先月の18日に近所で保護した生後2ヵ月位のメスの仔猫なんですが、病院で検査をしてもらった結果「猫ウイルス性鼻気管炎」と診断されました。もう入院して一ヶ月経つのですがまだクシャミと鼻水が完治しないらしく「慢性鼻炎かもしれない。もしそうなら一生治らないかも」と獣医さんに言われてしまいました。すでに治療費は3万円を超えています(ノラ猫という事で獣医さんのご好意で入院代は無料にしてもらってます)

そこでお聞きしたいのですが、この仔猫の里親になってもらう家には3才のオスの先住猫がいます。その先住猫は先日初めてのワクチンを打ち、今週の23日に二度目のワクチンを打つそうです。このお宅は部屋の仕切りがない為、仔猫と先住猫を隔離する事は無理なのですが、もし慢性鼻炎だとして完治しない(又は治療中)の仔猫をこのお宅に預けるとしたら慢性鼻炎が先住猫にうつってしまう為不可能なのでしょうか?里親さんも早く仔猫を欲しいと言ってくれてるのですが先住猫にうつるのが心配で・・・。

このままだと新しい飼い主を見つけるか、又は見つからない場合ずっと入院させっぱなしになってしまいます。うちではどうしても預かる事ができないので・・・。
どうかアドバイスを宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。

「猫ウイルス性鼻気管炎」の鼻水、くしゃみは想像を絶するほど相当なものですが、その状態がまだ続いているのですか?
その場合、飼われること自体少し困難に思います。
猫は通常鼻が利かない状態での飲食はとても困難です。。
「猫ウイルス性鼻気管炎」に掛かると鼻が利かないため著しく体力が低下するので、抵抗力がない子猫や老猫は回復を待つことなく亡くなる場合多いと聞いています。ウイルス感染とは行かないまでも抵抗力のない猫ちゃんは病気に掛かりやすいと思います。
けれど、もし慢性鼻炎なら移ることはないでしょう。
「猫ウイルス性鼻気管炎」の後遺症ということですものね?
私の猫も後遺症がありますが(鼻があまり利かない、涙腺が狭い)、
他の猫ちゃんと一緒にいても平気ですし、知人は後遺症の残った猫と健康な猫を一緒に飼っていますが問題は起きていません。
ただ、3歳の猫ちゃんといっしょにすることはお勧めできません。
初めてのワクチンと言うこともあり、念のためということもありますが、
大人である3歳の猫ちゃんにとって新たにやってきた子猫の存在は、
とても大きなストレスが掛かることになるからです。
里親さんがつがいに…と考えておられるなら仕方がありませんが、できるなら止めた方が良いです。
また、拾った子猫を飼う場合、白血病やエイズの心配も考えなくてはならないと思います。多頭飼いをしようというなら余計だと思います。
双方の猫ちゃんが健康に元気で暮らしていけるよう、
出来れば病院の方に協力をしてもらい里親を探す、
若しくは検査をきちんとした上で、ワクチンを受け、それから一緒に飼われるのはどうでしょうか?
白血病のワクチンには中止してくださいね。副作用が出る場合がありますから…。
いずれにせよ、今お世話になっている先生に相談されてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

puppupuusanさん ご回答どうもありがとうございます。

仔猫は獣医さんによると食欲もあるし、クシャミも鼻水もたまにだそうです。ただ慢性鼻炎かもしれないので先住猫に会わせるには不安があると・・・。その状態が一ヶ月近く続いています。仔猫は最初に保護した時に全ての検査はしてもらい、鼻炎以外は健康であると言われました。もちろんワクチンも打って下さいとお願いしましたが、もう少し元気になってからじゃないと打てないと言われたので、元気になったらワクチンを打つつもりです。

多頭飼いをしようとは全然思ってなく、たまたま知り合いの方が先住猫が一匹ではさみしいのでもう一匹ちょうど欲しいと思っていたという事です。でも先住猫がさみしいとは思わず逆にストレスになる事もあるのだと知り、もう少し考えてみようと思っているところです。

アドバイス頂き本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/25 09:36

こんにちは。



お困りですね。
まず、引き取ってもらう予定の里親さんには事情を話してお断りしましょう。
別の部屋に隔離しても同じ住居にいる場合、移る可能性が高くなりますし、網戸越しにくしゃみしただけで移るって獣医さんに言われました。
それに、行けないところがあるというのは結構ストレスがたまるようです。
気の毒ですが、猫のためになりません。

今入院している病院で里親募集の張り紙とかさせてもらえないですか??
あとは、里親募集のWebや地方版の情報誌等で探されることをお勧めします。

月並みなアドバイスですが、参考になれば。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

noopeeさん ご回答どうもありがとうございました。

里親さんには毎日状況を報告して、仔猫が完全に元気になるまで引き取りを待ってもらっている状況です。もしかして慢性鼻炎でなくただの風邪で治る見込みがあるかもしれないので・・・。

noopeeさんのアドバイスも考慮して、仔猫の為にどうすれば一番良いのかもう少し考えてみます。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/25 09:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大人のアレルギー性鼻炎について

私は幼少の頃、アレルギー性鼻炎と診断されて、現在は26歳の女性です。
大学生までは埃っぽいところや、友人の家などに招待されたり、旅館などに宿泊すると猛烈なアレルギー反応で鼻水とくしゃみにやられていました。
が、大人になってくるに連れて症状が良くなってきて、風邪のひきはじめはいつも鼻からだったのが喉からになり、体質が変わりました。

ここで質問です。
1、アレルギー性鼻炎は治す薬がないと聞いたことがありますが、大人になり抵抗力つき、症状が全くでなくなった現在も私はアレルギー性鼻炎なのでしょうか?

2、大人のアレルギー性鼻炎の方々はどんな薬を処方されていますか?前回風邪を引いて、かかりつけを受診した時はネオマレルミンという薬を処方されましたが、これは風邪用ですか?またはアレルギー性鼻炎用ですか?

3、最近、処方箋がなくてもアレグラというアレルギー性鼻炎の薬が購入できるようになったようですが、ネオマレルミンと何が違うのでしょうか?

アレルギー性鼻炎の方や薬に詳しい方のご回答お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アレルギー鼻炎持ちです。

1、アレルギー性鼻炎は治す薬がないと聞いたことがありますが、大人になり抵抗力つき、症状が全くでなくなった現在も私はアレルギー性鼻炎なのでしょうか?

アレルギー性鼻炎とは、体のアレルギー反応が敏感に出る体質で、それが鼻炎となって現れる症状です。子供の頃は、成長のためアレルギー反応が激しく現れ、大人になると収まりますが、直ったわけではありません。老化に伴い、現れることや体調不良の際に現れることもあります。

2、大人のアレルギー性鼻炎の方々はどんな薬を処方されていますか?前回風邪を引いて、かかりつけを受診した時はネオマレルミンという薬を処方されましたが、これは風邪用ですか?またはアレルギー性鼻炎用ですか?

この薬の主成分は、アレルギー反応を抑える抗ヒスタミン薬ですので、アレルギー性鼻炎などを抑える薬です。ただ、そもそも「風邪」に効く薬(風邪そのものを治す薬)というものはなく、医師に相談しても、諸症状の緩和薬をだしてくれるだけです。たとえばのどが痛ければその症状を和らげる薬を出す、などです。

質問者様のかかりつけ医なら、アレルギーのことは知っているでしょうから、あらかじめヒスタミンを処方したのでしょう。

鼻炎の症状の緩和というより、アレルギー対策の薬ですが、症状の緩和という点からは同じことです。

3、最近、処方箋がなくてもアレグラというアレルギー性鼻炎の薬が購入できるようになったようですが、ネオマレルミンと何が違うのでしょうか?

薬剤師ではないので、説明は難しいですが、アレグラは抗ヒスタミン薬の中では眠気などの注意がない薬剤、といのが一番の特徴のようです。しかし、薬というのは副作用も含めて様々な効果や禁忌がありますので、医師の診断をしないで、軽々にこれがいい、あれがいい、とはいえません。

他の薬を服用している場合は、使えないこともありますし、妊娠中には使えないとか、さまざまな問題があります。

強いていうなら、アレグラは最初の頃に作られた抗ヒスタミン薬の副作用がなるべくでないようにしたものである、ということです。ただし、別の副作用はありますので、薬剤師などと相談して使用することをお勧めします。

アレルギー鼻炎持ちです。

1、アレルギー性鼻炎は治す薬がないと聞いたことがありますが、大人になり抵抗力つき、症状が全くでなくなった現在も私はアレルギー性鼻炎なのでしょうか?

アレルギー性鼻炎とは、体のアレルギー反応が敏感に出る体質で、それが鼻炎となって現れる症状です。子供の頃は、成長のためアレルギー反応が激しく現れ、大人になると収まりますが、直ったわけではありません。老化に伴い、現れることや体調不良の際に現れることもあります。

2、大人のアレルギー性鼻炎の方々はどんな...続きを読む

Qもらってくる仔猫と先住猫との出会い

こんにちは。
近々、里親募集等からの仔猫をもらってきたいと思って
いますが、家には現在2匹の先住猫がいます。
♂と♀が1匹ずつ(どちらも3歳で拾った猫)です。
もらってきた仔猫は、最初はゲージなどに囲って直接ひき合わせ
ない方がよいとか、しばらくは会わせないで隔離した方がいいとか、
言いますが、実際の例などで参考になることがありますでしょうか?
考えすぎといえばそれまででしょうが…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

里親募集で子猫ということですが、相手の方から
ウイルス検査の有無と必ず証明書をもらったほうがいいです。

私は里親からではないですが、先住の猫がおり、
仕事帰りに1匹子猫を拾いました。ウイルスの可能性もあるので、ゲージに子猫を入れて暫く隔離。
先住猫のストレスもあるので、2~3日は部屋も引き離して会うことさえも駄目にしました。
病院にいってワクチンと、ウイルス検査を済ませ陰性と知って、やっと「この子と暮らせるんだ」と嬉しく家族として迎えました。

先住猫ちゃんの性格にもよりますが、いきなり最初から鉢合わせはやめておいたほうがいいと思います。

Q蓄膿 アレルギー性鼻炎

私は、蓄膿とアレルギー性鼻炎で、ずっと頭痛がするのですが、アレルギー性鼻炎が治れば頭痛も治りますか?アレルギー性鼻炎が治って頭痛がなくなった人がいれば教えてください。あと、蓄膿の手術も考えてます。

Aベストアンサー

医師です。

程度にもよりますが、アレルギー性鼻炎をきっかけに蓄膿症に発展し、現在頭痛があるのであれば、アレルギー性鼻炎や蓄膿症の治療が頭痛の改善につながる可能性は十分にありえます。
ただし言うまでもありませんが、頭痛の原因が全く別にも存在していればこれだけでは頭痛は治らないと言うことになります。
その判断には頭痛の詳しい状況を知る必要がありますし、場合によってはCTやMRIなどの画像検査や血液検査などが必要になってくることもあります。

また、単に蓄膿症といっても様々な原因や程度がありますから、まずは耳鼻科を受診されることをおすすめします。

この先は私個人の見解ですが、蓄膿症もようするにばい菌の巣みたいなものですから、手術するかどうかはともかくとして一度ぐらいは現状を確認しておくといいと思いますよ。

お大事に。

Q先住猫のストレスと仔猫

昨年の7月に3~4ヶ月くらいの
猫♀を保護しました。
甘えん坊な子で、
とても優しい子です。
もう一緒に暮らし始めて
1年が経とうとしていますが、
2週間ほど前に
3ヶ月くらいの捨て猫♀を
保護しました。
この子はとてもやんちゃで
先住猫と遊びたいのか
自分からじゃれにいきます。
先住猫は最初は遊んであげてたのですが、
仔猫があまりにもしつこく、
だんだんストレスを感じ始め、
2日くらい前から
ごはんも水も摂らなくなってしまいました。
ごはんを少し食べても
嘔吐してしまいます。
最初からこの二匹を引き合わせることは
よくないとつい最近調べてから
知りました。
しかしケージもなかったので
家の中で放し飼いになってしまっています。
このような場合、
ケージを買って先住猫が
落ち着くまでは仔猫をケージで
育てた方がいいのでしょうか??
仔猫にも家族になってもらいたいので
なんとか先住猫とうまくやってほしいです…
難しいこととは思いますが
アドバイスいただけると嬉しいです。
私は先住猫のことが気になり
元気が出ません。
批判などはどうかお避けください。

Aベストアンサー

猫というのは基本的に1歳ぐらいまでは遊び盛りなので、
成猫と子猫を一緒にすると問題も多く発生するものです。

したがって、子猫側が1歳ぐらいになるまで(もしくは遊び盛りが収まるまで)は、
飼い主がある程度気にして配慮する方が無難な場合も多く、
場合によっては、どちら一方、もしくは両者をケージを使って調節する必要がある場合もある、
という風に考えるようにしてみてください。

私も子猫&成猫という状況で猫を飼った事があるので同じような経験もしている者ですが、
まだ3ヶ月程度の子猫というのは爪や牙も細く鋭いので、
大人しい猫や、優しい成猫の場合は、逆に成猫側が傷ついたり、精神的に追い込まれたりしやすいものです。

成猫側が強い場合は、逆に子猫側がやられてしまう場合もあるので、
どちらをケージで守るようにするかは、その状況を見て飼い主が判断するべきです。

とりあえず、子猫が遊び盛りを脱するまでの辛抱だと意識し、
それまでは飼い主の配慮が必要だとして対応&辛抱するしかありませんね。

子猫を受け入れる場合の多頭飼いというのは、基本的にそういう物だと思ってみてください。

おそらく、時間が解決すると思われるので、焦らずに愛情を注いで両者の成長を見守りましょう。

猫というのは基本的に1歳ぐらいまでは遊び盛りなので、
成猫と子猫を一緒にすると問題も多く発生するものです。

したがって、子猫側が1歳ぐらいになるまで(もしくは遊び盛りが収まるまで)は、
飼い主がある程度気にして配慮する方が無難な場合も多く、
場合によっては、どちら一方、もしくは両者をケージを使って調節する必要がある場合もある、
という風に考えるようにしてみてください。

私も子猫&成猫という状況で猫を飼った事があるので同じような経験もしている者ですが、
まだ3ヶ月程度の子猫という...続きを読む

Q赤ちゃんにもアレルギー性鼻炎?

6ヶ月のこどもがいますが鼻づまりがもう2ヶ月以上も続いており、小児科耳鼻科に行きましたが抗生剤が処方され飲んでもいっこうになおりません。風邪はひいていません。これはもしかしてアレルギー性鼻炎なのでしょうか?6ヶ月の赤ちゃんにも鼻炎ってありますか?ちなみにわたしはアレルギー体質で鼻炎もありますし、アトピーでもあります。遺伝してもおかしくないと思いますが鼻炎と判断されるのはいつぐらいからでしょうか?アレルギー性鼻炎を検査することってできますか?

Aベストアンサー

赤ちゃんて鼻の穴も小さいし少しの鼻水でも苦しそうに感じますよね・・
アレルギーですが、一般的に食物アレルギーは生後まもなく抗体が出来てしまい症状がでてきますが、呼吸器系は1歳を過ぎた頃から出てくるといわれています。
特に3歳までは抗体反応が強くアトピーも1歳位から徐々に良くなり3歳位にはよくなるこどももおおいんですよ又抗アレルギー製剤は子供さんにはきつく大人に比べ弱めにしているようで、薬が劇的に効果があるとは言えないそうです。わが子も1歳の頃まで鼻がすっきりしてた時がないぐらいでした、鼻がわるいと、耳にも悪いので耳を触りだすと耳鼻科に行きそれ以外はほおってました

Q先住猫が新しくきた仔猫を強く噛みます。

先住猫が新しくきた仔猫を強く噛みます。

威嚇もせず興味津々の様子なので、明らかにじゃれつきでの噛みなのですが
先住は生後50日でもらってきて社会化不十分の1頭飼い、手加減知らずの王様状態でした。
(とはいっても乱暴なのではなく、甘噛みの加減ができないことを除けば、性格はかなり大人しいです)

なので、仔猫をすごく強く噛むのです。
仔猫が走り出すとすぐ追いかけて上から押さえつけ、前足でガッチリ捕まえてガブガブ…
子猫は「キャー!フギャー!フギャーーーッ!!」

仔猫の悲鳴がすごいのでかなり心配です。
仔猫は必死に叫ぶ&威嚇して、何とかもぞもぞ脱出しますが、
すぐまた走る→追いかけられる、の繰り返しです…

これは気長に見守るしかないんでしょうか?
隔離しておいたほうがいいですか?
体格差がありすぎるため(仔猫700g、先住3.3Kg)、
仔猫はやられっぱなしです…

最初は無邪気に近づいていってた新入りが
段々先住を嫌うんじゃないかと不安です。
今のところはまだ、先住が噛みつきさえしなければ
仔猫のほうも隠れたり怯えたり、威嚇したりするようなことはないのですが…

なお、基本的に仔猫はケージ内に入れており、ケージも別室です。
上記は一日に数分接触させて慣れさせようとしている時のことです。
(最初はガラス戸越し、次はケージ越で対面させ、大丈夫そうなので出したところ
 このような感じになってしまいました)

先住猫が新しくきた仔猫を強く噛みます。

威嚇もせず興味津々の様子なので、明らかにじゃれつきでの噛みなのですが
先住は生後50日でもらってきて社会化不十分の1頭飼い、手加減知らずの王様状態でした。
(とはいっても乱暴なのではなく、甘噛みの加減ができないことを除けば、性格はかなり大人しいです)

なので、仔猫をすごく強く噛むのです。
仔猫が走り出すとすぐ追いかけて上から押さえつけ、前足でガッチリ捕まえてガブガブ…
子猫は「キャー!フギャー!フギャーーーッ!!」

仔猫の悲鳴がすごいのでか...続きを読む

Aベストアンサー

しばらくは、子猫と一緒にいるときに様子をみてあげてください。

子猫を舐めて毛づくろいしてくれているなら、まず安心していいでしょう。かわいがっているつもりで、じゃれあっているときに甘噛みを超えるくらい噛みすぎてるだけで悪気はないでしょうから。

もし、舐めてあげるとか、手加減して遊んであげることを知らないようなら、力の入れすぎや噛みすぎで子猫が嫌がったときに、先住猫を止めるために大きな声で「コラッ!」「ニャーッ!」と声で怒ってください。

幼くして親や兄弟と別れて育った子は、そういう、「相手が嫌がることを分かる・やめる」というのを学ぶチャンスがないまま大きくなってしまいます。それは、飼い主がかわりに教えてあげるしかありません。

なお、そのときに怒らないと、何をしたから怒られたのかが分からないので、止めるための行動として大きな声で怒りましょう。止めたあとに怒り続けたり、つまみあげたり叩いたりしてはいけません。(止めたのに怒られるってことは、何で怒られたんだろう、と混乱してしまいます)

Q水泳の授業のあと、アレルギー性鼻炎のため、鼻水がすごくでて頭が痛くなります。体育の教師にアレルギ

水泳の授業のあと、アレルギー性鼻炎のため、鼻水がすごくでて頭が痛くなります。

体育の教師にアレルギー性鼻炎でプールに入れないので診断書をもらってきますと言ったら、アレルギー性鼻炎で水泳ができないはありえないみたいな感じのことをいわれました。

本当のことなのにひどくないですか?

お医者さんに話をしただけで診断書はもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

ひどいというか、まあその教師が知らないだけでは。

ただ、アレルギーとの関連性が証明できるか、でしょうね
その辺で医師がアレルギーだと判断すれば、書いてもらえると思います。

塩素に直接アレルギーがある、とかならかなり証明しやすいと思いますが
元もとアレルギー体質、アレルギー性鼻炎があるせいで
塩素や水の刺激で過剰に鼻水が…ということだと、どういう書き方になるかと
医師にかかるときにそのひどい状態ではなければ
医師のほうもどれぐらい強い症状が出ているのか診断しにくいので
どうとらえてくれるか、でしょうね
とりあえず、アレルギーでかかりつけになっている病院で相談してみましょう。
体育教師がわからんちんな場合は、学校の養護の先生とかにも相談して
話をしてもらってもいいかもしれませんね。

Q仔猫が来てから先住猫の声が出にくくなりました。

3歳のMIX雄猫を飼っており、今月2日に4ヶ月MIX雌猫を家に迎えました。
その後、先住猫の声が掠れて出なくなりました。
心配なので病院に行きましたが、鳴きすぎて掠れているだけ、との診察でした。
その後3日経ちますが、未だに掠れ声なので心配です。
仔猫は、当初ケージに入れ、布を被せ、先住猫と離していましたが、大丈夫そうなので(というか、家族が誘惑に負け)5日目位には外に出してしまいました。
お互いに威嚇する事もなく、追いかけっこや、たまには取っ組み合いのような事もしていますが、怪我をするようなものでもないので、まあまあのスタートなのかなぁ、と思っていたのですが・・・。
先住猫は元々が大人しいのですが、以前は、甘えるように可愛い声で鳴いていました。
それが、仔猫が来てから、私達に自分からはあまり近寄ってこなくなり、普段は、仔猫にも距離をおいて、離れて寂しそう?にしています。
鳴きすぎ、と言われましたが、そんなに鳴いていない気がします。
多頭飼いによるストレスなのでしょうか?それとも、別な病気を見逃しているのでしょうか?
ご存知の方、アドバイスをお願い致します。

3歳のMIX雄猫を飼っており、今月2日に4ヶ月MIX雌猫を家に迎えました。
その後、先住猫の声が掠れて出なくなりました。
心配なので病院に行きましたが、鳴きすぎて掠れているだけ、との診察でした。
その後3日経ちますが、未だに掠れ声なので心配です。
仔猫は、当初ケージに入れ、布を被せ、先住猫と離していましたが、大丈夫そうなので(というか、家族が誘惑に負け)5日目位には外に出してしまいました。
お互いに威嚇する事もなく、追いかけっこや、たまには取っ組み合いのような事もしていますが、怪我をする...続きを読む

Aベストアンサー

>その後3日経ちますが、未だに掠れ声なので心配です。

軽度・微度の急性喉頭炎なのでしょう。
「今月2日に子ネコがやってきて、その後しばらくして声がかすれた」とのことで
すから子ネコから接触感染(細菌やウィルス)が原因かもしれません。
種類にもよりますが、おおよそ数日の潜伏期間を経て発症します。

これは人間でも電車やシィッピングモールなど人の多い場所へいくと、よくあるこ
とですね。
普段から接触の少ない人ほど発症しやすいです。
要するに「のど風邪」ですから、放置しておいても1週間くらいで自然に炎症は
治まります。
程度によっては、抗生物質投与になりますが、この場合も強度の高い投薬はしませ
んので、回復に数日かかります。

また、何らかの刺激物質を子ネコからもらったことも考えられます。
(多分、こちらの疑いが濃厚)
購入前に使用していたシャンプーや薬剤の残留成分の影響です。
この場合は、細菌を殺す抗生物質は役にたちませんので、リゾチウム系の炎症止め
を処方します。
やはり、明確な回復には数日はかかります。

発熱や食欲減退もないようですから、もうしばらく様子をご覧になってください。
多分、すでに回復の兆しはあらわれているとは思いますが。。。。
病院では内視鏡や喉頭鏡をつかって、喉の奥を診たはずですから、あまり大袈裟な
病気を疑う必要はないかと思われますね。

もし1週間以上経過して、回復しないとか、悪化しているようなら、もういちど検
査を受けたほうが良いでしょう。
一応、室内の煙(タバコや料理)、温度管理、適度な加湿くらいは行なっておいた
ほうが良いですが。。。

また、ストレスの影響はむしろ、もっと後からでることがほとんどです。
一見、うまくいっているかに見えても、後で影響がでることが多いので、先住ネコ
と疎遠にならないよう、心がけてくださいね。
「多頭飼い」で問題になるのは、先住ネコとの折り合いであって、仮に飼い主さん
が、子ネコにあまりかまってやれなくても、それが原因で子ネコがいじける・とい
うようなことは、あまりありません。

実は大人のほうがスネやすい・・人間と同じだったりします。(#^.^#)

(by 元飼育屋)

>その後3日経ちますが、未だに掠れ声なので心配です。

軽度・微度の急性喉頭炎なのでしょう。
「今月2日に子ネコがやってきて、その後しばらくして声がかすれた」とのことで
すから子ネコから接触感染(細菌やウィルス)が原因かもしれません。
種類にもよりますが、おおよそ数日の潜伏期間を経て発症します。

これは人間でも電車やシィッピングモールなど人の多い場所へいくと、よくあるこ
とですね。
普段から接触の少ない人ほど発症しやすいです。
要するに「のど風邪」ですから、放置しておいても1週間く...続きを読む

Qアレルギー性鼻炎を放置するとどうなる?

アレルギー性鼻炎って治療を受けずに、放置してるとどうなりますか?

失明したりしちゃうんですか?

あとちなみにアレルギー性鼻炎の症状を詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

アレルギー性鼻炎になるとくしゃみ、鼻水がでます。
この鼻水は水っぽいです。
意識しないでも不意に鼻水が落ちてきます

鼻炎を放置して鼻水をいつもすすっていると鼻水がでなくなることがあります
鼻水が後ろに落ちる(後鼻漏)状態で、蓄膿症になります
頭痛が起こってきたら要注意です。
蓄膿症は
頭痛だけでなく鼻が炎症をおこしていて膿がたまるので臭い 
さらに放置すると耳が悪くなり中耳炎にもなります
熱が出ることも有り、頭がぼうっとして思考力も衰えます
鼻の奥は脳に近いので注意です。

Q9歳の先住猫と仔猫を同居させる時に気を付けるべき事

9歳の先住猫と仔猫を同居させる時に気を付けるべきことを教えてください。
現在自宅には9歳になる黒猫、15歳になるシーズー犬がいます。
先日保健所より1歳未満の三毛猫を引き取る話が進み、自宅にて受け入れようと考えています。
しかし先に住んでいるペットと仲良くできるか、互いにストレスになってしまわないかが非常に心配です。

9歳の先住猫は少し洋猫の血が入った黒猫(雑種)で、身体の大きさは手のひら2つぶんと身体の小さな猫です。
毎日出迎えてくれたり寝ている時以外はよく後ろを追いかけてくるような寂しがり屋の甘えん坊です。

15歳の先住犬(シーズー)は身体は通常サイズですが現在肛門周囲腺とアカラス症を患っており、食欲はありますが寝ているばかりの犬です。先住猫との同居開始時も、じゃれられるのは苦手のようでしたが血を見るケンカもなくすんなり受け入れてくれた優しい子です。

こんな家族ですが特に猫同士がうまくいくかが心配です。
始めのうちは仔猫をケージに入れて時々ケージ外に出し、少しずつ対面するところから慣れてもらおうと思っているのですが…。片方がいじめたりいじめられたりなどを防ぐにはどのような慣れさせ方をすれば良いでしょうか。
エサや可愛がる優先度、用意すべきものや対面させる頻度など、気を付けるべきことしなければならないことを何でもご教授願えましたら幸いです。

不足している情報等がございましたらご指摘頂けましたら補足させて頂きます。
皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

9歳の先住猫と仔猫を同居させる時に気を付けるべきことを教えてください。
現在自宅には9歳になる黒猫、15歳になるシーズー犬がいます。
先日保健所より1歳未満の三毛猫を引き取る話が進み、自宅にて受け入れようと考えています。
しかし先に住んでいるペットと仲良くできるか、互いにストレスになってしまわないかが非常に心配です。

9歳の先住猫は少し洋猫の血が入った黒猫(雑種)で、身体の大きさは手のひら2つぶんと身体の小さな猫です。
毎日出迎えてくれたり寝ている時以外はよく後ろを追いかけて...続きを読む

Aベストアンサー

まず、最初に「もし仲良くなったらラッキー」ということ、
無理して仲良くさせないこと、
仲が悪い場合生活空間(なわばり)を分けてあげる用意をしておくこと、かもしれません。

知り合いのところは小型犬と複数の猫がいますが、
小型犬と1匹の猫が非常に険悪、また猫同士の中でも
同じ空間で生活できないレベル(犬と猫、猫と猫、
大怪我をしかねない本気喧嘩をする)というのもいるので、
完全に部屋わけをしているみたいです。
もちろんたまたま仲良しのおうちも、たまたま仲が悪いうちも
どちらもあるのですが、
人が無理に仲良くさせようとしないことが大切みたいですね。

最初はにおい交換などでいきなりお見合いをさせたりしない。

(性質が優しく、最初からぺろぺろなめたりフレンドリーな大人猫、
大人猫に甘える子猫というのもおりますが、
最悪大人猫が子猫を本気で命にかかわる咬み方をしたというケースも知ってますので. . . )

もし大ゲンカを始めても、ひとが割って入ると激しい
転嫁攻撃を受けますので、手を出すとかではなくて、
それぞれに大きな布をかぶせて片方を別部屋に. . .
など、もしも対策を考えておくこと。

基本先住猫を常に立てること。

お互いにケージ越しにでも見合いをしているときは、
かなり緊張度合いが高まっている場合もあるので、
人がどう?など、割って入らぬこと。
そっと様子を見るだけにしておくこと。
ケージ越しにでも仲が悪そうな場合は、
かなり時間をかけたほうがいいと思います。
うまくいくといいですね。

まず、最初に「もし仲良くなったらラッキー」ということ、
無理して仲良くさせないこと、
仲が悪い場合生活空間(なわばり)を分けてあげる用意をしておくこと、かもしれません。

知り合いのところは小型犬と複数の猫がいますが、
小型犬と1匹の猫が非常に険悪、また猫同士の中でも
同じ空間で生活できないレベル(犬と猫、猫と猫、
大怪我をしかねない本気喧嘩をする)というのもいるので、
完全に部屋わけをしているみたいです。
もちろんたまたま仲良しのおうちも、たまたま仲が悪いうちも
どちらもあるのです...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング