今日、初診から数えて4回目の泌尿器科(個人クリニック)に行ってきました。初診の時は検査等があったのですが、4回目の今日は様子を医師に話して、血圧を測って薬をもらって終わりでした。いつもと同じ薬で同じ量です。でも前回は代金が1000いくらだったのに、今回は2000円でした。前回と全く同じ診察で薬も同じなのにどうして値段が違うのでしょう?お分かりになる方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

医療事務(外来・入院とも)経験者です。


あくまでも“4回目”の診療がその月の最初の診療にあたる場合ですが、常駐の薬剤師がいる病院等で薬をもらうと、“調剤技術基本料”と言う加算点があります。また、北国の場合、暖房費(保険点数上は違う名前ですが)がかかります。
月に1回算定する保険点数の場合、当然月の最初の診療時に算定する事になりますので、少々お高くなる場合が有ります。
いずれにしても、病院の請求はその勉強をした人でないとわからない事がたくさんあるし、原則2年に1度改定されるので、不明な事があればどんどん事務の人に訊ねるといいと思います。全く指導も何もしていないのに病名のみで“○○指導料”が請求される事もありますので、ご自分の勉強のためにも、ぜひ訊ねて見て下さい。
請求内容に関しての説明を拒む医療機関であれば、不正請求をしている可能性もありますので、その際は保険者(国保であれば、自治体の保険係、社保などであれば、保険証に保険者の名称が書いてあります)に訊ねると良いと思います。
    • good
    • 0

何度もすみません。


補足を頂き有難うございます。補足内容で「領収書には金額しかかかれていません…。特に指導などもなかったです。」と言う事ですが、質問をもう一度確認してみると「初診から数えて4回目」と書かれていますね。所が、sumoさんの回答に対する補足欄には「病院に行ったのは3月4日と18日なので月はまたがないのですが…。」と書かれています。これはどう言うことなんでしょうか? 初診日はいつだったのでしょうか? 3月に入って2回目と言う事でお書きになったのかと思いますが、もし初診日が2月だとしたらsumoさんの回答に書かれている通りですが、その場合の継続管理加算は3月4日に支払われていると思いますので、18日の診察時は関係なくなります。と言う事でこれ以上は私にも回答出来ません。(何か処置等の変更はございませんでしたでしょうか?)
お役に立てなくて申し訳ございませんが、診察時に何かの加算があったのにはほぼ間違いないと思います。(計算誤りと言う可能性もゼロとは言い切れませんが…。)
ですので、どうしても腑に落ちないようでしたら、一度その病院(診療所)へ行き受付で詳しくお聞きになられたらいかがでしょうか? 領収書には金額しか書かれていないとの事ですが、診察内容は保管されていますので、なぜ今回のご質問のような事が発生したのか教えて頂けます。出来れば私もその内容を聞いてみたいと思いますので、もし不都合がなければ宜しくお願い致します。

それではこれで。何度も失礼致しました。
    • good
    • 0

Tomy-expoさんの言われる通り月代わりだったのではないでしょうか?罹っている病名によって慢性疾患指導料等の査定が付きます。

又病院によってはカウンセリング等にかかる費用を時間いくらでカウンセリング料としてとることもあります。
服薬指導等一般の患者さんには見えない診療報酬があるので詳しくはそのクリニックでお聞きになった方がよろしいかと思います。
    • good
    • 0

再登場です。



先にも質問されているのを見ましたので、その内容から…。

先の質問の時に診察時間外云々と言う事が書かれていますが、受付終了5分前に受付けを済ませているので、この場合は時間外加算と言うのは発生しません。

私が思うには先の回答にも書いたもののいずれかが発生しているように思います。一度、明細書を見せてもらえればあなたも納得行くと思いますが…。それでも納得出来ないのでしたら、sumoさんが書かれている通りです。

現在は医療事務の仕事をしていませんので、一般人としました。

この回答への補足

領収書には金額しかかかれていません…。特に指導などもなかったです。

補足日時:2002/03/19 10:50
    • good
    • 0

jo-joさん、不思議に思われたことでしょうね? 医療事務で受付けをしていたら良く聞かれる質問のようです。

(私は受付は経験ありませんが、一応医療事務2級の資格を持っています。)

sumoさんも書かれていますが、少し補足させて下さい。3月4日が初診で18日が再診と書かれていますが、泌尿器科(個人クリニック)と言う事は、診療所と言う扱いになり、再診時には外来管理加算というのが発生します。(点数的には52点=520円)まずこれが1つ。

次に、医師による指導等はございませんでしたでしょうか?(食事の方法とか)もしこのような場合、指導管理料と言うのも発生します。(点数はそれぞれ指導内容により異なります)他にも薬剤情報提供料などと言う摩訶不思議なものまで算定される場合があります。 ですので再診だからと言って、診察内容や投薬量が同じでも初診より支払額が少ないと言う事は決まっていません。もし、あなたが支払い明細(内訳)をお持ちでしたら、それらを確認して見て下さい。どうしても納得行かないようならsumoさんが言われている方法で対処できると思います。

以上、参考になりましたでしょうか?

by yama585
    • good
    • 0

月替わりの受診になっていたのでは?


詳しくはわかりませんが、月に一回算定するモノがあったような気がします。
たぶん・・・
    • good
    • 0

 こんにちは。


私は、病院で医療事務をしていた経験があるものです。
 担当が泌尿器科ではありませんので、細かい内容は上手く説明出来ませんが、参考までに・・・。
 先ず、初診は検査があるし、初診料などが含まれる為普通の時よりも治療費が高くなります。
 あなたは、4回病院へ行ったと言う事でしたが、それは月をまたぎますか?
 病院によって、多少取り決めが違うので何とも言えませんが、次の月にまたぐと、月初めは多少高くなったりします。
 私が働いていた病院では、病名によって、月をまたぐと次の月の最初に加算出来る点数があって(レセプト的には全てが点数によって計算されています)それが、反映されるので、前と全く同じ治療でも値段が変わったりします。
 もし、納得が行かないようであれば、レセプトの内訳を受付で教えて欲しいと言えば、教えてもらえます。
 もし、病院で聞きにくければ、社会保険とか国民保険を扱っている担当部署に相談しても、調べてもらえるみたいです。
 参考になるといいのですが・・・。

この回答への補足

病院に行ったのは3月4日と18日なので月はまたがないのですが…。

補足日時:2002/03/18 18:07
    • good
    • 0

 No1です。

受付時間のことは関係がないと思いますが、時間外の割り増しは診療時間を標榜している時間以外の診察が、割り増しの対象となります。いずれにしても、診療内容の比較をする事ができませんので、そのクリニックに説明をしてもらわなければ、ご質問の内容だけでは判断がつきません。
    • good
    • 0

診療報酬の改定はまだですので、検査や診察の費用は変わっていません。

前回と全く同じ検査で、全く同じ薬であれば、自己負担額も同じになるはずです。ただ、前回とある程度の期間が開いた場合には、再診ではなくて初診扱いになる場合もあります。詳細は、そのクリニックに確認をしてみてください。納得のいく説明が得られると思います。

この回答への補足

前回行ったのは2週間前です。受付終了時刻5分前に行って会計が診療時間過ぎたから少し高くなったんですかね?

補足日時:2002/03/18 17:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去3年分の医療費をまとめて確定申告できますか

友人から過去3年分の医療費は確定申告で控除できるとお聞きしました。
去年、平成22年度の確定申告では平成22年1月~12月31日までの医療費(150,000円)は申告できました。
本年度、平成23年度の医療費確定申告では去年の医療費を除く、平成20年、21年度、23年度の医療費も合わせて申告したいと思っているのですが可能でしょうか?
ちなみに20年度の医療費は450,000円、21年度の医療費は85,000円、23年度の医療費は175,000円です。

Aベストアンサー

友人から過去3年分の...]
3年ではなく5年です。

平成20年、21年度、23年度の医療費も合わせて申告したいと思っているのですが可能でしょうか?」
合わせてというのが「全部合算して23年分として控除を受けるという意味なら不可能です。
例えば23年1月1日から12月31日に支払った額が、23年分の医療費控除の対象額になります。
21年に支払った額を23年分の申告に「合わせる」ことはできません。

20年度の医療費は450,000円、21年度の医療費は85,000円、23年度の医療費は175,000円です。
それぞれの年の確定申告書を作成します。
21年分については、貴方の総所得額の5%と10万円のいずれか低い額を85,000円から引いた額が「医療費控除額」です。
逆算すると「貴方の総所得金額が200万円以上」なら、10万円以上の医療費額がないと控除対象額は発生しないということです。

Q薬にも「初診料」のようなものがあるのでしょうか?

素朴な疑問です。

先日ある眼科に初めて行きました。処方箋をもらって薬局に行き、
別の日にまた同じ眼科に行って、同じ薬局に行きました。
薬が2種類だったので、それぞれの料金を知りたくて、領収書をチェック
しましたが、どうも二度目のほうが割安です。
薬局で薬を買う際も、初めてと二度目以降では料金が違うのでしょうか?
また、もし二度目の時に別の薬局に買いに行った場合は、眼科は二度目でも
薬局が初回なので、料金が割高になるのでしょうか?

参考までに薬の合計金額を書いておきます。
1回目:Aが1本、Bが2本で1,000円の支払い
2回目:Aが2本、Bが3本で1,350円の支払い

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

割安?の内容がよく判りませんが、
処方箋にしたがって、お薬をもらうときには、

1.薬の価格
2.調合費(その都度かかります)
3.薬剤説明書代

が付加されています。

したがって、長い期間の分(一週間よりは一ヶ月)もらったときのほうが、割安感は有るかもしれませんね。

Q確定申告で医療費控除を行おうとしております。昨年秋に家人が大病にかかま

確定申告で医療費控除を行おうとしております。昨年秋に家人が大病にかかましたが、幸い手術もうまくいき、予後も順調に回復しており、年末に無事退院を致しました。さて確定申告で医療費控除を申請する際、医療保険からの給付金、さらには健康組合からの高額医療費還付をどうあつかったらよいかお教え頂きたく。両者が、昨年中にあれば、確定申告する際、医療費から差し引くべきであることは理解出来るのですが、それぞれ年があけて今年の一月(医療保険と高額医療費還付の第一陣)、多分二月に高額医療費の還付の本隊があるはずです。
この場合、昨年の医療費から、今年うけた諸給付を(多分三月にも高額医療費還付はあるはず)削除するのか、それとも税金とは昨年だけで完結すべきものであるため昨年の医療費に今年給付を受けたものは関係ないので、削除する必要がない(そのかわり諸給付は今年の雑収入として20万円をこえれば確定申告する)のいずれが正しいのでしょうか。
健康保険組合の高額医療費控除の最終部隊は3月末の予定なので、どちらにしろ確定申告に反映させることはできません。来年どうしたらよいのでしょうか。

確定申告で医療費控除を行おうとしております。昨年秋に家人が大病にかかましたが、幸い手術もうまくいき、予後も順調に回復しており、年末に無事退院を致しました。さて確定申告で医療費控除を申請する際、医療保険からの給付金、さらには健康組合からの高額医療費還付をどうあつかったらよいかお教え頂きたく。両者が、昨年中にあれば、確定申告する際、医療費から差し引くべきであることは理解出来るのですが、それぞれ年があけて今年の一月(医療保険と高額医療費還付の第一陣)、多分二月に高額医療費の還付...続きを読む

Aベストアンサー

>昨年の医療費から、今年うけた諸給付を(多分三月にも高額医療費還付はあるはず)削除するのか…

こちらです。

>最終部隊は3月末の予定なので、どちらにしろ確定申告に反映させることはできません…

補填される金額が申告時までに分からない場合は、皮算用で引き算し、確定した段階で皮算用と違ったら、確定申告の訂正をすることと定められています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120_qa.htm#q2

>それとも税金とは昨年だけで完結すべきものであるため昨年の医療費に…

そうではありません。
もちろん、大晦日で完結すべきなのは間違いありませんが、補填を受ける権利も大晦日までに確定しているわけで、ただその額が定まらないだけです。
確定申告が 1/1 からではなく 2/16からと定められているのはこのためです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q初診料とは初診時特定医療費のことでしょうか?

お世話になります。

幸い、日ごろ病院とは無縁な生活をしていたのですが、このたび病院に行って診てもらうことにしました。

聞くところによると、“大きな病院”に最初から診てもらうと「初診時特定医療費」という料金が別途発生するので、節約するためにも“小さな病院”に行ったほうが良いと聞きました。そこで、近所の小規模の病院に電話してみると、「初診料をいただきます」とのことでした。

そこで質問なのですが、
この「初診料」というのが「特定医療費」のことなのでしょうか?

また、特定医療費を取らない病院であるかどうか調べる良い方法はないでしょうか?(そのためだけに電話をかけるのもちょっと気が引けます……。また、ホームページ等で特定医療費のことに触れていない病院は、特定医療費を取らないと考えても良いのでしょうか?)

近所の病院は軒並み特定医療費だけで5000円前後もするので、病院に行くのにも躊躇してしまいます。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

200ベット以上の病院の場合は、初診時特定医療費というのが
かかります。
その金額は病院によってまちまちで、2000円~8000円程度
です。(保険外)
勿論普通の初診料もかかります。

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q初診料の定義って? 1週間後に再受診して初診料を取られますか?

医療事務に詳しい方教えてください。

1週間後に同じ症状で再受診したら初診料を取られていました。
初診料の定義が分からず、すっきりしません。誰か教えてください。

息子が風邪をひき、鼻水が出ていたので小児科を受診しました。
薬を5日分もらいました。
「医者から症状が改善されなければまた来てください」と言われました。
初診から一週間後、鼻水が止まらず、咳も出るようになったので再受診しました。
そこでは、前回と違う薬を処方してもらいました。

以上の状況で初診料を取られていたので、何かの間違いかと思い窓口に質問したところ
「薬が変わっているので初診料となります」と言われました。

前回受診してから1週間しかたっておらず、同じ鼻かぜ(咳は出るようになりましたが)の症状で、
薬が変わったのは前の薬の効きが悪かったから変えてもらったという
認識なので初診扱いは変だと思うのですが、
私の方が間違っているのでしょうか?
薬が5日分だから1週間後は初診になるのでしょうか?
そもそも初診か再診かは医療事務の方の認識で決まるものですか?
明確な定義のようなものがあるのでしょうか。。。

先生がすごくいいのでできれば今まで通り通院したいのですが、
失礼な事を言ってしまったのではと思い行きづらくなってしまいました。

医療事務に詳しい方教えてください。

1週間後に同じ症状で再受診したら初診料を取られていました。
初診料の定義が分からず、すっきりしません。誰か教えてください。

息子が風邪をひき、鼻水が出ていたので小児科を受診しました。
薬を5日分もらいました。
「医者から症状が改善されなければまた来てください」と言われました。
初診から一週間後、鼻水が止まらず、咳も出るようになったので再受診しました。
そこでは、前回と違う薬を処方してもらいました。

以上の状況で初診料を取られていたの...続きを読む

Aベストアンサー

お考えのように「薬が変わっているので初診」とのことは正しい判断ではありません
薬の種類で判断するものではなく、医師が前回までの疾病が一旦治癒したと判断するのが妥当と認めた後に受診した場合は初診となります
よって今回の場合は再診と扱うものです

参考URL:http://www5.hokkaido-np.co.jp/kurashi/20020616/nattoku.html

Q確定申告時の医療費控除について

こんにちは。

確定申告の医療費控除について教えてください。

確定申告をすると、医療費のなんのお金が戻ってくるのですか?いっぱい病院行くと戻ってくるのですか?

確定申告についてなにもわからないので、教えてください

Aベストアンサー

所得金額から税を計算する時に、「控除」があります。簡単に言えば医療費がかかったら其の分のなん%かをおまけしてくれます。領収書を全て取っておいて確定申告の際に提示すれば良いです。ざっくりですが年間に10万円くらいの医療費が対象になります。

Q今日、妊娠検査薬を購入したんですが、薬局の店の人が私の親に、妊娠検査薬を購入していた事をチクったら、

今日、妊娠検査薬を購入したんですが、薬局の店の人が私の親に、妊娠検査薬を購入していた事をチクったら、訴えてもいいんでしょうか。?

いくらお店の人でも個人が購入したものをいちいち、家族や知り合いに言うのはダメですよね?

Aベストアンサー

薬剤師であれば守秘義務がありますが、ごく普通の店員で質問者さまが家族の子供と知っているならば、老婆心ながら言うかも知れませんね。
訴えるもなにも、それで検査して妊娠していたら家族に言って頼るしかないんですよね?
妊娠が不安だったら、そういう脇の甘い交際の方を気にかけた方がいいと思います。

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q3ヶ月ぶりの通院で、初診の保険点数と同じでした。なぜなのでしょうか?

・あるクリニックで通院回数4回目ですが、前回の通院から3ヶ月以上経ってます。この4回目で診察なしで薬だけでお願いしました。
帰宅してから領収書を見ますと、「初・再診料」の欄の保険点数が273点で、初診の時と同じ点数でした。診察はしてもらっていませんし、最診察(4回目)で、なぜ初診と同じ点数なのかわかりません。
・また「投薬」欄は68点ですが、薬代は別の薬局で払って薬をもらっていますので、これは処方箋の発行料と解釈してもいいのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。
医療事務をしている者です。


保医発通知には、


・患者が任意に診療を中止し、1月以上経過した後、再び同一の保険医療機関において診療を受ける場合には、その診療が同一病名又は同一症状によるものであっても、その際の診療は初診として取り扱う。(後略)

・上記にかかわらず、慢性疾患等明らかに同一の疾病又は負傷であると推定される場合の診療は初診として取り扱わない。


とあります。


質問者さんの病名がわからないので、こちらでは判断ができませんが、病名によっては三ヶ月間があいたら初診料の算定は可能になります。


68点は、質問者さんのお考えの通りで、7種類未満の薬が処方される場合の処方せん料になります。


人気Q&Aランキング