【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

そろそろ次の内閣が誕生します。
そこで質問なのですが、大臣でもそれぞれ重みが違いいますよね?
ポスト小泉と目されている方々は皆重要閣僚という位置づけのようなので
官房長官や外務大臣、財務大臣などが最も重い役職になるのかと思います。
ただ自民党の幹事長も大臣三人分と言われることもあるようで、相当重い
ポストなのだと思います。他にも党三役と呼ばれる役職がありますよね。
その辺りの大臣と党三役の重みを出来れば一番から順番を付けて教えて欲しいです。
多少主観が入っても構いませんので出来ればランキング形式でお願いします。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

閣僚については、判断基準がいろいろあります。

例えば、内閣法で総理に何かあったときのために代理となる閣僚を指名することとされています。
政府はこれを無視して指定しなかったのですが、小渕さんがなくなられたときのごたごたで申し合わせがあり、(1)官房長官が代理する、(2)官房長官も代理できないときは、あらかじめ定めた閣僚順位に基づき代理する、となりました。これに基づくと、現在の順番は(1)安倍官房長官、(2)谷垣財務大臣、(3)麻生外務大臣と続いています。
また、本会議場のひな壇の席次もナンバー2の場所があり、議長席をはさんで総理の右隣の席が2番目に良い席とされていますが、これは名誉的な側面が多いように思えます。
「重要閣僚」といわれるのは、その時々の課題や担当分野における権限にも絡むので一概にはいえません。外交、財政、内政は重要なため、それぞれの外相、財務省、総務相は常に重要閣僚ですが、金融・経済財政担当大臣などであっても、竹中氏が就任した当時のように金融恐慌などがあれば重要ポストにあたります。
個人的には、官房長官、財務、総務、外務、農水、経産あたりが安定して重要で、その他はそれほど差がなく、担当省庁を持たないだけに特命担当大臣が劣るという感じでしょうか。

党三役については、明らかに幹事長が一番です。党の公認候補、推薦候補の指名権があり、党の資金も管理しています。総裁の番頭で、党所属議員への影響力は甚大です。総務会長は政審総務会の会長で、国会に上げる前の法案など、全ての政策はこの総務会を通さないと国会に上程できない慣習になっています。政調会長は、党が政策を立案する際の責任者です。
役人からしたら、総務会長は政策を作る上で了解を得ておかないといけない対象で、政調会長は一緒にうまく政策を作っていきたい相手(もちろん反対の政策を立てられるなどすればとまってしまいます)といえるんじゃないですかね。国民があまりしらないだけで、総務・政調会長の了解がないと国会に法案も提出できないんですよ。両方とも同じくらい大変な権力者です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2006/11/13 23:38

三役では幹事長、総務会長、政策調査会長です。


閣僚はそのポストについて人の力量にもよるので特に決まっていはいませんが、内閣官房長官を別格として重要閣僚としては、外務、財務、経済産業、国土交通大臣といったところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2006/11/13 23:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大臣の重要度ってあるんですか?

もちろんどの大臣も大切ですが、例えば昔なら通産、外務、大蔵が重要閣僚ポストでしたが、今も経産、外務、財務が優遇ポストなのでしょうか?
軽量、重量ポストの順番を教えてほしいです。

Aベストアンサー

重要度という言葉の定義によっても若干の変動がありますが……

戦前からの「格」でいうと、かつてのインナーキャビネットといえる五相会議を構成した大臣は文句なく重要閣僚ですね。首相は別にして、現在も残っているのは財務(大蔵)、外務の両大臣です。そして、旧内務省の流れをくむ厚生大臣も、省庁再編前は政策における重要度は別にして一目置かれる大臣でした。

人気という点の重要度で言うと、やはりダントツは建設、農水の公共事業官庁でした。票につながる郵政相も意外と人気のあったポストです。通産大臣は、省庁としては強力な役所でしたが、大臣としての重要度は格、人気の両面でそれほど評価されなかったポストです。

省庁再編後は、官房長官の重要度が大きくあがりました。それまでは単に首相の金庫番的な位置づけでしたが、省庁間の総合調整の権限が与えられたことで、カネ以外に政策面でも重要度を増したわけです。小泉政権で「官邸主導」が演出されるようになるとますます、官房長官の役割は重要になりました。

その小泉政権では、経済財政担当大臣も重要ポストでした。何しろ丸投げ体質の首相の下では、実質的に重要な内政政策を決める場である経済財政諮問会議を取り仕切るこの大臣の重要性がいやが上にも増したわけです。その後の安倍政権では総務相の役割が増大するなど、大臣はそのポストというより属人的な理由で重要度が変化しました。その分、財務相の重要度は相対的に落ちていきました。

政権交代後は経済財政諮問会議が廃止され実権を失った経済財政相に代わり国家戦略相の重要度が上がるはずでしたが、いろいろな理由で実権のある役職にならなかったためにかえってどの大臣が重要閣僚か分からなくなってきた嫌いはあります。ただこうした歴史的な経緯をふまえると、

外務、財務、官房

が格の上で、また

厚生労働、国土交通

がその所管する政策の重要性の故に、

重要閣僚だと称して差し支えないと思います。

なお、防衛相は個人的に今の首相に近いためにその政治力が強くなっていますが、「格」「政策」「予算」いずれの面でも発展途上の役所のため、まだ重要閣僚というには至っていないというのが現状です。

重要度という言葉の定義によっても若干の変動がありますが……

戦前からの「格」でいうと、かつてのインナーキャビネットといえる五相会議を構成した大臣は文句なく重要閣僚ですね。首相は別にして、現在も残っているのは財務(大蔵)、外務の両大臣です。そして、旧内務省の流れをくむ厚生大臣も、省庁再編前は政策における重要度は別にして一目置かれる大臣でした。

人気という点の重要度で言うと、やはりダントツは建設、農水の公共事業官庁でした。票につながる郵政相も意外と人気のあったポストです。通産大...続きを読む

Q総理大臣の次に偉い人?

こんにちは、前にチラッと聞いたような気がするんですけどはっきりした答えがいまいち分かりません。内閣で総理の次に偉い人は誰なんでしょうか?多分そんな人はいないとか大臣はみんな一緒だとか言われそうですが、実際のところそんなことはないと思ってます。財務大臣?官房長官?この辺りだと思うんですがどうでしょうか?さらに質問するとナンバー3は誰なんでしょうか?(確か3本柱みたいなものがあったような気がします…)大臣の偉い順番などがあれば教えてください。

Aベストアンサー

ナンバー2は、内閣官房長官、
ナンバー3は、内閣のメンバーではないですが、自民党の幹事長だと思います。

歴代首相も、大抵はこれらのポストを経験していますし、出世の王道なんではないかと。

Q幹事長と官房長官は、どんな仕事をするの............??

こんにちは、
組閣人事が決まりましたね。

幹事長と官房長官はどんな仕事をするのですか?

どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

幹事長は、党のNo2です。総裁が官邸に入って総理になりますから、実質的な党の元締めです。
昔で言うと、藩主が江戸に行ったケースの城代家老といったところです。
選挙があると、財布を握って選挙区への応援や資金を仕切りますから、党内への貸し借りがかなりできます。

官房長官は、総理の官房のトップです。仕事はスポークスマンで、報道の対応をします。
総理の腹心ですね。
通常ではない問題がおこり、官邸で処理する時は、陣頭指揮をします。
アメリカでは主席補佐官に相当する要職です。
内閣で仕事をしますので、行政のことはよくわかります。

幹事長は党内に強い実力派議員向き。
官房長官は頭脳明晰で失言が一切無いタイプに向いています。

ちなみに官僚のトップは、官房副長官です。

Q安倍が副総理と副総裁を置く理由

先日の麻生副総理兼財務大臣の起用内定に加えて 高村副総裁の留任が確定しました…
しかし この両ポスト どちらか一方で充分じゃないでしょうか?
確かに 党と内閣で役職は別かも知れませんが 内閣で総理が不在なら副総理に任せればいいし
党で総裁云々なら幹事長が引き受けると思うし…

副総理を置くなら副総裁はいらないし
副総裁使うなら副総理を置く必要は無いと思うのですが

何か安倍総理に思うところがあるのでしょうか?


麻生を側においておきたいからですか?
(財務大臣だけだと財務省に出ずっぱりで総理と会えず助言がもらえないので 官邸で話す機会も増える副総理も兼任にした…)とかそういうことでしょうか?

Aベストアンサー

副総理・・・また入院することになったら面倒だから
そのときは、太郎君に首相のハンコおしてもらおう。\(^^;)...

副総裁・・・俺、病弱だから
党の集会とか、代理に高村さんにいってもらおう\(^^;)...マァマァ

ということ。

森内閣以後は、組閣時に普通は官房長官筆頭に首相の事故病気死亡時の代理者を
五人まで大臣から選ぶことになり、官房長以外の大臣が
「内閣法第九条の第一順位指定大臣」となるときのみ
副総理と通称することに
なっています。
首相経験者がヒラ取締役(国務大臣)だけじゃなんだから、副総理の肩書もつけておこうということですね。
(専任の副総理もありですが、首相の事故病気死亡時まで仕事ないので、
そのときは、どこにも執務室も専用の机もありません。
首相官邸行くと首相補佐官や秘書官のいる大部屋の予備の机使っているとか\(^^;)...

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q政務官と事務次官はどちらが上?

政務三役とは、

大臣 1名 
副大臣 1~2名
政務官 1~2名 

ですよね?

大臣・副大臣は、各省のトップですよね、だから、事務次官の上ですよね?

○○省大臣
○○省副大臣
○○省事務次官

ここで、政務官はどこに入るのでしょうか?
そもそも、政務官ってどういう立場でしょうか?

いまいちよくわからないので、お詳しい方教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

政務官は基本的に政治家がなります。事務次官は各省庁の事務方(国家公務員試験を受けて受かった公務員)のトップです。
従って、政務官は事務次官の上と言うことになります。また、事務次官は大臣が替わっても替わることは無いです。しかし政務官は替わります。

Q自民党三役は何がえらいの?

   自民党三役がきまりました。誇らしげにインタビューに答えていましたが、彼らは何がえらいんですか?各省庁の大臣より格が上なのは発表されかたから見当がつきますが、一般人から見ると総理大臣以下は皆同じに見えます。会社で言うと社長の次のポストみたいな感じですか?給料も高いんですか? なんかおいしいことがあるんですか? 何でも知っていることを教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 総理大臣以下の大臣は、国家公務員で日本国政府から給料が出ます。つまり日本国の運営に責任があります。

 自民党三役は、自由民主党の運営に責任があり、自由民主党のNo.2=幹事長、No.3・4=総務会長・政調会長です。当然給料は自由民主党の党経費から出ます。
 幹事長は自民党所属の国会議員に対して、自民党経費から選挙資金を渡したり、党公認候補の選定を行なうなど、強い権限があります。総務会長は幹事長のもとで、党運営一切を補佐し、政調会長は自民党の政策のとりまとめを行ないます。

 たまたま、自民党総裁と日本国首相が同一人物になることが多いため、自由民主党と日本国政府の人事に混同が起きますが、基本的には別物です。

Q自民党の役員(三役)人事についてですが

党三役といえば、先日発表された幹事長・総務会長・政調会長ですが、総務と政調の各会長はどちらの方が格上としたものなのでしょうか?幹事長は名のとおりNo.2的存在だと分かるのですが、各メディアによって総務と政調は呼び順が違うような気がします。それから党三役の次の党のポストは幹事長代理、国対委員長となるのですか?(参院除くと)  お分かりになられる方お教え願います。

Aベストアンサー

 一般に政治関係の文献や報道等によりますと、自民党の党三役を指す際に、「幹事長」がNo.2であることは確かですが、「総務会長」、「政調会長」には判断の余地があるでしょう。
 
 政務調査会長は、幹事長とはまた別に組織された、国会の各委員会対策の為の専門部会を率いる政務調査会のトップなので幹事長の次に位置していると考えられます。当面の政策を議論したり、首相・大臣や官僚に働きかけをしたりする任務を考えると、重要なポストです。
 
 総務会長指揮する総務会ですが、総裁の直接指揮下には入らず、別働隊としての「党大会(衆参両院の議員の集合体)」を仕切ることが主な任務なので、便宜上、3番目に位置しているのでしょう(自民党機構図参照)。また憲法問題のような長期的スパンを要する政策について議論する為、政務調査会よりは即戦力としての重要性が劣っているのかもしれません。
 
 これは余談ですが、「政高党低」という言葉があります。政党より政治(=国会)を重視するのであれば総務会長が格上になるでしょう。当然(?)の話ですが、自民党の視点から見た場合、「政高党低」では少し困ったことになりますね(政策をリードするのが自民党ではなく国会)。従って自民党に自身については、敢えて政調会長を上へ位置付けているのでしょう。
 
 No.4についてですが、ウィキペディアによりますと設置された場合のみ「副総裁」とされています。ところで参議院を除くというのは、党五役を指す「参議院議員会長」、「参議院幹事長」を除くという意味でしょうか。それなら自民党機構図には掲載されていませんが、今回は石原伸晃氏が就任した「幹事長代理」のポストも相当に重要だと思います。自民党最高責任者である総裁は河野洋平氏を除き首相に就任していることから、党務全般を握っている幹事長の補佐役と考えると重要なポストでしょう。このポストは、安倍首相が一時就任していたい時期もあり、自民党の役員では出世への登竜門と考えることができます。
 
 一方で国対委員長の主な任務は、(軽視する訳ではありませんが)国会開会前に国会や他党との連絡・協議を行うことなので、実際に国会に於ける政策を企画・調整する政調会長とは差があるでしょう。更に自民党の国対委員長は、総務会で承認を受けて幹事長が決定するので、相対的な地位もやや低いのではないでしょうか。
  
 世耕弘成広報担当首相補佐官の9月25日付のブログによりますと、「中川(秀直)幹事長、中川(昭一)政調会長、丹羽総務会長、石原幹事長代理、二階国対委員長」と順に述べています。
 
自由民主党>党基本情報>機構図:http://www.jimin.jp/jimin/jimin/chart/index.html
 
ウィキペディア>党三役:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%9A%E4%B8%89%E5%BD%B9
 
世耕日記:http://blog.goo.ne.jp/newseko
 
>>

 一般に政治関係の文献や報道等によりますと、自民党の党三役を指す際に、「幹事長」がNo.2であることは確かですが、「総務会長」、「政調会長」には判断の余地があるでしょう。
 
 政務調査会長は、幹事長とはまた別に組織された、国会の各委員会対策の為の専門部会を率いる政務調査会のトップなので幹事長の次に位置していると考えられます。当面の政策を議論したり、首相・大臣や官僚に働きかけをしたりする任務を考えると、重要なポストです。
 
 総務会長指揮する総務会ですが、総裁の直接指揮...続きを読む

Q大臣警護のSPについて

総理大臣や各国務大臣にはSPさんがついていると思うのですが、それについて何点か教えて下さい。
財務大臣・経済産業大臣・農水大臣あたりを想定します。

・SPさんは何人くらいつきますか?

・朝、大臣が自宅を出る時に迎えにくるようなかたちだと思うのですが、車の助手席等に座り警護が始まるのでしょうか?議員秘書さんや他に乗員がいる時は車を分けたりするのでしょうか?

・大臣が独身で、彼女の家に行く時等もSPさんがついてくるのでしょうか?また彼女の家の前で車に乗ったまま、若しくは機動隊の人がやってきて警備を続けるのでしょうか?

・先日鴻池官房副長官が愛人との旅行で問題になりましたが、ああいったプライベートな時にはSPさんはつかないのですか?

何となく普段から気になっていたので質問させていただきました。
ご存知の方がおられましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>SPさんは何人くらいつきますか?<<

専属の形で付くのは、閣僚や与党党幹部の場合は2人で、一人が行動を共にしもう一人が行き先の安全確認と警戒などを行うのが基本パターンです。ただし、大きい会合などで不特定多数の人が出入りする場に行く時などは、応援が来て数十人規模に膨らむときもあります。

>>朝、大臣が自宅を出る時に迎えにくるようなかたちだと思うのですが、車の助手席等に座り警護が始まるのでしょうか?議員秘書さんや他に乗員がいる時は車を分けたりするのでしょうか?<<

基本的には玄関を出るところから警護が始まり、車で移動する場合には助手席に座って同行します。おつきの秘書は後部座席で要人の隣に座るというパターンが多いようです。つまり運転手を含め4人ですね。ほかの人が同乗する必要が出た場合には、秘書が車をおろされてタクシーなどで追いかける場合が多いようです。ちなみに、要人の自宅は地元警察による24時間警護が行われています。

他のご質問にはちょっと答えるだけの知識はありませんが、外出するときにはすべてSPが同行するのが原則ですので、プライベートの場にも行くことにはなります(当然、建物や部屋の中には入りません)。

それと一応念のため申し述べておくと、官房副長官は通常、警護対象ではありません。

>>SPさんは何人くらいつきますか?<<

専属の形で付くのは、閣僚や与党党幹部の場合は2人で、一人が行動を共にしもう一人が行き先の安全確認と警戒などを行うのが基本パターンです。ただし、大きい会合などで不特定多数の人が出入りする場に行く時などは、応援が来て数十人規模に膨らむときもあります。

>>朝、大臣が自宅を出る時に迎えにくるようなかたちだと思うのですが、車の助手席等に座り警護が始まるのでしょうか?議員秘書さんや他に乗員がいる時は車を分けたりするのでしょうか?<<

基本的に...続きを読む

Q事務次官と大臣ではどちらの権限が上なのでしょうか?

大臣の発言を事務次官が否定しているのを新聞で読んだことがあります。大臣と事務次官とでは、どちらの権限が実質的に上なのでしょうか?

Aベストアンサー

100人に質問したら。「大臣」と回答する人が99人でしょう。組織図上も外務大臣は外務事務次官よりも上位に位置しています(参考URL参照)。

ところが、ご質問は、「どちらの権限が*実質的に*上なのでしょうか? 」でした。「実質的に」という言葉がつくと俄然問題は難しくなります。

組織図上の上下関係が明確であれば、権限も上下が、「実質的に」明確なはず、と断定できるのは、企業等の場合です。官庁の場合にはうまくあてはまりません。官庁は、大臣の発言力・政治力を、官庁内のことに影響させないようにしています。両者間の関係には、以下のような特徴が予想されます。

(1)役人は、大臣によって首を切られることはない、とタカをくくっています(国家公務員法は誰でも買って読むことができます)
国家公務員法で、よほどのことがないと解雇不可能と読める規定があります。大臣が役人を「首にするぞ」といってもあまり効果的でないと役人は思っています。大臣の言うことは適当に無視しとこう、ということになるかもしれませんね。あるいは足を引っ張って大臣を失脚させようと思うかもしれませんね。

(2)役人は、元来、大臣を、敵視する傾向があります(終身雇用を狙う無名人の集団VS期間限定の新着上司という図式)
役人は、着任大臣を、飾り物の地位に置いて、実質的に役人達の仕事に、意見を言わない、ように、と大臣を教育する習性があります。大臣をつんぼさじきに置きたいという願いがあります。この願いのため、大臣に提出する報告書は、大変解り難い、かつ、分厚いものにします。大臣は、改革などを考えてはいけない、としつけられます。仮に大臣が改革を意図すると、そのたびにすさまじい無言の抵抗を感じるため、疲れ果て、だんだん改革意欲をなくすようになります。元気だった大臣がそういう無気力な大臣になったとき、役人たちは、その大臣を誉め・持ち上げ、彼がそのままでいてくれるように各種の配慮をします。褒美と罰とで、犬をしつけるのと似ています。

(3)役人は、いつも(大臣と戦うときにも)、新聞各社・TV各局などのマスコミを味方につけているのでつよい
役人は、マスコミを牛耳っています。これは暗闘には有利に働きます。マスコミは、官庁報道を貰うために、官庁から嫌われたくありません。嫌われると官庁は目に見えないところで大変な嫌がらせをするからです。ここでも、役人が大臣をしつけるのと同じように、マスコミはしつけられてしまいました。官庁は大臣と戦う時には、マスコミを味方につけるので、大臣は大変苦戦します。

(4)役人は、匿名的かつ集団的に行為することを装うので不法行為をやりにげする
本来にそういう権利も義務も無いはずなのですが、役人は、匿名で事を進める有利さの中で匿名の便利さに慣れています。この裏で、役人が不法行為をやっても、責任が追求しがたい構造が、醸成されています。この構造は、官庁で各種の不法行為を薫陶する優れた土台になっています。

(5)役人は、組織的暗闘に慣れています。
役人の世界は、定期的に(毎年)人事異動があります。能力差によらない平等的人間観に基づく人事が行われいるようです。ということは、派閥人事を容易に実現できる極めて優れた土壌があります。平等的人事という名の裏の、派閥的人事が、定期的に反復されます。自然淘汰のように、能力の研鑚意欲は陰を潜め、派閥の動静に敏感なセンスが、高められていきます。結果、個人の能力は向上せず、一方、派閥の凝集力は高められます。派閥の暗闘能力も同時に発達します。壮大なスケールでもったいないともいえますね。
以上見たように、お役人さまは、

*「法律」を長らく味方にしている(なにしろ彼らが自作したのだし)
* 大臣なんて、単に定期異動する上司と見なし、おとなしくしてなさいと、しつけ(躾)る(徹底的に嫌がらせを行うことで)
*暗闘になれている(匿名的にシカケをして、かつ、マスコミ、政敵を味方にする)

というようなことに長けている方々です。彼らの働きぶりのお陰で、組織外で、いろいろ泣かされている人がいても、あまり心を配りません。組織外のことに無関心という属性に関しては、日本の各地に生息する人種の中で、お役人様も、最高レベルの発達を遂げていると考えられます。別にそういう人たちがいても、それはそれでも別に構わないともいえるのですが、彼らがお役人さまであり、我々の共通の利害と対立する点は困ったことと思います。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/sosiki/index.html

100人に質問したら。「大臣」と回答する人が99人でしょう。組織図上も外務大臣は外務事務次官よりも上位に位置しています(参考URL参照)。

ところが、ご質問は、「どちらの権限が*実質的に*上なのでしょうか? 」でした。「実質的に」という言葉がつくと俄然問題は難しくなります。

組織図上の上下関係が明確であれば、権限も上下が、「実質的に」明確なはず、と断定できるのは、企業等の場合です。官庁の場合にはうまくあてはまりません。官庁は、大臣の発言力・政治力を、官庁内のことに影響させないように...続きを読む


人気Q&Aランキング