ニヴフ民

族、琉球民族の5つなのですが他に存在しますか?それともこの中に違うものがあ

りますか?実際は、日本は単一民族国家なのですか?多民族国家なのですか?


日本は単一民族国家であるという人がいますが、これは大和民族以外の少数民族は

認められていないということなのでしょうか???

Aベストアンサー

日本民族は単一民族と言っていいと思います。もちろん、アイヌ族や琉球族などの少数民族というか少数文化をもった人々もいます。いますが、たとえば関東と関西の違いなども事実上文化的には異文化と言っていいぐらい違いますし、これが外国なら違う国になっていてもおかしくないぐらいの差異がありますから、アイヌなどに代表される民族も日本民族の一派でいいと思います。
(たとえば、スペイン語とポルトガル語は9割りまでは同じですで、文法上の違いはほとんどないですが、別の国です)

もちろん、各民族が「私たちは大和民族とは違う誇りがある」と表現されるならそれはそれで尊重すべきだとは思いますが、以下が単一民族の理由です。

日本がなぜ単一民族と「言っていい」と思うかというと「日本人」が成立したのが古墳時代末期までさかのぼるからです。推古天皇の時代には日本列島にヤマト王権が成立し、その後続日本紀に702年(大宝2年)の遣唐使で「日本」という国号を使った、とあります。

この時代以前は、日本は成立しておらず、各地に豪族がいたわけです。この豪族は出自が朝鮮系だったり大陸系だったり、DNA解析からみると東南アジアやミクロネシア方面もいたといわれています。

この時点では日本列島がいくつかの国に分かれてもおかしくなかったし、言語が今と違ってもおかしくなかったのです。しかし、のちに大和朝廷となる大豪族の力によってだんだん統一国家になっていき、天武天皇は統一国家としての王であったと言われております。
そして平安時代ぐらいまで掛けて日本列島は北海道と沖縄を除いて「日本」になったわけです。この時点で様々な出自や文化をもった人々はすべて「日本人」になり、天皇家の下で一致協力してこの国を発展させる意思をもちました。他の些細な差異や文化的宗教的な違いは「地方の特色」に変わったのです。

この統一国家としての約束があるから、戦国時代なども「天下取り」ができたわけです。天下取りは京都に上って天皇から「征夷大将軍」の称号をもらえば日本を支配できる将軍になれる、ということです。
これは逆を言うと「天皇がそういう人を選んだなら、私たちは従う」という約束が日本国中で出来ていた、ということです。
この約束を守る人々が「日本民族」である、と言っていいと思います。

逆の例を出しましょう。イギリスでは最近スコットランドが独立の住民投票を行いました。結局は否決されましたが、これだけ長い間統一国家なのに、スコットランドは「俺たちはイングランドとは違う国」と思っているわけです。この理由の元々は、ローマが侵攻した時にイングランドとウェールズを征服したのにイングランドは国境を引いてローマ化しなかったことに由来していると言われています。

このように日本でも歴史的な経緯が違えば単一性が損なわれたかもしれませんが、現在の日本は均一性が高く「統一王朝国家」としての纏まりが非常に強いといえます


日本で独立運動が起きる可能性があるのは、せいぜい沖縄ぐらいでしょう。でも沖縄は戦後米軍政時代になんども「日本復帰」を決議して大量の処分者をだしているのです。
このように、日本は各地方に特色がありますが、世界の標準からすれば「単一民族」と言っていいぐらいだと思います。それでも少数民族の独特の文化や言語は守るべきだと思いますが、そうではない各地方の文化も守ればよいのではないでしょうか。

日本民族は単一民族と言っていいと思います。もちろん、アイヌ族や琉球族などの少数民族というか少数文化をもった人々もいます。いますが、たとえば関東と関西の違いなども事実上文化的には異文化と言っていいぐらい違いますし、これが外国なら違う国になっていてもおかしくないぐらいの差異がありますから、アイヌなどに代表される民族も日本民族の一派でいいと思います。
(たとえば、スペイン語とポルトガル語は9割りまでは同じですで、文法上の違いはほとんどないですが、別の国です)

もちろん、各民族が「...続きを読む

Q高学歴で向学心のあるインテリな両親(教員とか法律家とか医者とか院卒とか

高学歴で向学心のあるインテリな両親(教員とか法律家とか医者とか院卒とか)から生まれる子供と、
そうでない親から生まれる子供の間には
子供の教育において、かなりのハンデがあると思うんですが、
本当でしょうか?

Aベストアンサー

これはもう、教育社会学では常識です。特に難しい論文でなくても、一般向けの書籍でいくらでもそうした調査結果は出ていますから、お読みになったらいかがでしょうか?
もちろん、個々には「例外」もありますが、統計的には(つまり確率的には)はっきりと有意に差があります。

例えば、お茶大の調査結果ですと、低学力の子どもの保護者の特徴として
・携帯でゲームをする
・カラオケが好き
・スポーツ新聞、女性週刊誌を良く読む
・テレビが好き
・競馬、パチンコなどのギャンブルが好き

逆に高学力の子どもの保護者の特徴としては
・家庭に雑誌や漫画以外の本がたくさんある
・(携帯よりも)パソコンでメールをする
・新聞の政治経済欄を良く読む
・美術館などによく行く
・食事の時にテレビを見ない

等々が挙げられていますね。
これは、つまり家庭の「文化」と学校の「文化」の親和性が高いということで、そのため、子ども達が教師の言葉や学習の言葉に対して、親しみを感じ、理解力が高くなるためではないか、と言われています。

Q多民族国家のいいところ

多民族国家のいいところを教えてください。
(例えばマレーシア)

Aベストアンサー

個人的な意見を言わせて頂きますと、

(1)ハーフなど美形な人が多い(生まれやすい)。
(2)多民族であるが故、民族差別や人種差別があまりない(完全に無いわけではないと思うが)。
(3)優秀な人材が多い(遺伝子レベルでの話で実際に優秀な人材を育てるにはそれなりの教育と環境が必要)。

以上の様な事が上げられるかと、

理由は多民族の場合そこから生まれる子供は両方の親の遺伝子を受け継ぐので両方の民族の優れた部分を持ち合わせているとの事。
人間版のハイブリットタイプだと言う事です。
忘れましたがどこかの偉い科学者の方がそう言ってました。

たしかにマレーシアもアメリカの多民族ですね。

Q最近 脳のバックアップとかクラウド化とかサイボーグ化とか あまりにも人類が人間離れしすぎていて その

最近 脳のバックアップとかクラウド化とかサイボーグ化とか あまりにも人類が人間離れしすぎていて そのうち あの世や魂が無いことも証明されてしまうような気がして恐いです そんな世の中にこれからなっていってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

そのうち あの世や魂が無いことも証明されてしまうような
気がして恐いです
 ↑
ハイ、時間の問題ですね。
事実、分子生物学では魂など存在しないと
断言する専門家が多いです。

ノーベル賞を受賞した、利根川進先生も、
魂は存在しない、と明言していました。

恐いというのは納得です。
あの世や魂など存在しない、とする世界は
人心が荒廃し、犯罪が増えるような気がします。



そんな世の中にこれからなっていってしまうのでしょうか?
    ↑
なっていくと思いますが、それは証明とは
あまり関係ないでしょう。

科学技術大国である米国では未だに宗教が
大きな力を持っていますし、
進化論など信じない、という人が沢山おります。

科学がいくら発達しても、宗教は宗教で残ります。
宗教が残れば、魂やあの世も存続し続けます。

Q民主党「単一国家観」から「多民族国家観」へ

外国人住民基本法案
http://www.pusan-jchurch.org/gaikokuzinkihonhou.pdf
民主党が請願してる法案ですが、
内容を見ると不法滞在でも5年日本に住めば永住権を取得でき、
一般日本人と同等の権利を得る事が出来るのですけど、
アメリカのように多民族国家になるべきなのでしょうか。
または多民族国家のメリット・デメリットはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

私は常日ごろ自分の頭の蝿も追えない者で、人様の心配をしている場合ではない。それでも、あまりの低劣ぶりに行く末を案じてしまう。「これは第1条(2)と、第5条(4)をみれば明らかです。」が聞いてあきれる。

在留資格一覧表(入国管理局)
http://www.moj.go.jp/NYUKAN/NYUKANHO/ho12.html

外国人住民基本法(案)第1条第2項
この法律の適用において「外国人住民」とは、在留資格、滞在期限その他在留に伴う条件の如何に関係なく、日本国籍を保持することなく、日本国内に在住する者をいう。

これは、(現行法でいえば)27種類の資格のどれでも、という意味になる。「不法滞在」は資格ではない。それとも、「の如何に関係なく」という日本語の意味が分からないのだろうか。
また、「特別法は一般法に優先する」という法理がある。法学入門というような本を開けば、最初の方に書いてある。上記の法案は「基本法」であって、不法滞在を取り締まる法律は別にある(それに抵触するからこそ「不法」滞在となる)。基本法と重なる部分については、そちらの法律の方が優先する。

第4条第1項
すべて外国人住民は、法律が定める正当な理由および適正な手続きによることなく、その滞在・居住する権利を制限もしくは剥奪されない。

すなわち、外国人住民は法律により、滞在・居住する権利を制限もしくは剥奪されるのである。それが、前述の「そちらの法律」ということである。
もし、この基本法が制定されるなら、連動してそちらの法律も改定される可能性があるが、いずれにせよ、その時点でのそちらの法律に抵触する者が、そちらの法律を越えてこの基本法による保護を受け、永住資格等を与えられることはない。それが「特別法は一般法に優先する」の法理である。「違反者も強制送還されることなく永住資格が付与される」などと、特に但し書きがない限り。

第2条第2項
すべて外国人住民は、いかなる差別もなしに、この法律による保護を平等に受ける権利を有する。
第5条第4項
外国人住民で引き続き5年以上居住している者は、申請により永住資格が付与される。

例えば次のようなやり取りになることが考えられる。
申請者「日本に5年住んでいるので、永住資格を」
係官「どうぞ申請書類を……あなた不法滞在ですね」
申請者「はい、それが何か。引き続き5年以上居住してますが」
係官「●●法により、滞在・居住する権利を剥奪して強制送還します」

要するに●●法次第である。むろん、●●法は「いかようにでも定められる」という種類のものではないが。
基本法の案だけ見て騒ぎ回るような連中の程度は知れている。

私は常日ごろ自分の頭の蝿も追えない者で、人様の心配をしている場合ではない。それでも、あまりの低劣ぶりに行く末を案じてしまう。「これは第1条(2)と、第5条(4)をみれば明らかです。」が聞いてあきれる。

在留資格一覧表(入国管理局)
http://www.moj.go.jp/NYUKAN/NYUKANHO/ho12.html

外国人住民基本法(案)第1条第2項
この法律の適用において「外国人住民」とは、在留資格、滞在期限その他在留に伴う条件の如何に関係なく、日本国籍を保持することなく、日本国内に在住する者をいう。

これは、...続きを読む

Q物語風に世界史を学べる書籍がありましたらご紹介ください。 国別ではなく欧州とかイスラムとか中国とかの

物語風に世界史を学べる書籍がありましたらご紹介ください。
国別ではなく欧州とかイスラムとか中国とかの分け方で。

Aベストアンサー

宝島社の本でしたら詳しくわかりやすく書いてありますよ。

Q多民族社会における平和共存の可能性と限界について。

現代の多民族社会における平和共存の可能性と限界について、みなさんはどうお考えですか?私は、いまこのあたりの問題について大変興味をもっています。

Aベストアンサー

民族を超えた共通の価値観を確立できるかどうかにあります。

例えば「国家」とか「共通の宗教」といった存在です。

アメリカや中国は、国家意識を国民に植え付けることで
多数の民族を統合しようとしています。
アメリカについてはほぼ成功しており、中国も一部の地域
(新疆やチベットなど)を除けば、ほぼうまくいっている
ようです。

宗教については、例えばイスラム教などでは、国や民族を
越えて共通の価値観をもっており、同じイスラム教の国の
場合、連帯感というものをお互いに持っているようです。

もっともイスラム教にも宗派が存在し、宗派間での対立と
いうものは残っています。

Q数の小さい呼び方は、ミクロンとかナノとかピコとか呼びますけど、数が大きくなる方の呼び方はあるんですか

数の小さい呼び方は、ミクロンとかナノとかピコとか呼びますけど、数が大きくなる方の呼び方はあるんですか?

Aベストアンサー

あるようです
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q127389532
ここで誰かが答えてます


人気Q&Aランキング

おすすめ情報