菌、カビ、サビなどの育て方、どなたか知りませんか?
特に見ていて綺麗で体に害がないものがよいのですが。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは



菌(細菌)については、acquitarさんが述べているので、私は、カビの育て方(培養法)について、述べます。

カビ(糸状菌)は、質問でおっしゃるとおり綺麗であることから、カビの芸術家がいます。

詳しくは、アウトドア情報雑誌の『Be-PAL』誌(1999年1月号)をバックナンバー注文すると詳しくなりますよ。
ただし、その雑誌の簡単な内容とカビの培養法は、下のサイトにのってます。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4764/52/5 …

また、滅菌をする場合は、
http://www.cyanes.com/saibai/houshi.html に圧力釜を使用する方法がのっています。

カビの場合も、黒いカビは、肺を犯して重病に陥います。
http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruieSP/ie3.htm

というわけで、まずは、カビの芸術家さんの本を手にいれて、彼女のテクニックを見てみると良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

既にカビアートしている方がいるのですね。
実は私もそのようなことをしようと考えていたのでちょっと悔しい感じです。
でもさっそく本手に入れてみようと思います。

お礼日時:2002/03/21 18:19

肉(魚でも)のゆで汁を、寒天で固めたものが一番培地に近いと思います。

普通は培地が固まる前に、滅菌を行って、目的以外の菌が混入するのを防ぎます。
入れ物、ふたもろとも圧力鍋にいれ、20分ほど130度で加熱するのが適当でしょう。培地も同じように滅菌するのが望ましいです。
固まった培地は空気(菌がいっぱい)に触れないよう(密閉の必要はない)にし、固まったら水滴が蒸発するまで待ち、水(滅菌したもの)に、土壌や生ゴミをいれて攪拌したものの、上澄みを少量塗り付けます。この際1000倍程度に希釈しないと、菌が多すぎてわけがわからなくなります。
これを(ふたを閉じて)恒温して菌を育てるわけですね。
37度、25度など、適当な温度で一晩培養すると、ぽつぽつと菌のコロニーが生じてきます。
温度によって生えやすい菌は異なってきます。
37度は体温なので、もっとも病原菌が生えやすい温度です...
菌には、0度以下で生きれる種類から、100度を越える熱湯に生息できる種類まで、数え切れない種があります。

しばらく培養して、気に入った菌のコロニー(かたまり)があったら、新しい培地に、ほじくって移してやります。定期的にほじくって移せば、ほぼ永遠に育てられます。

さて、菌ですが、こいつらは人間の科学を遥かに超越したスーパーマンです。これまじで。菌に出来ないことはありません。生物の神秘の90%はこいつらが発揮しているのです。たちまち何百万の人を殺すことも出来るし、石油を作ったり、ダイオキシンを分解したり、宇宙で生き延びることが出来るという菌がいるという噂すらあります。
しかも変化自在の忍者でもあり、昨日まで病原性のなかった株が、ある日突然強い毒を生産したりします。何億年もの眠りから目を覚まし、生育を開始したり、発ガン性物質を生産するカビ(アスペルギウス(?))もいます。
やつらは現在の生物学においてバイブルであり、工場であり、諮問機関であり、武器庫であり、最高師範です。
それほど力のある存在なんです。

だから悪いことは言いません。専門的な知識がないなら、やめた方がいいですよ。カビによる真菌症は、診断が難しいし、耐性菌と言う種類の病原菌に犯されたら、治療が非常に難しくなります。世界中で、抗生物質を打ち負かすように菌が進化しているのです。抗生物質が使いにくい菌がたくさん出てきているのです。

何匹か漂っている程度なら、害のない連中が多いですが、培養されて増えると危険な存在になります。
実験室でも、例え土壌菌の培養であろうと、70%エタノールで殺菌を頻繁に行い、実験室での飲食などは硬く禁じられております。

なお、さびは鉄の酸化でして、菌ではありません。
海中には、沈んだ船に取り付いて、鉄を酸化させて生きている鉄酸化細菌というのが住んでいますが...

市販されている栽培用のしいたけの木とかは、しいたけ菌の接種前に、恐らく滅菌していると思います。
さらに、なんせ木ですから、木を分解する無害な菌にとっては楽園ですが、病原菌にとっては住みにくいところです。

まぁ、食べ物に生えさせるくらいなら大丈夫かもしれないですね。肉汁など、栄養分が豊富かつ吸収されやすい形にすると、生えれる菌が増えてきて危険かもしれません。
培養の温度も、37度を避けることをオススメします。どうしてもやるなら...

とにかく、あんまりたくさん、一種類の菌を増やさない方がいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ひ~
なにやら恐ろしいことやろうとしていたんですね。
細かく教えてくださってありがとうございます。
かなり怖いので知識もないのに下手なことしない方が良いと痛感しております。

お礼日時:2002/03/19 23:01

個人差があり害がある場合があります(椎茸アレルギー等)



たしか.郵便局の商品販売で.「しばらくたつと椎茸が育ちます」という宣伝文句で.椎茸栽培の簡易セットがあったかと思います。

これを購入して.説明書どおりに自宅で育てれば良いでしょう。
シメジとかエノキとかマッシュルームとかいろいろな栽培もありますが.園芸書を参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり害があるのですね。
きのこ類もたしかに菌ですがちょっと変わった物を探しておりました。
質問細かく書かなくてごめんなさい。

お礼日時:2002/03/19 22:55

育て方というのは培養の仕方と解釈してよろしいのでしょうか?


細菌・真菌とも専用の培地で培養します。
細菌の場合は36度、真菌は25度で管理します。
もちろん食べ物なんかを室温に置いておけばいくらでも
細菌・真菌とも生えてきます。
食べ物も立派な培地です。
どのような目的で何をなさりたいのかわかりませんので
補足して下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど・・・
実は芸術品として使用しようと思っているのでが。

お礼日時:2002/03/19 22:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天然皮革の靴のカビ取り&洗い方

天然皮革の靴、ビルケンシュトック(パサデナ)にカビが生えていました(泣)。
カビを取り、気持ち悪いので洗いたいのですが、どうやって洗えばいいかわかりません。
自分でやりたいと思っています。
カビの取り方と洗い方(無理かもしれませんが)、知ってる方がいらっしゃったら、どうか回答お願い致します。

Aベストアンサー

カビ。。。びっくりしますよね。ビルケンということで安くはないでしょうし、かなり活用していた靴ではないでしょうか?季節がめぐってひさびさ出してみたら「ギャー」ってことが、まれにあったりしますしね。

NO.1の方もおっしゃってますが、「洗う」という方法をとらなくても大丈夫です。というか、水と洗剤でジャブジャブ・・・なんてやることは、基本的にすべきではないし、靴にかなりのダメージを加えてしまいますし、変形・収縮の原因になってしまいます。「気持ち悪い」という気持ちは分かりますがぐっとこらえていただいて。。。

(1)ブラッシングをして、カビやほこりを払う
(2)革用クリーナーをテレンプになじませてから、革をやさしくこすって少しずつ汚れを落とす。
(3)日陰干し(中のカップインソールは取り外して別に干すとなお良いかと)
(4)革の色と同じ・もしくは淡い色の靴クリーム(色がわからないのですが、茶ならなるべく近い色で、見つからなければ無色でも充分です)をテレンプになじませてから少しずつ丁寧に塗っていく。(ステッチにつけないように注意です)
(5)ブラッシングをして、靴クリームを全体に行き渡らせる。
(6)最後にテレンプで軽く磨く
※「テレンプ」は市販されてる靴手入れ用の布になりますが、なければやわらかい布(綿)で代用できます。ブラシもなければ伝線してつかえないストッキングで代用できます。

と、やれば、問題ないと思いますが。。。。

どうにもこうにも気持ち悪いというのであれば、靴クリーニングをお勧めします。できるできないかはそのクリーニング店の判断になりますので、一度相談してみるのも手です。

カビ。。。びっくりしますよね。ビルケンということで安くはないでしょうし、かなり活用していた靴ではないでしょうか?季節がめぐってひさびさ出してみたら「ギャー」ってことが、まれにあったりしますしね。

NO.1の方もおっしゃってますが、「洗う」という方法をとらなくても大丈夫です。というか、水と洗剤でジャブジャブ・・・なんてやることは、基本的にすべきではないし、靴にかなりのダメージを加えてしまいますし、変形・収縮の原因になってしまいます。「気持ち悪い」という気持ちは分かりますが...続きを読む

Q子のう菌類・カビ\\\担子菌類・きのこの語呂を考えて!

語呂でも由来でもいいので、このふたつを混同しない何かアイデアあれば教えてください。

Aベストアンサー

Ascomycetes(子のう菌)を「あそこみせて」と覚えるとは聞いたことがありますが...。ご質問の内容自体が事実と反しています。子のう菌のキノコもありますし、カビにも不完全菌類や粘菌もありますし。そもそもカビとキノコの違いは子実体のサイズだけです。
受験勉強でしょうか?大変ですね。でも、学校で教えることにもたくさん間違いが含まれているのです。

Q洗濯出来ない衣類の洗い方

洗濯出来ない衣類の洗い方に関して質問したいです。

まず、コートなのですが、毎週洗っています。湯水に揉み洗いする感じです。

次に仕事で雨天時や寒い時に着用するポリエステルで出来た厚手の防寒着や、ナイロンで出来た雨衣がありますが、職務上の規律から汚れはそのままにせず、品位を保つためにその日の内に落とさないといけません。
防寒着は洗い辛い為、汚れは雑巾やブラシで落とし、週末に揉み洗いして翌週までに乾かします。
雨衣は洗っても次の日には乾くので、汚れたら直ぐに揉み洗いして乾かします。

それから仕事で着用する革靴、足と膝の半分くらいまでの長さの物ですが、これらも職務規定からその日の汚れはキチンと落として次の日に臨まなければなりません。
外観の土や砂の汚れはブラシなどで水洗いをし、
中の方も臭いや湿気が溜まるので、2週に1度くらいの頻度で熱湯で濯いで乾かします。2足あるので毎週末洗ってる具合です。

他にも私物の靴なんかも2週に1回は洗うので、最近では自分の綺麗好きが病気に思えてきました。



まあそれは関係無しとして。
それら洗濯状況を同じ職業の父に話した所、
革靴は外観ならいざ知らず、中の方まで洗ってしまうと防水効果が損なわれる。と言われました。
足が蒸れやすい体質なのですが、最近、その革靴の足先が蒸れというよりもほんの少し湿ってるように感じています。
また、上記の防寒着や雨衣なども洗うと撥水効果や防水機能が損なわれるようです。
コート等も洗うと、早く衣類を傷めると言われました。

個人的には、汚れを落とす為にやっていたのもそうですが、中の方に立ち込める生活臭や汗などの汚れも気にして、結構な頻度で洗うようにしていました。
消臭剤等は、そういった汚れの臭いは抑えられても、汚れ自体は残るので、洗いたく思ってしまいます。
除菌が出来る消臭剤もありますが、汚れを落とすと言うのと、若干話が喰い違うので、よく分かりません。


外観はブラシや雑巾で拭くとして、中に蓄積される汚れはどう処置したら良いでしょうか?
また、防水や撥水機能が損なわれたら、どうしたら回復出来ますか?単にスプレーを掛ければ良いのでしょうか?クリーニング屋さんとかでも、どうしてるのか気になります。


お手数ですが、ご意見ご回答お願い致します。

洗濯出来ない衣類の洗い方に関して質問したいです。

まず、コートなのですが、毎週洗っています。湯水に揉み洗いする感じです。

次に仕事で雨天時や寒い時に着用するポリエステルで出来た厚手の防寒着や、ナイロンで出来た雨衣がありますが、職務上の規律から汚れはそのままにせず、品位を保つためにその日の内に落とさないといけません。
防寒着は洗い辛い為、汚れは雑巾やブラシで落とし、週末に揉み洗いして翌週までに乾かします。
雨衣は洗っても次の日には乾くので、汚れたら直ぐに揉み洗いして乾かします...続きを読む

Aベストアンサー

カーペットが水洗いできないものの代表です。

この洗い方を検索して行けばいい方法が見つかるでしょう。

炭酸水で洗剤なしで落とす方法。重曹をふりかけて掃除機で吸い取る方法などがあります。

撥水スプレーを乾燥後にきちんとかければ防水は守られるでしょう。以後はもみ洗いは避けてください。

靴の内部にはアルコールスプレーなどの殺菌効果のある液体をスプレーするだけにとどめます。揮発性なので乾きます。

Q菌・カビ・ウィルス

菌・カビ・ウィルスは、違いに定義はあるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

同じ微生物でも全く違うんですね。
定義といえるかどうかは別にして・・・、

細菌の大きさは1~5μm(ミクロン:1000分の1mm)程度で、形状は球状・桿(かん)状・らせん状などのものがあります。
細菌は一つの細胞からなり、細胞分裂をして増えていきます。条件が揃えば、大腸菌は約20分で倍に増えます。
水で薄めた食器洗い洗剤を放置しておくと濁ったりするのは、細菌が増殖したためです。
また、水道水中のわずかな有機物を栄養にして増殖する細菌もいます

カビは細菌とは異なり、多細胞でできています。空中に舞っている胞子は水分を吸って発芽し、汚れを栄養源にして菌糸(長さ10~30μm、幅2~10μm)を伸ばして繁殖します。菌糸を伸ばし、枝分かれし、子孫を残すために胞子を形成して、増えていきます。
家の中でも、食品はもちろん押入や浴室などの湿気の多い所によく見られます。

ウイルスは必ず他の生物(細菌、カビ、植物、動物)に入り込んで宿主の力を借りて増殖を行いますので生物とは言えないかもしれません。
また、ウイルスは非常に小さく、細菌の何十分の1、何百分の1の大きさしかありません。

以上、下記サイトを引用・参考にしました。

http://www.toto.co.jp/tips/dirty/d02.htm

参考URL:http://biology.at.infoseek.co.jp/2iroiro.html

同じ微生物でも全く違うんですね。
定義といえるかどうかは別にして・・・、

細菌の大きさは1~5μm(ミクロン:1000分の1mm)程度で、形状は球状・桿(かん)状・らせん状などのものがあります。
細菌は一つの細胞からなり、細胞分裂をして増えていきます。条件が揃えば、大腸菌は約20分で倍に増えます。
水で薄めた食器洗い洗剤を放置しておくと濁ったりするのは、細菌が増殖したためです。
また、水道水中のわずかな有機物を栄養にして増殖する細菌もいます

カビは細菌とは異なり、多細胞でできています。...続きを読む

Qフェイスパウダーのパフの洗い方☆

フェイスパウダーのパフをカネボウの抗菌スポンジクリーナーで洗っているのですが、乾かすと、どうしてもくちゃくちゃになってしまいます。これは洗濯すると衣類がいたむのと同じで、しょうがない事なのでしょうか?お気に入りのパフ(資生堂cle de peauの)なのに悲しいです。パフがふっくらする正しい洗い方があったら教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
これまでの方も言っておられますが、柔軟剤がおすすめです。
ショップの店員さんがすすめてくださったので間違いないと
思います。
私も使ってますが、さすが柔軟剤、ふっくらしますよ♪
試してみてください。

Qカビについて。カビの種類の中のカビ毒のマイコトキシン、アフラトキシンに

カビについて。カビの種類の中のカビ毒のマイコトキシン、アフラトキシンについて詳しく解る方お願いします。


自分なりにネットで調べては見たものの、自分の理解能力が低いためよくわからないので困ってます。

疑問になってることは、
1、マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

2、アフラトキシンはピーナッツやタピオカなどのカビとゆう事ですが、マイコトキシンは何がカビたものなんでしょうか?

3、アフラトキシンやマイコトキシンを少量口にしてしまってもガンになってしまうのでしょうか?


どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

マイコトキシンは一般家庭に存在する可能性はあります。
マイコトキシン産生菌にはアスペルギルス(コウジカビ類)、ペニシリウム(青カビ類)、フザリウムなどがあります。
これらは畑地土壌に生息していて、農作物に侵入して食卓にあがるまでの段階でマイコトキシンを産生します。
(ただ、アフラトキシン産生菌は日本にはあまり生息していないようなのでアフラトキシンに汚染されたピーナツは殆ど輸入品のようです。)
勿論マイコトキシンの規制は行われていますが、検査機器が検出できる量以下のマイコトキシンが含まれていることやサンプリングされたもの以外が汚染されてる場合なども考えられます。
食品のカビ汚染やマイコトキシン汚染を全くなくすることは難しいです。


2)アフラトキシンはピーナッツやタピオカなどのカビとゆう事ですが、マイコトキシンは何がカビたものなんでしょうか?

マイコトキシンは何がかびたもの、というよりかはマイコトキシンというのはmyco(菌の)toxin(毒)という意味で菌が産生する毒の総称のことです。
アフラトキシンもマイコトキシンの一種になります。
アフラトキシンを産生する菌の例としてはアスペルギルスフラバスがいますが、これが食品について生育しても必ずしも食品が汚染されるわけではありません。
カビの生長、増殖とアフラトキシンが産生される条件とがそろって、そこでアフラトキシンが量的に作られて食品が汚染されます。
マイコトキシンがつくられる条件は生育可能な条件よりも範囲が少し狭いのでカビの生育を抑えることが出来ればマイコトキシンの汚染は抑えられると考えられています。

3、アフラトキシンやマイコトキシンを少量口にしてしまってもガンになってしまうのでしょうか?

アフラトキシンをずっと摂取し続けるとガンになる可能性は高くなります。
少量を摂取したからと言って直ぐにガンになるわけではないです。

マウスの実験では1ppbを104週与えて肝がんを発生というデータが。(1ppbとは、50メートルプールに1g混ぜた程度の濃度に相当。)
ただ、この実験の詳しいデータが不明なので本当に正しいかどうかはちょっと分かりかねます。すみません。

参考URL:http://www.iph.pref.osaka.jp/news/vol39/news39_2.html

1)マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

マイコトキシンは一般家庭に存在する可能性はあります。
マイコトキシン産生菌にはアスペルギルス(コウジカビ類)、ペニシリウム(青カビ類)、フザリウムなどがあります。
これらは畑地土壌に生息していて、農作物に侵入して食卓にあがるまでの段階でマイコトキシンを産生します。
(ただ、アフラトキシン産生菌は日本にはあまり生息していないようなのでアフラトキシンに汚染されたピーナツは殆ど輸入品のようです。...続きを読む

Q正しい洗い方

正しい洗い方
先日、友人と喋っていた時、お風呂での体の洗い方について、
色々と激論していた所、友人が信じられない事を言いました。
なんでも、彼は肛門を洗う際、指にボディーソープを塗りたくり、
ヌルヌルにした状態で、その指を肛門に突っ込み、
内部まで洗浄していると言うのです。
しかも、それが正しい洗い方だ!と、まるで俺がスタンダードだ!みたいな言い方をされ、
その様な洗い方をしない僕に対して、不潔!悪魔!と罵ってきました。
そこで、皆さんにお伺いしたいのは、
彼の洗い方が本当に普通なのでしょうか!?
この問題で数週間前から友人ともめてます。

Aベストアンサー

考えられません。
その友人は潔癖性か、変態かだと思いますが、たぶん十中八九、変態でしょう。
それにゲイの疑いもあると思います。
恐らく、その友人はあなたにたくさんの秘密があるのではないかと思います。
これは小手調べ程度だと覚悟してください。

Qウイルス、菌、カビは全部微生物ですか?

ウイルスは微生物ですか
菌は微生物ですか
カビは微生物ですか
ネット検索しましたが難しい解説ばかりで分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

三つとも微生物と思います。
その三つは病原菌の代表的なものです。
まず大きさが違います。

カビ(真菌)> 細菌>ウィルス

カビ(真菌)でよく知られているのが、水虫です。
水虫もうつるので注意しましょう。


細菌は顕微鏡で見ることができるようになった。
結核菌 コレラ菌 大腸菌 などなど
抗生物質や予防注射など対策は進んでいる。


ウィルスは電子顕微鏡で見ることができるようになった。
インフルエンザウィルス エイズウィルス
などなど
ウィルスには細胞内に核がなく、ウィルスが体内に入ると、その動物や人間の核を乗っ取り増殖 悪さをする。
乗っ取られた細胞は外敵とは見なされないのでやっかいです。

ウィルスの治療薬も進んではいますが、宿主というか、寄生先を移っていくのでやっかいです。

Q洗濯表示と違う洗い方をしてしまいました。服に影響がないか困ってます・・・

洗濯表示に「手洗い・押し洗い・つけ置き禁止」等、表示された衣類を手洗いではあるのですが、汚れが落ちなかったためつけ置きをし、さらに、こするなどの洗い方をしてしまいました。服の種類は「本体は綿で、ポリエステルの光沢のある緑の装飾がされているワイシャツ」です。

服の状態はしわがひどくはなってはしまいましたがそのほかに大きな問題点はみられません。

それともやはり生地が痛み、服の清潔さとうがかけてくるものなのでしょうか(・・? クリーニングが専門の方、アパレル関係の方、おなじような経験のある方など、アドバイスよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

洗濯表示は、その製品にとって最低限の影響が出ない洗濯方法を書いてあります。
今回洗濯された服は、装飾が付いているようなので、その装飾を保護する意味で
「手洗い・押し洗い・つけ置き禁止」等の表示になっていたのだと思います。
また、綿素材は扱いやすい素材である反面、最近では様々な加工をされているものも多く
同じ綿であるジーンズ素材と同じように扱えない場合もあります。
短所として縮みやすいという事もあります。
そのあたりの意味も踏まえて、今後洗濯される場合の注意と目安にされたらよいと思います。

Qかつては「コーヒーは害だ」「おこげは害だ」と言われていましたが、今はどうですか?

昔は「コーヒーなどカフェインの取りすぎはよくない」と言われていたり書かれていたりしましたよね?またオコゲなどスミは発がん性物質だ、と。でもたしか「ビタミンバイブル」などで読んだ(これもすでに少し古い情報ですが)ところでは、カフェイン取りすぎは害はないし(デカフェインは別)、炭も害はないとのことでした。
それから時間がたちました。今はもっと科学が進歩したので、最新の知見はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

カフェインは「劇薬」ですが、コーヒーをいくら飲んでも問題ありません。
おこげについては、魚等のタンパク質の焦げに発がん性があるとかだったような記憶があります。ただ、これも一般的に口にいれる程度ではさほど気にする必要もないような気がします。

参考URL:http://www.skz.or.jp/asteka/mamechishiki/mame0001.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報