以前、NHKの教育番組でやっていたのですが、銅でできた直径4cmくらい長さ30cmくらいの円筒があり、それを垂直に立てます。そこに十分円筒を通り抜けられるくらいの大きさの磁石を円筒の中を自然落下をさせるとどうなるかというものです。もちろん、磁石は銅にはくっつきません。実験の結果は、なんとゆっくり円筒の中を落ちていくというものでした。なぜ、磁石は銅にはくっつかないのに、落下速度が落ちるのでしょうか?原因がさっぱりわかりません。わかる方いたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「電磁誘導」という現象による効果です。


電磁誘導というのは簡単にいうと
「電気を通す物体(導体)の近くで磁石を動かすと、導体に電流が生じて一時的に電磁石になる」
という現象です。
銅は導体ですから、空洞内をネオジムのような強力な磁石を落とすと、磁石が通過した部分が磁化するんですね。
このため、周囲の円筒から磁石を引っぱる力が生じて、落下速度がゆっくりになるんです。
    • good
    • 1

有限の伝導率を有する銅の場合は「ゆっくり落ちる」ぐらいで済みますが、


超電導体だと、全く止まってしまったりして・・・(マイスナー効果)

原理的には同じ事のように思えますが(>もっと詳しい人)

参考URL:http://www.city.yokohama.jp/yhspot/ysc/ysc/noda/ …
    • good
    • 0

もう少し補足します。


誘導電流は、落下速度が速いほど強くなり、落下を妨げる力も強くなります。
そこで、落下速度が遅くなると電流は少なくなり落下を妨げる力も小さくなります。電流が少なくなると落下速度は速くなります。
このようなことで、適当にバランスしたゆっくりした速さで落下することになります。

ちなみに、この電磁誘導は、発電機やモーターの原理となっています。
    • good
    • 0

以下の回答に補足します


電磁誘導によって、銅の円筒に誘導電流が流れるのですが
その誘導電流は円筒の周りに、円筒にコイルを巻くような方向に電流が流れます
そしてその誘導電流によって、こんどは円筒の中(中空の部分)を磁石の磁極と逆方向に磁力が生じます
磁石の落下方向と逆に力(磁力)が生じるので、磁石はゆっくりになる(自由落下しない)のです

ちなみに、円筒が磁力を持つのではなく、円筒の中が磁力を持つのですから、磁石は円筒に引きつけられないのです
    • good
    • 0

No.1のかたの説明とおりです。


数年前に 竹橋の科学技術館で 「磁石」の特集みたいなのをやってて そこに ネオジムがありました。(こどもと行ったのですが)

実際に 実験すると スゴイ不思議でした。だって 金属を銅管の中に落とすとゆっくりと落ちるんですよ!!こどもは それほど ビックリではなかったようですが、固い頭のオヤジには 衝撃的でした。
論理的には 当然なのですが とても 「奇妙」でした。

ハハ 回答になっていませんね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCケースに磁石は?

会社の机の上にコンパクトサイズのPCを縦型においているのですが、横面が空いているのでそこに磁石のフックをペタっとつけて色んな物をぶら下げようと思うのですが、パソコンの箱に磁石など近づけて大丈夫でしょうか?最近は磁石も強力ですが。マニュアルを眺めた限りではいけないとは書いていません。

Aベストアンサー

回答者#8です。

すいません、参考URLに間違えて変な文字を入れてしまいました。

参考URL:http://www.26magnet.co.jp/qa/qa_19_conts.html

Q磁石が同時に棒Aと棒Bの中に落下される。しかし、棒Aの磁石が棒Bの磁石

磁石が同時に棒Aと棒Bの中に落下される。しかし、棒Aの磁石が棒Bの磁石より早めに到達する。それは何故ですか?
物理的に説明してください

Aベストアンサー

アクリルのほうは、何も起らず、まっすぐ磁石が落ちる。
銅のほうは、断面の部分に渦電流が生じる。
これがどう働くか?

(1)渦電流により、磁石の磁界と逆向きの磁界を発生させ、磁石にブレーキがかかる。
(2)アラゴの円盤では、円盤が回転するが、銅の棒は重くて回転できないため、磁石が移動しようとするので、まっすぐ落ちずに曲線を描くため遅れる。

このどちらかではないかと思いますが、如何でしょうか。

Q乾電池と磁石について

運動後の用具の乾燥のために小型のファンを充電式乾電池で動かそうと工作しています。
その仕組み自体は問題なく出来上がったのですが、乾電池を電池BOXに収納するとそれなりの重さになってしまうため、設置位置に四苦八苦しています。
設置個所は鉄部なので、電池ボックスを小物ネット等に入れて磁石付フックで吊り下げようかと思ったところ、磁石に電池自体がガッチリ貼りついてしまいました。

そこで質問させていただきたいのですが、
磁石を電池に貼り付けた状態だと、電池自体に故障や能力低下、寿命が縮む等の悪影響はあるのでしょうか?

磁石に貼りついた電池の保持力はかなり強いので、問題がないようであれば色々細工せずにそれで十分じゃないかと思ったのですが、
もし悪影響があるのであれば、当初の予定(小物ネットに入れて磁石付きフックで吊り下げ)も避けて別の方法を考えた方が良いかな、とも思っております。

電池の仕組みが電子の移動によるものだ、という事自体は理解しているのですが
何分文系なもので、それに対する磁石の影響が分からず質問させていただきました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

運動後の用具の乾燥のために小型のファンを充電式乾電池で動かそうと工作しています。
その仕組み自体は問題なく出来上がったのですが、乾電池を電池BOXに収納するとそれなりの重さになってしまうため、設置位置に四苦八苦しています。
設置個所は鉄部なので、電池ボックスを小物ネット等に入れて磁石付フックで吊り下げようかと思ったところ、磁石に電池自体がガッチリ貼りついてしまいました。

そこで質問させていただきたいのですが、
磁石を電池に貼り付けた状態だと、電池自体に故障や能力低下、寿命が縮む...続きを読む

Aベストアンサー

> 磁石を電池に貼り付けた状態だと、電池自体に故障や能力低下、寿命が縮む等の悪影響はあるのでしょうか?
・問題ナシ。
電池は電解液に溶け込んだイオンの移動による化学反応です。
従って、サイクロトロンのような超強力な磁力ならば影響を受けるでしょうが、通常のマグネット程度ではほとんど影響はありません。

因みに、ウチでも乾電池を磁石で鉄板に貼り付けて使用しています。

Q磁石にくっつく金属、くっつかない金属

つたない質問ですいません。世の中、磁石にくっつく金属(鉄など)、くっつかない金属(アルミニウムなど)がありますよね。何をもってくっついたりくっつかなかったりするんでしょうか?一度聞いたことがあるような気はするんですが記憶のかなたに飛んでいってしまいました。(*_*)
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

話をわかりやすくするために、化合物ではなく元素のみにして説明します。
いきなり結論から言いますと、鉄やニッケル、コバルトといった原子は、その原子自体に磁石と同じ性質を持っているからです。

一般に、原子核の周りにある電子一つ一つが磁石なのですが(電子はマイナスの電気を帯びておりそれがスピンすることによって磁界が発生します)、多くの場合電子が偶数個組となって磁石としての性質を相殺してしまいます。
ところが、鉄、ニッケル、コバルトでは電子が相殺されずに、原子全体で磁気を帯びています。
また、一般的に磁石は固体であり、固体とは原子が規則正しく並んでいる状態のことを言います。そして鉄、ニッケル、コバルトでは原子の方向がそろっているため、磁石としての性質を持つことになります。

そして、これらの物質の磁石の方向をそろえて固定化したものが(強力な磁界を一方向からかけるなどして)、永久磁石です。

なぜ普通の鉄は永久磁石ではないのかは、磁気を持ったそれぞれの区分では磁石でも、その区分が非常に小さく分かれているため、鉄全体では磁石としての性質を持たなからです。

話をわかりやすくするために、化合物ではなく元素のみにして説明します。
いきなり結論から言いますと、鉄やニッケル、コバルトといった原子は、その原子自体に磁石と同じ性質を持っているからです。

一般に、原子核の周りにある電子一つ一つが磁石なのですが(電子はマイナスの電気を帯びておりそれがスピンすることによって磁界が発生します)、多くの場合電子が偶数個組となって磁石としての性質を相殺してしまいます。
ところが、鉄、ニッケル、コバルトでは電子が相殺されずに、原子全体で磁気を帯びて...続きを読む

Q電子レンジに磁石をくっつけても大丈夫?

タイトルどおりなんですが、電子レンジの外側に磁石をくっつけても
悪影響はないでしょうか? 磁石式のフックや物入れをくっつけたい
と思ってるんですけど、このせいで電子レンジが壊れたり、上手く
機能しなかったりするのも困るので・・・。(電気製品と磁石って
相性悪いイメージがあって。。。)
新しい機種で、壁にピタっとくっつけて置けるタイプなので、排気口
などはありません。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子レンジは、それ自体が電磁波をシールドするようにできています。
内部は、電磁波の嵐が吹き荒れていますので、完全に外部へ漏れていないわけではありません。
ようするにこのように、電子レンジの電磁波は強力です。
この電磁波のエネルギーに比べて、家庭で使われる「磁石」の磁界(磁力の働く範囲)は無視できるレベルです。

ということで、電子レンジに磁石をくっつけても、何の問題も生じません。

ご安心ください。

Q底面積10cm^2、高さ10cmの円筒Aの上に、

底面積10cm^2、高さ10cmの円筒Aの上に、
底面積5cm^2、高さ10cmの円筒Bを乗せたような形の容器に、(AとBの内部の空間はつながっている)
水(密度1g/cm^3)を満タンに入れると、
Aの底面が受ける圧力は?        ………20gw/cm^2
(念のため……gw=グラム重)

中学生の時のノートを見ていたら、上のような問題を見つけました。
これっておかしくはないでしょうか?
水の全質量は「密度×体積」より1×150=150gですよね?
つまり、Aの底面にかかる力(全圧力)は150gw。
でもこの問題の答えの圧力を使って考えると、
Aの底面にかかる力は「圧力×面積」より20×10=200gwとなってしまいます。

私のノートの書き写し間違いですよね?
それとも、何か重要なことを見逃しているのでしょうか?

Aベストアンサー

>Aの底面にかかる圧力は1010gw/cm^2ということになるのですか?

「Aの底面にかかる圧力」の意味がAの内面の底の部分にかかる圧力という意味であればそういうことになります。
ただし容器ごと秤に乗せた場合は容器の重さ+水の重さがかかってきます。
容器の底面から秤にかかる力を面積で割った値は水の圧力とは異なります。
上の方で容器の首が細くなっていれば容器の壁に上向きの圧力成分が生じます。底面に加わる下向きの力と容器の壁に加わっている上向きの力の差し引きが秤にかかっていく力です。

密閉した容器に1気圧の空気がはいっているとします。
底面には1気圧かかっています。
1cm^2当たり1kgwです。水10m分です。
空気の目方がこんなにあるわけないです。
上下の差し引きです。

細い管の中に水が入っている場合が不思議なようですが入れ物の中にある空気がどこかで外気とつながっていると圧力は1気圧になります。1cm^2当たり1kgwというのは大気圏全部の空気の高さに相当しているのですからものすごく長い管を考えているのと同じです。

もう一度書きます。
容器の内部の水が容器の底に及ぼす力と容器の重さを加えたものが秤にかかっていくのではありません。
容器の内部の壁全体にかかっている力の合力と容器の重さを加えたものが秤にかかっていくのです。

>Aの底面にかかる圧力は1010gw/cm^2ということになるのですか?

「Aの底面にかかる圧力」の意味がAの内面の底の部分にかかる圧力という意味であればそういうことになります。
ただし容器ごと秤に乗せた場合は容器の重さ+水の重さがかかってきます。
容器の底面から秤にかかる力を面積で割った値は水の圧力とは異なります。
上の方で容器の首が細くなっていれば容器の壁に上向きの圧力成分が生じます。底面に加わる下向きの力と容器の壁に加わっている上向きの力の差し引きが秤にかかっていく力です。

密...続きを読む

QPCの磁石による影響について質問します。

PCの磁石による影響について質問します。
デスクトップPCの筐体の金属部分に、
小物を吊るすために、磁石タイプのフックをつけたいと思いますが、
PCが不具合を起こすとか、なにか影響はないでしょうか。
ディスプレイは液晶でブラウン管式ではないので、大丈夫です。

Aベストアンサー

私も付けています。
位置は左側面(マザーボードの反対側)です。理由はもしもの場合マザーから離しておいた方が良いのかなあ、程度の事ですが。

Q磁石にくっつく身の周りのもの

以前の質問を見返したんですが、知りたい情報がなく今回質問します。
磁石にくっつくものとして鉄、ニッケル、コバルトがあるのは知っているんですが、身近にあるものでニッケルやコバルトを含む磁石にくっつくものを探しています。
中学生に教えなければなりません。
どうか力を貸して下さい!!

Aベストアンサー

まだ、身近かなということで 「ニクロム線」

http://ja.wikipedia.org/wiki/ニクロム線

>身近
でなくなっちゃいましたが
 現在の100円、50円硬貨の旧世代のものだったら、簡単に磁石にくっつくんですが・・・
コイン商で購入しますか?(昭和35年の50円は、高いので他の年号のものを)
海外のニッケルコインも有るが、・・・こっちも身近でない。
海外旅行(訂正)海外研修に赴いた同僚に(小銭を持ち帰った方に)
ニッケル貨 有るかどうか聞いて回る。(もちろん磁石で検証)

Qマグネットの不思議、磁石の不思議

ホームセンターや100円ショップなどでもよく見る、
マグネットタイプのフック等がありますが、
最初、スチール面にマグネットを付けて物を掛ける時、
仮に500gの物を掛けると大丈夫ですが、
800gの物を掛けるとスルスルっと落ちてしまう事があります。
しかし、再度まったく同じマグネットフックを全く同じスチール面に取り付けてから
3時間程置いたのち、800gの物を掛けてもビクともしなくなります。

これは磁石の
磁力がスチール面に馴染んでいるという事でしょうか?
なぜそのようなことになるのかも知りたいです。

化学の方面に明るい方、
どなたでも構いませんのでご教授の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

素晴らしい考察ですね。 化学的変化を予想したのですね。

接触面がスチールの場合
錆で面が荒れた、としか考えられませんね。
ネオシムなんかは錆易いです。 局所電池できまくりかも。

余談
接触面に塗装が有る場合
樹脂は、力を受け続けると変形するので、
食い込んでギャーみたいな効果が期待できます。

Q磁石と紙が落下しない理由

教科書に載っていた問題で恥ずかしながら分からないのですが、
「ホワイトボードに磁石で紙がとめてある。磁石や紙には重力が働いているのに落下しないのはなぜだろうか。理由を述べよ。」
というものです。最初は磁石とボードに働く磁力がつりあうのだと思っていましたが、磁力は水平に働くので重力とはつりあわないことに気づいたので、そこから分からなくなりました。落下しない理由を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

摩擦力が重力と逆向きに働いているので落ちません。

ホワイトボードと紙の間に働いているわけですが、
これは磁石の力によって押し付けられているためです。

磁石を取り外し、「押し付ける力」を除くと
摩擦力が働かなくなり、紙は落ちます。


人気Q&Aランキング