友人の父親が突然亡くなりました。そこで相続の話が出ています。
持ち家の相続税っていくら位するのでしょうか?
彼の家は6年ほど前に新築した一戸建てで、名義は父親になっています。
(購入時の金額は土地+家で4000万円くらいらしい・・・)

残った家族は母、兄、弟(友人)の3人ですが、兄と友人は共に独身(20代)であり、どちらが家を継ぐなんて考えてなかったそうです。
そこで家の名義を誰にするか困っているそうです。

兄の名義にしても、弟が家を継ぐことになったら面倒です。
とりあえずお母さんの名義にして、家を継ぐ人が決まってからその人の名義に変えると相続税は二重にかかってしまうし(?)

夫婦は法律上財産を共有しますよね?それでも家の名義を奥さんにした時にも相続税がかかるのでしょうか?

ベストな相続方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

自宅の土地・建物しか相続財産がないと仮定した場合、


1.財産(4,000万円)-(基礎控除5,000万円+1千万円×相続人数3人)=相続税の課税財産 以下計算していくと、相続税がかからない
2.No.1の方が言われるように、それ以外に財産があるかどうかで、相続税がかかるかどうか、かわってきます。
3.死亡後10ヵ月以内に相続税を申告すると、配偶者(友人のお母さん)が全体の2分の1までなら、お母さんには相続税はゼロ、という特典があります。
4.家は固定資産税の評価額が相続税の財産評価額になり、年々下がっていくので、年齢が若い人が相続しない方が得です(もらったときは価値が高くても、値段が下がっていく。土地は将来値上がりする可能性が高く、安く入手できる)。お母さんです。
5.いったんお母さんにして、次に名義変更するのは、贈与税がかかり、損です。
子供の名義にするなら、誰がずっと住んでいきたいか、で決めることです。
6.自宅の建っている土地は、できるだけ子供が相続する。しかも、分筆という形で、地番を分けて、「共有」(処分するときにもめるので)を避けることです。
まず、全体の財産を調べて決めることです。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
紹介してくださったURLを見ましたが、非常に参考になるサイトでした。
友人にも紹介したいと思います。

お礼日時:2002/03/18 21:57

評価額を考えると、相続税はかからない可能性が大です。


単純に遺産総額を4000万円とする(実際の土地、建物の評価額ではないが)と、基礎控除で相続税は0になります。
アナタの友人のケースでは、7000万円まで相続税はかかりません。
したがって、相続税は考えずに、お母さんの名義でいいのではないでしょうか?

>とりあえずお母さんの名義にして、家を継ぐ人が決まってからその人の名義に変えると相続税は二重にかかってしまうし(?)
10年以内の再相続の場合、税額の軽減がありますが、現状を考えると気にすることは無いでしょう。

相続税の基礎控除は「5000万円+1000万円×法定相続人の人数」となりますので、それ以下なら相続税は考え無くても良いです。ただし、法定相続人以外の人が相続する(遺言等により)場合は、気をつけなければなりませんが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とりあえず今回はお母さん(配偶者)の名義にすることになったようです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/22 09:23

#3の追加です。



>>法定相続人でない奥様の名義にした場合は、

>配偶者は法定相続人ではないのですか?
法定相続人は誰のことを指すのでしょうか?(両親、配偶者、子供・・・?)

質問で、奥さんというのを、「質問者の奥様」と勘違いしていました。
被相続人の配偶者は、当然、相続人になります。

パターン3が、税金面では1番有利になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

紛らわしい表現ですみませんでした(^^;

今回はとりあえずお母さん(配偶者)の名義にするのが無難なようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/19 09:09

今回の場合、不動産のほかに目立った財産がなく、相続税を納めなくてもいいようですね。



今のところだれが不動産を相続するかを決めかねているようですので、「今は決めない」ということも一つの方法として可能です。

不動産を担保に入れてお金を借りるとか、人に売却するのであれば、現在生きている人へと相続登記をする必要が生じますが、自分たちが住んでいるだけであれば、「相続登記」をせずに、「父」名義のままほっておくことも可能です。

そして「母」も亡くなったときに兄弟で相談して決めることが可能です。
この場合「相続登記」は1回ですみますので、「相続登記」にかかる費用は1回分ですみますね。


「相続人」について

・「配偶者」は常に相続人となります。
・「子供」(実子・養子)がいる場合は子供も相続人となります。(第1順位)
※子供が先に死んで「孫」が相続人になることもあります。
・子供がいない場合は「親」が相続人となります。(第2順位)
※親が死んでいて祖父母が生きている場合は祖父母が相続人になることもあります。(第3順位)
・子供も親もいない場合は、「兄弟姉妹」が相続人になります。


不動産の「名義」について

日本では「個人財産制」をとっており、特に不動産の場合は、「登記簿」に記載された人が「所有者」となります。「kyaezawa」さんが書かれていますね。
とりあえずAの名義にしておいて、後からBの名義に変更したいというような方がおられますが、名義を変更するということは「所有権を譲渡する」ということになりますので、「売買・贈与・交換・相続(A死亡時のみ)など」の「原因」が必要です。

原因によって、Aに税金がかかったり(譲渡所得の発生)、Bに税金がかかったり(贈与税・不動産取得税など)と大変なことになりますので、十分に考えてからの方がいいと思いますよ。

ただし、「とりあえず母に相続させる」というのはよくあることですので、こちらについては無難な方法でしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

名義(登記)を死亡した人のままにしておいてもいいのですね。初めて知りました!

あと持ち家以外の財産ですが、生命保険金と退職金などがあり、それは6000万円くらいあるようです。それでも家(3000万円程度?)+保険&退職金(6000万円)で9000万円ですので、ぎりぎり相続税は払う必要はなさそうですね。
お母さん(配偶者)が相続すれば1億円以上でも控除されるので問題なさそうです。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/03/18 22:10

相続税には基礎控除があります。


5000万円+法定相続人1名あたり1000万円です。
従って、不動産を含めて全相続財産が9000万円までは相続税がかかりません。
不動産については、時価よりも低い価格(路線価など)で評価されます。
6年前に4000万円くらいで購入された場合は、相続の評価額はおそらく2800万円前後だと思います。

実際の相続方法は、上記のように計算して、相続税が課税されないのだあれば、とりあえずは不動産についてはお母さんが相続されるのが自然かと思います。

兄弟のどちらかが相続して、別の方が家をつぐ場合は税率の高い贈与税がかかってしまいます。

たとえ、夫婦であっても、財産は別々です。
特に、不動産については、登記されている人のものです。

今回の相続で、法定相続人でない奥様の名義にした場合は、やはり贈与となり高率な贈与税が課税されることになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>法定相続人でない奥様の名義にした場合は、

配偶者は法定相続人ではないのですか?
法定相続人は誰のことを指すのでしょうか?(両親、配偶者、子供・・・?)

「相続税=安い」、「贈与税=高い」と思えばいいみたいですね。

登記の変更パターン
【パターン1】
→登記を配偶者に変更・・・相続税(安い)
→配偶者から子供に変更・・・贈与税(高い)

【パターン2】
→登記を子供(兄)に変更・・・相続税(安い)
→兄から弟に変更・・・贈与税(高い)

【パターン3】
→登記を配偶者に変更・・・相続税(安い)
→配偶者が亡くなってから子供に変更・・・相続税(安い)

このように考えるとパターン3が一番お得なのでしょうか?

お礼日時:2002/03/18 18:04

相続税がいくらになるかはご質問の内容からだけではわかりません。

遺産をすべて洗い出し、それぞれを評価して遺産総額を計算してみる必要があります。(評価方法は専門家(税理士)にお尋ねになったほうが良いです)

税金がかかってくる場合には、小規模宅地等の課税価格計算の特例(居住用宅地の評価額を8割減額できる制度)を適用する、配偶者の相続税額の軽減(法定相続分または1億6千万円のいずれか多い方までは配偶者の税金はかからない制度)を適用するなどして税額を少なくする方法が考えられます。

詳しいことはやはり専門家に相談したほうが良いと思います。

>夫婦は法律上財産を共有しますよね?

そのようなことはありません。夫婦といえどもそれぞれが個々に財産を所有します。(土地などを共有持分登記することはありますがこれは別の話です)

この回答への補足

とりあえず持ち家だけを相続するということに限定しています。
(持ち家以外の財産は特にないため・・・)

回答ありがとうございました。

補足日時:2002/03/18 17:50
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地の相続・相続税について概算を教えて下さい

30年ほど前、妻の父が亡くなり妻の母が相続した土地が6箇所あります。
以前はもっと土地があったが、相続税を払うため、毎年の固定資産税を払うため、日々の生活費のためその都度売却してこのじょうたいです。
これらの6箇所の土地をすべて相続するとどのくらいの相続税がかかるのか知りたくて、市役所の市民相談で土地の価格を聞いてみました約2億円と言われました

土地の価格が約2億円全て宅地、現金はあっても500万円ほどで、
相続人は妻と妻の兄の二人です。
すべての土地をこの二人で相続すると相続税今なら4000万円ほどだが相続税の計算が新しく変わるので27年以降だと5000万円ほどと教えてもらいました

家に帰って妻に聞いたことを説明しながら計算すると、聞いた金額より1000万円ほど安くなります。
はっきり式を紙に書いてもらわなかったので、要所要所
今は控除が7000万円
27年以降が6割になるので、4200万円
税率が30%
とメモがしてあり4000万円、5000万円と金額がメモされています
わたしか、市役所の人か、あるいは両方が計算の仕方が違うのかもしれません

約2億円の土地2人で相続(法定相続人)するといくらほど相続税がかかるのでしょうか?
教えてください お願いします

30年ほど前、妻の父が亡くなり妻の母が相続した土地が6箇所あります。
以前はもっと土地があったが、相続税を払うため、毎年の固定資産税を払うため、日々の生活費のためその都度売却してこのじょうたいです。
これらの6箇所の土地をすべて相続するとどのくらいの相続税がかかるのか知りたくて、市役所の市民相談で土地の価格を聞いてみました約2億円と言われました

土地の価格が約2億円全て宅地、現金はあっても500万円ほどで、
相続人は妻と妻の兄の二人です。
すべての土地をこの二人で相続すると相...続きを読む

Aベストアンサー

2億円ー基礎控除額7千万円=1億3千万円

法定相続分 あなたの妻   相続財産額6,500万円
        あなたの妻の兄 同上

税額  あなたの妻    6,500万円×30%ー700万円=1,250万円
     あなたの妻の兄  同上

合計相続税額  1,250万円+1,250万円=2,500万円

相続財産から葬式費用が控除されますので、現金500万円はその費用として加算してありません。

平成27年以後は上記の基礎控除額を4,200万円にして計算してください。
4,000万円というメモは、税額計算過程で700万円引くのを忘れて、税額1,950万円とし、それを2倍されてるのだと思います。
なお、土地の相続税評価額の算出は専門ではありません。税額計算過程で700万円控除を忘れるレベルですので、2億円という評価額が相続税評価額ではなく、固定資産税評価額の可能性があります。
ここでは市の方が言われた2億円を相続税評価額として計算してあります。

相続税の相談は税務署の資産税課が窓口です。市役所での市民相談でも、税理士が相談に乗ってくれたのでなければ「間違ってる」と思ったほうがいいです。

2億円ー基礎控除額7千万円=1億3千万円

法定相続分 あなたの妻   相続財産額6,500万円
        あなたの妻の兄 同上

税額  あなたの妻    6,500万円×30%ー700万円=1,250万円
     あなたの妻の兄  同上

合計相続税額  1,250万円+1,250万円=2,500万円

相続財産から葬式費用が控除されますので、現金500万円はその費用として加算してありません。

平成27年以後は上記の基礎控除額を4,200万円にして計算してください。
4,...続きを読む

Q相続税-兄が亡くなり、弟4人(1人死亡)が相続する場合の基礎控除の金額と法定相続人の数

・兄(A)が亡くなりました。兄弟は亡き兄含め、5人(A,B,C,D,E)でした。今、Bはすでに亡くなっており、存命はC,D,Eの3名ですが、亡きBには息子が2人います。
1.この場合、相続人が、合計5人(B-1、B-2、C、D、E)いるのですが、基礎控除は、1000万円X5=5000万円でいいでしょうか?
2.法定相続分としては、各1/8、1/8、1/4、1/4、1/4ということで、税額を計算すればいいと考えています。この場合、皆1親等ではありませんので、全員2割加算する必要があるのでしょうか?
上記2件、基本的な質問で恐縮ですが、ご教示よろしくお願いします。以上

Aベストアンサー

1.
 相続税の基礎控除は、5,000万円+1,000万円x法定相続人の数
 です。 よって、貴殿の場合1億円です。

2.法定相続分及び2割加算はそのとおりです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

Q共有名義(親子2人)の土地家屋相続税について

 現在、築45年の土地付き住宅に私と母2人で住んでおります。
 この家は父が建てた家ですが、家が建った翌年に事故死し、その時に母と私の共有名義にしてあります。(知り合いの行政書士?の方の勧めだったようです)他に兄弟姉妹は無く、遺産を分割する相手はいません。(私一人が相続人)

 母はまだ健在とは言え82歳なので、今のうちに相続税対応(相続税額の心づもり)を考えないといけないのですが、
1)もし、母が他界した場合、共有名義の片方がなくなるわけですが、土地家屋の相続税は発生するのでしょうか?
2)その場合、母が1人で所有していた(母から私が1:1で相続する)場合の半分になるのでしょうか?
3)また、仮に、今のうちに土地家屋所有者(名義)を私一人にすると、相続税はかからなくなるのでしょうか?(代わりに譲渡税がかかるのでしょうか?)

以上、どなたかよろしくご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

53才、既婚男性です。
すでに、御父様からの相続は完了して、相続税はその時点で納税済みと言う事ですね。
そうであれば、登記内容に基づいた財産比率で相続されています。
お母様と貴女の半々ですね。
財産が土地・家屋のみと言う事であれば、生前贈与はあまり意味が無いです。
贈与税の方が相続税より税率は高いですし、土地・家屋を贈与税の控除枠110万円/年で分割して贈与する事は不可能でしょう。
築45年の建物であれば、ほとんど評価額は無いと考えて良いと思います。
土地の評価額が問題になります。
2015年以降の相続税でも基礎控除3,000万円+600万円はあります。
つまり、土地家屋の評価額が7,200万円までは、相続税は発生しない事になります。
また、特定居住用宅地は、330m2までは課税価格を80%減額出来ます。(平成27年1月1日までは、240m2です)
したがって、よほど広大な土地で、評価額の高い場合を除いて、すでに貴女が住んでいる土地・家屋に対する相続税は課税されない可能性が高いです。
特に、節税は考える必要は無いです。(土地の面積が330m2を超えている場合で土地・家屋の評価額が7,200万円を超えている場合や、330m2以下でも土地評価額が3億6千万円を超える場合などは相続税の課税の可能性はあります)

53才、既婚男性です。
すでに、御父様からの相続は完了して、相続税はその時点で納税済みと言う事ですね。
そうであれば、登記内容に基づいた財産比率で相続されています。
お母様と貴女の半々ですね。
財産が土地・家屋のみと言う事であれば、生前贈与はあまり意味が無いです。
贈与税の方が相続税より税率は高いですし、土地・家屋を贈与税の控除枠110万円/年で分割して贈与する事は不可能でしょう。
築45年の建物であれば、ほとんど評価額は無いと考えて良いと思います。
土地の評価額が問題になります。
2015...続きを読む

Q父親が亡くなりました。相続税について教えてください。検索相続対策税金対策

父親が亡くなりました。
法定相続人は母親と長男である私、弟三人です。
私は父親、母親と同居しており
土地路線価7000万
家800万


弟三人はそれぞれが父親名義の土地の上に家を建てています
それぞれが相続する父親名義の土地は路線価1500万です。

それ以外に父親名義の他人に貸し付けているアパートのようなハウスとその下の土地があります。
月15万程度の収入があるそうですが土地と建物合わせて1500万くらいです。
後土地が1500万。
金融資産が1200万。
では今までの話しをまとめますと
今話し合っている中で
弟三人は土地1500万を相続

母親は1200万の金融資産と1500万のハウス

先ほども言いました通り長男である私は土地7000万+家800万+土地1500万の予定です。

この場合それぞれの相続税はいくらくらいになるでしょうか?

この場合私がかなり税金を払わなくてはいけないと思いますが..
ただ私借金が400万ある身分です。
借りて相続税を払うのは利子を考えてると馬鹿らしいですし。

いい方法があれば教えてください。

ただ母親に相続を多くさせる事により、相続税を払わなくて良くなるという事(一億六千円まで無税)も聞いておりますが母親が亡くなった時にどうなるのかがまた不安です。
母親が亡くなった時の事もふまえ一番税金が安くてすむような方法をアドバイス下さい。

母親と私達息子共有名義で土地を相続する方法や母親がいったん財産の大半を相続する方法に関しましても言及していただければ幸いです。

父親が亡くなりました。
法定相続人は母親と長男である私、弟三人です。
私は父親、母親と同居しており
土地路線価7000万
家800万


弟三人はそれぞれが父親名義の土地の上に家を建てています
それぞれが相続する父親名義の土地は路線価1500万です。

それ以外に父親名義の他人に貸し付けているアパートのようなハウスとその下の土地があります。
月15万程度の収入があるそうですが土地と建物合わせて1500万くらいです。
後土地が1500万。
金融資産が1200万。
では今までの話しをまとめますと
今話...続きを読む

Aベストアンサー

今一度、整理させてくださいね。 全部の土地と建物の大きさ、名義人をそれぞれ書いてもらえませんか。
7000万円の土地は、母親名義にする手も有ります。
土地ですが、資産額は固定資産税の金額で、評価されます。
土地に、建物の建っている場合、資産価値が減額されます。(土地の大きさにより特例8割引)

私も、昨年度に、財産相続を総額1億円の土地&預貯金を相続しました。(私の自宅ですけど)
路線価では7000万近い土地も、固定資産税の評価では3000万。特例が有るとさらに減額される。
その為、相続税を逃れる事が出来ました。 預貯金は、おばあさんが死ぬ前に、生活費と言う名目で、
預貯金を、親の口座に移しました。100万程度づつ程度、毎月移しておきました。

詳細を頂ければ、相続税の算定しますよ。計算する書式が有りますので。
おばあさんの子供には、全員に相続を放棄する書類を、書かせました。
土地に関しては、公正証書で、遺言書を作成してありましたので、あっさり放棄です。
手打ちのお金は、少しは用意する予定でおります。

それでは。

Q土地の贈与税と相続税について

1.父から自宅の土地について贈与を受ける予定です。土地の評価額は500万円とします。
 この場合、贈与税はかかるのでしょうか。父の死後、相続を受ける際は、この土地
 だけしか資産がない場合、相続税はかからないと聞きました。
 今の段階では贈与を受けず、相続したほうがいいでしょうか。生前贈与という言葉
 を聞きますが、この場合は贈与を受けたほうが得でしょうか。

2.父の死後、家族で土地を相続する場合、法定割合どおりにそれぞれ相続すると思い
 ますが、その場合の土地の金額の計算方法が分かりません。固定資産税の通知に書かれ
 ている評価額でしょうか。それとも他にありますか。

Aベストアンサー

>この場合、贈与税はかかるのでしょうか。
かかります。

>今の段階では贈与を受けず、相続したほうがいいでしょうか。
そうですね。

>生前贈与という言葉 を聞きますが、この場合は贈与を受けたほうが得でしょうか。
いいえ。
税金のことだけ考えれば、相続のほうが得です。

>その場合の土地の金額の計算方法が分かりません。固定資産税の通知に書かれ ている評価額でしょうか。
いいえ。
土地の相続税評価額は「路線価方式」と「倍率方式」があります。

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm

その土地がどの方式かは下記サイトでわかります。

http://www.rosenka.nta.go.jp/

Q家、土地の相続、名義変更について

初めてのご相談で、内容に不備があるかもしれませんが、宜しくお願い申しあげます。

内容は、複数名義の家・土地の売却(相続)についてです。

 <現    状>

・私名義の土地、義母(同居)名義の土地の2区画を利用して戸建に居住しております。

・戸建は、私名義61%、妻名義8%、義母名義18%、私の母(別居)名義13%となっております

 
 <知りたいこと>

・この様な状況下、親が亡くなった後、土地や家の売却を考える場合、事前にどのような手続きを
行うのがベストでしょうか。

・家、土地別に、なるべく無駄の無い贈与、相続方法等をご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

素人ですが・・・。

土地については同居義母、戸建については奥様・同居義母・別居実母の理解により、円満に過ごされていることでしょう。
奥様は別としても、義母や実母が亡くなれば、義母や実母の相続人と土地や建物の持分について遺産分割協議や今後について相談が必要となることでしょう。今はご夫婦の親ということで無償で利用させてもらっていたとしても、遺産分割協議で得た人から無償で借りられるとは限りません。
ただし、建物の名義が共有となっているということは、住宅ローンなどでの頭金を出された方などの名義がついているのではないですかね。そうなれば、金融機関の抵当権などがついているのではないですかね。場合によっては保証人などにもなっていませんか?
そのような状況では、名義の変更等は現実的ではないでしょうね。

すでに住宅ローンなどが終わっていたり、ローン自体を組んでいないなどであれば、土地については同居義母から購入させてもらうか、贈与を受ける必要があることでしょう。
あなたの名義でなくとも、奥様の名義であれば、親の相続を気にする必要は無くなることでしょうから、そのあたりも考えとしては良いかもしれません。
建物の義母や実母の名義も同様に、あなた方夫婦の名義になるように購入させてもらうか、贈与を受けるのもよいことでしょう。

義父や実父はいらっしゃらないのでしょうか?また、実の両親・義理の両親ともにあなたがた夫婦が一人っ子で、お父様もいないということであれば、相続人はそれぞれ子供一人だけですので、争いなどもなく、将来相続することができることでしょう。
売買であれば、売った親側で利益が出れば所得税が発生することになります。贈与であれば贈与を受けた人に贈与税が発生することになります。一般相場より安い売買をしてしまえば、相場との差は贈与として贈与税が発生します。
一般的に、所得税や贈与税より相続税の方が安いこととなります。親子関係での生前贈与であれば、要件を満たせば相続時精算課税として先送りし、贈与税の適用を受けなくすることも可能かもしれません。
不動産の登記で必要となる登録免許税も相続の方が安く設定されていることでしょう。

ローンなどの問題がなければ、相続時精算課税制度などの特例を満たす贈与で夫婦名義にすることもよいでしょうし、通常の相続まで先送りし、他の相続人とのトラブルを回避しようと考えるのであれば、公正証書遺言などで優先的にこれらの不動産の名義を相続できるように準備されることもよいでしょう。

素人ですが・・・。

土地については同居義母、戸建については奥様・同居義母・別居実母の理解により、円満に過ごされていることでしょう。
奥様は別としても、義母や実母が亡くなれば、義母や実母の相続人と土地や建物の持分について遺産分割協議や今後について相談が必要となることでしょう。今はご夫婦の親ということで無償で利用させてもらっていたとしても、遺産分割協議で得た人から無償で借りられるとは限りません。
ただし、建物の名義が共有となっているということは、住宅ローンなどでの頭金を出された...続きを読む

Q祖母名義の土地の相続税についてなんですが

祖母名義の土地の相続税についてなんですが 次男で土地も祖母の名義のまま 家を建て10年すんでいます
最近祖母が 年なので母から名義変更するように との事なんですが
もともと農地なんですが 相続税を 少なくする方法はあるのでしょうか?
宜しく願います

Aベストアンサー

相続とは被相続人が亡くくなって初めてその方の資産が相続対象となるもので相続人が分割するのが法律です。
 独り占めしても遺留分は支払うことになります。 
また農地に家を建てる場合は農地の転用の許可が必要だったはずだが・・・違法建築??。
 さらに課税の本文は現況で判断されます。 家があれば宅地並み課税の固定資産税及び都市計画税も払っているはずです。
 相続税は全部の資産を出してそれから基礎控除を引き相続人x・・・を引かれて残ったものに課税されますが大方の相続人は無税なはずですねえ。
 祖母さんは資産家?。  その場合は借金ですね。
資産-借金=相続財産。 資産と借金を相続するのが少なくするひとつの方法ですね。
 お急ぎの場合は弁護士さんに相談して公証役場へどうぞ。

Q実母の家をリフォームしました。その家は母の名義です。リフォーム代は3人

実母の家をリフォームしました。その家は母の名義です。リフォーム代は3人(母・私・主人)で分割しました。この場合、私と主人は贈与税を支払うことになるのでしょうか。(一人110万以上リフォーム代を支払った)また贈与税を支払わないようにするには家の名義を分割すればよいのでしょうか。もともと3人で住んでいた家という設定であれば贈与にはならないのでしょうか。全く勉強不足で申し訳ありません。ご教示のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>私と主人は贈与税を支払うことになるのでしょうか…

逆です。
贈与税とは、もらった側に課せられる税金です。

>一人110万以上リフォーム代を支払った…

もらった側から見ますから、少なくとも 220万以上ということですね。
250万と仮定すれば、基礎控除の 110万を引いた 140万が課税対象です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

>贈与税を支払わないようにするには家の名義を分割すればよいのでしょうか…

はい。

>もともと3人で住んでいた家という設定であれば贈与にはならないのでしょうか…

もともとではなく、現在 3人で住んでいるというなら贈与にはならないでしょう。

ところで、親子は相互に扶養義務があり日常生活に必要最小限の金品を足し合うことは、贈与ではありません。
そのリフォームというものが、雨漏り修繕だとかシロアリ被害復旧だとか、どうしてもやらなければ家がつぶれてしまうようなことがらなら、扶養義務のうちという解釈もできるでしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

しかし、住むのに支障はなかったけどさらなる快適性を求めたためのリフォームであったなら、やはり贈与と認定されるでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>私と主人は贈与税を支払うことになるのでしょうか…

逆です。
贈与税とは、もらった側に課せられる税金です。

>一人110万以上リフォーム代を支払った…

もらった側から見ますから、少なくとも 220万以上ということですね。
250万と仮定すれば、基礎控除の 110万を引いた 140万が課税対象です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

>贈与税を支払わないようにするには家の名義を分割すればよいのでしょうか…

はい。

>もともと3人で住んでいた家という設定であれば贈与にはならないのでしょうか...続きを読む

Q相続した土地を売却して相続税を支払う場合の税金

相続した土地を売却して相続税を支払う場合の税金について教えてください。

昨年11月に父が亡くなり、100坪の畑を相続することになっています。現金がないので、これで相続税を支払わなければならないので、売却して支払おうと思っています。そこで、このケースの税金について教えてください。

税金を支払うために、土地を売却するのですが、この場合も所得税が掛かるのでしょうか?
また、実際に土地の価格が1坪15万円くらいだとすると、支払わなければならない税金はどのようなものがあって、いくらになるのか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

余り先々を心配する前に、まず「相続税が課税されるかどうか」が問題です。
父が残した総財産はすでに把握されてますか。
土地だけでなく、預金や生命保険金、株式などのプラスの財産と、借入金などのマイナスの財産を漏れなく把握し、総財産の評価額を求めることからはじめます。

ここで土地の評価額は相続財産の評価基準によって行います。路線価格とか倍率価格というものです。
土地100坪だけで相続税が発生するというと一坪60万円以上の土地ということになります。
都市圏で、実は宅地だけど酔狂に畑として使ってるという場合でなければ、坪80万円の畑は高額すぎます。
つまり畑100坪だけで相続税は発生しないと推定できます。
他の財産がどれほどあるかを考えないといけません。

「税金を支払うために土地を売る」と決め付けておられますが、まずは「順序を追って考えましょう」。

相続税が発生しない場合でも、相続で得た不動産を売れば、譲渡所得となり所得税課税の対象です。
まず長期譲渡所得ですので、20%課税です。

「売却価格(譲渡価格)-取得費ー譲渡費用」に20%課税されると理解しておけば良いでしょう。

取得費は、父上がその畑を手にいれた額です。
それが不明でしたら「場と価格の5%」が取得費として認められる特例があります。

余り先々を心配する前に、まず「相続税が課税されるかどうか」が問題です。
父が残した総財産はすでに把握されてますか。
土地だけでなく、預金や生命保険金、株式などのプラスの財産と、借入金などのマイナスの財産を漏れなく把握し、総財産の評価額を求めることからはじめます。

ここで土地の評価額は相続財産の評価基準によって行います。路線価格とか倍率価格というものです。
土地100坪だけで相続税が発生するというと一坪60万円以上の土地ということになります。
都市圏で、実は宅地だけど酔狂に畑と...続きを読む

Q相続税の申告は、相続人が個別にすればいいのですか?

被相続人の財産が、概算で8300万ほどあります。(土地、建物、株券含む)
相続人は兄弟3人、私、質問者は次男です。
基礎控除は、5000万+1000万×3=8000万なので、被相続人の死後10カ月以内に相続税の申告、納付をしなければいけないと思うのですが、長男が遺産の大半を管理しているのに、遺産分割協議も、分割の実行もいまだにされません。また、遺産の中には、三男が自分の名義で投資ファンドに投資している資金、推定1880万が含まれます(時価不明)。三男は、自分名義だからそれはすでに自分の物、と思っているようで、正確な金額も言わず、相続税の申告なども、眼中にないようです。
10か月以内に申告、納付しなければ、重加算税などの罰が課されると聞いています。
分割協議が完了していない場合は、法定相続分で相続したものとして相続税を申告、納付しなければいけないようなので、私だけさっさと申告、納付しようと思うのですが、税務署は受け付けてくれるんでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の核心は、相続税の申告書は相続人全員の氏名が載ってるものが通常だが、他の相続人をほかって置いて、自分だけ相続税の申告書を提出できるかということですね?
ほかの相続人が申告義務に疎いが、自分が払う分まで無申告加算税や延滞税をかけられるのはたまらんという事でしょう。

結論をいいますと、できます。

被相続人の残した財産内訳書をわかる範囲で作成して、それを法定相続分で分割した場合での率で計算して「自分の納める相続税額」を算出して納税してしまいます。
その後、他の相続人が相続税の申告書を出すさいに、貴方の申告書とは金額が違ってきます。
他の相続人については「無申告」ですが、あなたの分については修正申告扱いになります。
協議分割整っての修正申告ですから義務的修正といわれますが、加算税の対象になりませんし、納めすぎてるなら更正の請求を出す形になり還付がうけられます。

「遺産分割が済んでないどころか、協議分割の話もでてない。法定相続分だけでも申告して納めておく」という方は、結構多いです。無論、財産も適当に記載するというニュアンスです。
未分割なので、それもありとして税務署では申告を受け、期限内申告あつかいに「あなただけ」してくれます。

国税庁が指定してる相続税の申告書は規定用紙ではありますが、「相続人全員がまとめて申告すべし」という規定はないのです。
相続人がA,B,Cといて、AとBの記名押印のある申告書と、Cの記名押印のある申告書の2通の提出をしても二重申告ではありません。納税義務者が違うからです。
最終的には「ひとつの相続に対しての課税」を精算するとして税務署長が職権更正をします。
その場合でも、期限内申告をしてる者に加算税は有利な取り扱いがされます。

未分割だからと、ほかっておくのが最悪です。
自分の分だけでも申告してくれと税理士にいえば作成してくれます。

ご質問の核心は、相続税の申告書は相続人全員の氏名が載ってるものが通常だが、他の相続人をほかって置いて、自分だけ相続税の申告書を提出できるかということですね?
ほかの相続人が申告義務に疎いが、自分が払う分まで無申告加算税や延滞税をかけられるのはたまらんという事でしょう。

結論をいいますと、できます。

被相続人の残した財産内訳書をわかる範囲で作成して、それを法定相続分で分割した場合での率で計算して「自分の納める相続税額」を算出して納税してしまいます。
その後、他の相続人が相続税...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報