最新閲覧日:

霊長類の北限は下北半島と聞きましたが、チベットやネパールのような高地には霊長類は、いないのでしょうか?(ヒトを除く)

A 回答 (5件)

 


  チベットには猿はいるはずだと思うのですが、検索でおおまかに調べても出てきません。チベットモンキー(チベットベニガオザル)というのがいますが、これは中国の四川省あたりに住むようです。しかし、なら何故「チベットモンキー」なのか、と疑問に思います。「大型のチベットモンキーを雪男と見間違えた」というような記述がありましたが、「雪男」に関係して出てくる話で、少し信憑性が分かりません。
 
  他方、ネパールには、たくさん野生の猿がいるようです。チベットにも、この猿が移動して住んでいるような気がしますが。以下のURLなどで、ネパールの野生の猿について述べています:
 
  >ネパール・カトマンズ
  >http://www.sw.nec.co.jp/con/globe/5/
 
  >webnews「shinoのネパール旅行記」
  >http://www.webnews.gr.jp/shino/01_0317.html
 

参考URL:http://www.webnews.gr.jp/shino/01_0317.html
    • good
    • 0

チベットより北の陸続き、中国にサルがいるのだから、チベットにサルがいてもおかしくないですね。

ヒマラヤの上のほうは岩山で食糧がないだろうけれど、森があるところでは。(「雪男」は雪山だから怪しいけど)
    • good
    • 0

昨年の7月にチベットに行ってきた者です。


チベットには動物園はありませんし、森の中にも行っていないので実際には猿は見ませんでしたが、チベット人は猿と人間の混血という言い伝えがありますのでチベットには昔から猿はいると思います。
今はインドに亡命中の”ダライ・ラマ”さんの元住居を見学する機会がありましたが、その建物の中に、チベット人の成り立ちの壁画があってそこに猿がたくさん描かれていました。
    • good
    • 0

補足。


昔はヨーロッパにもサルがいたのに、寒冷化によってアフリカ・アジアに移動したため、海によって南下できなかった日本が北限(下北半島のサルは、下北半島の先端が南にむいているので、それ以上すすめなかった)になったようです。ヨーロッパに「下北半島」はないのか?という疑問もあるけれど・・。

ヒマラヤの「雪男」は類人猿じゃないか、という話もありましたが、未確認でしょう。
    • good
    • 0

ネパールより日本のほうが「北」ですね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ