最新閲覧日:

船の空調機に冷媒(フロンR-22)を補充しようと思います。
冷媒はボンベに入っています。
その際、ボンベは立てたままでよいのか、ひっくり返した方がよいのか分かりません。
以前、ガスで補充するときは立てたままで、液体で補充するときはひっくり返すというのを聞いたことがありますが、判断方法がわかりません。
御存知の方教えてください。

A 回答 (1件)

一般に、液化ガスの場合、ボンベは立てたままで使用するのが原則です。

冷凍機に冷媒を入れる場合、この原則が当てはまるかは判りません。判断基準として、冷凍機の高圧側に入れるのか、低圧側に入れるのかを考えればよいと思います。低圧側、即ち、コンプレッサーのサクション(吸入)側に導入するのであれば、ガス状で良く、ボンベは立てたままで良いでしょう。一方、高圧側、即ち、コンプレッサーの吐出側であれば、内容物は液状ですから、冷媒補給も液状が好ましく思われます。但し、最初に書いた原則と、わざわざ高圧の場所に入れる効率の悪さを考えると、通常は、低圧側に導入口があると思います。常識的には、コンプレッサーのサクションに導入口があり、そこにガス状で冷媒を導入することになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
まだ、分からないところがありますので、自分なりに勉強してみます。

お礼日時:2002/03/24 13:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ