最近保険会社さんでは、タバコを吸わない人と吸う人で保険を分けてたりすると思いますが、その検査について知りたいです。
唾液で検査(スポンジに唾液を吸わせてコチニンの量を測定)するものの商品名・メーカー名等を教えてください。
検査センター等へ分析を依頼するのでしょうか?
試験紙のようになっているものがよいのですが・・・
(尿でのものは存じております)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以前、唾液をスポンジに吸わせてその唾液からニコチンの代謝物であるコチニンを測定する試薬がありました。


うちの検査所でもやっていましたが、検体数が少ないため受付を中止にしました。
実際は、検体を送ってもらいELISA法という検査で測定するのです。
ちなみにキットはコスミックコーポレーションで販売しています。
http://www.cosmic-jap.com/HP/research/research.h …
ですので尿のものをご存じならばそちらの方がより簡便だと思います。(参考URL)

参考URL:http://www.ikagaku.co.jp/nico/nico1.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ半減期なのですか?

以前、核分裂とかの話の中で、半減期なるものを勉強した記憶があります。(過去のことなので、あまり記憶にありませんが・・・)
最近、薬理統計の話があって、そこにも半減期が出てきます。
そこで、疑問なのですが、なぜ半減期を使用するのでしょうか。
なぜ、「半減、半分」にこだわるのでしょう?
なぜ、半減期がそれほどまでに重要な値として用いられるのかなど、半減期に関する情報をいただければと思っております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に、一定時間にこわれる確率が決まっているもの(原子核,分子等)の多数の集まりを考えると、その総量 Q が減る速さ(時間変化率)は、各時刻 t における総量 Q(t) に比例します。
このことを式で書けば、

dQ(t)/dt = -ν*Q(t) 、(νは定数)

で、これを数学的に処理すると、Q(t)の形が以下のように決まります。

Q(t) = Q(0)*e^(-νt), …(1)

あるいは、τ=1/ν として、
Q(t) = Q(0)*e^(-t/τ). …(2)

この ν または τ の何れかを指定すれば、この物質のこわれ易さ(難さ)を示すことができます(τ は時定数と呼ばれます)。

ただし、ν や τ が何の値であるかを言葉で表現しにくいため、さらに次式のように変形して考えることがあります。

Q(t) = Q(0)*(1/r)^(t/T) …(3)

ただし、T=τ*ln(r) です。
この T は、Q が、(1/r)倍になるのに要する時間という意味であることが直ぐ分かります。一番よく使われるのが、r=2 のときの T=ln(2)τ=0.693147τ を、(壊れ難さの)パラメータとする方法で、このときの T を半減期と呼んでいます。

このように、半減期はこわれ難さを表わす一つのパラメータに過ぎません。半減期を測定する場合も、実際に半分に減るまでの時間を測るわけではなく、適当な時間だけ Q の変化を追いかけて、その実験曲線を、上の(1)や(2)の式にフィットさせて、ν や τ を決めた上で、半減期に変換するということが行なわれます。

一般に、一定時間にこわれる確率が決まっているもの(原子核,分子等)の多数の集まりを考えると、その総量 Q が減る速さ(時間変化率)は、各時刻 t における総量 Q(t) に比例します。
このことを式で書けば、

dQ(t)/dt = -ν*Q(t) 、(νは定数)

で、これを数学的に処理すると、Q(t)の形が以下のように決まります。

Q(t) = Q(0)*e^(-νt), …(1)

あるいは、τ=1/ν として、
Q(t) = Q(0)*e^(-t/τ). …(2)

この ν または τ の何れかを指定すれば、この物質のこわれ易さ(難さ)を示すことができます(τ ...続きを読む

Q高校2年生の息子が尿蛋白が+3で、検尿検査に引っ掛かり、病院で、再検査する事になり、 朝採取した尿を

高校2年生の息子が尿蛋白が+3で、検尿検査に引っ掛かり、病院で、再検査する事になり、
朝採取した尿を再検査をした所、やはり+3
しかし、日中の尿を検査した所、異常はみられませんでした。
これは、どうしてなんでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

高校2年生の息子さんですよね?
ひょっとしたらこういう事もあります。

自慰行為での射精直後ですと、精子が混入して尿蛋白異常になることがあります。
健診前までに1-2度排尿されれば、男性の場合は全く問題ありません。
ただし、過度な運動に等そういった疲れで、尿蛋白異常が出ることがあります。

参考までに

Q生物学的半減期…本当に綺麗な指数関数になるの?

物理的半減期は、
原子核の崩壊が確率によって決まるため
指数関数的に変化するので、
半減期が定義できることは理解しています。

生物学的半減期とは、放射性物質に限らず
毒物のようなものにも定義できるようですが
外部からの物質(重金属イオン摂取時のキレート剤など)投与によって
早めることができるとネットに書いてありました。
ということは故意に何もしなかったとしても
きれいに指数関数を描くようなことはないのではないでしょうか?
きれいに描かないのなら、半減期ではないと思います。
当初の1/2になる時間と、そこから1/4になる時間が一致する時のみ
半減期と名乗れると思うのですが…。

Aベストアンサー

ある物質が、別の物質に変わるまたは排出されることで
体内から消失していくわけですが、
完全に指数関数的に減少するものは一つとしてありません。
ただ、指数関数的減少とみなせる濃度範囲が存在する物質は多いですが。
もちろん、半減期が存在しないもの、二つ以上存在するものなどあります。

生物学的半減期が重要になるのは、濃度が毒性や薬効と相関してるためであり
治療やその計画作成に有用なファクターだからです。
・解毒なら、一定の濃度以下にすばやく下げるため
・薬効なら、一定の濃度範囲を維持するための投与量や間隔の設定のため
・必要以上の治療行為をさけ、患者に対する負担を軽減するため

>「当初の1/2になる時間と、そこから1/4になる時間が一致する時のみ」
別に放射能の半減期と同じ意味を持たせる必要なんてなく、
治療などに必要な範囲で、「半分になる時間」であることに意味があるわけで、
生物・医学分野の人で、生物学的半減期がどういうものか理解していない人はいませんので、
そのまま用いても問題はありません。

Q尿検査でまた「要精密検査」 去年精密検査で異常なしでもまた精密検査を受けるべき?

去年3月の健康診断で尿検査が「要精密検査」との診断が出ました。
尿蛋白、尿潜血、尿糖、尿酸、クレアチニン、尿沈査の赤血球は異常ありませんが、
・白血球(通常4以下のところ10~19)
・扁平上皮(通常10以下のところ10~19)
・円柱(通常-のところ+)
・細菌(通常-のところ+)
尿沈査中の以上の4項目が異常だそうです。
慢性腎炎などの疑いがあるという事で病院に精密検査を数回に渡り受けに行って、
計4回の尿検査で3回異常な数値が出ました。
しかし膀胱などのエコー検査、造影剤を使った腎臓~膀胱~尿管の時系列レントゲン検査をしても
異常が見つからず出た診断は「尿が汚れやすい『濃尿』体質なんでしょう。様子を見ましょう」でした。

そして先月末受けた健康診断で、去年と同じく尿検査で「要精密検査」の診断が出ました。
今年は扁平上皮がかろうじて正常範囲になりましたが、他は同じで、特に白血球がかなり高いままです。
また同じ検査をして同じ診断が出るなら、有給を使って高い検査費用を払うのが正直もったいないと感じます。
そこで、お聞きしたい事は次の4つです。
1) 何の自覚症状もなく去年とほぼ同じ検査結果ですが、また精密検査を受けるべきなのでしょうか?
2) もっと他の病気を疑って他の検査を受けるべきなのでしょうか?
3) 「濃尿」体質だという事で片付けて良いのでしょうか?
4) 「濃尿」だと何か問題があるのですか?
30歳女性です。詳しい方いらっしゃいましたら、お願いします。

【補足】
排尿の回数は子供の頃からずっと、少なめです(1日3回~4回)。(排尿回数が少ない=膀胱炎ではない?)
水分を取りすぎるとすぐに下痢をする為、なるべく水分を取るようにしても尿はほとんど増えません。
尿の異常の他、肝機能の低下を指摘されています。GPTという数値だけ高い「脂肪肝」だそうです。
3~4年前に半年以上に渡り抗生物質を服用していました(巻き爪で化膿)。肝臓・腎臓に負担がかかったかも・・・。
比較的、頭痛薬などを気軽に飲んでいましたが今年3月に肝機能低下を指摘されてからは飲まないようにしています。
出始めの尿は尿検査にひっかかりやすいそうなので、毎回中間尿を採って検査に出しています。

去年3月の健康診断で尿検査が「要精密検査」との診断が出ました。
尿蛋白、尿潜血、尿糖、尿酸、クレアチニン、尿沈査の赤血球は異常ありませんが、
・白血球(通常4以下のところ10~19)
・扁平上皮(通常10以下のところ10~19)
・円柱(通常-のところ+)
・細菌(通常-のところ+)
尿沈査中の以上の4項目が異常だそうです。
慢性腎炎などの疑いがあるという事で病院に精密検査を数回に渡り受けに行って、
計4回の尿検査で3回異常な数値が出ました。
しかし膀胱などのエコー検査、造影剤を使った腎...続きを読む

Aベストアンサー

1) 何の自覚症状もなく去年とほぼ同じ検査結果ですが、また精密検査を受けるべきなのでしょうか?
2) もっと他の病気を疑って他の検査を受けるべきなのでしょうか?

「有給を使って高い検査費用を払うのが正直もったいない」と思われるのであれば、受診しなくてもいいかもしれません。自己責任の時代ですから。ですが、simakawaさんも書いているように、後々に後悔する事が無いようにだけしてもらえたらと思います。

3) 「濃尿」体質だという事で片付けて良いのでしょうか?
4) 「濃尿」だと何か問題があるのですか?

まず、「膿尿」です。「膿(うみ)」混じりの「尿」です。最近も少量ながら出ているということは、何かしらの炎症がくすぶっているのでしょう。慢性的な炎症は悪性腫瘍の発生母地になりやすいということは定説ですから、癌年齢になったころには気を付けて置かれたほうがいいと思います。

Q薬の半減期について教えてください。

以前、医師が薬の半減期は例えば、デパス05mgなら7時間で

1mgなら14時間と仰っていたのですが、半減期は飲めば飲むほど、半減期が加算されてくのでしょう

か?

それか飲めば飲むほど、倍になっていくんでしょうか?

教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

僕は心の病の経験者(何故か現患者に逆戻りしました)です。精神科を中心とした医療全般を勉強しています。僕も以前、デパス1mg錠を服用していました。お訊ねの半減期ですが、これは血中の主成分(デパスは何でしたっけ?)の濃度が半分になる時間を指します。一応の目安が在りますが、個人によって違って来ます。又、同じ人でも、その日の体質等によって違って来ます。一度主治医に聴いて下さい。尚、半減期よりも、薬が効いたかどうかを記録し、報告して下さい。その後の処方が違って来ます。

Q子供の尿路感染症での検査〈尿逆流)

1.5歳の娘が尿路感染症になり、腎シンチは受けその検査結果は良かったのですが、血液検査の炎症反応が11.9あった為、尿の逆流があるかどうか造影するためのカテーテルの検査をすすめられました。
私個人としては再発しなければ経過をみていけないのかと思います。やはり医師に従うべきですか。
尿路感染症に今後ならなくても尿の逆流はありえるのでしょうか。なら受けて調べなくてはいけませんよね。
もうすぐ検査予約の日が来るので早く回答頂きたいです。
後、現在、市民病院の小児科を受診しているのですが、もっと大きな子供専門の病院のが検査をするなら、良いのでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。3歳の男の子の母です。以前によく似た内容の質問に答えたことがありますので一度見てください。
私としては、一度検査されるのも良いかと思います。炎症反応が11.9というのは結構高めではないかと思いますし。(うちの子は9ヶ月のときに11.3で入院しました。)小さいうちのほうが、楽といえば楽ですよ。かわいそうだけど。うちも4月に造影検査してきましたが、もう分かってるだけに泣いて泣いて暴れて大変だったようです。市民病院の小児科を受診されてるとのことですが、検査は多分泌尿器科のほうにまわされますので、私としてはやはり、子供病院に紹介状を書いてもらうことをお勧めします。すべてにおいて子供用になってるし、、。実際うちは、市民病院でみつからなかった逆流が子供病院で発見されました。
参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=427326

Q半減期法とは?

熱力学の反応速度論という講義についての質問です。

レポートで「~を半減期法により求めろ」という問題がありました。半減期法とは何なのでしょう?

講義では「初濃度Cの物質の濃度が半分になるまでの時間を半減期τという」ということと、τの導き方ぐらいしか述べていません。1次反応の場合、

τ=(ln2)/k  (Kは速度定数)

となることは1次反応の速度式を変形すれば導くことができます。でも半減期法が何なのかわかりません。教科書にも載ってません。ネットで検索しても出てきません。一体、半減期法とはどのような解法のことをいうのでしょうか?

Aベストアンサー

私も「半減期法」という言葉は知らなかったのですが、どうやらこれは半減期の式を用いて反応速度定数kや反応次数nを求める方法のようです。

1次反応ならばτを
   τ=(ln2)/k
に代入してkを求めます。

n次反応ならば
   τ={2^(n-1)-1}/{(n-1)ka^(n-1)}
であるので両辺の対数をとって式変形すると
   lnτ=-(n-1)lna+ln[{2^(n-1)-1}/(n-1)k]
となります。これよりτとaを両対数プロットすることにより
傾きからnを求め、次いでそのnと切片の値を用いてkを求めることができます。

QMRI検査(整形外科で腰痛の検査)の質は、設備や検査技師の技量等で差は発生しますか?

初診においてMRI検査結果の持ち込みが条件となっている大病院に掛かるため、一度他院でMRI検査だけをすることになったので、
MRIの質が高い病院があればそこへ行こうと思うのですが、質問タイトルのようなことはあるのでしょうか?
それともどこでやっても同じものですか?

Aベストアンサー

MRIの画質は機械・撮像方法によって大きく変わります。

まずは、機械です。
MRIは一世代前のものを中古で入れている場合から、最新式のものまで、導入費用は1億円から20億円程度まで、大きな開きがあります。
画質も当然大きく差が出ます。
一昔前のアナログテレビ画質と、ハイビジョン、4Kテレビのような感じで、そのぐらい違います。

次は撮像方法です。
同じ腰椎撮影でも、2種類の撮影方法で、しかも簡単な撮影方法だけで済ます施設もありますし、10種類くらいの撮影方法でしかも丁寧にとる施設もあります。
丁寧な方がよさそうではありますが、当然時間はかかります。
簡単撮影の施設では10分程度で検査が終わるかも知れませんが、丁寧撮影施設では1時間近くかかるかも知れません。
狭くてうるさいMRI装置の中に1時間近く入っているのは閉所恐怖症の人にはけっこうつらいかも知れません。

さらに技師さんの腕でも変わってきます。
多くの施設では、最初は全体を簡単に撮影して、病変があればそこを細かく撮るようになっていますが、技師さんのMRI読影能力、その病変が最もわかりやすく撮影できる撮像法の知識などで、得られる情報量は大きく変わってきます。

このような差は、残念ながら外から知ることは大変困難です。
HPには書いてありませんし、噂が外部に漏れてくることも滅多にありません。
また、丁寧高画質撮影でも、簡単低画質撮影でも料金は変わりませんので、料金から推測することもできません。
ただ、丁寧高画質撮影をやっている施設はMRIの予約待ち時間が結構長い施設が多いようです。
一ヶ月待ちなんて話も珍しくありません。
逆に簡単低画質撮影の施設は、すぐとってくれることが多いようです。
来院したその日にとってくれる施設もよくあります。
ただ、丁寧高画質撮影を即日やってくれる施設もあり、これだけで判断することはできません。

受診する大病院が決まっているのなら、MRI撮影お勧め病院を聞いてみてもいいかもしれません。

ただ、腰椎単純スクリーニングのMRI撮影は、比較的上記のような差が少ないところなので、あまり神経質になる必要も無いかもしれません。

MRIの画質は機械・撮像方法によって大きく変わります。

まずは、機械です。
MRIは一世代前のものを中古で入れている場合から、最新式のものまで、導入費用は1億円から20億円程度まで、大きな開きがあります。
画質も当然大きく差が出ます。
一昔前のアナログテレビ画質と、ハイビジョン、4Kテレビのような感じで、そのぐらい違います。

次は撮像方法です。
同じ腰椎撮影でも、2種類の撮影方法で、しかも簡単な撮影方法だけで済ます施設もありますし、10種類くらいの撮影方法でしかも丁寧にとる施設もあります。...続きを読む

Q時定数と半減期の関係について。

「時定数」と「半減期」について、それと、時定数と半減期の関係について教えてください。

Aベストアンサー

「時定数」は,本来は変化の特徴的タイムスケールを表す値というべきでしょうが,自然界では指数関数的な変化をする現象が非常に多いので,その場合には,定常状態の値(極限値)との差が初めの1/e倍(≒0.37倍)になるまでの時間で普通は定義されます.

@減衰(や崩壊)の場合には,元の値の1/e倍(≒0.37倍)になるまでの時間
@コンデンサーの充電などの場合には,満充電の電圧(極限値)との差が初めの差の1/eになるまで,つまり電圧が初め0だと,1-1/eつまり約63%になるまでの時間(充電の電流で見るとやはり最初の値の1/e倍になっています).
@"RC回路"では積RCの値が時定数になっています.

「半減期」は放射性同位元素が崩壊して元の量の1/2倍になるまでの時間で,
半減期をt0,時定数をτとすると,2=e^ln2 [自然対数 ln2=log_{e}2]より

Y(t)=Y(0)・(1/2)^(t/t0)=Y(0)・2^(-t/t0)=Y(0)・e^{(-t/t0)ln2}
Y(t)=Y(0)・e^(-t/τ)
を比べれば分かるように,半減期t0=τln2≒τ×0.693 です.

http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/ttl/KT/urano/hyper_j/4G_J.HTM
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/ttl/KT/urano/hyper_j/7C_J.HTM

参考URL:http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/ttl/KT/urano/hyper_j/7C_J.HTM,http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/ttl/KT/urano/hyper_j/4G_J.HT

「時定数」は,本来は変化の特徴的タイムスケールを表す値というべきでしょうが,自然界では指数関数的な変化をする現象が非常に多いので,その場合には,定常状態の値(極限値)との差が初めの1/e倍(≒0.37倍)になるまでの時間で普通は定義されます.

@減衰(や崩壊)の場合には,元の値の1/e倍(≒0.37倍)になるまでの時間
@コンデンサーの充電などの場合には,満充電の電圧(極限値)との差が初めの差の1/eになるまで,つまり電圧が初め0だと,1-1/eつまり約63%になるまでの時間(充電の電流で見ると...続きを読む

Q尿検査の検査項目の意味

この前、尿検査をして検査結果が出たのですが略語の検査項目が沢山あり全部の意味を調べたいです。

なにか用語集などのわかるサイトがあったら教えてください。

Aベストアンサー

http://www.tmd.ac.jp/med/mlah/For_Patient/Reference/reference_interval.pdf
あたりでどうでしょう?基準値も書いてあるので、省略記号は少ないですが、単位他から理解ができると思います。
最初は血液ですが、次ページ以降に尿検査もありました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報