・ヨーロッパ特許庁に特許を出してヨーロッパ特許庁管轄の国すべてに有効な特許を取ることができるのか?
・ヨーロッパ特許庁に特許を出すには管轄国の代理人が必要と言うことですが日本でヨーロッパ特許庁に申請する手段は?
・ヨーロッパ特許庁への申請手続きやヨーロッパ特許庁との事務的なやり取りだけを依頼し実質的な書類の作成主張反論は自分でやる場合の最低限の費用は?
(ヨーロッパ特許庁に払う費用は除く)

以上の3点について教えてください
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>ヨーロッパ(英語)は現地の代理人に名前だけ借りて郵送しようと思っています



 EPCについての知識をお持ちでない方が自力出願を行うのは無謀としか思えませんが、ご本人の決意が固そうですから、あれこれとは口出ししません。

 が、私は、名義だけ貸すという代理人はあいにくと存じませんので、ご自分で積極的に現地代理人にアプローチなさって下さい。業務上の信頼に関わることですので、そのような奇特な人物はまずもっていないと思いますが。

 ご期待に添える回答でなくて申し訳ありませんが。
 それでは。
    • good
    • 0

>pctやパリ条約は「唾を付けるだけ」なのである意味では余計な手間ですね



 ?
 日本の出願に基づく優先権を主張してヨーロッパの複数国に出願したい場合、PCTルートでは「ヨーロッパ特許」を指定し、さらにEPC加盟国中の複数国を指定しておきます。また、パリルートでは、EPC加盟国中の複数国を指定した上でヨーロッパ特許庁に出願します。

 つまり、EPCは、PCTルートやパリルートでヨーロッパに複数国出願したい場合に極めて有効なもので、PCTルートやパリルートと切り離して考えることはあまりありません。勿論、優先権が主張できる期間が超過しているのであれば、この限りではありませんが。

 EPCに基づいて出願した場合、ヨーロッパ特許庁にて一括で審査が行われ、「特許要件を満足する」と認められれば、出願時に予め指定しておいた国全てで効力を発揮します。これが、EPC出願の一番のメリットです。
 また、例えば、イタリアを指定しても、出願は英語、フランス語、ドイツ語のいずれかで行えばよく、イタリア語の翻訳文を提出する必要もありません。

 デメリットは、各国に個別に出願した場合、各国で独自に審査が行われるので、ある国では特許されなくても、審査能力があまりない国では比較的簡単に特許として成立することがありますが、一括審査が行われるEPCでは、そんなことはないということが1つ。また、異議申立てされて特許が取り消されると、全ての国で権利が消滅します。

 
 nubou さんが「弁理士と相談する前に、予備知識を習得しておきたい」と考えておられるのか、それとも「何が何でも自分で出願する」と考えておられるのかは分かりませんが、上記はEPCの基本中の基本です。失礼な言い方かもしれませんが、基本をご存じない方に自力出願は勧められるものではありません。 

この回答への補足

「弁理士と相談する前に、予備知識を習得しておきたい」と考えておられるのか、それとも「何が何でも自分で出願する」と考えておられるのか:

日本、アメリカ(英語)は自分で出願し
ヨーロッパ(英語)は現地の代理人に名前だけ借りて郵送しようと思っています
言語の問題もあり中国と韓国と台湾に対し打つ手がないので困っています

ヨーロッパの代理人に名前だけを借りるのに費用はどれくらいかかりますか?
名前だけ借りるのですが郵送物がこちらに直接送付されるようにできるのでしょうか?
勿論当局とのやり取りは代理人名でやらなければならないのでこちらから送付するために署名捺印ためだけに代理人経由で送付しないといけないのでしょうか?

よろしくお願いします

補足日時:2002/03/20 23:07
    • good
    • 0

 ご質問から推察して、ヨーロッパ特許条約(EPC)に基づいて出願することを前提として回答します。



(1)EPCに基づいて出願する場合、出願時に「特許の効力を持たせたい国」を指定する必要があります。「全ての国に有効な特許」を取得したければ、EPC加盟国を全て指定しなければなりません。

(2)日本の弁理士にお願いするか、現地代理人に直接アプローチするしかありません。

(3)現地代理人に問い合わせるのが一番確実だと思いますが、基本的に、日本での費用が「1件につき」であるのに対し、諸外国は「1時間当たりにつき」なのが普通です。

 個人的には、EPCを完全に理解しておられ、かつ現地代理人とのパイプをお持ちの方ならばともかく、そのようなバックボーンを一切お持ちでない一個人が弁理士を通さずに外国出願することは、勧められません。

この回答への補足

(3)の「EPC加盟国を全て指定しなければなりません」についてお聞きします

EPC加盟国を全て指定してヨーロッパ特許庁で特許を取得したら管轄国すべてに対して効力のある特許が取得できるのでしょうか?
pctやパリ条約は「唾を付けるだけ」なのである意味では余計な手間ですね
そのような位置づけではなく本番の出願扱いなのですか?

よろしくお願いします

補足日時:2002/03/19 23:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特許公報(がヨーロッパ特許庁)

特許認定されたあとで
特許公報がヨーロッパ特許庁から
でるとき、
 どんな形で(印刷物の様子)
どんなところに配布されるのでしょうか?
ご存知でしたら教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考情報です。
欧州特許庁の検索サイトで色々と調べられます。日本語のページを紹介します。
http://ep.espacenet.com/?locale=jp_EP

ところで、貴方が特許権者なら、登録証書が送られてきます。

参考URL:http://ep.espacenet.com/?locale=jp_EP

Q特許庁で特許申請(自分で考案したもの)

まず、おはずかしながら・・・特許申請と実用新案とあまり違いが分かっていません。

教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?
それとも、設計図のようなものを申請書と一緒に申請するのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、手順などを教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?

試作品は要りませんが、当業者が発明の構成を理解できる程度に詳しく説明した書類を特許庁に提出することが必須です。
また、それで足りない場合には図面を添付します。

その辺の基本的なことは、特許庁のHPにも解説があるでしょうし、発明協会及び弁理士会の無料相談も有効です。
是非下記URLをご覧ください。

http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/index.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/tokkyo1.htm
http://www.jiii.or.jp/
http://www.jpaa.or.jp/?05291100

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1278615

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作っ...続きを読む

Q個人の特許出願費用を最低限に抑えるには

個人が特許出願をADSL 経由で行なう際に、電子証明を取得する費用を見て驚きました。
住民基本台帳 + ICカードリーダー が一番費用をかけずにできる方法でしょうか。
また、その場合、市販の ICカードリーダーならどれでもかまわないのでしょうか。

発明協会支部でのISDN 出願も考えていますが、遠方なため有力な選択肢にはなりにくいのです。

Aベストアンサー

1)私自身は商工会議所の電子証明(タイプ1-E)を利用しています。2年で1万五千円弱です。
2)国内特許申請だけなら、住基カード利用(3年で500円+500円)が一番安いでしょうね。
3)でも、国際特許(協力条約に基づくPCT)出願が住基カードでは、まだ認められていません。
4)現状、生産設備(工場)が日本国内からほとんど消えつつある現状では、PCT出願は欠かせ無いと思います。

(特許法は各国の国内法によっているので、某諸国では、その国の弁護士や弁理士の講演では、日本特許をネットで見て、WHTに加盟しているはずのその国内に出願し、しかもその国の特許になってしまう事例が少なくないと言ってましたね。・・・エエッツ、なんてこったい!)

5)出願に慣れておられないようでしたら、発明協会の部屋にあるISDN回線利用のパソコン出願のほうが、アドバイスも受けられて便利ではないでしょうか。ただし、使用料金の替わりにコピー代を取られます。

Q“特許庁に係属(特許)”と“審査・審判又は再審に係属”の違い

“特許庁に係属(特許法)”と“審査・審判又は再審に係属(意匠法10条の2など)”は、一体何が違うんでしょうか?
特許庁に係属とは、特許でいうならば審査請求を行った後から、査定謄本送達までを言うのでしょうか?

両者の時期的な違いがいまいち分かりません。
ご存知の方、ご回答お願いします!

Aベストアンサー

特許法第17条において、「特許庁に係属」という用語が用いられているのは、出願審査請求制度が導入されたことと関係があります。特許出願後、出願審査請求前は、特許庁には係属していますが、実体審査には係属していません。しかし、審査請求前でも、補正を認める必要はあります。

特許庁に係属とは、出願手続完了後、査定又は審決がされるまでをいうのかと思います。例えば、拒絶審決がされるまで特許庁に係属しています。しかし、その拒絶審決に対して審決取消訴訟が提起され、訴訟に係属中は、特許庁に係属していません。拒絶審決が判決により取り消され、再び、特許庁に係属することになります。

Q個人で特許申請した場合の費用。どれくらいかかるか。

個人で特許申請した場合の費用は維持も含めてどくらいかかるものでしょうか?

かなり良いアイデアでもない限り申請するのはおしいくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

個人申請は国内なら数万円
外国は弁理士から外国の弁理士に依頼するので
金がかかる。
 アメリカ、イギリス、ドイツ、フィンランド
で取得して、申請から取得までは7年間、費用は約900万円
 維持費用は、
1国あたり、1年ごとに約5万円。
とにかく、金がかかります。

特許貧乏 にご注意を!!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報