メニューバーのマクロの登録からすると、ショートカットキーの入力の項目もあって、そこを任意にすると、ショートカットキーも有効になりますね。

ただ、あとでVBAの方を編集してショートカットキーの登録していないものにもショートカットキーを加えたいと思い、Keyboard Shortcut: Ctrl+aと、「,」マークの後に付け加えてみたのですが動作してくれませんでした。
なぜでしょうか?
また、後からショートカットキーを使えるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>「,」マークの後に付け加えてみたのですが


これは「'」のことのようですね。(キーボードでShift+7。リマーク)
プログラムのコメント部分を変更しているように思えます。(自信無し)

ツール→マクロ→新しいマクロの記録 で、マクロの記録ダイアログでショートカットキーを指定しなかった場合ですね。

最初に指定すれば、
  ' Macro1 Macro
  ' マクロ記録日 : 2002/3/18 ユーザー名 : XXXXXXXXX
  '
  ' Keyboard Shortcut: Ctrl+Shift+X
  '
のようにVBE画面で登録したショートカットキーが表示されます。
ただ、上記の『Keyboard Shortcut: Ctrl+Shift+X』はコメント行なので、機能的には何も果たしていないことになります。マクロ作成者が忘れないようにする意味はあります。

ツール→マクロ→マクロ→オプション でショートカットキーの登録ができますが、これは『Ctrl+Shift+キー』になります。(詳しくはHelpを見て下さい)


質問では『Ctrl+a』を割り当てたいように思えますが、この場合は、OnKeyメソッドを使って(マクロ『Macro1』を割り当てるときは)

 Sub MacroSet()
   Application.OnKey "^{a}", "Macro1"
 End Sub

を一度実行します。
実行後はCtrl+aキーは『Macro1』を実行します。(解除等、詳しくはOnKeyメソッドを参照して下さい)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

' Keyboard Shortcut: Ctrl+Shift+X
の部分ですが、私のは
' Keyboard Shortcut: Ctrl+X
とでます。
ですので、そこを変えればいいと思ったのですが、できませんでしたので相談させていただきました。
上記の文も参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 00:25

> また、後からショートカットキーを使えるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?



後からショートカットを使用できるようにするには
1.メニュー[ツール]-[マクロ]-[マクロ]と進む。
2.ショートカットを設定したいマクロ名を選択してボタン[オプション]をクリック。
3.ここで希望の「キー」を入力してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
助かりました。

お礼日時:2002/03/21 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qexcelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。

excelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。
以下のマクロをsheet2に書きました。testcopyは動きますが、testcopy2は動きません。なぜなのでしょうか。どうすればいいのでしょうか。それ以外のマクロの部分との関係から、cellsを使い、数字を使ってrangeの処理をしたいのです。よろしくお願いします。

Sub testcopy()
Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Sub testcopy2()
Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Aベストアンサー

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
---------------
●testcopy●

これが動作するのは
Sheet【2】がアクティブな状態で実行する場合です

Sheet【1】がアクティブな状態で実行すると
  Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ここで、問題点(1)の理由によりエラー。
で、先ずシートを選択、次にセルを選択と2段階にしないといけません。

  Worksheets("sheet2").Select
  ActiveSheet.Range("E5").Select

----------------
●testcopy2●

▼Sheet【1】がアクティブな状態で実行
  testcopyと同じ場所、同じ理由でエラー

▼Sheet【2】がアクティブな状態で実行
  Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
  ここで、問題点(2)により、エラー。
 
 Cellsの前にシートオブジェクトがないので
 Cells(3, 2), Cells(10, 3)はアクティブなSheet【2】のセルとみなされ
 (★実際はちょと違う場合もありますが今回はそう★)

 Worksheets("sheet1").Range(  ← Sheet【1】
 Cells(3, 2), Cells(10, 3))   ← Sheet【2】

このようにSheet【1】【2】が混在していることになり、エラー
で、Cellsの前にシートを付加してセルがどのシートのセルか明示してやる

Worksheets("sheet1").Range(Worksheets("sheet1").Cells(3, 2), Worksheets("sheet1").Cells(10, 3)).Copy
  
---------------------------------
で、質問者のコードを修正すると
'-------------
Sub testcopy()
 Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'-------------

Sub testcopy2()
 With Worksheets("sheet1")
   .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy
 End With
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'--------------

●ただ今回のような単純なコピーの場合は
 既出の回答にあるようにSelectなしで書くのがふうつです。
'-----------
Sub testcopy111()
 Worksheets("sheet1")
   .Range("B3:C10").Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------
Sub testcopy222()
 Worksheets("sheet1")
  .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------

今回の件は重要事柄ですので覚えておきましょう。
以上です。
 

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
-...続きを読む

Qショートカットキーの作り方 「Ctrl+Alt+○」

<前書>
Windows Meで新しいWindowを開くことができるショートカットキー
「Ctrl+Alt+"アルファベットの1文字" 」の作り方を知りたくて、検索したところ、
過去質問No660287の回答No5 が該当しそうなのですが、
そこに記載された「作り方参考URL」をクリックしても表示できませんでした。

<質問>
ショートカットキー「Ctrl+Alt+○」の作り方を教えて下さい。

<理由>
Meをできるだけ軽くするため、
ワード、エクセルなどのショートカットをデスクトップから削除しているので、
簡単なショートカットキーを使って開けるようにしたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1さんの方法で出来ますよ。
過去ログの参考URLの現在のページはこちら↓では?
http://www.causu.com/tora_skey_making.htm

QRange("K" & TR).Formula = で、セルにマクロで式を書きたいのですが

よろしくお願いします。いつもgooの皆さんには大変お世話になっています
エクセルは2013です

わけあって、セルにマクロで式を書いています
例えば TRは行を表す変数ですが
Range("K" & TR).Formula = "=IFERROR(AY" & TR & ","""")" と書いたマクロの結果は
=IFERROR(AY43,"") という式がRange("K" & TR) に書かれます

それでは、いま、マクロで下記のように書いているコード(TRは行を表す変数です)
Range("Z" & i) = Range("Z" & i - 1) - Range("AG" & TR) * 10000 は
Range("Z" & i).Formula = 
で書く場合、=の右側をどう書いたら良いでしょうか

色々とやってみたのですが狙った式になりません

この場合 変数 i を使っているので、もしかしたら、そもそも無理なことでしょうか

うまく説明できていませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

No.1です。申し訳ありません大ボケな回答をしていましました。

要するに↓ってことですよね? また勘違いしていたらスミマセン。

Range("Z" & i).Formula = "=Z" & i - 1 & "-AG" & TR & " * 10000"

QExcelの Ctrl+End ショートカットキーについて

Ctrl+End ショートカットキーは、「データが入力されている範囲の右下隅のセルに移動する」働きですよね。ところが現在データがなくても、過去に一度入力したことがあれば、その過去のデータの右下隅までジャンプしてしまいます。
過去の右下隅のセル位置にて「クリア」や「削除」をしてみましたが、同様でした。
これはそういうものなんでしょうか?
現在のデータの右下隅を認識する方法がありましたら教えてください

Aベストアンサー

上書き保存でもいけます。(EXCEL2000で確認)

(再現実験)
"A1"から"B10"までデータがあるとして
"9,10行"を選択し、削除(Ctrl+'Num-')します。
上書き保存(Ctrl+S)
カーソルを"A1"に置き、右隅(Ctrl+End)へ
カーソルは"A8"にある。

QVBA マクロ実行時エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

*********************************************************
*********************************************************
Sub 日報別ファイルに保存したい1()
Worksheets("日報").Range("A3:AF36").Copy
With Workbooks.Add
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
:=False, Transpose:=False
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False
Range("A1").Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False

ApplicationDisplayAlerts = True '同名FILEが存在する場合'
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:= _
"c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & ActiveSheet.Range("l2") & "月" & ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls" _
, FileFormat:=xlNormal
.Close file


End With

End Sub

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

***********...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-------------------------------------------
''もし、そのままでダメでしたら、 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する のところのコメント・ブロック('コードの手前のアポストロフィ)を外して、再度試してみてください。

Sub 日報別ファイルに保存したい2()
Dim myRng As Range
Set myRng = Worksheets("日報").Range("A3:AF36")
 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する

With Workbooks.Add
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
 
  Application.CutCopyMode = False
 
 ApplicationDisplayAlerts = True '**これは、そのままでは必要ないはずです。'
 
 ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & _
                 ActiveSheet.Range("l2") & "月" & _
                 ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls", _
                 FileFormat:=xlNormal
 .Close file
End With
Set myRng = Nothing
'Application.EnableEvents = True 'イベントマクロの活動を戻す

End Sub

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-----------------------------------------...続きを読む

QエクセルのマクロショートカットキーでCtrl+Pを上書きしてしまいました

エクセルのマクロを登録するとき、誤ってショートカットキーをCtrl+Pに割り当てたため印刷のショートカットキーが使えなくなってしまいました。元に戻す方法がわからず困っております。ご存じの方、ありましたらどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2 の takibo です。
先程のマクロを実行させるまでの手順を簡単に説明します。

(1)Excelの画面で[Alt]+[F11]を押し、VisualBasicEditor の画面を開きます。
(2)[挿入(I)]-[標準モジュール(M)] とすると 「Module1」が作成されます。その場所に先程の3行をコピーします。
(3)通常のExcelの画面に戻り、[Alt]+[F8] で「標準のショートカットキーに戻す」を選択し、実行を押します。

また、分かりづらければ何かの作業を適当に自動記録させた後、[Alt]+[F8]で「編集」を押します。
そこで表示されるマクロの画面の空いているところに先程の3行をコピーし、(3)を実行してみてください。

見た目には何も起こりません。
実行後に[Ctrl]+[P]を押してみてください。

QExcelマクロでRange("A1:A5,C1:C5")をCellsで書きたいのですが

マクロ初心者です。
Excelマクロでグラフを作成するときに、元データを指定する所で、
Source:=Range("A1:A5,C1:C5")とするような場合、
「A1」とかアルファベットでの番地指定ではなく、
Cellsを用いて書きたいのです。

Source:=Range("A1:A5")であれば、
Source:=Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1))と書けばいいことは分かるのですが、範囲指定を複数にする場合が分からないのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Unionを使用したらできると思います。

Source:=Union(Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1)), Range(Cells(1, 3), Cells(5, 3)))

今Excelがインストールされてないパソコンで作業していないので確認はしていないのですが・・・。

よかったら参考にして下さい

Qエクセルで「Ctrl+F11」は何のショートカットキーでしょう?

VBEを出そうと、「Alt+F11」を押すつもりで、間違えてCtrl+F11を押してしまったら、Macro1とかMacro2といった名前のワークシートと同じ様なシートが挿入されてしまいました。セルが長めのワークシートといった感じなのですがワークシートとしては使えませんでした。
かといってマクロを記述するふうでもないですし、いったいこのシートは何につかうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

Excel2000でしょうか。
その場合は、Excel4.0の新規マクロシートの挿入です。
以下のページにショートカットキーなどが載っています。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/excel/functionkey.htm

参考URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/excel/functionkey.htm

Qエクセルのマクロ(range)について

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S       U     V
個数 金額  累計個数 金額金額 (=M+Q) (=O+S)
0、   0、   100、   1000、    100、   1000 
1,初期状態

10、  100、  100、   1000、    110、   1100
2,個数を入力すると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる

10、  100、   110、   1100、    120、   1200
3,マクロを実行すると、UとVの数がQとSに入力され、計算式を入力してあるUとVの数がさらに変わる。

0、   0、    110、   1100、   110、    1100
4,MとOの数をゼロ(クリア)にすると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる。     


なかなか理解できないのは、Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Valueの部分で、
2,の後にマクロを実行すると、U 110、V 1100がQ 100とS 1000に書き込まれることです。
通常の計算式だと=は対象となったセルをそのまま表示していると思うのですがのですが、
マクロに書いてある式だと3,のところでUとVの数をQとSに書き込んであります。
なぜ=なのにマクロでは一方のセルに数を書き込んでいるのでしょうか。
また、QやSをUやVへ書き込んでいないのでしょうか。

どなたか詳しく教えていただけると幸いです。

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S...続きを読む

Aベストアンサー

プログラミング言語では、一般的に、
「=」は、右辺から左辺への「代入」
を意味します。

マクロ = Visual Basic = プログラミング言語
なので、Excelにおける「=」とは少し意味合いが違っています。

Qショートカットバーをショートカット キーで操作出来ないですか?

最近、マウス操作が煩わしいのでキーボードからの操作に努めています。

そこで質問なのですが、オフィイスのショートカットバーに登録している
アプリをキーボード操作で起動したいのですが、可能でしょうか?

Aベストアンサー

自信の無い回答なので間違っているかも知れませんが、MS Officeの[ショートカットバー]にショートカットキーは無いようですね。

MSサイトでショートカットキーのカスタマイズソフトがあるようで、そちらでショートカットキーの設定できるようですが、使ったこともダウンロードしたことも無いので参考URL等は紹介しません。

[ショートカットバー]は基本的にショートカットを置いてあるだけのようですので、同じような機能の[クイック起動]にショートカットを移してみてはいかがですか。

クイック起動ならショートカットキーで操作できます。

[ウィンドウズ]キー又は[Ctrl+Esc]キーを押し、[Tab]キー押せば[クイック起動]に移りますので、Tabキーで目当てのショートカットアイコンを選択してください。


人気Q&Aランキング