水曜日に地獄の黙示録を見に行こうと考えています。
戦争映画としか解からないのですが感動する場面とかはあるのですか?
今、やっている映画の中でお勧めのがあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。

私も他の方と大体、同意見ですが。
テロ後と、テロ前でこの映画を観るのと観ないのとでは、随分感想が変わってくると思います。コッポラ監督がユダヤ系イタリア移民(多分?そうだったと思う)という原点も彼の表現方法に何らかの影響もあるように感じます。
いわゆる、ハリウッド映画の「感動(^O^)(T_T)」というモノとは別種の感動が得られる事かと思いますが…。
他のベトナム戦争映画はNo.1の方ご指摘通りですが、スタンリー・キューブリック監督「フルメタル・ジャケット」も違った視点でベトナム戦争を描いています。
アメリカ人の「闇」に視点を当てた、唯一の作品が「地獄の…」と「フルメタル…」だと思うのですが。コッポラ監督は、「地獄の黙示録」を撮ってからは社会派の作品はうまく(色んな意味で)撮れなくなった、とも聞きます。
それほど、あらゆる意味が交錯する映画です。
    • good
    • 0

あの長時間とにかく最後まで飽きずにみる事が


出来たことにオドロキでした。
映画のジャンルですが、反戦映画を含む反米映画です。
その辺が昔のに比べて、とてもよく理解できます。
ですのでプライベートライアンや
スターリングラードみたいな盛り上がらせよう的な
ストーリーではありません。
一人を助けるために関係ない人を何人も犠牲にする、
正義という名のもとに関係ない人を何人も
○ろしまくるアメリカ。
そういうアメリカの嫌いな人にはツボですね。
見終わった後いろいろ考えてください。
    • good
    • 0

 先日、私も『地獄の黙示録・完全版』を観てきました。

私的には3時間半を費やして見る価値はあると思います。戦争映画という意味では最高峰に位置するものでしょう。ただ「感動するか?」というと人それぞれかな?。少なくともスピルバーグ的なハートウォーミングなものは
期待できないと思います。
 今やっている映画で戦争物だと「エネミーライン」が思いつきますが、この手のはANo.#1のtrunkmanさんが書いてるように軍の宣伝のための映画と言っても過言ではないですが、深く考えずにスッキリしたいのであればOkかも。
    • good
    • 0

単にベトナム戦争映画と思って行くよりは、


ジョセフ・コンラッド『闇の奥』を原作として、
読んでから行くのもいいと思います。
岩波文庫(赤)で薄いです。

カーツ大佐の精神面を見ると面白いです。
なぜワーグナーの曲が使われているのか?
とかも、考えてみてください。

その他、参考
リヒャルト・ワーグナー『パルシファル』(カーツ=アムフォスタス)
フレイザー『金枝篇』(カーツ=クルツ)
T.S.エリオット『うつろな人間』
    • good
    • 0

アメリカの戦争映画を観るなら、他のものはほとんどアメリカ軍の宣伝のための映画なので観なくてもいいですが、『地獄の黙示録・完全版』だけは少なくとも観ておいて下さい。

長時間というのと難しいという印象がありますが、コッポラ監督が言いたかったこととアメリカの本当の良心をこの映画の中で見つけることができます。
お勧めです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地獄の黙示録で出てきたヘリコプターはアパッチ?

さっきフジテレビの朝の番組で、司会者の小倉という人が
「地獄の黙示録で編隊で出てきたのがアパッチです」
と言っていました。
本当ですか?

Aベストアンサー

はっきり言って違います。

『地獄の黙示録』は1979年の映画ですが、AH-64 "Apache"の量産型の初飛行は5年後の1984年1月9日です。(試作機の初飛行は1975年9月30日)

『地獄の黙示録』に出てきたのは、民生用にも販売されていた輸送機型のUH-1 "Iroquois"とそのUH-1に武装を施した俗に『ガンシップ』と呼ばれるタイプかと思います。(UH-1を攻撃型に改造したAH-1 "Huey Cobla"というのもありますが、AH-1もAH-64も乗員2名で、『地獄の黙示録』の中ではもっと何人も乗っていたような記憶がありますので・・・。)

下記参考URL("United States Army")の左上のヘリがAH-64 "Apache"です。

参考URL:http://www.army.mil/armyimages/images4.htm

Q「地獄の黙示録」のセリフ

特別版が公開されますが、、、

ラストシーンでの有名なセリフってのをご存知の方!
ぜひ教えて下さい!!

Aベストアンサー

ギルゴア中佐の「ナパームは勝利の匂い」は印象的ですが、でもそのセリフが出るのは映画の中盤でラストではないです。うろ覚えで自身がありませんが、たぶんラストにマーロン・ブランドが暗転(多分)になった画面の中で「HORROR」({恐怖}~と字幕で出てたような・・・)とつぶやくセリフの事ではないでしょうか?いい加減な答えで申し訳ない・・

Q地獄の黙示録って

地獄の黙示録っていったい何が言いたいんでしょうか?何回も見てますが、何を伝えようとしてるのかいまいち解りません。

Aベストアンサー

何が言いたいのかわからないのはそもそもあの映画が正に「黙示録」だから。黙示とは黙して示す、つまり、「暗示」しているわけですね。あの映画は全て暗号で組み立てられていると言っても過言ではない。その暗号構造が極めて「芸術的」であると言えるでしょう。

芸術性実現を理由として「暗示」的な構成になっているわけですが、暗示的な構成をもつ、もうひとつの大義名分として映画が「米国批判」な内容であるという事実があります。まあ、大して目くじら立てるほどのもんじゃないんですが(何しろアメリカは言論自由の国)、そういう「言論できない」という悲劇性をあの映画は付帯させているという図式があります。つまり、まともに「ベトナム戦争はおかしい」と発言したら米国批判になるので、暗号でものを言わざるをえなかったという感じですね。目くじらたてるほどの物ではないというのは今となってはであって当時(アイデアは戦中に生まれた)はベトナム戦争批判は大変なことであった。事実この映画は米軍全面非協力のうきめにあい、ヘリコプターなどはフィリピン軍から借用せざるを得なかった。

さて、その暗号ですが、どういう暗号かというと、ジェシー・ウェストンの「儀式からロマンスへ」とフレイザーの「金枝篇」という中世伝説(アーサー王などの物語)の2冊の本を読んでいなければならないという性質のもので、この2冊は教養のある西欧人なら普通はたしなんでいるものなのだそうです。その2冊がキーだというのを示すように映画の中でカーツの机の上にこの2冊が置いてあり、意味ありげに一瞬アップになるらしい。ですので日本人にはこの時点で地獄の黙示録を深い意味で理解する基礎知識が欠けているのです。

さてその暗号「2冊の本」を使って何を言おうとしているかというと、ベトナム戦争をしているアメリカ、或いは戦争をする人間というものを「病める王と王が病めるゆえ雨が降らず荒地となっている国土を聖杯探しにより救う」という中世伝説になぞらえて解釈して救済されようという事を描いています。
たとえば「病める王」はアメリカ大統領の事で、あの映画のボートの乗組員の一人ランスが大統領を意味しています。その暗示の仕方はランスの姓がジョンソンで、受け取る郵便物で分かるのですが、ミドルネームのイニシャルがBで「L・B・ジョンソン」であり、L・B・ジョンソンといえば当時の米大統領のジョンソン大統領の名前なんだそうです。ランスはあのキルゴアに気に入られるサーファーですが、要はベトナムを何も知らないカリフォルニアのサーファー青年(=ジョンソン大統領)がベトナムに入ってゆき狂気に陥り、ベトナム戦争の決着を見、ウィラードという勇者に手をひかれて救済されるという図式です。ラストの雨は「救いの雨」であります。
又中世伝説にのっとれば、病める王は殺され、その暗殺者が新たな王となる。つまり、ウィラードが新たな王です。原住民はその図式に従い、カーツを殺したウィラードを王とあがめたが、ウィラードは最初の指令として武器を捨てる事を部下に示し、それに従い、みな武器を捨てる。つまり、救済され、ベトナム戦争を辞めようというメッセージです。

この映画はエリオットの「荒地」と言う詩集からの引用もベースになっている。これも西欧人なら普通誰でも知っているようなものらしいです。

上記は暗示の一例ですが、このようにこの映画は膨大な暗示によって構成されているのです。ただ、コッポラ自身「この映画は単なる戦争スペクタクルという見方から、深く読もうと思えばどこまでも深く読む事ができる」と語っているように何が言いたいのかは無限に議論できるようなのです。

尚、戦争スペクタクル的なものは初期の段階であっさりできあがっているが、その「深い映画」を完成させるのにコッポラは5年間も深い葛藤と戦い文字通り地獄の苦しみを味わったという事実があります。そのことからこの映画を「よくわかんねーからつまんねえ」の一言で片付けられない気持と又逆に安易に「わかる」とも言いがたい気持ちがあります。私は。

何が言いたいのかわからないのはそもそもあの映画が正に「黙示録」だから。黙示とは黙して示す、つまり、「暗示」しているわけですね。あの映画は全て暗号で組み立てられていると言っても過言ではない。その暗号構造が極めて「芸術的」であると言えるでしょう。

芸術性実現を理由として「暗示」的な構成になっているわけですが、暗示的な構成をもつ、もうひとつの大義名分として映画が「米国批判」な内容であるという事実があります。まあ、大して目くじら立てるほどのもんじゃないんですが(何しろアメリカは...続きを読む

Q地獄の黙示録の音楽

今日、「世界の車窓から」見て流れていた音楽が「地獄の黙示録」の最初に流れる音楽に似ているなぁと思ったんですが違いますか?
曲名は何ですか?
聞けるサイトはありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画の最初はドアーズの「The end」ですね。

試聴はこちら。

参考URL:http://www.listen.co.jp/artdetail.xtp?artistid=10432&artpg=track

Q「地獄の黙示録」のプレイメイトの慰問訪問

コッポラの地獄の黙示録のなかに、ベトナム戦争中に兵士の慰問のためにPLAYBOY誌のグラビアモデルたちが戦地を訪問するシーンがあります

そんな慰問は実際にあったのですか?

Aベストアンサー

 実話だそうです。
http://ajihead.serio.jp/links/apocalypse_now/apocalypse.html

 他にも、フランク・シナトラやルイ・アームストロングなどが慰問に訪れています。ルイ・アームストロングに関しては、「グッド・モーニング・ベトナム」と云う映画にそのシーンがあったと思います(定かではない・・・)。

QNHK BS2 地獄の黙示録 完全版

追加されたプレイメイトのシーンはNHKではカットされないのでしょうか。

過去にNHKの映画放送でヌードシーンが放送された事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>追加されたプレイメイトのシーンはNHKではカットされないのでしょうか。⇒完全ノーカットです。

>過去にNHKの映画放送でヌードシーンが放送された事はあるのでしょうか?⇒もちろん、ありますよ。(R-18作品は放送されませんが…。)

「地獄の黙示録 完全版」は過去にも1度放送されており、今回は2度目の放送になると思います。(ハイビジョンの方は分かりません。)前回の放送分はビデオに録画していますので、それと同じ放送でしたら、カットはありません。私も今夜、DVD-Rに録画し直す為にタイマー予約しています。

Q地獄の黙示録

水曜日に地獄の黙示録を見に行こうと考えています。
戦争映画としか解からないのですが感動する場面とかはあるのですか?
今、やっている映画の中でお勧めのがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。私も他の方と大体、同意見ですが。
テロ後と、テロ前でこの映画を観るのと観ないのとでは、随分感想が変わってくると思います。コッポラ監督がユダヤ系イタリア移民(多分?そうだったと思う)という原点も彼の表現方法に何らかの影響もあるように感じます。
いわゆる、ハリウッド映画の「感動(^O^)(T_T)」というモノとは別種の感動が得られる事かと思いますが…。
他のベトナム戦争映画はNo.1の方ご指摘通りですが、スタンリー・キューブリック監督「フルメタル・ジャケット」も違った視点でベトナム戦争を描いています。
アメリカ人の「闇」に視点を当てた、唯一の作品が「地獄の…」と「フルメタル…」だと思うのですが。コッポラ監督は、「地獄の黙示録」を撮ってからは社会派の作品はうまく(色んな意味で)撮れなくなった、とも聞きます。
それほど、あらゆる意味が交錯する映画です。

Q『地獄の黙示録』という邦題

フランシス・フォード・コッポラが監督した映画である、原題『Apocalypse Now』に、『地獄の黙示録』という邦題をつけたのは誰なのでしょうか?
字幕を担当した方でしょうか?

由来は、原作となっている『闇の奥』の中の「地獄」から来ているかと思われますが、(この「地獄」でさえ「The horror!」の訳語として適切かどうか疑問が残ります…。)、『Apocalypse Now』という映画の内容を表すには不適切だと思われます。何か意図のようなものでもあったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画の邦題を決めるのはその映画を配給した配給会社です。
なぜ地獄にしたのかは中野好夫氏が翻訳した原作小説の最後の「the horror,the hprror」が「地獄だ、地獄だ」と訳されていることや、戦争=地獄、というイメージが配給会社の人たちにあったんじゃないかと思います。

一般的にはコンラッドの「闇の奥」が原作とされているようですが、映画全体はマイケルハーの「ディスパッチズ・ヴェトナム特電」から来ているところが多いようです。全体のモノローグや戦闘シーンや登場人物なども、ハーのものを相当に参照にしているそうです。
これを配給会社の人たちが読んだかどうかはわかりませんが、ヴェトナム戦争の実態がかなり生々しく書いているので、こんなところからも戦争=地獄のイメージが思い浮かぶのかもしれません。

ついでですが、ラストのセリフは初公開版では「地獄だ、地獄だ」でしたが評判が悪かったようで、長尺版では「地獄の恐怖だ」と改められていました。
英語と欧米の文化に詳しい人だと「the hprror=背筋が凍るような質の恐怖」ということで、地獄よりもどこか抽象的な”恐怖”というニュアンスでの字幕にしたほうがよかったと感じている人は多いようです。

この映画よりも先に公開されたヴェトナムもの「ディアハンター」(当時メジャーのひとつだったユナイト映画配給)がそのまのタイトルだったので、配給した会社(ヘラルド映画:純粋に日本の資本の配給会社です)がもっと過激なタイトルにしたかったんだと思います。
正式なタイトル決定前は映画雑誌の製作中の映画情報には「戦争の黙示録」だったか「現代の黙示録」だったか、そんな邦題で紹介されていたと思います。

映画の邦題を決めるのはその映画を配給した配給会社です。
なぜ地獄にしたのかは中野好夫氏が翻訳した原作小説の最後の「the horror,the hprror」が「地獄だ、地獄だ」と訳されていることや、戦争=地獄、というイメージが配給会社の人たちにあったんじゃないかと思います。

一般的にはコンラッドの「闇の奥」が原作とされているようですが、映画全体はマイケルハーの「ディスパッチズ・ヴェトナム特電」から来ているところが多いようです。全体のモノローグや戦闘シーンや登場人物なども、ハーのものを相当に...続きを読む

Q地獄の黙示録の有名なセリフは、英語では何と?

地獄の黙示録、のM・シーンが
ボート上でのナレーション
「経歴書を見て我が目を疑った。すごい、すごすぎる」
と言っているシーン(確か字幕はそうだった思います)
は英語では何と言ってるのですか?

Aベストアンサー

カーツ大佐の経歴に目を通しているシーンでしたよね。DVDをレンタルしてきて字幕を英語に切り替えて再生するという手もありますが、ネットで検索するのでしたら下記のキーワードでどうぞ。

Willard "And he was finally accepted" Airborne He was "years old" Why the would he do that

↑ この一行をまるごとコピペして検索すればたくさんの映画関連のサイトがヒットします。それぞれのページが膨大な英文の羅列でしょうから、さらに "years old" というキーワードでページ内検索を実行するとご希望の部分に到達できるかと思います。

それにしても名作でしたね。現在見てもちっとも色褪せていません。

Q「地獄の黙示録 特別完全版」は、完全でない?

「地獄の黙示録 特別完全版」(HERALD)のビデオをレンタルしてきました。

「特別完全版」とありますが、なんか、カットされているシーンがあるような気がするのです。

おぼろげな記憶なのですが、二十数年前、日本公開され始めた当時、劇場で見たときは、映画のラストに近いところのシーンで、カーツを崇める民衆の目の前の階段に、主人公がカーツの生首を投げて、その生首が階段をコロコロ転がり落ちるシーンがあったような気がするのです。

そこで、私が知りたいことは
・そもそも上記の私の記憶は正しいか?
 (何か他の映画の1シーンと勘違いして、とんちんかんなことを言っているかも?)
そして、もしも記憶が正しいとすれば、
・カットされていないビデオはないのか?
・いつ、誰が、何のためにカットしたか?
です。
よろしくお願いします。



以下、ご参考のために、このビデオの素性と特徴を紹介しておきます。

販売元の名前はバーコードに隠れて、よく見えませんが、目玉のマークが見えるので、フジサンケイグループのどこかのようです。
上下2巻の構成で、合計202分。画面の上下に黒帯が入らずに4:3の従来テレビ画面にピッタリ入っているようになっていて、日本語字幕が入ったものです。
ラストシーンの後に「copyright 2000」という文字が画面の隅に出てくるので、4年ぐらい前に編集し直されたのかもしれません。

「地獄の黙示録 特別完全版」(HERALD)のビデオをレンタルしてきました。

「特別完全版」とありますが、なんか、カットされているシーンがあるような気がするのです。

おぼろげな記憶なのですが、二十数年前、日本公開され始めた当時、劇場で見たときは、映画のラストに近いところのシーンで、カーツを崇める民衆の目の前の階段に、主人公がカーツの生首を投げて、その生首が階段をコロコロ転がり落ちるシーンがあったような気がするのです。

そこで、私が知りたいことは
・そもそも上記の私の...続きを読む

Aベストアンサー

「コナン・ザ・グレート」のラストと混同されてませんか?
シュワちゃんの日本公開作第一弾(少なくとも本格的な主演作品では)です。
公開時期は「地獄」より少し後です。ラストが確かそんな風でした。

「地獄」は、蛮刀でめった打ちにして殺しますが、
「The holler, the holler」と言う有名なラストの台詞の後は、
カーツの遺体は登場しなかったと思います。


人気Q&Aランキング