人気雑誌が読み放題♪

彼の作品を読んでみようかと思っています。
オススメを教えてください。出来れば、オススメの理由と少し内容を書いてくださいますと嬉しいです。
恋愛ものも含まれた内容が希望です。

A 回答 (3件)

「樅の木は残った」です。



これはあまりに深刻な小説です。

恋愛も・・・少しありますが、書くと、内容が分かってしまうので、書けません。是非今の軽佻浮薄な現今、小説の奥深さを味わっていただくための本なので、多くの方に読んでいただきたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2006/09/21 00:51

■「柳橋物語」一途な恋を信じたおせんを襲う悲しい運命-切ないです



■「ひとごろし」藩きっての臆病者の若侍が奇想天外な方法で成功した上意討ち
松田優作主演で映画化されています
(TVドラマもありました)

■「松風の門」幼い頃、剣術の試合で誤って幼君の片目を
失明させてしまった家臣の峻烈な生き方

■「花匂う」幼なじみの男女、二人のたどる歳月の果ての感動のラスト

■「蘭」(新潮文庫「花匂う」収録)小藩を舞台に友情と悲恋の絶妙の構成
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2006/09/21 00:50

「日本婦道記」です。


泣かせる内容が多いです。
特に「不断草」はドラマにもなりました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2006/09/21 00:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山本周五郎作『さぶ』を読んだことのある方へ

山本周五郎作『さぶ』を読んだことのある方へ質問です。
あなたはこの本を読まれてどのような感想を持ちましたか?
是非お教え下さい!

Aベストアンサー

二年前の25歳のときに読みましたが、感動しました。

冒頭のさぶを励ますシーンが映像的で印象に残りましたし、
エイジがおごった性格から試練を経て、謙虚になってゆく
過程も、感動して一気に読めました。
おのぶ(でしたっけ?)がエイジをいさめるシーンもよかったです。

ただ、エイジはもてすぎかな、と。
周五郎がエイジが主人公のこの物語に「さぶ」という題名を
つけたいきさつは、解説に書かれているとおりですが、
なんとなく不思議ですね。

私は周五郎が大好きで、強い負けない人間を描くことでとても
尊敬していますが、市井の人間を描くあまり、
話がちっこくなってるな、とも思います。

この物語では、一番おのぶがかっこよく、私もエイジよりさぶがすき
です。さぶのような不器用で、それでもやさしい人間を
周五郎は英雄のエイジをささえる人間として愛したのでしょうね。

Q時代物で恋愛小説。オススメありませんか?

いつもいつも大変お世話になっています。

時代…というか歴史というか…。
そういう昔を舞台とした恋愛小説を読みたいんです。
舞台となっている時代は何時代でもかまいません。
けど日本人が主役の本がいいです。

今まで読んだ時代物の恋愛小説は、
・京極夏彦さん『嗤う伊右衛門』
・玉岡かおるさん『天涯の船』
・三浦綾子さん『氷点』
・北村薫さん『リセット』
      『スキップ』←けれどちょっと時代が新しすぎるかなぁ~と言う気も…
・恩田陸さん『ライオンハート』
あとはコバルト文庫が少々です。

こんな私に何か良い小説はないでしょうか?
あなたのオススメを是非教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして。

私がオススメする本は、船山馨(かおる)の『お登勢』です。
時代は幕末~明治初期。舞台は徳島と淡路島から北海道へ。
主人公のお登勢は奉公人で、その奉公先は佐幕派。
お登勢が密かに心慕う男性は、討幕派の家。
さらに奉公先の娘とお登勢の好きな相手が恋仲になってしまう・・・
というお話です。
3人の人物を中心として、激動の幕末の時代の波に飲まれていきます。
また、史実にも忠実なので、幕末の徳島藩・稲田家及び、北海道開拓史の様子も、物語とともに楽しめますよ。
ちなみに数年前に、NHKの金曜時代劇で映像化され、人気となったドラマの原作です。
お登勢役は、沢口靖子さんでした~。
少し長いですが、物語に引き込まれていくので、どんどん読めると思います。
よろしかったら、お読みになってくださいね☆

Q藤沢周平 お薦めを教えてください

時代小説初心者、女性です。
藤沢周平の「蝉しぐれ」を読み、もっと藤沢作品にふれてみたくなりました。
沢山の作品があり、どれから手にすれば良いか判りません。
特にこれはお薦め!という皆様のご意見を参考にさせて頂きたいので、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 「蝉しぐれ」は彼の小説のなかでも最上級品なので、これに質感の似たものというのはあまり多くないんです。ほかのはやはり多少肌理があらいところがあります。
 小説の質感、情感、丁寧な抒情を求めるなら「海鳴り」(文春文庫)が比較的「蝉しぐれ」に近いと思います。おそらく藤沢唯一の恋愛小説です。また、まったく内容は違いますが「本所しぐれ町」(新潮文庫)という市井ものも、しっとりとおちついた良作です。
 お家騒動と若者の成長という話の筋で似ているのは「風の果て」(文春文庫)で、これは中年以降も描かれているところが特徴。ただし色恋は抜きです。
 剣術と恋、という要素でゆくと、少々毛並みは違いますがこれを色濃く打出している作品のひとつに「闇の傀儡師」(文春文庫)というのがあります。おそらく全藤沢作品のなかで主人公がいちばんつよい小説ではないかと。
 「三屋清左衛門残日録」(文春文庫)は相当地味ですが、これはこれで淡々とした日常の描きかたがいい作品で、「蝉しぐれ」とはまったく逆の魅力があります。
 ドストエフスキーは若い女の人に「ディケンズは何と何をお読みになりましたか? 二作だけ? すばらしい。あなたにはまだそれだけ人生の楽しみが残っている」といったそうですが、ゆきつくところまでゆきつくと、藤沢周平は「たったこれだけしか小説書いてないのか……」と思える作家です。

 「蝉しぐれ」は彼の小説のなかでも最上級品なので、これに質感の似たものというのはあまり多くないんです。ほかのはやはり多少肌理があらいところがあります。
 小説の質感、情感、丁寧な抒情を求めるなら「海鳴り」(文春文庫)が比較的「蝉しぐれ」に近いと思います。おそらく藤沢唯一の恋愛小説です。また、まったく内容は違いますが「本所しぐれ町」(新潮文庫)という市井ものも、しっとりとおちついた良作です。
 お家騒動と若者の成長という話の筋で似ているのは「風の果て」(文春文庫)で、これは...続きを読む

Q女性作家のオススメ時代小説を教えて下さい

女性作家が書いた時代小説を探しています。
面白そうなものがあっても絶版だったりして手に入らず、普通に購入できるものでお願いします。

以下の作家さんの小説は読んだことがあるのですが、他にもオススメの作家さんはいますでしょうか?

■木内昇
■大内美予子
■秋山香乃
■宮部みゆき

マンガやラノベではなく、小説でお願いします。

Aベストアンサー

北原亞以子さんの
人情味溢れるな江戸ものはいかがでしょうか?

慶次郎シリーズはNHKでドラマ化もされました。

どの作品も余韻が清冽で、新刊を楽しみにしていましたが、
最近鬼籍に入られてしまい残念です…


人気Q&Aランキング