勝ち越すことを「給金を直す」と
よくいいますが、これはどういう意味なんでしょう。
大相撲は身分(横綱、大関、など)で
給料きまってるじゃないですか。

長年の謎で気になってます。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

褒賞金は持ち給金とも呼ばれています。


褒賞金は、月給とは別の、勝ち越すことでアップする給料のこと。
「給金を直す」というのは、褒賞金が直る(アップする)ことからきているそうです。

http://www16.big.or.jp/~ncis/sumou/sumou.html#su …

参考URL:http://www16.big.or.jp/~ncis/sumou/sumou.html#su …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
なんと負け越ししても報奨金が減らないのにはびっくりです。
こういう複雑な給料体系だったとは・・・

お礼日時:2002/03/17 23:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日の琴欧州vs高安

本日(7月12日)の「琴欧州vs高安」の取り直しはないと思いましたが、取り直しになってしまいました。特に琴欧州のファンではないですが、この判定はおかしいとは思いませんか?

確かに、高安は強くなっていますが、勝負と強さは関係はないと思うのです。体が生きているかどうかは、両者が飛んだ場合、やはりドスンと最初に地面に着いた方が負けではないでしょうか?どこかに相撲協会の意図が見え見えのような気がしました。今までこの取り組みの判定と同じような判定(取り直し)をご存知の方おられますでしょうか?

これでは琴欧州もやる気がなくなるのではないでしょうか?せっかく全勝で来たのに。

Aベストアンサー

補足拝見いたしました^^
なるほど、お気持ちよくわかります。
ただ、質問者様は琴欧州よりのファンで協会に不満をお持ちなのですね。

>100人中100人がそうだと思います。
100人中100人と決め付けるのは、かなり思い込みが強いですね!
100人中100人はありえないでしょう~

ご存知かとおもわれますが、数場所前に豪栄道と日馬富士も取り直しましたよね。
相撲協会期待の星、豪栄道が有利に進めていたのに取り直しましたよね。
豪栄道サイドはもちろん文句一つ言いませんでしたが・・・

やはり、今回の微妙な一番も、取り直した結果、琴欧州が負けたんですから、
負けは負けで。

取り直しせず、高安に軍配があがったのなら、あれですが、
取り直したんですから・・

琴欧州推しの方には納得いただけないでしょうが・・
客観的にみた私からの回答でした。参考にどうぞ。

Qある順番に相撲のような番付をつけたいのですが、横綱、大関、関脇、小結、

ある順番に相撲のような番付をつけたいのですが、横綱、大関、関脇、小結、の次からがよくわかりません。
順番をつけたい人数は23名で全員に番付をつけたいのですが、十両とか序の口とかどうつければいいですか?
23番目の人は最下位です。
どなたかお詳しい方、教えて下さいませ!

Aベストアンサー

東西に分けない場合

1)横綱
2)大関
3)関脇
4)小結
5)前頭筆頭
6)前頭2枚目
・・・・・・・・

・・・・・・・・
23)前頭19枚目


とするか、前頭を途中で終えて、十両、幕下 などをつけるかです。

また、理事長、審判部長、広報部長、木村笑之助、式守伊之助 

なをを混ぜると楽しいかもしれません。

[2番より補足]

Q高安山について『高安駅から高安山駅までの道のり』

すみません。教えてください!
来月彼女と近鉄高安駅からケーブルカー終点の高安山駅まで歩いて登山しようと思っております。
そこで高安駅から高安山駅まで歩いたらどのくらい時間はかかるのでしょうか??

あと高安山はハイキングするにあたって良いところですか??行かれた方の感想を教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

2時間あれば十分かな?ケーブルカー終点付近とか高安山はそれほど展望無し。でも高安霊園の展望等は景色バツグン!

Qストレート給金とは?(大相撲)

大相撲ニュースの際、「ストレート給金」という用語が使われていました。いろいろ調べましたが、どういう意味なのかわかりません。(「給金」の意味はわかります)。どなたか詳しい方、教えて頂けないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初日から負けないで8連勝すれば、勝ち越しが確定して給金を直すことになりますよね?一度も負けないことを称してストレートと表現していると思います。バレーボールや卓球などで相手に1セットも許さないで勝つことをストレート勝ちと呼んだりもしますね。

Q大相撲の人気回復の妙案です

海外への相撲の普及も、日本相撲協会の大切な役目だと明記されています。

相撲が世界中に広まり競技人口が増えれば、オリンピックの公開競技や正式種目にもなれます。

大相撲の英語放送は既に存在し、コメンテーター(解説者・注釈者)のマリ・ジョンソンさんが場所ごとに立派な放送をなさっています。

ブラジル、ペルーなどには、日系人の大相撲ファンが少なくないです。しかし日系二世・三世らは日本語が十分判りません。

せっかくのファンを逃がさないためにも、ブラジル用にポルトガル放送、ペルー、チリ、アルゼンチン、メキシコなど中南米諸国向けにスペイン語の放送が欲しいです。

日本語が判らない日系二世・三世・四世の方々や一般国民で格闘技に興味のある人たちも、大相撲中継を見るでしょう。

日本文化の普及や国際理解にもつながります。


モンゴルでは日本の大相撲中継が高視聴率を維持しており、数社の放送局が地上波で放送している事は有名です。

首都ウランバートルの街には、横綱・白鵬はもちろん、大関・日馬富士や関脇・鶴竜ら出身力士の看板が数多くあります。


またブルガリアでは大関・琴欧洲と十両・碧山(あおいやま)が、グルジアでは栃ノ心(とちのしん)、臥牙丸(ががまる)、黒海という三人の関取がいます。

ブルガリア語やグルジア語での放送もしてあげれば、現地の人は見ると思います。実際栃ノ心が白鵬と、優勝争いをしましたし。


大関・把瑠都の出身国エストニアだって、アマチュアの世界大会にはエストニア選手団が、モンゴル、ブルガリア、グルジア、日本、ロシア、ポーランドなどに交じって参加していますから、ある程度相撲に関心のある人はいる筈なんです。


また幕内・高安と十両・舛ノ山(ますのやま)はフィリピン人とのハーフです。

フィリピン人は中学から英語で授業を受けますから英語放送でも理解できるでしょうが、貧困の為に学校に行けなかった人、今でも行けない子供たちも多数います。

タガログ語の放送があれば、よりフィリピンの人たちの間に相撲が浸透します。


もちろん来場所新入幕になるであろう隆の山(たかのやま)の母国のチェコ語、幕内・阿覧(あらん)の出身国のロシア語放送だってやれば良いと思います。

フランスでも相撲はある程度人気があって興味のある人はインターネットで見ていますから、フランス語での大相撲中継もあるとフランス語圏に大相撲の認知度が高まります。

日本相撲協会では、海外での相撲の普及に力を入れています。しかしテレビやネットで大相撲を見て、出身国の力士を応援した経験のある子供たちが増えれば、普及ははるかに楽に進むはずです。


ポルトガル語、スペイン語、ブルガリア語、グルジア語、エストニア語、タガログ語、ロシア語、中国語、フランス語、チェコ語などの大相撲中継をやってみればどうでしょうか?


海外から大相撲を見に、観光旅行を兼ねて国技館などに来る外国人が増えるはずです。

また日本に多数いらっしゃる在日ブラジル人や在日フィリピン人、日本人のフィリピン妻なども観戦に来るのではないでしょうか?

日本人が見に来ないなら、外国人の相撲ファンに見に来てもらえれば良いのです。 外国での人気に影響されて、日本の相撲人気も回復すると思います。

現地のテレビ局に放送してもらうのではなく、最初はインターネットで放送すれば良いと思います。人気が出てきたら現地の衛星放送→地上波に移行するのです。


コスト的に引き合わないのは承知の上ですが、将来への投資です。日本文化への理解の促進ということで、政府や外郭団体からお金を出してもらいましょう。

ポルトガル語、スペイン語、フランス語、中国語、ロシア語は、学習者も多くアナウンサーの人材に事欠きません。 他言語は現地で志願者を募集して養成すれば可能です。

柔道や合気道、歌舞伎、アニメ、漫画、生け花、能、将棋、日本のテレビ・映画を通して、どれだけ多くの外国人が日本に好感を持ったかは、説明の必要がないでしょう。

目先のコストにこだわらず、広い意味での将来の利益を考えれば有効な手段だと思いませんか?

海外への相撲の普及も、日本相撲協会の大切な役目だと明記されています。

相撲が世界中に広まり競技人口が増えれば、オリンピックの公開競技や正式種目にもなれます。

大相撲の英語放送は既に存在し、コメンテーター(解説者・注釈者)のマリ・ジョンソンさんが場所ごとに立派な放送をなさっています。

ブラジル、ペルーなどには、日系人の大相撲ファンが少なくないです。しかし日系二世・三世らは日本語が十分判りません。

せっかくのファンを逃がさないためにも、ブラジル用にポルトガル放送、ペルー、チ...続きを読む

Aベストアンサー

大賛成です。

オリンピック正式競技としてひとつの提案。

野球のようにプロが出てきています。
相撲もプロアマ自由参加とします。

もちろんガチンコになります。

トーナメントになるでしょうから一発勝負、となれば横綱が順当勝ちとなるとは限りません。

世界で競うことで相撲の底辺が飛躍的に向上するのは疑いなしです。

年6場所のうち1場所を海外場所とし花相撲ではなく本場所とします。

外国人力士が更に増えて日本人力士が減少となるかもしれませんが、
相撲としては面白いものになると確信します。

相撲界のしきたりはきちんと残すことは絶対条件です。

Q元大関出島の引退相撲のチケットを頂きました。

元大関出島の引退相撲のチケットを頂きました。
引退相撲では断髪式が行われるようですが、断髪式に出席される方々が気になります。
交友関係など詳しい方、是非予想してはいただけませんでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どんな方(特にタレント)が来られるのか?ワクワクしますね♪

もしかしたら、テレビ番組のすぽるとで仲が良かったハマちゃんとか?

引退相撲(断髪式)は、ただ髪を切るだけでなく、その前後のイベントが面白いですよ。

ふれ太鼓に始まり、幕下決勝5人抜き・十両土俵入り・髪結い実演・十両取組(13番)・子供の稽古・最後の土俵入り・・相撲甚句・断髪式・花束贈呈(ファン代表)・幕内土俵入、大関土俵入・櫓太鼓打分・幕内取組(19番)・弓取り式など・・

楽しんで来て下さい♪

※来客の中にタレントが居たりしますから、客席でもキョロキョロしてて下さいね

Q高安動脈炎とは・・・

この間、何かのTVで高安動脈炎についてやっていて、私も微熱が続くことがあったり、手に持っているものを落としてしまうことや、肩が凝るなど、最近体調が優れなくて、高安動脈炎と同じような症状があったので、不安になりました。これは、どのような病気で主な症状としてはどのようなものなのでしょうか?
私は、扁桃腺が大きいせいか、少し寝不足が続くだけでもすぐ37度台の熱が出て、病院に行っても、先生も私は扁桃腺が大きいからすぐ熱がでる、というのを分かっているので、微熱がつづいても特に検査をすることもなく、抗生物質をいつも処方するだけなので、不安になりました。

Aベストアンサー

私も観ました。膠原病の一種です、なので自己免疫(免疫力とは違う)などが関係してくる血液の病気ともいえるものです。

私も微熱半年続き、膠原病の検査もしましたが、結局慢性扁桃炎で摘出したとたんに下がりましたよ。

内科・血液内科等で診ていただけます。どうしてもご心配なら受診なさってくださいね。安心のためにも。

Q大相撲・横綱になるには

横綱になるには、どういう手続きを踏むのでしょうか?
外国人から質問を受けて、いろいろサイトを調べたのですがきちんと載っていません。教えてください!

Aベストアンサー

大関で、2場所連続優勝か、それに相応する成績を上げた力士。

2場所で26~27勝以上(13,14勝)での優勝ですね。

このような成績をあげると場所後に横綱審議委員会などの審査会が開かれて、委員たちが横綱にふさわしいと認めれば、次の場所から横綱になれるというわけです。

でもけっこう曖昧なところもありますので
外国の方には理解できないかもしれませんね。

Q高安所属の5800系・5820系で鳥羽行きの運用はありますか?

近鉄の高安所属5800系・5820系(L/Cカー6両)で鳥羽線まで入線する運用はありますか?
宇治山田までの運用しか見たことがありませんので。

Aベストアンサー

鳥羽まではないようです。
が、五十鈴川発の上り快速急行に存在します。
五十鈴川16:54発です。
たった一駅だけですが。

Q朝青龍が横綱で外国人横綱二人時代に・・・

朝青龍の横綱昇進も時間の問題ですが、貴乃花の引退で「国技」大相撲の最高位「横綱」が二人とも外国人力士となりました。これに関しての皆様の率直なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

朝青龍関も、武蔵丸関も、たまたま「アジア系」の顔立ちをしていらっしゃるので、実のところは、それほど気にならないのです。これで、金髪、どう見てもアングロサクソンの顔立ちの人ばかりが横綱、大関を占めていたら、きっとかなりの違和感を抱いたと思います。不思議なものです。

昨日、朝青龍関にとっては、最も大切だと思われる、琴光喜関との一番をじっくりと見ていました。

あの相撲に、私は朝青龍関に、千代の富士、または栃錦の再来を感じました。誰もついていけないあのスピードと、流れるような技の連続。あれが出る間は、安泰だと思います。

でも、日本人の力士が必ずしもかなわないわけではないと思います。現在の大関陣も、病気や怪我さえなければ、十分に対等に戦えるように思います。

要は、力士の体形がこれだけ変わってきたのに、土俵が40年前と全く変わっていないというところに問題があるのではないかと。スケジュールも尋常ではないと聞きます。

つまり、「怪我や病気をしてください」といわんばかりの土俵体制になっているということです。
先代貴乃花(現二子山親方)は初めて稽古にビデオを活用したといいます。元三重ノ海(現武蔵川親方)は、筋力トレーニングにハイテクを導入しました。稽古がレベルアップし、多くの人に、より強くなる可能性が出てきていると言うことではないでしょうか。昔に比べて、圧倒的に一人だけ強いという横綱が出現しにくい状況になっているのかもしれません。

で、昔の力士よりも無理をして、怪我や病気をする。

素人判断かもしれません。「猛稽古をする力士が減った」と愚痴る親方の話も読みますので。でも、怪我や病気をしやすい状況になっていることは、誰も否定はしないでしょう。その点が改善されれば、もう少し相撲も、以前の面白さを取り戻してくれるのではないかと思います。

朝青龍関も、武蔵丸関も、たまたま「アジア系」の顔立ちをしていらっしゃるので、実のところは、それほど気にならないのです。これで、金髪、どう見てもアングロサクソンの顔立ちの人ばかりが横綱、大関を占めていたら、きっとかなりの違和感を抱いたと思います。不思議なものです。

昨日、朝青龍関にとっては、最も大切だと思われる、琴光喜関との一番をじっくりと見ていました。

あの相撲に、私は朝青龍関に、千代の富士、または栃錦の再来を感じました。誰もついていけないあのスピードと、流れるような...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報