はじめまして、nottiといいます。
男だけど顔のことで悩んでます。
私はひどい赤ら顔です。目の周りはかろうじて難を逃れていますが、その他の部分はひどいです。何もしてなくても真っ赤っかです。誰か、身近なものでできる、または低コストでできるいい解消法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

顔を洗う時、冷水と温水で交互に濯ぐと良い。


…とは聞いた事有りますね。
皮膚が薄くて血管が透ける為に赤みが出る…
これが正しいかがちょっと定かではないですが(苦笑)
こうして皮膚を鍛える事で、緩衝されるとか。
あと、体質的な事が原因な場合だと、
皮膚科で薬くれたりもします。

ちなみに私(♀)も元々赤ら顔なんですけど、
思春期過ぎた辺りからは
さほど気にならない程度に治まりました。
でも、私も当時は凄く気にしてましたね…
良くなりますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。冷水かぁ、このじきつらいなぁ。でも後回しにするわけには行かないのでがんばってみようと思います。応援よろしくっ!

お礼日時:2001/01/03 17:28

あなたは何歳ぐらいの方でしょうか。

また、その状態はいつ頃からなのでしょうか。他に症状は無いですか?
最近どうも赤ら顔だって人の中には、肝臓の病気や膠原病などの病気になっている方もいらっしゃいます。小さいときからってことでしたらそう言う意味ではあまり問題は無いとおもいますが。
美容的な問題でしたらやはり皮膚科や形成外科ですね。

この回答への補足

私はティーンエイジャー(笑)です。たぶんですが中学ぐらいっからだったと思います。身近なものでできる解消法も教えてください。

補足日時:2001/01/02 17:34
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q激しい運動後の肝臓付近の痛み

空手を最近始めた30代の会社員です。

運動は普段からしょっちゅうしているほうではなく、運動不足を解消しようと思い最近空手を始めました。稽古がかなり厳しいのですが、決まって稽古中から次の日3日ぐらいまで右わき腹(肝臓のあたり)が痛みます。特に椅子に座ったりして安静にしている時はまったく痛みがないのですが、少し外へ出て歩いたり体を動かすとたちまち痛みが出だします。

これは、普段使ってない肝臓周りの筋肉疲労によるものなのでしょうか。ちなみに、ジムなどで30分走ったとかぐらいであればそのような痛みはでることはありません。激しく体を動かした時のみになります。また、お酒は普段ほとんど飲みませんし、至って肝臓は健康だと思っていますが、稽古の途中から決まって痛み出します。

何か考えられる原因はないでしょうか。対処にかなり困っています。

Aベストアンサー

場所や痛みの長さから考えると,他の方が仰っているとおり,肺や肋骨あたりが一番考えられます。空手みたいなハードなスポーツには,ありがちですよね。最近,気温も急に下がっていますから,ケガが多くなるかもしれません。

強引に考えれば,他に経験上で思いつくことは3つあります。

まず,腎臓・尿道結石・胆石などの石が,激しい運動や外的な打撃などで動くことがあります。私は石が動く方ではありませんでしたが,知人には軽く走っただけで動く人もいます。ただ,石は安静にしていても痛むのが普通なので,可能性は高いとはいえません。

次に,肝膜炎という肝臓の周辺を覆っている膜の炎症です。肝臓は,ほとんど痛むことがないので,その外側の炎症なら・・・ということです。

最後に脅すつもりはありませんし,年齢から考えても極めて稀ですが,心臓や大動脈関連の病気です。なぜか全然別の場所が痛むことがあるらしく,私も腹痛で病院に運ばれて,心電図まで検査されたことがあります(結果は過敏性腸炎で終わりましたが)。現役サッカー選手でも心筋梗塞で亡くなることがあるのですから,今になれば,その病院が心電図を取ったのも間違っているとは言い切れません。

どちらにしても,レントゲンなどの検査をしないと解決は難しいかもしれません。内科と整形外科の両方があるところが良さそうです。原因がわかるまでは激しい運動を控えた方が良さそうですね。

場所や痛みの長さから考えると,他の方が仰っているとおり,肺や肋骨あたりが一番考えられます。空手みたいなハードなスポーツには,ありがちですよね。最近,気温も急に下がっていますから,ケガが多くなるかもしれません。

強引に考えれば,他に経験上で思いつくことは3つあります。

まず,腎臓・尿道結石・胆石などの石が,激しい運動や外的な打撃などで動くことがあります。私は石が動く方ではありませんでしたが,知人には軽く走っただけで動く人もいます。ただ,石は安静にしていても痛むのが普通なので...続きを読む

Q平熱が低く、肩こりがひどいのと代謝が落ちて最近体重が減らなくなってきたことの両方の悩みを解消したくて

平熱が低く、肩こりがひどいのと代謝が落ちて最近体重が減らなくなってきたことの両方の悩みを解消したくて基礎体温をあげたらどうかなーという考えに至りました。が、どうやったらいいのかがわかりません。食べ物、生活習慣、漢方等何でもいいので知っている方教えてください。

Aベストアンサー

筋肉雪崩現象といわれる30代もとっくに過ぎ、最近あきらかに筋肉が無くなってしまったので、筋トレを始めました。

半年ほどたったら、平熱が5分あがり、20代の頃の平熱に近づきました。
体温上昇は予想外で、ビックリしています。

筋トレとともに、食事で種々のタンパク質を取る様に心掛けています。
とり肉、乳製品、卵、大豆製品、青菜、などです。
特に朝食でタンパク質をしっかり取っています。

その効果があったのか、ふくらはぎ、腹筋、太ももの順で筋肉がついてきました。
腹筋やふくらはぎの筋肉は比較的付きやすいようです。
上腕、胸は今のところ、あまり変化がないです。

ただし、皮下脂肪は落ちにくいので、腹筋が付いたからといって、ムキムキと見えるわけではありません。
手で触ると脂肪の下に硬い筋肉があるのが分かるだけです。

脂肪を落とすには、食事管理とウォーキング、自転車こぎなどの有酸素運動を根気よく続ける必要があります。私には、ちょっとムリかもしれません。

脂肪は落ちなくても筋肉はつきます。
筋肉がつけば、体温は上昇するようです。

Q肝臓悪いことが運動に及ぼす影響とは?

非常に疲れやすいと聞いています。これは運動するときに使うグルコースをクギコーゲンとして貯めていいる肝臓が悪くて貯められなくなってエネルギー供給ができなくなるからでしょうか?

Aベストアンサー

肝臓には

糖をグリコーゲンに変えて貯めて必要な時にブドウ糖として放出する他にも
アミノ酸からたんぱく質を合成したり
体内に入ってきた脂肪分をコレステロールや中性脂肪に変えて血液中に放出する。

体内入ってきた有害物質を分解して体外に出すと言う役割があります。


トピ主さんがおしゃっておられる様に
栄養分を溜められなくなり栄養不足になるだけでなく
有毒物質を排出できなくなる為に血液は常に汚い状態になり
体にどんどん毒が溜まって行きます。

だから疲れやすくなるのです。


肝臓は痛めつけても回復も早いのですが
自覚症状が出る頃には病気が進行して
手遅れになる事もあるそうです。

普段からいたわってあげましょう。

Qストレス解消法を教えてください。 友達にも相談できず、趣味のことをやったり、音楽を聞いたり来ても解消

ストレス解消法を教えてください。
友達にも相談できず、趣味のことをやったり、音楽を聞いたり来ても解消法されません。

Aベストアンサー

こんにちは。アロマセラピスト、インストラクターのアロマン市井と申します。


アロマテラピーの語源は「アロマ」=芳香 + 「テラピー」=療法です。
香りを嗅ぐだけでも人間の脳を刺激し、リラックスした状態(または、イライラを鎮める状態)につなげてくれます。アロマテラピーを嗅ぎながら、アロマテラピーオイルを使ったマッサージを受けることで心身ともに両方ともリラックスできます。実際に、私のお店には、働く女性が多くお見えになり、施術をさせてもらっています。


なぜ、アロマテラピーで癒されるかというと、人間の五感の中でも、嗅覚だけが唯一人間の本能にもつながっているため、お子様のイライラもしずめたり、認知症の予防にも効果があるとメディアでも話題です。それに加えて、直接的に身体の重たい部分をトリートメントすることで、軽くなりますし、気分も明るくなることが多いです(個人差はありますが)。

アロマテラピーは少し敷居が高い、と思うかもしれませんが、例えば、お手元のティッシュペーパーに数滴たらして、寝る前に枕元に置いてみるだけでも十分ほのかに香りがします。

アロマディフューザーという噴霧器でお部屋にほのかな香りを広げる方法もあります。
なお、アロマオイルのブレンドの仕方などでご不明なことがあれば私の書いたコラムも参考にしてください。
https://latte.la/column/21161131

また、お風呂にも5滴程度直接垂らしてよく混ぜて入ったり、たらいに3滴たらして、足や手だけつけるお風呂もお勧め。


<寝る前>
ラベンダー・オレンジスイート 等  
⇒深い眠りに。オレンジスイート精油は赤ちゃんの夜泣き防止にも^^

<日中>
グレープフルーツ・ローズマリー 等
⇒朝の目覚めをしっかりできる。太陽とともに目覚める。

ほかにもたくさん種類がありますので、
ぜひ実際にサンプルを手にとって、嗅いでみてください。


嗅覚が敏感になると脳の働きも活性化するので、免疫や新陳代謝のプラス作用にもつながるともいわれています。

まずは、ご自宅でアロマオイルを使ってみて、お気に入りの精油を見つけて、気軽にアロマを楽しんでください。

こんにちは。アロマセラピスト、インストラクターのアロマン市井と申します。


アロマテラピーの語源は「アロマ」=芳香 + 「テラピー」=療法です。
香りを嗅ぐだけでも人間の脳を刺激し、リラックスした状態(または、イライラを鎮める状態)につなげてくれます。アロマテラピーを嗅ぎながら、アロマテラピーオイルを使ったマッサージを受けることで心身ともに両方ともリラックスできます。実際に、私のお店には、働く女性が多くお見えになり、施術をさせてもらっています。


なぜ、アロマテラピーで癒され...続きを読む

Q肝臓は鍛えられる?

心臓や肺は単にいたわるだけでなく,運動などで鍛えることができると思います。肝臓は食糧やアルコールの摂取量を減らすなどしていたわることができますが,肝臓をより丈夫にするために“鍛える”ということもできるのでしょうか?(健康上,必要でしょうか)それとも,肝臓はひたすらいたわるのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

肝臓はいたわるより無いです.アルコールには週2回の休肝日が必要です.

  http://hamuko.sunnyday.jp/kenkouotaku/kannzou1.htm
  http://www.vill.otari.nagano.jp/mura/kurasu/mainiti/adobaisu/2005/2005-05.htm

Q火照りと赤ら顔

33歳、二児の母です。

以前から、カーッと熱くなったりするとポカポカしてきて赤ら顔で耳も真っ赤になります。

熱い部屋にいるときや、夏場の外などでもそのような症状に襲われます。

するととにかくポカポカして顔が赤くなるのを感じます。
緊張して・・・というよりは外的要因のことが多い気がします。

お酒を飲んでいる時も基本的には顔に全然出ないのですが、暑くなってくると
とたんにカーッと顔まわりがポカポカしてきて、まわりに「顔と耳が赤いよ」と
指摘されます。

これは自律神経失調症的な症状でしょうか?

ちなみに冬場は足先、指先が冷え症です。
足先なんて見るからに血の気が失せていて、青白い色してます。

でも、夏場は一転、足の裏もポカポカで足先も赤味がかってます。
足の裏は真っ赤です。

冬場は足先が冷たくて眠れず、夏場は足裏が熱くて眠れません・・。

これでも一応「冷え性」の部類ですか?
よく雑誌かなんかでも冷え性の人は年中冷え性・・・といようなことが書いてあるので。

私の症状がちょっと謎です。

もし、自律神経失調症ならどこか検査機関できちんと調べてもらえるのでしょうか?
そして「あなたは自律神経失調症ですね」と太鼓判を押してもらえるのでしょうか。
なんか原因不明なものを「自律神経失調症」で片付けられてしまうようなことを聞いたこともあるのですが。

昔何かの雑誌で医療機関で自律神経の乱れを測定する方法がある・・というようなことを
読んだことがあるのですが。
(手足?を水とお湯に交互に付けて血圧?を計るというような・・・)

アドバイス、お願いします。

33歳、二児の母です。

以前から、カーッと熱くなったりするとポカポカしてきて赤ら顔で耳も真っ赤になります。

熱い部屋にいるときや、夏場の外などでもそのような症状に襲われます。

するととにかくポカポカして顔が赤くなるのを感じます。
緊張して・・・というよりは外的要因のことが多い気がします。

お酒を飲んでいる時も基本的には顔に全然出ないのですが、暑くなってくると
とたんにカーッと顔まわりがポカポカしてきて、まわりに「顔と耳が赤いよ」と
指摘されます。

これは自律神経...続きを読む

Aベストアンサー

 ほてりや赤ら顔も冷えの症状だそうです。

 日常生活で気をつけたいことは、
白砂糖の入った甘いものジュース、アルコール、コーヒー、牛乳、緑茶、生野菜 南方果物、冷えた物などの体を冷やす冷性食品を控え、和食中心で根菜類や温野菜、発酵食品、色の濃い食品、未精製の食品、ビタミン、ミネラルなどを気をつけて摂ると良いと思います。

 生姜、金時生姜、紫ウコン、梅干、たんぽぽコーヒー、ココア、はぶ茶、、すぎな茶、柿の葉茶、三年番茶、梅しょう番茶は、体を温める効果が高く胃腸にも良いです。ブレンドして水分補給にすると良いです。
 股関節ストレッチ体操などをして下腹部の血行を良くし、胃腸の働きを良くします。
 ズボン下やスキーの靴下を履いたり、下着にカイロを貼ったり、腹巻などして外からも温める。
などです。

参考URL:http://www.geocities.jp/nagomijyuku/hie.htm

Q肝臓

私は二週間ほど前から伝染性単核球症になってしまい、肝臓も悪くなってしまいました。
伝染性単核球症自体はもう良くなったんですが、肝臓がまだ治らず、学校に行けません。

先週の金曜日の肝臓の数値が、GOT407(標準38以下).
GPT.722(標準44以下)と、非常に高く、今週の月曜日採血したら、GPT.226 GPT.656と、下がっていました。次は土曜日に採血に行きます。
学校は行ってもいいと言われましたが、運動禁止です。
どの程度の運動をしたらダメなんでしょうか?腹筋などもダメですか?ジャンプなどもだめでしょうか?

それと、28日に持久走大会があるのですが、このまま3日で70ずつ下がっても、GPT200程度までしか下がらないんですが、やはり持久走大会はやめておいた方がいいでしょうか?

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

急性の肝障害の場合は、ALT(GPT)はみず、AST(GOT)を見ます。
なぜなら、ALTは一度あがると、肝臓がよくなっても血中にうろうろ残り続けるので
下がりが遅く、肝臓の障害を反映しません。

また、運動は脾臓の大きさによります。脾臓が大きいと破裂の恐れがあります。
よってラグビーなどは、かなり長期に制限することもありますが、一般的には
症状出現から3週からそれまでの(非接触性の)運動は開始していいとなっています。
ただし、体調をみながらです。

Clin Sports Med 23(2004) P485~497をネットで検索、PDFでダウンロードして
読むと、この辺のことはよく説明してありますので、英語の勉強をかねて読んでみて
ください。

Q赤ら顔の私。

私は今現在高校2年生です。
知らない人も多いかと思いますが、私は赤ら顔という血行障害で悩んでいます。通販で販売されている塗り薬は、ほとんど全て使用しましたが直りません。(多少赤みが薄くなったような…という感じです。)
生活習慣にも気を使い、食生活にも気を付けています。
なのに、一向に良くならない私の赤ら顔を見て、友人に美容外科のレーザー治療を進められました。で、ネットで調べた所金額が半端ないぐらい高額で、高校生の私にはちょっと…。っという感じです。でも、本当にレーザーで直るんだったら、受けてみたいと思ってます。どなたか、レーザー治療を受けたことのある人いませんか?いたらレーザー治療について何か教えてくれませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
以前美容外科に勤務していた者です。

お友達の方に薦められたレーザーというのは、どういった種類のものかは分かりませんが実際レーザーでの治療というのはたしかにあります!

しかし、一瞬で治るというものは中々無く現状は「続ける事で改善していく」という感じです。
これは赤ら顔だけでなく美顔治療全体にも言える事ですが。

高校生という事ですので、ご両親にも相談されてみて一緒に美容外科のカウンセリング等に行かれてみてはどうでしょうか?
大体の美容外科が、カウンセリングのみだと無料だと思います。

一つ。
美容外科で取り扱っているものとエステさんで取り扱っている物とでは、効果の差が全く違いますので安さに騙されない様にして下さいね!

Q運動すると血糖値が下がる原理を教えてください。

質問(1)運動などで血糖値が下がるとグルカゴンが分泌され血中へのグルコース供給量が増し血糖値を維持しているのは分かります。ではなぜ運動すると血糖値が下がるのでしょうか

質問(2)摂取したグルコースはどこに蓄えられますか?
『主に肝臓』という答え方で良いですか?

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

余分のグルコースは糖毒性を発揮します。具体的にはタンパク質と反応して、全身の細胞の内外にある酵素やそのほかの蛋白質の働きを低下させます。要するに細胞の代謝全般に悪影響を及ぼします。一方適量のグルコースは全身の細胞のエネルギー源として不可欠でもあります。いわばグルコースは両刃の剣的なものということになります。体は余分のグルコースを無害なものに変えて貯蔵する機能を持っています。筋肉や肝臓はグルコースをグリコゲンにして蓄えます。脂肪細胞は脂肪の形で蓄えます。筋肉は運動によってグルコースを消費しますが、インスリンがなくてもグルコースを取り込んでグリコゲンに返るために血糖値を下げることに貢献しています。運動療法の意味は二つあります。一つはグルコースの消費ですが二つ目はよく使っている筋肉はグルコースをグリコゲンに変えてくれるので、日ごろ運動をして筋肉を増やしておくと血糖が下がりやすくなります。ただ筋肉のグリコゲンはグルコースに変えられても筋肉によってしか使われませんが、肝臓のグリコゲンは血糖が減って来るとグルコースに変えられ血液の中に放出されます。糖尿病の場合運動療法が有効なのは筋肉を増やすことのほかにインスリンがなくとも血糖を下げてくれることにもよるはずです。血糖を下げるという意味では肝臓よりも筋肉の役割のほうが多いと思います。ただ長期的には脂肪細胞の役割も大切です。また筋肉は血糖が下がってkると筋肉のタンパク質を分解してアミノ酸を作るこのアミノ酸が肝臓に送られて肝臓で合成されたグルコースが血液の中に放出されて血糖を上げる結果になります。これは早朝起床時などに毎日起こっていることだと聞きました。この意味でも筋肉の働きというのは大変大きいものだと思います。

余分のグルコースは糖毒性を発揮します。具体的にはタンパク質と反応して、全身の細胞の内外にある酵素やそのほかの蛋白質の働きを低下させます。要するに細胞の代謝全般に悪影響を及ぼします。一方適量のグルコースは全身の細胞のエネルギー源として不可欠でもあります。いわばグルコースは両刃の剣的なものということになります。体は余分のグルコースを無害なものに変えて貯蔵する機能を持っています。筋肉や肝臓はグルコースをグリコゲンにして蓄えます。脂肪細胞は脂肪の形で蓄えます。筋肉は運動によってグ...続きを読む

Q赤ら顔-漢方

漢方について最近興味を持ち、無知なのでインターネットでも検索してみましたが専門用語なんかが難しくて・・・何もわからず専門へ相談にいくのは少し不安なのでこちらで質問させてください。

私は小さい頃から赤ら顔で悩んでいます。
急に冷房のきいたお店に入るなど急激な気温の差だったり、走ったり、ちょっと騒いだりしたらすぐに顔が赤くなってしまって恥ずかしいぐらいです。

今は23歳でメイクをするようになってからはコントロールカラーも使ってある程度隠せるようにはなりましたが、それでも1度赤くなってしまうとメイクでも隠せません。
お酒も好きなのですが、心配される程赤くなってしまうのが恥ずかしくて飲みたくても飲むのを諦めてしまうこともよくあります。

体質なので、治すことは無理かと思っていましたが、最近少しアレルギーなんかもあり、漢方を試してみようかと思っていたのですが、赤ら顔にも効果はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

恐らく冷えのぼせの体質ではないかと思います。

下半身が冷えて血流が悪いために、食事やアルコールや運動などで体が発熱すると溜まった熱が上半身へと昇っていくからだと思います。これが赤ら顔に繋がるのでしょう。鍼や漢方の専門家に相談してみてください。証さえ合えば効果のあるものはあるはずです。

また、自律神経の偏りが大きいので、日頃から体を動かしたり、運動したりして自分でも自ら体を鍛えておいてください。寒暖の差など気温のストレスに対しても敏感に反応しないようにするには薬よりも何よりもまず体を鍛えて全身の血流を良くしておくことが一番だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報