外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

シルバークロスがすぐに真っ黒になってしまいます。

石鹸でジャブジャブと洗っても良いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

シルバークロスと言うのは


シルバー製品を磨く布?のこと・・ですよね?

わりと値段高めなのにすぐ真っ黒になっちゃうんですよね(><)
基本的には黒くなっても効果には変わりなく使えますと
表示されていますが・・手まで真っ黒になってしまうんですよね。
色々なクロスを使っていますが、あの布には薬品?も
付いているようなので、基本的には洗わない方がよいかと思います。

私は本当に真っ黒になり捨てなきゃダメかな~と思った時点で
軽く洗って使ってみましたが・・・
洗っていない状態で2~3度擦っただけで
シルバー製品が綺麗になるのに比べ、
洗ってしまったクロスで磨いた場合は中々綺麗にならず・・・
『やっぱり捨てよう・・・』と思った事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり洗ったらダメなんですね~
汚れていない所を探して、そこで拭くのも限界になってきたから、洗おうかと思ったんですが、危ないところでした・・

使い捨てになってしまうようなので、安い百均のをさがしてみます(^。^;)

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/31 10:24

>シルバー製品を磨く布?のこと・・ですよね?



あら、てっきり銀製の十字架のペンダントの事かと
思って回答していました。

勘違いでしたら失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>銀製の十字架のペンダントの事かと
楽しい勘違いをありがとうございます。(私の書き方も悪かったですね・・f(^_^;)

でも、銀ピカット-Pの情報は助かりました。

金の指輪で赤茶けてしまって、ずっと眠ったままのものがたくさんあったので・・

銀ピカット-P、さっそく探してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/31 10:31

銀製品の黒ずみは、化学変化なので普通に洗っても落ちないと思います。


専用のクリーナーを使って手入れする事をお勧めします。

検索すると、こんなのが出てきましたが、使った事は無いのでよくわかりません。

ジェイウェルドットコム > お手入れセット > クリーナー > シルバークリーナー(170g)
http://www.jwell.com/item/F050217S.html

シルバーアクセサリーのお手入れ、シルバー磨きクリーナーで汚れ黒ずみの取り方、シルバーのお手入れ方法
http://www.naturalmoment.jp/html/content17.html

銀ピカット-P
http://www.daiwafc.co.jp/ginpikat/p11.htm

銀製品の黒ずみは、空気中の硫黄成分が影響する事が多い
らしいです。銀製のアクセサリーを身につけたまま
温泉に入ると、一発で真っ黒になるそうです。

汗なども影響するので、普段のお手入れは、
水道水でよく洗ってから、乾いた布できれいに
水分をふき取って乾燥させてから保管するのが良いらしいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフルートのお手入れでシルバークロスに関しての質問

ヤマハのYFL-211を使用しています。

練習の後はガーゼで管内の水分をふき取り、
ポリシングクロスで指紋や汗などをふき取っていますが、

最近気になるのが、銀メッキに擦り傷のようなものが
目立つようになってきた事です。特に頭部管がひどいです。

ポリシングクロスに汚れやホコリ等はありません。

先日ためしにシルバークロスを使ったところ、あまり目ただなくなったのはよかったのですが、
注意書きに(日常のお手入れにご使用ください。)とありますが、あまり使いすぎると銀メッキがはげるような気がするので怖くてあまり使えません。

ポリシングクロスだけではどうしても銀メッキを傷つけてしまうのでしょうか。

皆様はどのうよにお手入れされていますか?

Aベストアンサー

日々の手入れには、ポリッシングクロスではなく、マイクロファイバーでできた楽器用のクロス(各社から1000円~2000円程度で出ている)を使われることをお勧めします。数100円のクロスは目が粗く、力を入れたり何度も擦らないと汚れが取りきれません。すると、目には見えないようなダストでも、傷がつく原因となってしまいます。

上等のクロスは、より目が細かく、力を入れなくても簡単に指紋などが取り除けるので、より傷つきにくくなります。数100円のクロスと比べると、値段が高いだけあって驚くほどキレイになります。

クロスの汚れやホコリは、目に見えるようなものは論外で、目には留まらないようなごく小さなダスト、例えば砂ぼこりのようなものでも、管体を傷つけてしまいます。落としたりしないのはもちろん、定期的に手洗いで洗濯してやると良いでしょう(洗濯しても良いかはパッケージを参照)。

シルバークロスですが、一般的なものは汚れで変質したメッキの表面をこそぎ取る働きをするため、あまり使いすぎるとかえってメッキを痛めると聞きます。上述のような上等のクロスを使い、毎日丁寧に管理すればそうそう変色することはありませんから、日常的には通常のクロス、月に1回~2回程度、ごく軽くシルバークロス、というのが良いのではないかと思います。

私の場合はクラリネットですが、この方法で、シルバークロスを使うのは1~2ヶ月に1回、気になったときに、あるいは本番の何日か前に、といった具合です。

日々の手入れには、ポリッシングクロスではなく、マイクロファイバーでできた楽器用のクロス(各社から1000円~2000円程度で出ている)を使われることをお勧めします。数100円のクロスは目が粗く、力を入れたり何度も擦らないと汚れが取りきれません。すると、目には見えないようなダストでも、傷がつく原因となってしまいます。

上等のクロスは、より目が細かく、力を入れなくても簡単に指紋などが取り除けるので、より傷つきにくくなります。数100円のクロスと比べると、値段が高いだけあって驚くほどキレイ...続きを読む


人気Q&Aランキング